テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

未経験からエンジニア転職できるの?やるべきことや成功者の声、向いていない人の特徴など

公開: 2021.04.21 更新: 2021.07.26

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

「未経験からエンジニア転職って本当にできるの?」
「未経験から転職できても、入社後スキル不足で辛くなるのでは?」

こう考えている人に向けて、今回は未経験からエンジニア転職する方法や、実際に未経験からのエンジニア転職を成功させた人の声を紹介します。

「そもそもエンジニアってどんな仕事?」
「未経験からできるエンジニアの仕事ってどんなもの?」

これらの疑問に対する答えもありますので、エンジニアという働き方について幅広く知りたい方も、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

未経験からエンジニア転職できるの?

結論から述べると、未経験からのエンジニア転職は可能です。ただし決して簡単な道ではありません。

また全くの未経験からエンジニア転職すると、入社したあとスキル不足で辛くなる可能性も高いです。

なので未経験からのエンジニア転職を目指すには、転職活動をしながらプログラミングスキルを磨き、転職後即戦力となるような人材になっておくのがおすすめです。

採用担当者は未経験者の「意欲」や「行動力」を見ている

未経験からのエンジニア転職の際にプログラミングを学ぶのがおすすめな根拠は、もう1つあります。それは採用担当者に意欲や行動力のアピールになる点です。

後半の「あなたもチェック!エンジニアに向いている人の条件」でも紹介しますが、エンジニアの適正条件としては、以下のようなものが挙げられます。

  • IT技術への関心が高い
  • 自発的に行動できる
  • 好奇心旺盛
  • 学ぶことが好き

これらの条件は、もちろん採用担当者もチェックしています。そこで、一度採用担当者の立場になって考えてみましょう。応募者がいくら口で「プログラミングに興味がある」と言っても、実際に行動に移していなければ説得力に欠けますよね?

同じ未経験者でも、実際にプログラミング学習を独学でもスタートさせている人の方が、意欲が高いと思われるでしょう。また「自発的に行動できる」「学ぶことが好き」といったエンジニア適正に当てはまると判断される可能性も高いです。

プログラミングは今からでも学習可能

「じゃあプログラミングってどう学べばいいの?」と思う人もいるでしょう。近年はプログラミング学習サービスが多数リリースされており、パソコンとインターネット環境があれば、今からでもプログラミングを学ぶことができます。

しかしプログラミング学習を始めてみると分かるでしょうが、転職活動とプログラミングの独学を並行するのはかなり難しいです。なぜなら、そもそも「プログラミング独学の挫折率は9割」とも言われているため。そこからさらに転職活動も並行するとなると、ぐんとハードルが上がるのがイメージできるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、転職活動のサポートを受けられるプログラミングスクールです。

99%(※1)が未経験!転職成功率99%以上(※2)のスクール

テックキャンプ エンジニア転職」なら、未経験からのエンジニア転職をサポートする体制が整えられています。その証拠として、テックキャンプ エンジニア転職受講者のうち、プログラミング未経験者は99%(※1)。かつ、転職成功率は99%以上(※2)を誇り、これまで2,000名(※3)を超える人材を輩出しています。

あなたの未経験からのエンジニア転職をサポートするプログラミングスクールとして、ぜひテックキャンプ エンジニア転職も検討してみてください。

未経験からエンジニア転職を成功させた人の声」の部分では、実際にテックキャンプでエンジニア転職を成功させた人のインタビュー記事を紹介しています。あわせて参考にしてください。

※1. 2019年7月12日から2019年8月25日迄
※2. 所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合。 2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績
※3 2016年9月1日から2020年12月31日迄

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99%(※)実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事でいいのだろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングでプロのカウンセラーと今後のキャリアを考えてみませんか?

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。 ※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

未経験からエンジニア転職する方法

未経験からエンジニア転職するには、プログラミングを学び、IT業界についてリサーチする必要があります。

ここでは5つのステップに分けて紹介します。

プログラミングを学ぶ

プログラミングを学ぶ方法としては、独学、あるいはスクールやセミナーで学ぶ方法があります。独学では、プログラミング言語の書籍を購入して学習したり、Web学習サービスを活用して学習したりする方法があります。

独学のメリットは、費用を安く済ませられる点。一方で前述したように挫折する確率が高く、転職活動も並行するとなると険しい道になることが予想されます。

一方プログラミングスクールやセミナーで学ぶ方法は、一緒に学ぶ仲間がいる点が大きな魅力でしょう。また初心者からでも無理なく学習を進められるようサポートを受けられたり、転職活動のサポートを受けられたりするスクールなら、未経験からのエンジニア転職を有利に進められる可能性が高まります。

IT業界について知る

これからエンジニアとなってIT業界で働くことを目指すなら、IT業界についても知っておく必要があります。もしかするとIT業界にブラックなイメージを持っている方もいるかもしれません。

結論を言うと「IT業界=ブラック」は間違いですが、無理な働き方を強いる企業があるのも現実。ブラック企業に入社しないためには、企業研究の際の見極めが肝心です。以下の記事もあわせて参考にしてください。

IT業界はブラック企業ばかりなのか。転職時にホワイト企業を見分けるポイントも解説

自己分析を行う

特に未経験分野にチャレンジする際は、自己分析を入念に行いましょう。自分に合った企業を見つけるきっかけになるほか、面接対策にもつながります。

これまでの仕事でエンジニアに活かせられそうな部分を把握したり、企業にとって自分を採用することのメリットを把握したりすることで、根拠のある自己アピールになるでしょう。

自己分析の具体的な方法については、以下の記事を参考にしてください。

転職を成功に導く!自己分析の必要性と具体的な方法を紹介

選考対策を行う

選考対策としては、自己分析や書類・面接対策のほかに、以下のようなことをしておくのがおすすめです。

  • 資格取得
  • ポートフォリオ制作

IT系資格を保有していると、一定の知識・技術レベルの客観的な証明になります。特に未経験の場合は選考でのアピールにつながるでしょう。

ポートフォリオとは、自分のスキルを示すための資料です。未経験者の場合、どのくらいコーディング技術があって、どのような作品を作ったかを証明できるポートフォリオがあると、転職活動における武器になるでしょう。

具体的には、自分で1からWebサイトを作ってみたり、アプリを作ってみたりして、ポートフォリオとして提示する方法があります。プログラミングスキルのアウトプットになり、知識・技術の定着にもつながりますので、ぜひチャレンジしてほしいです。

IT転職に向けた面接対策については、以下の記事も参考にしてください。

IT転職に向けた面接対策は何をすればいい?質問事例やよくある疑問を解説

転職サポートを受ける

未経験からのエンジニア転職は簡単な道ではありません。プログラミング学習と転職活動の並行が難しいと感じたら、転職サポートを受ける選択肢も検討しましょう。

転職サポートを受ける方法としては、以下のようなものがあります。

  • 転職サポートを受けられるプログラミングスクールを利用する
  • 転職エージェントを活用する

転職サポートを受けられるプログラミングスクールのメリットは、未経験からのエンジニア転職のサポート体制が整えられている点。テックキャンプ エンジニア転職もそうであるように「受講者のほとんどがプログラミング未経験からスタートしている」というスクールは多いです。

一方転職エージェントの中にも、エンジニア採用に力を入れているものがあります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

エンジニア採用に力を入れているおすすめの転職エージェント8選

未経験からエンジニア転職を成功させた人の声

ここまで読んできても

「やっぱり未経験からエンジニア転職って難しそう」
「ポートフォリオとか制作できる自信がない」

という人もいるでしょう。

そこでここでは、実際にテックキャンプでプログラミングを学び、未経験からのエンジニア転職を成功させた人へのインタビュー記事を紹介します。

実際に転職を成功させた人の声を読んで、あなたのエンジニア転職のイメージを膨らませてみてください。

このように、未経験からのエンジニア転職を目指す人の背景はさまざま。また、初めから作りたいサービスなどのビジョンがある人もいれば、学習を進めるうちに自分に合った働き方が見えてくる人もいます。

未経験からでもエンジニア転職をするメリット

最近はテレビCMやWeb広告などでも、エンジニア転職について発信するものをよく目にするのではないでしょうか。

その理由は、今、未経験からでもエンジニア転職すると、以下のようなメリットがあるからです。

成長市場に身を置ける

IT市場は成長市場です。矢野経済研究所の調査によると、国内のIT市場規模は2016年度の11兆8800億円から2019年度には12兆8900億円にまで成長

2020年度以降は一旦成長がおさまると予測されていますが、コロナ禍でテレワークが進んだことや、今後DX(デジタルトランスフォーメーション)への投資がさらに進むことから、市場成長は続くと考えられます。

一方国内ではIT人材不足が深刻。2019年のみずほ情報総研株式会社の報告書によると、IT需要の伸びが「高位」の場合、2030年にはIT人材が78.7万人不足すると示されています。

「エンジニアを目指すなら今」と言われる理由は、この需要と供給のギャップにあるのです。

手に職をつけられる

エンジニアは手に職つけられる仕事です。エンジニアが持つプログラミングスキルは、会社の外でも通用するスキル。万が一その会社で仕事が続けられなくなっても、他の会社であなたのプログラミングスキルを必要とするところがあります。

専門スキルなので市場価値が高まりやすく、キャリアアップもはかりやすいでしょう。未経験エンジニアの年収については「未経験からエンジニアになると年収は上がる?稼ぐために必要なスキルとは」をご覧ください。

実力主義で評価される

IT企業は実力主義の風土があるところが比較的多いです。年齢や性別関係なく、スキルがあれば評価されやすいでしょう。なぜなら、例えばプログラマーなどは成果物が明確にあり、その成果物のクオリティによって評価を判断しやすいからです。

これまで年功序列の会社にいて居心地がよかった人にとっては厳しい世界かもしれません。しかし性別や年齢によって適正な評価が受けられない不満を抱えていた人にとって、エンジニア転職は生き生きと働くきっかけになるでしょう。

独立も見込める

エンジニアは手に職つけられる仕事なので、将来的に独立も見込めます。実際にテックキャンプを受講したのち、フリーランスエンジニアとして活躍している卒業生もいます。

ただし独立すると、さらに実力主義の世界に飛び込むことになります。よりいっそう厳しい環境に身を置くことにはなりますが、時間や場所に縛られず働けるようになるでしょう。

そもそもエンジニアにはどのような仕事がある?

この記事をお読の方の中には「そもそもエンジニアってどういう仕事?」という疑問を持っている方もいるでしょう。

確かに「エンジニア」と一口に言っても、さまざまな職種があります。以下に主な仕事を挙げますので参考にしてください。

※各職種名に詳細記事へのリンクを貼っていますので、そちらも参考にしてくださいね。

未経験可のエンジニア求人にはどんなものがある?

人材不足が深刻なIT業界では「未経験可」としている求人も多く見られます。

以下は未経験可となっていることの多いエンジニア職種の例です。

QAエンジニア

QAエンジニアのQAとは「品質保証」の略です。システムがある程度完成した時点でのテストや動作確認を担当するエンジニアで、未経験可としている求人も見られます。

詳しくは以下の記事も参考にしてください。

QAエンジニアとは?仕事内容・年収・必要な資格などを解説

テスター・デバッガー

システム開発工程のうちの、テスト・検証を行います。あらかじめ準備されたテスト仕様書をもとに作業を行い、バグが発生した場合は報告書に記載して提出します。

サポートエンジニア

自社システムやサービスを使用する顧客に対し、技術的問題解決のためのサポートを行う仕事です。その仕事内容は幅広く、使用方法に関する質問に回答するカスタマーサポートのような業務を行うこともあれば、専門知識を必要とする、エンジニアよりのサポートを行うケースもあります。

フィールドエンジニア

パソコンやプリンターなどが故障や不具合を起こした際に、導入されている現場を訪れてトラブルに対処するエンジニアです。定期的なメンテナンスや、製品の使用方法の説明を担当する場合もあります。

以上の職種の特徴は、コードを書かなくてもできる点です。もし未経験からコードを書くようなエンジニアになりたいのであれば、スクールなどでしっかりプログラミングスキルを養い、転職を目指した方がいいでしょう。

未経験からのエンジニア転職が向いていない人

未経験からのエンジニア転職が向いていない人も、残念ながらいます。

以下にその特徴をあげていますので、チェックしてみてください。

  • イメージ先行になっている
  • ミスを過度に引きずる
  • マルチタスクが嫌い
  • 柔軟性が低い
  • 地道な作業が苦手
  • 短気ですぐイライラする

「イメージ先行」というのは、例えば「カフェなどでPCを広げて作業できてなんだか格好いい」「デスクワークだから楽に稼げそう」といったイメージのことです。

しかし実際は、初めからフリーランスエンジニアのようにカフェで作業できるとは限りませんし、地道でコツコツとした作業が求められます。

もしなんとなくのイメージで未経験からエンジニア転職を目指してしまうと、プログラミング学習の時点で挫折する可能性が高いかもしれません。

以下もあわせて参考にしてください。

IT業界はやめとけと言われる6つの理由!向かない人の特徴も解説

あなたもチェック!エンジニアに向いている人の条件

一方「このような人はエンジニアに適性がある」と言えるような条件もあります。

以下に11点挙げますので、あなたに当てはまるかどうかチェックしてみてください。

IT技術への関心が高い

iT技術への興味・関心は、エンジニアにとって必須といえるもの。なぜならIT技術に興味・関心がないと、新しい技術への好奇心や、学習意欲につながりにくいためです。

IT技術は進歩が激しく、技術の変遷も目覚ましいです。エンジニアとして活躍していくためには、新しいIT技術へのアンテナをはり、情報収集をしていかなければなりません。

コミュニケーション能力がある

エンジニアは黙々と作業するイメージが強く、コミュニケーションスキルと言われてもピンと来ない人もいるかもしれません。しかし、例えばシステムエンジニアは、クライアントが必要とするシステムを開発するためのヒアリングを行わなくてはなりません。

この際コミュニケーションスキルが乏しいと、ヒアリングがスムーズにいかない原因に。他にもシステムはチームで開発していくものですから、他のメンバーとのコミュニケーションは必須です。

忍耐力がある

プログラミングにはエラーがつきものです。エラーが発生すると、その解決に向けて妥協なく取り組まなければなりません

そのためエンジニアの仕事は、忍耐力がないと続かない仕事ともいえます。バグが発生するたびにイライラしていては、仕事にならないでしょう。

課題解決力がある

コードにエラーが生じた際は、その原因がどこにあるのか突き止めなければなりません。この際に必要となるのが、課題解決力や論理的思考力です。

エンジニアには「エラーを解消するには、エラーの原因がどこにあり、どこを修正すればいいのか」をスピーディーに突き止めるスキルが求められます。

柔軟な発想ができる

柔軟な発想を持ち、新しいモノを作るのが好きなことも、エンジニアとしてやっていくには重要なポイント。既存のシステムにとらわれすぎず、斬新なアイデアや新しい仕組みを生み出せると、エンジニアとして活躍できる可能性が高まるでしょう。

調べることが好き

予期せぬエラーが発生した場合、インターネットで調べて解決方法を見出したり、周囲の人に質問したりすることにためらいがない人は、エンジニアへの適性があるといえます。

一方、自分の知識やスキルでは解決できない事態になった場合もプライドが邪魔をして質問ができない人は、エンジニアとして活躍するのが難しいかもしれません。

効率化が好き

何事も効率化することが好きな人は、エンジニアに向いている可能性があります。システム開発には納期がつきものですから、納期に間に合わせるためにはあらゆる作業の効率化が求められます。

「どうやったらこの作業を簡単にできるか」という視点を常に持つことができ、必要に応じたツールなどを活用できると、エンジニアとして活躍しやすくなるでしょう。

学ぶことが好き

エンジニアは自発的に学習する習慣があるのが理想的です。なぜなら、前述したようにIT技術は変遷が著しく、新しい技術を学んでいかないとエンジニアとして長く活躍できない可能性があるからです。

エンジニア以外で未経験からのIT転職を目指せる職種

ここまで記事を読んできて

「プログラミングってやっぱり難しそう」
「自分にはエンジニアは向いていないかもしれない」
「でもIT転職はしたい」

こう考えている方もいるかもしれません。

そんな方に向けて、ここではエンジニア以外で未経験からのIT転職を目指せる職種を紹介します。

Webデザイナー

Webデザイナーとは、Webサイトのデザインを担当する仕事です。具体的には以下のような業務を担当します。

  • クライアントの要望のヒアリング
  • 要望をもとにワイヤーフレームを作成
  • Webサイトのデザイン設計
  • Webサイトのコーディング

Webデザイナーは、自分がデザインしたWebサイトを世界中に公開できます。質の高いデザインによってクライアント企業の売上アップなどにつながると、大きなやりがいにつながります。

OAインストラクター

OAインストラクターとは、パソコン・OA機器などのハードウェアや、Microsoft Officeなどのソフトウェアの操作方法を指導する仕事

これから初めて使用する人に指導する機会もあるため、初心者の視点を持つことが大事な仕事です。ITが苦手な人にもスムーズに操作方法を教えるために、自分自身が未経験だった頃の経験を反映させられるといいでしょう。

テクニカルライター

テクニカルライターとは、専門技術に関する文章執筆を担当するライター。例えば製品の取扱説明書の執筆(マニュアルライティング)や、海外の技術書などの翻訳(技術翻訳)などを行います。

取扱説明書の執筆の場合は、これから初めてその機器やソフトを使用する人にも分かりやすく文章を書くスキルが求められます。また技術翻訳の場合は、元の文書を翻訳する語学力や、専門用語の知識などが求められます。

Webマーケター

Webマーケターとは、オンラインチャネルを活用したマーケティングを担当する仕事です。オンラインチャネルとは、例えばTwitterやInstagramなどのSNSや、メール、Webサイトなどが挙げられます。

Webマーケティングでは、分析ツールを利用して顧客の反応を数値で確認できます。マーケティング施策の効果が目に見える形で確認できるため、やりがいにつながるでしょう。

Webディレクター

Webディレクターとは、Web制作のリーダーです。編集やデザイン、システムエンジニアなどの制作メンバーを取りまとめ、Web制作の進捗がスケジュール通りになっているかを広い目でチェックしなければなりません。

プロジェクトを統括するポジションなので大変な職種ではありますが、Webサイトが完成した時の達成感はひとしお。クライアントからのヒアリングやチームを統括するためのコミュニケーションスキルが求められる仕事です。

未経験からのエンジニア転職を成功させるコツとは

未経験からのエンジニア転職は可能ですが、簡単ではありません。

また全くの未経験で採用されたとしても、スキル不足で仕事を続けるのが厳しくなる可能性もあります。以下の記事では、未経験からのエンジニア転職を成功させた、4つの事例を紹介しています。あわせて参考にしてくださいね。

未経験からITエンジニアに転職した事例と成功させる方法を解説

オンラインもOK!テックキャンプの無料カウンセリング

こんな不安や疑問はありませんか?
・自分のキャリアでエンジニア転職できるか
・自分はエンジニアに向いているのか
・どうしたら効率良くプログラミングを習得できるか


テックキャンプでは、IT転職・プログラミング学習に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。満足度93%(※1)、累計利用者数は40,000人以上!(※2)

無理な勧誘は一切致しませんので、気軽にご参加ください。※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) 2.2016年9月1日から2020年12月31日の累計実績

無料カウンセリングの予約はこちら

オンラインもOK!テックキャンプの無料カウンセリング

こんな不安や疑問はありませんか?
・自分のキャリアでエンジニア転職できるか
・自分はエンジニアに向いているのか
・どうしたら効率良くプログラミングを習得できるか


テックキャンプでは、IT転職・プログラミング学習に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。満足度93%(※1)、累計利用者数は40,000人以上!(※2)

無理な勧誘は一切致しませんので、気軽にご参加ください。※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) 2.2016年9月1日から2020年12月31日の累計実績

無料カウンセリングの詳細はこちら

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement