テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

会社での人間関係は本当に必要?人間関係にとらわれない考え方

更新: 2021.07.07

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

職場での人間関係に悩んでいませんか。

「上司と関わるのが苦手」
「社内でうまく立ち回れず孤立気味だ」
「同僚と良好な関係を築くことができない」

多様な人間が集う会社という場では、このような悩みを抱えることもあるでしょう。

ですが、そもそも「会社で働く」において人間関係は本当に必要なのでしょうか。人間関係にとらわれなければ、今より仕事に打ち込むことができるでしょう。

この記事では、会社での人間関係について、その必要性を解説します。職場での人間関係がうまくいかないという方は、ぜひ参考にしてください。

人間関係を理由に退職する人は多数

「人間関係」は会社で働く人の悩みの種です。実際に、職場での人間関係に対する不満から、退職をするという人も多数存在します。

転職サイトを運営するリクナビが転職者の退職理由を調査したデータをみてみましょう。

退職理由の本音の中でもっとも多い理由は「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」でその割合は23%。ついで2番目に多い理由は「労働時間・環境が不満だった」と、条件面での不満が上がりますが、3番目には「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」と再び人間関係の悩みが浮上しています。

退職の理由として「上司」「同僚」との人間関係の問題をあげた人の割合は合わせておよそ36%となります。退職者の3人に1人は、人間関係の不満がきっかけとなっているようです。

参照:リクナビNEXT

良好な関係ができているなら問題なし

上司や同僚、後輩と良好な関係を築くことができているのであれば、その関係を長く続けるべきでしょう。

社内の人が、ただのビジネスの関係ではなく、「週末一緒に飲みに行く」「休日に遊ぶ」などの楽しみを共有できる存在になります。このような関係を築くことによって、仕事の悩みなどを相談できますし、日々の業務をより円滑に進めていくこができるようになるでしょう。

良好な関係とは、必ずしも「遊び」や「飲みに行く」という関係を指すものではありません。遊びや飲みの誘いがあっても気楽に断れることも、良好な関係ができていると言えるでしょう。

このような関係がうまく築けているのであれば、問題ありません。ですがそうでない場合、業務にも支障が出る可能性があります。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

ブログ読者特典でAmazonギフト券3000円分もプレゼント中!無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

会社での人間関係でよくある問題

会社での人間関係の悩みとしてよく挙げられるものを紹介します。

上司に振り回される

マネジメント能力の優れた上司のもとであれば、働きやすいでしょう。ですが、部下を振り回す上司のもとで働く場合、不満を抱えることもあります。

指示が適切でなかったり、指示したことを気分で撤回したり。中には高圧的な態度で、部下やチームのメンバーを萎縮させる上司がいるかもしれません。

あなたがもし会社に適応できていないと感じていても、それは単に上司と合わないだけということは大いにあります。その場合、会社を辞める前にまずは人事部に相談すると良いでしょう。そして無理をして上司に合わせようとせず、適切な距離を取ることを意識すること。そうすると、少し気分が楽になるかもしれません。

職場に苦手な人がいる

職場には、様々な性格の人がいます。中には、ミスを人のせいにする人や、他人に仕事を押し付ける人など、あなたが苦手とする性格の人もいるでしょう。

そういった人が職場に多数いる場合、あるいは仕事上そういった人々と頻繁に関わりあう場合、ストレスを感じてしまうことになるでしょう。

同僚からの無視・いじめ

同僚から「無視される」「子供じみた嫌がらせをされる」などの悩みを抱える人も多くいます。社内で孤立するすることは、精神的なダメージも大きいでしょう。

ですが、会社はあくまで仕事をする場所です。業務で必要な伝達をしっかりとしていれば、無理に同僚と仲良くしたり、馴れ合う必要はないのです。極端な話、プライベートな会話などを一切しなくても問題ありません。

職場での孤立に悩む場合は、まずは仕事を徹底して成果を出すということにフォーカスしましょう。自分自身の仕事をうまく進めることや自分の人生を生きることが何より大切です。

社内のグループ・派閥による争い

会社は多様な人が集まる空間です。自然とグループが生まれ、派閥争いのような状況になることもあるでしょう。悪口や噂話などで盛り上がる人もいるかもしれませんし、時には同調を求められることもあるかもしれません。

相手に同調したり話を広げたりすると、相手はあなたのことを仲間だと認識するでしょう。そうするとグループ間の人間関係の軋轢に巻き込まれることにもなりかねません。
もちろん、同調しないことで、上記のような孤立状態になるかも考えられます。ですが、先述の通り会社は仕事をする場所であって、友達関係を作る場ではありません。厄介な人とは適切な距離を取ることが、重要です。

部下が言うことを聞かない

社会人になり数年経つと、自分が上司の立場になります。マネジメントする立場になることで、「どのように部下に接すれば良いのか」と部下との関係で悩むこともあるでしょう。

ですが、「部下を指導する」というのは人間性よりも、技術や経験が重要。部下のモチベーションを上げるにはどうすれば良いのかなど、マネジメントスキルを身に付けることで、部下との関係も築きやすくなるでしょう。

部下が言うことを聞かないというのは、マネジメントスキル不足の場合もありますし、それ以前に部下との信頼関係を築けていない可能性もあります。普段の部下への接し方を客観的に振り返ってみましょう。

会社で人間関係を持たないといけないのか

そもそも、会社で良好な人間関係を絶対に築かなければならないのでしょうか。

組織で働くには最低限のコミュニケーションは必要

複数人でチームとして仕事をする以上、最低限のコミュニケーションは必要です。わからないことがあったら質問する、困っている人がいたら力を貸すなどはするべきです。

わからないことを自力で解決しようとしては、時間がかかったり、うまくいかないことも。そうなると、チームに迷惑をかけることになってしまいます。困っている人をそのままにしていても同様です。
ここに、自分の好みを持ち込んではなりません。例え相手が苦手な人であっても、価値観が合わないひとであっても、組織で働く以上は一切の感情を排して接するべきです。

仕事以外の場で関係を持つ必要はない

職場での人間関係を良好に保とうとすると、会社の人と常に仲良くしなければならないと思う人もいるかもしれません。その場合、いろんな人に気を使ったり、精神が消耗することもあるでしょう。

そこで改めて意識しておきたいことは、仕事以外の場所で社内の人と関わる必要はないということ。終業後や休日などの勤務時間外に一緒に過ごすことはなく、あくまでも仕事上の関係と割り切りましょう。もし遊びや飲み会などの誘いを断れない状況なのであれば、それは職場環境に問題があると言えます。

自分からは関わらない

「職場の人とは仲良くしないといけない」という思い込みから、人間関係で悩みを抱えている人も多いです。ですが、上司や同僚などとの関係に問題がある場合、その人との関わりを極力減らすというのも、有効な方法です。

仕事の連絡などはメールやチャットなどで行う、プライベートな話はしないなど、その人との関わり方にルールを設けてみましょう。

人間関係が負担になるなら無理はしない

会社で働く以上、全く他者と関わらないということは不可能です。最低限のコミュニケーションは発生します。ですが、それすらもつらいと感じてしまう場合、無理は禁物です。精神的に病んでしまったり、せっかく好きな仕事を嫌いになってしまっては元も子もありません。

その場合は部署異動や転職など、まずは今いる環境から脱することを検討してみることをおすすめします。退職理由のデータにあった通り、人間関係が原因で職場を変えることは、珍しいことでもなんでもありません。合わない環境で無理をせずに、自分に適した環境で働くことは当然の考え方でしょう。

社内で孤立することを気にしない考え方

「社内での人との関わりを極力減らすことで、結果的に孤立してしまうかもしれない」

そう不安に感じてしまう方は、以下のような考え方を参考にしてみてください。

会社は仕事をする場と割り切る

会社は仕事をするためにくる場所です。あなたに求められるのは、仕事に集中し、結果を出すこと。人間関係を作ったり、友達や恋人を作る場ではないと割り切って考えることが大切です。

同僚や上司の中には、仕事とプライベートの線引きが曖昧な人もいるでしょう。仕事以外の時間に介入してきたり、好き嫌いで人を判断するなど。前の項目で例に挙げた人間関係の悩みは、このような人たちが原因で引き起こされることがあります。

こういった考えの人に同調していては、いつまでも職場の人間関係の悩みから解放されません。会社は仕事をする場であるという考えを常に念頭に置いておきましょう。

孤独の中でも負けない自分を評価する

上司や同僚と適切な距離をとって、例えその空間で孤立したとしても、その中で働き続けることができるというのは、精神力が高い証です。なので「孤立してしてしまった」と落ち込む必要は全くなく、むしろそのような環境で仕事を続けられる自身の芯の強さを誇るべきです。

常に平常心を保ち、仕事をすることができる自分を評価しましょう。そういった逆境の中で、仕事で一定の成果をあげることができれば、もうどのような環境であっても怖いものはありません。

社内での孤立は、周囲の妬みなどの感情が原因の場合があります。特に著しい成果をあげている人に対して、妬む気持ちを持つ人が多い職場では、このようなことが起こりがちです。

ですが、仕事をする上で本当に大切なのは、一定の成果をあげることです。妬みなどの感情を向けられて孤立している場合は、無理に解決しようとせず、今まで通り業務に集中し、結果を出していきましょう。

プライベートを優先する

仕事の優先順位を下げるというのも、精神的に安定して働く上では時には必要です。会社での人間関係よりもプライベートの時間を優先して考えましょう。「同僚に迷惑がかからないように」「上司に怒られないように」と、職場の人に焦点が当たってしまうと、「同僚との関係がうまくいかない」「上司に顔を合わせたくない」どうしてもその人との関係で悩むことになってしまいがちです。

仕事をするときは、「趣味や友人との関係のためにお金を使い、そのお金を稼ぐために仕事をしているのだ」などと割り切って考えることも大切です。そうなると、職場での人間関係のことが気にならなくなっていきます。

打ち込めるものがないという人は、趣味や没頭できるものを見つけましょう。以下の記事では、社会人におすすめの趣味について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

■ここにタイトルを入力する

人間関係の悪化は自分に原因はないかもと考える

人間関係のこじれは、様々な要因が複雑に絡み合って起こります。全面的に相手が原因のこともあれば、双方に否がある場合もあります。職場での人間関係が悪化し、もうこれ以上会社の人と関わりたくないと感じる人は、自分に原因がなかったかも一度考えましょう。

人と関わる時の態度

自分が他者と関わる時の態度を、客観的に見つめることは大切です。そっけない態度をとっていなかったかなど、振り返ってみましょう。

意識しないうちに、誰かが傷つく発言をしていないかも重要です。

仕事上のコミュニケーション不足

業務を行う上での最低限のコミュニケーションが不足していないかも意識しましょう。例えば、誰かが困っていた時に助けてあげなかったなどは、関係を悪くする原因になります。この場合、特に相手が部下の場合は、萎縮して積極的に質問ができなかったという場合も考えられます。

普段から自分の態度や言動に原因はなかったか振り返り、改善できないかを一度客観的に考えることも大切です。

人間関係に苦しむようなら転職を視野に

人間関係の悩みを抱え、つらい気持ちで日々仕事をしているのであれば、転職も視野に入れることをおすすめします。

働きやすさや、職場での過ごしやすさは、会社次第。同じ業務内容でも、職場を変えることで働きやすくなることがあります。

職場の人間関係の悩みから解放されるためには、大きく環境を変えることも時には必要です。

独立してフリーランスになる方法も

組織で働く以上、人と関わることは避けられません。「これまで何度か転職を重ねたが、どの職場でも人間関係の悩みを抱えることになった」という人は、独立してフリーランスになる方が向いているでしょう。

フリーランスであれば自分一人で仕事をすることができます。仕事を請ける場合クライアントとコミュニケーションをとる必要はありますが、仕事以外の関わりは一切不要です。

人間関係のしがらみに悩まず、仕事に没頭したいという方には、おすすめの働き方です。フリーランスとして働くための方法は、以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

■TECH::NOTE関連記事

さいごに

会社で働く際、最低限のコミュニケーションは必須ですが、それ以上深く関わる必要は全くありません。職場の人とは友人のように話したり、仲良くする必要もありませんし、適切な距離をとることでむしろ仕事がスムーズに進むこともあります。

もし職場の人との人間関係に思い悩む時は、仕事でのみ関わる人と考えて、仕事の成果をあげることに集中してみましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement