テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

孤独を感じてしまう社会人の特徴やさみしさをなくす方法を解説

更新: 2020.01.27

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

休日や仕事終わり、ふと孤独を感じてしまうことはありませんか。

気の合う友人と日々顔をあわせる学生時代とは異なり、一日や一週間のほとんどを職場で過ごす社会人の中には、気軽に会える友人などが近くにおらず寂しさを感じてしまう方もいます。

この記事では、孤独感を持ちやすい人の特徴や寂しさを解消・軽減する方法を解説します。

孤独を感じる社会人にありがちな特徴

孤独感を持つ人には、共通したいくつかの特徴があります。あなた自身がその特徴に当てはまるかもしれません。あるいはあなたの周りにそのような特徴を持つ人がいることも考えられます。

あなた自身の孤独感を取り払うため、そして孤独に悩む人を救ってあげるためにも、以下の特徴を知っておきましょう。

コミュニケーションが苦手

孤独を感じやすい人の特徴の一つに、「他人とのコミュニケーションが苦手」という点があります。具体的には、

・初対面の人の前では緊張してしまう
・自分から他人に話しかけることが苦手
・誰かと二人きりになると気まずくなってしまう

などが挙げられるでしょう。

人と接することが嫌いではなくても、他人とのコミュニケーションに関して悩みや苦手意識を持っている人は一定数います。

その結果、他人と積極的にコミュニケーションを取ることが少なくなり、休日や仕事終わりに食事やどこかに出かけるような親密な関係を築きにくくなっている可能性があります。

人との深い付き合いを好まない

コミュニケーションに関する苦手意識の他に、そもそも他人と交わることが好きではないというケースも考えられます。

このようなタイプの方は、初対面の人や上司などの目上の人に対しても態度や言葉を適切に選びながら接することができる一方、接し方が表面的であるという特徴があります。

職場においても、同僚と適度にコミュニケーションを取りながらもプライベートな話はせず、「仕事仲間」以上の関係を持とうとしません。

結果、学生時代の仲の良い友達はいても会社では友人と呼べる人がおらず、いつまで経っても友人関係が広がらないという状況になりがちです。

自分に自信がない

自分に自信が持てず、積極的に他人とコミュニケーションを取ることを躊躇しているケースもあります。

このタイプの人は、例えば、

・自分の外見に何らかのコンプレックスを持っている
・仕事のできる同僚や先輩に対して引け目を感じている

など、何かについて自分が他人よりも劣っていると感じていることが多いです。

その感情によって相手とコミュニケーションが上手く取れず、関係を深められないという結果に繋がっています。

仕事が忙しく時間がない

仕事などで時間がなく、単に人と交流する機会がなくなっているケースもあります。職場の環境によっては、毎日遅くまで働いていたり、休日もなく働くという状況になることも。

友人と会うために仕事を途中で投げ出して遊びに行くなんてことはまずできません。そのうち疎遠になり、たまに定時退社ができた日や大型連休などの際に会える人がいない、ということになってしまうのです。

お金を使いたくない

誰かと会って、食事をしたり出かけたりするとお金を使います。生活状況によっては、いわゆる「交際費」をかけられないこともあるでしょう。

そのような状況にある人の中には、「親しい友人や大切な人と過ごす時間に対してお金を払うことは構わないが、さほど関係が深くない人と自分のお金を使ってまで会おうと思わない」と考えている人が少なからずいます。食費や家賃などに回す分のお金が必要ならば仕方のないことです。

しかし、節約や貯金のために友人からの誘いに断り続けた結果、誘ってもらえなくなってしまうケースも考えられます。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

孤独感を払拭する方法

一度や二度ならまだしも、毎日、毎週末と頻繁に寂しさや孤独を感じてしまうことはつらいです。孤独感を和らげ、払拭するためにはどのようにすればいいでしょうか。おすすめの方法をいくつか紹介します。

古い友人に連絡してみる

初対面の人と親しい間柄になるためには時間がかかりますが、すでに知っている人であればその時間をある程度短縮させることができます。

学生時代の友人や違う部署で働く同期など、最近疎遠になっていた友人に久しぶりに連絡してみましょう。多少勇気のいる行動ですが、一度会ってしまえば話が弾むものです。

交友関係に悩んでいるのはあなただけではないでしょう。かつての友人たちも出会いを求めている可能性があります。

例えば、大学で顔を合わせていた時にはそこまで親しい間柄でなかった人でも、お互い社会人になってから会ってみると意外と意気投合する、というケースもあります。

最近はFacebookなどのSNSを利用することで気軽に連絡を取ることもできるため、オンラインでやり取りをしているだけでも楽しめることでしょう。直接会う勇気が出なければ、このような形で連絡を取り合うのもおすすめです。

人が多く集まる場所に行ってみる

新しく交友関係を広げたい人は、イベントやカルチャースクールなど人が多く集まる場所に行ってみることがおすすめです。

同じ趣味を持つ人が集まるイベントで出会った人とは、あなたの好きなことについて話し合うことができます。一人で参加している人を見つけたら思い切って話しかけてみましょう。

特に「一人でも参加可」のイベントであれば、あなたと同じように友人や仲間を見つけようとしている人が多数参加しています。交友関係を広げるチャンスとなるでしょう。

イベントを称した犯罪に注意

週末や大型連休、クリスマスやハロウィンなどの日には様々な場所で様々なイベントが開催されていますが、参加するイベントを選ぶ場合には主催者やイベントの詳細をよく確認することが必要です。

中には、イベントやパーティを称し犯罪(詐欺など)を行おうとしている組織もあり、彼らは生活に寂しさや孤独を感じている人をターゲットにしています。

イベントに参加する際には、口コミや主催者(運営会社)などを調べ、怪しいと感じたものには参加しないようにしましょう。

趣味や好きなことをSNSで発信する

料理やカメラ、スポーツなど、趣味や好きなことをSNSで発信し、SNS上で人との交流を楽しむこともできます。

多くの人に対して発信ができるSNSは、あなたと同じ趣味を持った友人を見つけるだけでなく、新しい人と繋がるチャンスでもあります。

空いた時間で気軽に発信できるため、仕事などで直接誰かと会う時間が取れない人にもぴったりです。

「そもそも趣味がない」という方は、何か新しい趣味を探してみましょう。こちらの記事では、大人に人気の趣味を紹介しています。あわせてご覧下さい。

働き方を見直す

「仕事が忙しくて人と会う時間が取れない」「友人からの食事や外出の誘いに断り続けている」という方は、仕事の時間や働き方を見直してみましょう。

「どうせやることがないから」と理由をつけて残業をしたり、休日出勤をしたりしていないでしょうか。

現時点で仕事中心に生活を考えている方は、そこにもう少しプライベートの要素を加えてみましょう。仕事終わりや休日に予定を入れてみることで、仕事に対するモチベーションが上がり、効率的に働くことにも繋がります。

効率的に仕事ができて残業や休日出勤を減らすことができれば、その空いた時間を活用して自分から誰かに連絡をしてみたり、イベントに参加するなど、交友関係を広げていきましょう。

仕事だけの生活になってしまっている人は

仕事が忙しくて時間が取れない、という人は転職を考えることも方法の一つです。

「仕事=人生」と考えていて、寝る間を惜しんで仕事をすることで充実さや満足感を得られるという方は別ですが、仕事ばかりの生活がつらい、と感じているのであれば、積極的に生活を変える行動を起こしていきましょう。

次の記事では、仕事を辞めるべきか迷った時の判断基準の一つとして、今すぐ転職すべき人・そうでない人を解説しています。合わせてご覧下さい。

将来のためになることに時間をつかう

孤独感の解消方法は、何も「誰かと過ごす」だけではありません。

英会話やビジネススキル、簿記などの資格やプログラミングなど、将来のキャリアアップやスキルアップになることに時間を使うことも方法の一つです。

転職や昇給昇格などの目標に向かって努力をしていると、孤独感など忘れてしまうことでしょう。

Webエンジニアは一般的に、一人の時間はあなた自身をスキルアップさせる時間としてはうってつけなのです。

友達や恋人がいないことは悪いことではない

孤独感を払拭するための方法をいくつか紹介してきましたが、孤独感を生み出す元である「友達や恋人がいない」という状況そのものは、決して悪いものではありません。

日々の生活の中でどれくらいの友人を持っていたいか、何人くらいの人と親密に過ごしたいかという感覚は人によって異なります。

毎日誰かと会話をしないと寂しい、という人もいれば、一人で部屋に誰とも話さずに過ごすことが好き、という人もいます。誰かと話しながら食事がしたい人もいれば、一人で食べることが好き、という人もいるでしょう。

現在の交友関係であなたが問題なく生活できているのであれば、わざわざ時間や労力をかけて人と交流する必要はないのです。

他人と比較して自分の交友関係の狭さを悲観的に考える必要もないでしょう。時間の使い方楽しみ方は人それぞれです。

人間関係が増えると悩みが増加することも

広い人間関係を持つあまり、人付き合いに悩みやストレスを抱えてしまうケースもあります。

人の悩みの中には人間関係に起因するものもあるため、広く人間関係を持つことがベストとは言い切れません。

重要なのは、あなたが無理なく、ストレスなく付き合える範囲で関係を保つことです。そのためには人間関係を整理する(アドレス帳やSNSの友人を整理する)といったことも必要となることでしょう。

プライベートのみならず、職場での人間関係にも同じことが言えます。年齢や立場などの異なる様々なタイプの人と接する必要がある職場での人間関係は友人付き合いより難しいです。

こちらの記事では職場での人間関係が面倒、と感じた時のおすすめの対処法を紹介しています。合わせてご覧下さい。

さいごに

繰り返しになりますが、交友関係が狭いことは必ずしも悪いことではありません。大切なのは、現在の人間関係であなたが満足をしているか、ストレスを感じていないかという点です。

もしあなたが、今よりももう少し深い人間関係を築きたいと思ったのであれば、この記事を参考にできることから始めてみましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement