はじめてのIT転職🔰なら無料相談!
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

「仕事を辞めたい」今すぐ転職すべき人・そうでない人の違いを解説

更新: 2024.03.21

普段は特に不満もなく仕事をしているけれど、何かのきっかけで「仕事を辞めたい」と感じることは、働いている人の多くが経験していることでしょう。

仕事上のミスやトラブル、将来への不安や会社への不満、職場の上司や同僚との人間関係、労働環境や人事制度など、働いている人たちに「辞めたい」と思わせる要素は様々です。

しかし、そこから考え方や行動を変えて転職などをせずに会社にとどまり続ける人も居れば、実際に会社を辞めてしまう人もいます。その違いは何なのでしょうか?

本記事では「仕事を辞めたい」「仕事辞めるべきか迷っている、決断ができない」という方のために、辞めたいと思った時に考えるべきこと、取るべき行動、またすぐに転職すべき人・そうでない人の違いなどを解説します。

「仕事を辞めたい」と思う主な理由

「仕事を辞めたい」と感じる理由は人それぞれです。まずは実際に仕事を辞めた人たちがどのような理由で辞めたのか、アンケート結果を元に考えていきましょう。

  • 実際の退職者の仕事を辞めた理由
  • 会社には本当の理由を伝えない人が多い
  • 建前の退職理由を伝える理由

実際の退職者の仕事を辞めた理由

人材採用や入社後の活躍を支援するエン・ジャパン株式会社は、運営するサイト「エン転職」のユーザーを対象に退職理由に関するアンケートを行いました(2016年調査:回答数1,515名)。

その結果、実際に会社を辞めて転職した理由の1位は「人間関係」で、全体の25%の人が退職理由として挙げていました。

次いで2位は「評価・人事制度」(12%)で、自分の仕事とその成果に評価が見合っていないと感じ退職を決意したそうです。そして3位は同率で「社風や風土」「給与」「拘束時間(残業・休日出勤等)」(11%)の3つでした。

これらの理由のうち、人間関係・評価制度・社風に共通していえることとしては、「自分の力ではどうすることもできない」という点です。

仕事が上手く出来ない、失敗ばかりしてしまうといった理由であれば、作業方法やスケジュール管理の見直しや、やり方を変えてみるといった自分自身で試行錯誤することで状況を改善することができる可能性があります。

しかしながら、人事制度や社風は会社が決めるものであり、そこで働いている人が自由に変えることは出来ません

社風や風土は、入社時にきちんと確認しておくことである程度防ぐことが出来るかもしれませんが、業績悪化や会社の吸収・合併などの会社の置かれる状況の変化によって、入社後数年経った後に急に変化してしまうことも起こりえます。

職場の人間関係についても、異動や担当替えなどで改善する可能性がありますが、業務内容や職場の状況によってはどうすることも出来ず、ただ我慢するしかない、という状況もあるでしょう。

会社には本当の理由を伝えない人が多い

退職理由の1位として人間関係が挙げられましたが、これは「本当の理由」です。

アンケートでは「会社に伝えた退職理由」についての質問もあり、こちらの結果は「本当の理由」とはまた違った結果になっています。

それでは、退職した人は実際にはどのように会社に伝えているのでしょうか。

アンケートによると、1位が「結婚、家庭の事情」(23%)、2位は「体調を崩した」(18%)、3位は「仕事内容」(14%)という結果でした。

つまり、多くの人が本音とは異なる「建前上の理由」を伝えていることがわかります。

建前の退職理由を伝える理由

実際に退職した人が、本音とは異なる理由を伝えていた背景として「円満に退職したい」という考えがあります。アンケートでも、「円満に退職したかったから」と回答している人が一番多い結果になっています。

退職が決定したとしても、引き継ぎなどで一定期間は会社に残って仕事を続けることになります。

職場の人間関係や社風、人事制度に対する不満が退職理由であると正直に伝えることは、一緒に働いている人たちや会社を否定している、とも捉えられかねません。

そのため余計な波風を立てずに退職をするために、部外者が踏み込みづらい「家庭の事情」を理由として伝える人が多いようです。

また、次いで「話をしても理解してもらえないと思ったから」というネガティブな理由を挙げている人が多く、こちらは会社風土や環境要因など本当の理由を話したことで何も変わらないだろう、と考える人が多いようです。

他には、「本当の理由を話すことで引き止められるかもしれないから」といった回答などもありました。

退職や転職は本人にとってそれまでの日常が変化し、精神的にも身体的にも慌ただしくなります。そのようなタイミングに辞める会社と不要ないざこざを起こしたくない、と考える人が多いのでしょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」
そんな方へ、読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料でプレゼント中!

すぐに仕事を辞めても問題ないケース

職場での人間関係のトラブルや仕事内容への不満、あるいはその他の様々な理由から「辞めたい」と考えても、実際に退職することを決断することは容易なことではありません。今後のキャリアプランや収入、生活にも関わってきます

希望を持って転職したが、新しい職場に馴染めない、前の会社と同じような悩みを持つ、といったような「転職の失敗」をする可能性もあるため、その判断は慎重にならざるを得ません。

しかし、状況によっては今すぐ辞めるべき、というケースもあります。

ここからは、すぐに辞めても問題ない、むしろ精神的な負担により体調を壊す前に辞めてしまった方が良いケースをいくつか紹介します。

  • 人間関係で悩んでいる
  • 仕事のことを考えると憂鬱になる
  • 仕事を辞める理由はあるが「逃げなのではないか」と思ってしまう

人間関係で悩んでいる

人間関係の悩みは、仕事に限らず家庭や学校、サークルなど様々な集団・グループで起こりえます。

プライベートであれば「性格が合わない」「気に入らない」といって関係を断ってしまうことも出来るでしょう。しかし、職場ではそうにもいきません

そりが合わない、いつも衝突する、自分だけ理不尽な扱いを受けるといった職場での人間関係の悩みは、仕事への集中力やモチベーションにも影響を与えます。

特に上司との関係で悩んでいる場合、困っている時に助けてくれない、悩んでいることさえ誰にも相談できない、とさらに悩みが深くなってしまう可能性があります。会社に行きたくないとさえ感じてしまう人もいるでしょう。

ジョブローテーションや異動など、退職を避けて環境を変えるチャンスがある場合、ローテーションや異動を自ら申し出てみたり、そのチャンスを待ってみるのも一つの方法でしょう。

しかし、全ての人に都合よくそういったチャンスがあるわけではありません。

改善の余地がなく、さらに精神的な疲労を感じてしまうのであれば、思い切って新たな環境に移った方が良いのかもしれません。

仕事のことを考えると憂鬱になる

真面目な人、繊細な人ほど労働環境や職場の人間関係の悩みを深刻化させやすい傾向があります。

真面目な人ほど「関係を改善させないといけない」「自分は嫌われているのではないか」と問題を深く考えてしまうからです。

しかし、状況が改善しないまま悩みが深刻化し、仕事のことを考えるとそれだけで気分が沈んでしまう、という状況は、もちろん心身によってよくありません。

仕事のことを考えると憂うつになってプライベートも楽しめない、といった状況にある人は、一刻も早く休職か退職を検討した方が良いでしょう。

うつ状態になってしまうのは、体力的にも精神的にもその人の許容量を超えているからです。

うつを放置することによって、将来的に退職するだけでなく家に引きこもるようになってしまったり、人とコミュニケーションを取ることに苦手意識を持ってしまい、新しい職場にも馴染めない、という問題が引き起こされる可能性もあります。

そうなると治療にも時間がかかり、その後のキャリアに大きな影響を及ぼすことになります。

仕事を辞める理由はあるが「逃げなのではないか」と思ってしまう

真面目な人、責任感の強い人は、ネガティブな理由で仕事を辞めることに対して「逃げ」や「甘え」といった認識を持っていることがあります。

長時間労働、サービス残業や厳しいノルマなどを従業員に課す「ブラック企業」に勤めている人が、悩みや不満を抱えながらも退職に踏み込めない理由には、この心理があります。

また、退職することで残された同僚に迷惑がかかってしまうのではないか、自分がいないと業務が回らないのではないか、と感じる人もいます。

しかしながら、自分の人生、キャリア、スキルアップを考えるのであれば、自分の将来にとってプラスにならない環境は積極的に変えていくべきです。

真面目な人や責任感が強い人は、適切に評価されるホワイトな環境であればより実力を発揮できるでしょう。

仕事を辞めるのはもう少し考えた方が良いケース

劣悪な労働環境や人間関係の悩みで心身にダメージを受けている人は、人生やキャリアのためにもすぐに退職すべき、と解説しました。

続いて、仕事を辞める前にもう少し考えたほうがよいケースを紹介します。

  • 寿退社したい
  • 親の介護がある
  • とにかく疲れが溜まっている

寿退社したい

仕事がつらい、つまらないと感じ、結婚して辞めてしまいたいと考える人もいます。

「寿退社」と呼ばれ会社や同僚に祝福されながら退職でき、実際に結婚と同時に退職する人もたくさんいますが、結婚=退職と安易に決断してしまうことはよくありません。

結婚は、仕事以上に人生を大きく左右するものです。結婚してパートナーを家庭から支えたい、子供を育てたいといった前向きな意思がある場合は別ですが、ただ「仕事がいやだから」と結婚を退職のための口実として利用することは本末転倒です。

また、仕事を辞めることはその会社で積み上げてきたキャリアや成果も一旦リセットされることを意味します。

その後の転職活動や再就職にも影響を及ぼす可能性があることを理解した上で、どのようなキャリアを築いていきたいかについて考え、判断することをおすすめします。

親の介護がある

「親の介護のため」と退職する人もいます。

一人っ子や兄弟が遠い地域に住んでいるなど、自分以外に親を介護する人がいないなどの場合、「自分が介護しなければ」と考えて退職する人もいます。しかし、実際に退職する前にぜひもう一度よく考えるべきです。

介護は、会社の仕事のようにその成果を誰かから褒められたり、報酬として返ってくるものでは基本的にありません。

外部とのコミュニケーションの機会も減ることになるため、退職前の仕事にやりがいを感じていた人の場合は、特に退職後の介護だけの生活にストレスを感じるようになる可能性があります。

また、長期間介護につきっきりになりキャリアが途切れてしまったことにより、介護の必要がなくなった時に再就職できないというような状況にもなり得ます。

施設に入る、親戚や兄弟と共同で介護することになる、亡くなる、といった様々な理由により、介護にはいずれ終わりが来ます。

その時、あなたの人生やキャリアに支障がないようによく考え、時短勤務、休職、リモートワークなどが可能ではないか、退職だけで唯一の選択肢であるかをしっかりと考えるようにしましょう。

とにかく疲れが溜まっている

毎日の残業や長時間労働、ストレスなどにより精神的、身体的に疲労を感じ、とにかくそのつらさから開放されたい、と考える人はたくさんいます。

しかし、そういった時には冷静な判断ができない状況ともいえます。その場の感情で退職を決断してしまうことは、その後の後悔につながる可能性もあるため、あまりおすすめできません。

「疲れた。辞めたい。」と感じた時は、まずは一度しっかり休んで心を整えることが大切です。

そして「なぜ疲れているのか」「本当に辞めたいのか」「辞めてからどうするのか」と自分の気持ちや仕事の状況、将来としっかり向き合いましょう。

「どのようにすれば改善するか」と自分の状況を客観的に考えることで、改善策が思いつくこともあります。

この場合にも、真面目な人や責任感が強い人は自分が休むことによって仕事に穴をあけてしまうことを申し訳なく思い、なかなか休みを取れない傾向にあります。

しかし、自分の体や心を整えるために休息を取ることは決して悪いことではありませんし、一度ゆっくり休息を取ることで、気持ちがリフレッシュして復帰後により高い成果を出せるかもしれません。

「とりあえず辞めてその後のことは辞めてからゆっくり考える」という選択肢もありますが、退職すると今度は転職活動や将来への不安からまた精神的に不安定になる可能性もあります。

仕事を辞めたいけど会社に言えない時の対処法

しっかりと考えた上で結果として退職を決意した時、会社へ退職の意思を表明することはまず行うべきことの一つです。

しかしながら、この記事の冒頭で会社には本当の理由ではなく建前上の理由を伝えていた人が多かったように、退職を切り出すことは多くの人にとって多少のストレスになっています。

ここでは「仕事を辞めたいけど言えない」という状況にならないために、どのような策があるのかを解説していきます。

  • 社内に信頼できる人を作る
  • 家族に相談する

社内に信頼できる人を作る

一般的には退職の意思はまず直属の上司に伝えるものですが、上司に伝えづらい場合は同僚、同期、仲のいい先輩や後輩など社内で一番信頼できる人に相談してみるのがおすすめです。

転職を考えている人は、様々な事情や感情が絡み合っていることがあり、自分の悩みを明確に把握できていない人も多いです。

そのような時、他の人に相談することで、なぜ退職をしたいのか、決め手となった要素は何かを整理することができます

実際に上司に話す時の準備にもなりますし、状況を打破するためのアドバイスをもらえることもあるでしょう。

ただし、信頼関係が出来上がっていない同僚に退職話を漏らしてしまうことで、会社に正式に伝える前に噂が広まってしまうことは避けるため、普段から同僚とコミュニケーションを取り、相談できる人を作っておくようにしましょう。

家族に相談する

社内の信頼できる人に相談する他に、家族に相談する方法もあります。

こちらについても、他の人に話をすることで自分の考えの整理が出来るだけでなく、日々時間を過ごす家族だからこそ打ち明けられる感情もあるかもしれません。

また、退職手続きを実際に始める前に家族に相談するとよい理由がもう1つあります。

それは、家族があなたの退職に賛成してくれるのかを確かめ、将来の計画などを早い段階から一緒に考えられるからです。

会社を辞めたいと思っていても、家族を養っていたり子供がいるため「退職することで家族に迷惑がかかるのでは」と退職に踏み出せない人もいるでしょう。

しかしながら、言い出せないからといって勝手に退職や転職を決め、後で家族に話すのはトラブルの元です。早めに相談することで家族も心の準備が出来たり、転職活動を応援してくれるかもしれません

どういった理由で転職を考えているのか、今後の計画はどのように考えているのかを相談し、いざとなったら家族の協力が得られる状況を作っておきましょう。

仕事を辞めて転職活動に踏み切る前に考えておきたいこと

自分の状況を客観的に分析し、同僚や家族への相談を経てそれでも退職を決めたあなた。決断することはとても勇気がいることです。

しかし具体的に求人に応募するなどの行動に移す前に、最後にもう少しだけその決断に間違いがないかを確かめてほしいと思います。

ここでは、仕事を辞めて転職活動に踏み切る前に考えておきたいことを紹介しましょう。

  • 10年後の自分を想像してみる
  • 辞めたい原因は解決することができるか
  • 時間は有限であると心得る

10年後の自分を想像してみる

退職や転職は、自分自身の人生を見直すとても良いチャンスです。

朝起きて会社に行って、仕事をして夜帰ってきて、休んでまた次の日の朝に会社に行く・・・という日々の繰り返しの中では、これから先のことや自分のこの先の人生について考えることはあまり出来ないでしょう。

退職を決断したこのタイミングに、仕事とプライベートの両面から将来の自分を想像してみましょう。

どのようなキャリアを積んでいきたいのか、どのような仕事に携わりたいのか、家族とはどのように過ごしていきたいか、プライベートの時間はどのように使いたいのかなど、仕事だけでなく生活全てについて考えます。

そして、今の生活を続けていくことでそれを達成することができるだろうかを考えます。

そうすることで次にどのような会社に入りたいのか、あるいは独立してフリーランスとして働きたいのか、あるいは転職せずに今の会社に留まったほうが良いのか、などの具体的な方向が見えてくるでしょう。未来を想像することで現在の課題が見えてくることもあります。

例えば「10年後はもっと成長している」「10年後はもっと○○が出来るようになる」と思い描いているということは、現在はその理想に達していないということを意味します。

そこから、自分に何が足りないのか、キャリアアップのためにはどのような経験や知識が必要なのかが見えてくることでしょう。

もちろん、そこまで考えた上でやはり転職するのか現在の会社に留まるべきなのか、答えが変わる可能性もあります。

また、例えば10年後は部長になりたい、といったように就きたいポジションをイメージした時、明確に「○○さんのようになりたい」と思える人がいるかどうかもポイントです。

尊敬できる上司は、仕事へのモチベーションや成果に関わります。逆に「あの人にはなりたくないな」と思えてしまうような人と一緒に仕事をするのは、あなたのキャリアにとってプラスにならない、と言えます。

辞めたい原因は解決することができるか

「辞めたい」という感情が起きる背景には、様々な事情があると思います。

例えばそれまでは問題なく働いていたのに、上司が替わって新しい上司とそりが合わずにストレスがたまっている上に、残業が増えてきて休日出勤を行う時もあり、また成果を出しているのに給料が上がらなかった・・・といったように、何かのきっかけで退職を意識し始めると思います。

その時のあなたは「辞めたい」という気持ちが先行し、おそらく冷静ではない状態でしょう。

家族や同僚に相談したり、自分の中で将来について考えている時にも退職することを前提に考えを進めてしまっているかもしれません。

冷静になるためには、まず現在の悩みを明確にすることです。何がいやなのか、何に対してストレスを抱えているのか、何が解消できれば会社を辞めなくてもいいのか、などを箇条書きにします。

それを「内的要因」と「外的要因」に分類し、解決案を考えます。そして各解決案の実現可能性と実現までの時間を考えていきましょう。

その時間を待てるのか、待てないのかによって今後とるべき行動の選択肢は絞られます。

時間は有限であると心得る

自分の力では解決できない、あるいは解決までにある程度の時間を要するとわかった場合は転職した方が良いでしょう。

繰り返しになりますが、あなたの人生やキャリアにとってプラスにならない状況は積極的に改善させるべきであり、そこに時間がかかってしまうことは、人生の時間を無駄にしていることになります。

転職は、それによって状況の改善にかかる時間を短縮させる、つまり「時間を買う」といった考え方もできます。

例えば、こういった新規事業をやりたいという希望があり、企画を出し続けても却下されている場合は、このまま企画を提案し続けて時間を消費するより、手掛けたい事業をやっている企業に自ら転職する、という選択肢もあります。

希望する求人がその時点でなかったとしても、とりあえず会社に留まって働き続けながら、転職エージェントを通して求人情報をチェックする、といった方法も取れます。

転職理由の一番の原因である人間関係についても、「この人さえ居なければ」と思うような人とあと何年も一緒に仕事をしなければいけないのであれば、早急に環境を変えて新しい会社に移ったほうが仕事も私生活も充実する可能性もあります。

もちろん、転職の失敗という状況に陥らないための準備は必要です。

「仕事を辞めたい」と感じたらまずは現状を分析しよう

仕事を辞めたいと思い悩んでいる人の中で、悩みの原因や将来の計画を明確に把握できていない人はたくさんいます。

退職や転職は、キャリアアップや条件向上に繋がるため、それ自体は悪いことでありません。しかしながら、一時のネガティブな感情によってこれまで積み上げてきたキャリアや成果をリセットさせてしまうのはあまりにもったいないことです。

退職時の感情は転職活動や次の職場でのモチベーションにも影響を与えるため、悩みを分析し、将来のキャリアプランを考えた上で行動に移すことをおすすめします

今、「辞めたい」と考えている人は、本記事で紹介した内容に当てはまるものはないかを確認し、ぜひ今後のキャリアプランに役立てて貰えればと思います。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement