テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

職場の嫌いな人を気にしない方法!嫌いな同僚への対応・仕事に打ち込むコツを解説

更新: 2021.08.16

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

「嫌いな人が気になって仕事に集中できない」

あなたには職場に嫌いな人や苦手な人がいませんか?

誰にでも嫌いな人や苦手な人はいるものです。一番いい方法は気にしないことですが、そう簡単にいかないもの。

そこで本記事では、職場の嫌いな人を気にしない、その人の見方を変えられるコツを紹介します。

仕事で嫌いな人と無理せず接することで、必要以上にストレスを溜めるのを避けられるでしょう。

職場の嫌いな人との接し方については「【職場の嫌いな人との接し方】苦手な人との付き合い方・意識しない方法を理解して無理のない人間関係を」もぜひ参考にしてください。

この記事の目次

職場の嫌いな人を気にしすぎると仕事に集中できない

職場で嫌いな人のことが頭に浮かぶと、仕事に集中できない状況に陥りがち。

無駄な時間を過してしまうだけでなく、仕事の成果にも影響する可能性があります。

大勢の人が集まる会社。気の合わない人がいるのは仕方のないこと。

肝心なのはその人とどのように付き合っていくか、なるべく意識しないようにするにはどうするかを考えることです

ストレスがたまり私生活に影響が出ることも

嫌いな人の存在は、プライベートに影響することもあります。仕事に手がつかないだけでなく、イライラしてしまって身近な人に八つ当たりしてしまうこともあるかもしれません。

また人に愚痴を言ったり食べ過ぎてしまったり、会社に行きづらくなったりしてしまうことも考えられます。

もしあなたもこのような状態になっているのだとしたら、順を追って現状を解決していく必要があります。そのためには次の項目から述べる方法を試してください。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

その人を嫌いな理由を考える

そもそもあなたは何故その人が嫌いなのでしょうか?

「嫌いな人」の対象にしてしまう原因の例として、以下のようなことが挙げられるでしょう。

  • 自分に対して文句を言っている
  • 仕事の態度が悪い
  • 作業を押し付けられる
  • 性格が苦手

このような「嫌いな理由」が分かったら、次はこれらの点をあなたが解消できるのかを考えます。

その上で嫌いな人との今後の関係について考えていきましょう。

なぜその人が嫌な行動を取るのか冷静に考える

その人があなたにとって不快な行動を取るのはなぜなのでしょうか。もしかするとあなたに嫌がらせをしたいだけではないかもしれません。

例えばその人があなたの上司であれば、あなたに成長してほしいがために厳しくしている可能性もあります。また後輩であれば、失敗が続いて仕事に対する熱意を失いかけているのかもしれません。

このように「なぜ嫌いな行動を取るのか?」を冷静に考えると、一時的な要因であるケースも考えられます。あなた自身の行動を変えたり、時間がたったりすれば改善できることである可能性も考えてみましょう。

「その人の嫌いな部分=短所」か考える

あなたが嫌う人の「嫌いと感じる部分」は、その人の短所である可能性もあります。

例えば、時間にルーズな同僚がいるとしましょう。同僚自身、時間にルースな点を短所と理解していても、スケジュールの管理方法を見直そうと意識しない限り、あなたにはどうすることもできません。このようなケースの場合、「嫌いだと感じる部分」をなくすのは難しいです。

嫌いな人とどのような関係を作りたいか考える

ここまでで、今後嫌いな人とどのような関係を作っていくか考えられたでしょうか。

やはり考えを変えず「その人とできる限り関係を持ちたくない」のか、「仲良くなりたいという気持ちが少しでもある」のか、によって、あなたがやるべきことは変わってきます。

この記事では双方のパターンについて紹介しますので、参考にしてください。

職場の嫌いな人を気にしないコツ

職場の嫌いな人を気にしないコツを紹介します。

  • 仕事以外の会話はしない
  • プライベートな会話では相槌を打つ程度にする
  • 自分だけの趣味や楽しみを持つ
  • 普段行かない場所に旅行する
  • 仕事で大きな成果を出すことだけ考える
  • 良好な関係にある先輩・後輩・同僚との時間を大切にする

仕事以外の会話はしない

嫌いな人と仕事上で関わるのは仕方ありません。

しかし仕事以外の会話は無理にする必要はないでしょう。嫌いな人を気にしないことを優先する場合、なるべく仕事以外の会話を避けるよう心がけてみてください。

ただ、相手から話しかけられて無視するのは口論に発展しかねませんし、周囲の人たちに険悪な空気が伝わって不快な思いをさせてしまう可能性があります。

「話しかけられたら応対するものの、自分からは話しかけない」という認識でいると良いでしょう。

プライベートな会話では相槌を打つ程度にする

嫌いな人の方から話しかけてきた際、会話は相槌を打つ程度にとどめ、あまり続かないようにするのもいい方法です。

「そうですね」「かしこまりました」というような言葉を使うことで、会話を長引かせる事なく自然に終わらせられるでしょう。

相手の発言の中で気になることがあっても、相槌を打ってサラリと流し、深入りしないのが吉です。

自分だけの趣味や楽しみを持つ

自分だけの趣味や楽しみを持つ。

そうすると、その間は仕事で嫌いな人と接した時のことも忘れられるでしょう。休日を何か没頭できることに費やして、平日のストレスを忘れてしまうのも一つの手です。

趣味がない人は、こちらの記事→大人に人気の趣味おすすめ一覧!一人でもできる新しい趣味の探し方と継続するコツも解説であなたに合うものを見つけてみてください。

普段行かない場所に旅行する

家の近所など普段の生活圏内にいると、新しい情報があまり入ってきません。単調な行動パターンになってしまい、仕事のこともふと思い返してしまいがち。仕事が休みの日でも嫌いな人のことが頭にチラつくと、イライラが募るばかりでしょう。

そこでおすすめなのが、普段行かない場所に行ってみること。気分転換に旅行などをしてみてください。すると新しい発見や情報が増え、日常のことを思い出しにくくなります。嫌いな人とのやり取りもその時には忘れてしまい、リフレッシュにつながるでしょう。

この他のリフレッシュの方法は、こちらの記事→辛い現実に向き合える心と体が備わる現実逃避の10の方法も参考にしてください。

仕事で大きな成果を出すことだけ考える

仕事で嫌いな人に接していても、大きな目標がある場合。

そこまで気にならないこともあります。仕事で成果を残すことを第一に考えてみてください。

より大きな成果を残そうとするのであれば、これまで以上にやるべきタスクは増えます。「営業をかける企業を1日あたり30件増やす」「開発中のシステムを納期前に完成させ、次の開発を前倒しで進める」など。

タスクが増えると負担も大きくなり、嫌いな人を気にしている時間すらも惜しく感じるはず。次第に嫌いな人へのネガティブな感情が消えていくことでしょう。

嫌いな人とは仕事の成果で差をつける

職場で嫌いだと感じる人は、あなたと同じ仕事や関連する仕事をしていませんか。嫌いだという感情を抱くということは、その人の人間性を知れるくらい近しい関係にあるのではないかと思います。

もしそうだとしたら、仕事の成果を比べられることも多いのではないでしょうか。その人を嫌いな要因の一つには、仕事の成果・評価が同じくらい、またはあなたの方が下なことによるライバル意識もあるかもしれません。

仕事によって生まれた「嫌い」という感情は、仕事で解消しましょう。これまでより大きな成果を出すために行動してください。その行動の結果、嫌いな人以上に仕事をこなせれば気持ちのモヤモヤを払拭できることでしょう。

嫌いな人とは仕事の成果で差をつけると意識してください。

良好な関係にある先輩・後輩・同僚との時間を大切にする

嫌いな人の一挙一動を気にするよりも、あなたと良好な関係にある人たちとの時間を大切にしましょう。

同じ社内の先輩、後輩、同僚の中で仲の良い人と過ごす時間が増えれば、嫌な人のことを考える時間は減っていくはずです。

あわせて注意して欲しいのが、仲の良い人と一緒に嫌いな人の愚痴を言わないという点です。これでは嫌いな人のことを気にしているのと同じ。仲の良い人との楽しい時間が、ネガティブなものになってしまいます。

また、愚痴を言う人に対して不快な気持ちを抱く人もいます。嫌いな人の愚痴を言うあなたを見て、仲が良かったはずの人が離れていってしまうかもしれません。

良好な関係にある人とは仕事のこと、プライベートの生活、将来のことなど前向きな話をしてみてください。そうすることで嫌いな人のことを気にしない時間となります。

嫌いな人の見方を変え、関係を良好にするコツ

嫌いな人とのこれからの関係を考えた時、「少しでも歩み寄りたい」「できれば嫌い合うことなく仲良くしたい」と感じる。

ここからはそのような、「嫌いな人との関係を見直したい」人向けのコツについて紹介していきます。

  • その人に対する周りの人の評価を聞いてみる
  • 感情的になりすぎてないか考える
  • 嫌いな人の長所はないか探してみる
  • 自分に悪いところがなかったか考える
  • あえて自分から話しかけてみる

その人に対する周りの人の評価を聞いてみる

自分にとっては嫌いな人・苦手な人。

でも、周りの人からの評価は違う可能性があります。一人の人を評価するにも様々な観点があるものです。

・性格
・経歴
・仕事の成果
・人間関係
・行動

他にもたくさんあります。仮にあなたがその人を「性格」の面で嫌っているとします。しかし、あなたの上司はその人の「仕事の成果」から、高く評価しているかもしれません。

自分以外の人から評価を聞くと嫌いな人の新たな一面を見つかり、あなた自身の評価も変わる可能性があります。

感情的になりすぎてないか考える

「ああ、やっぱりこの人嫌いだ……」と感じているあなたは、少し感情的になりすぎてしまっているかもしれません。

一度その人を嫌いになった理由を冷静に考えてみてください。ほんの少し考え方を変えるだけでネガティブな感情を抱かずに済んだ可能性はないでしょうか。

例えば、あなたの上司が言葉遣いや仕事の態度、服装などを毎日のように注意してくると想定します。しつこく注意する上司をあなたは「嫌いだ」と思い始めました。

しかし一度冷静に考えると、以下のような原因があったため、上司はあなたに注意していた可能性があります。

・上司だけでなく他の社員からもあなたの態度は良く思われていなかった
・上司自身、仕事態度をきっかけに社内の人間関係が悪化した過去がある
・あなたが転職した際、どの会社へ行っても問題ない働き方を身につけてほしいと考えていた

もしそうだとしたら、上司の注意は嫌がらせではなくあなたを守り、成長させるための心遣いです。注意された不快感だけで「嫌いだ」と断定してしまうのは早いと言えます。

嫌だと感じること全てがこの例に当てはまるわけではありません。しかし、その人の一面だけを見て好き嫌いを決めているのであれば、一度考え直すことで関係を良くするヒントが見つかるはずです。

嫌いな人の長所はないか探してみる

あなたが嫌いと感じている人の長所を探してみてください。

先ほど説明した「周りの人の評価を聞いてみる」のも長所を見つけるのに役立つでしょう。

今のあなたは、嫌いな人の「嫌な部分」ばかりをクローズアップしているのかもしれません。嫌いという感情は一度捨てて、先入観なくその人を見てください。どんな人でも、何かしら長所があるものです。

仕事中、嫌いな人を意識するのは気持ちが落ち着かないかもしれません。しかし、長所を見つけたことをきっかけに、その人に対する印象がガラリと変わることがあります

仕事の手際、社内のコミュニケーション、昼休みに食べている食事、いろんな点を見てみましょう。

自分に悪いところがなかったか考える

その人のことを「嫌い」と感じてしまったシチュエーションを思い出して見てください。原因は全てその嫌いな人にあるのでしょうか。

冷静に考えると、あなた自身にも関係を悪化させてしまった原因があるかもしれません。

・自分の仕事をその人に押し付けてしまった
・気分が落ち込んでいた時、その人に素っ気ない態度をとってしまった
・その人の陰口を言っていた

このようなことがあり、相手もあなたが不快に感じる態度をとるようになったという可能性はないでしょうか。

思い当たる部分があるならば、あなたから相手に謝ることで、関係が良好化すると思われます。意地を張らず自分を非を認めることも大切です。

あえて自分から話しかけてみる

「嫌いな人」と決めつけて会話をしないようにすると、さらに関係が悪化していく恐れがあります。

さらに、その相手の仕事ががあなたの仕事と関係する場合、コミュニケーション不足から仕事のミスにもつながりかねません。

「嫌い」と感じてからずっと避けている人がいるのであれば、どこかの機会であえてこちらから話しかけてみるのも一つの手です。

話しかけてみて初めて、自分が誤解していたことに気づく可能性もあります。または、相手もあなたとコミュニケーションをとるきっかけを伺っていて、改めて関係を修復するチャンスになるとも考えられます。

しかし、会話をして改めて「自分には合わない」と認識することもあるでしょう。そのような場合は「この人とは必要最低限のコミュニケーションを取る程度に留める」と決めればいいだけです。

職場に嫌いな人がいてもやってはいけないこと

いくら嫌いな人が相手でも、やってはいけないことはあります。

例えば無理に相手に報復しようとすると、怒りを買ってしまいさらに大きな問題に発展しかねません。

この項目で紹介することは、やらないように心がけてください。

ケンカ・口論に発展させる

意見が対立した時は、思い切りお互いの主張をぶつけ合った方が理解が深まることも。

しかし必ずしもそうなるとは言い切れません。議論ではなく、口論になる可能性も考えなければならないでしょう。

ケンカ、口論に発展したら、関係が悪化してしまうことは明らか。仕事において最低限必要なコミュニケーションすら取りたくないと感じてしまうかもしれません。

さらに周りに同じチームのメンバーがいる場合、あなたと相手が口論している様子を見てしまうかもしれません。するとチーム全体の雰囲気が悪化するきっかけにもなります。

嫌がらせをする

たとえ自分が苦手とする人でも、嫌がらせをするのはやめるべきです。

仕事の邪魔をする、その人のものを隠すといった行為は相手を追い詰め、一時的なストレス発散になるかもしれません。しかし、あなたにとって何もメリットがないはず。

さらに、このような行為を見た人たちは、あなたに対する評価を下げることでしょう。

仮に、嫌いな相手から嫌がらせをあなたが受けていたとします。だからといって同じことを相手にやり返していい理由にはなりません。嫌がらせを受けているのであれば、同じことをするのではなくさらに上の役職者や人事に相談して対応してもらいましょう。

嫌いな人の悪口をSNSに書き込む

若い世代を中心に人気の、TwitterやInstagramといったSNS。

日常のふと思ったことを書き込み、簡単な日記のように使える手軽さがSNSの大きな魅力でしょう。

しかし、手軽に書き込めるがゆえに、悪口や不満も書き込んでしまいがち。自分が勤めている会社、同僚の悪口を書き込む人も多く見受けられます。

匿名で投稿したつもりが、あなたの過去の投稿などからどの会社の誰のことを言っているのか辿れてしまう可能性があります。あるいは、自分では匿名でSNSを利用していたつもりが、自分の顔が写った写真が投稿されていたことから本人を特定できてしまうというケースも。

あなたが何気なく書き込んだ悪口は、誰が見ているかわかりません。場合によっては、悪口の対象となっている人自身が見ていることも考えなければなりません。SNSに悪口を書き込む事は禁物です。

仲間を集めて無視する

あなたの他にも、嫌いな人を良く思わない同僚がいるかもしれません。時にはその同僚と共感し、一緒に愚痴を言いたくなることもあでしょう。

しかしそれが集団になると話は別です。例えば同じチームのメンバーを多数巻き込んで嫌いな人を無視するように仕向けるのは、やってはいけない行為です。いじめのような状況に陥ってしまいます。これではチームの仕事がうまく回らなくなってしまうでしょう。

さらに、チーム内でそのようなことが一度起きると、また違う相手に対して同様のケースが引き起こる可能性も高まります。

負の連鎖を生み出さないためにも、集団で無視するようなことはやめましょう。

どうしても気になる、あるいは良好な関係が築けそうにないなら

ここまで、「嫌いな人を気にしないコツ」そして「嫌いな人の見方を変え、良好な関係につなげるコツ」を紹介してきました。

しかしそのようなステップを踏んでもどうしても好きになれない人がいて、その人の行動が気になってしまうケースもあるでしょう。

そのような状況ならば、以下のような手段を取ることも検討してみてください。

上司に相談し、異動や転職を検討する

まずは、上司に相談し、部署異動を願い出てみるという方法です。

「なぜ嫌いな相手ではなく自分が動かなければならないのか」と不満に思うこともあるかもしれません。

しかし、嫌いな人の影響であなた自身の仕事に悪影響が出るのを放っておくわけにもいきません。

自ら動いて環境を変えて、考え方を未来志向にチェンジしてみてください。

「部署異動しても嫌いな人と関わらないようにはできない」と判断した場合には、転職も視野に入れてみましょう。

ただ嫌いな人から逃げるためだけに転職をするのは、あなたの将来的なキャリアを見たときにプラスに働かない可能性もあります。

・とりあえずすぐ働けそうな仕事に転職したが、自分のやりたい仕事ではなかった
転職して早々地方への転勤が決まり、引っ越しせざるをえなくなった
・今の仕事を投げ出す形で転職することになり、もともと仲が良かった職場の人たちに会わせる顔がない

どのような職種に転職するか、退職のタイミングはいつにするべきなのか、転職の際は慎重に考えるべきです。思い切りの良さも必要ですが、将来のことを考えた上で行動しましょう。

こちらの記事→「仕事を辞めたい」今すぐ転職すべき人・そうでない人の違いを解説も参考にしてみてください。転職するかどうか悩んでいる方に向けて書いた記事です。

独立できるスキルがあるならフリーランスもおすすめ

これまでの経験でスキルが身についていると感じるのであれば。独立してフリーランスになるという選択肢もあります。

フリーランスになれば会社という組織に属さず働けるため、人間関係を気にすることも少なくなるでしょう。

具体的に、独立につながるスキルというと

・プログラミング(エンジニ、プログラマー)
・Webライティング(Webライター、コピーライター)
・デザイン(Webデザイナー)
・テレアポ(営業代行、ヘルプデスク)

などが挙げられます。もちろんこれだけではありません。近年フリーランスとして働く人々も多く、様々なスキルで独立を図るケースが現れています。

いきなり独立するのが不安ならば、まず副業として試してみるのもいいでしょう。本業での収入がある分、副業ならば失敗した時のリスクを最小限に抑えることが可能です。こちらの記事→【おすすめの副業】学生・主婦・社会人でも在宅で始められる副業もぜひご覧ください。

今の仕事における人間関係に嫌気がさしたり、不満が溜まっているのであればフリーランスの道も視野に入れてみましょう。そのために新しくスキルを磨くというのも一つの方法です。

独立してフリーランスとなった人のリアルな声は、こちらの記事→フリーランスを目指す方必見!現役フリーランスが語るリアル 初期の仕事の取り方、月収、ヤバい案件から逃れる方法で読めます。ぜひ参考にしてください。

職場の嫌いな人を気にしない方法 まとめ

仕事も生活も豊かに過ごすためには、職場の嫌いな人のことは気にしないのがベターです。できれば良好な関係に戻したいところですが、できそうにないならば無理をする必要はないでしょう。

この記事があなたの働き方や、心の状態を変えるヒントになってくれると幸いです。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement