プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

仕事を辞める前に読んでほしい退職〜転職までにするべきこと

作成: 2018.11.21 更新: 2019.06.11

 

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし

あなたがもし、仕事を辞めたいのに辞められないとしたら、その理由は何でしょうか。

「退職のために何をすればいいかわからない」
「転職を考えているが、失敗したくない」

近い将来、現在の仕事を辞めようと決めていてもこのような不安が頭をよぎり、なかなかアクションを起こせないのでいませんか。

この記事では、

・仕事を辞めようと決意したら辞める前にやっておくべきこと
・転職までにするべきこと

これらを詳しくまとめます。

しっかり準備し、転職を成功に近づけましょう。

現在の仕事を辞めたい理由を考える

まずは、なぜあなたが現在の仕事を辞めたいのかをじっくり考えてみましょう。
つらい作業かもしれませんが、「仕事を辞めたい」と思う理由は何なのかを突き詰めていくことが必要です。

なぜあなたが現在の仕事に不満なのかを、洗い出してみてください。この作業で、転職活動において次の会社を選ぶときの「軸」をはっきりとさせることができます。

マイナビ転職の記事「仕事を辞めたい7つの理由とリアル対処法」では、アンケートをおこなって集めた仕事を辞めたくなる理由をまとめています。

仕事を辞めたくなる理由は、次のように大別されます。

給料が低い

給料や福利厚生に対する不満が、仕事を辞めたい理由のトップでした。

残業が多いのに手当が出ないなど、給与が働きに見合っていないという不満を持つ人は多いのです。

給料の低さは、将来的な不安にもつながるでしょう。

・貯金に回すお金がない
・結婚にかかる費用が払えない

など。今の仕事では十分なお金が手に入らないと感じれば、仕事を辞めたいと感じる大きな原因となるでしょう。

給料は働く上でのモチベーションにもつながる大切な要素です。

人間関係に不満がある

給料・福利厚生と並んで多かった回答が、人間関係に関する不満。上司、部下との関係、同僚との関係などです。

・上司への確認
・同僚との会話
・後輩への指導

仕事の内容には明記されていないものの、仕事をうまく運ぶにはこのようなコミュニケーションが欠かせません。良好な人間関係が築けていれば問題なく行えるでしょう。

しかし、会社で働く人々全員と仲良くできるわけではないというのが実情。あまり話したことがない人や気が合わない人とのコミュニケーションは苦手に感じてしまうでしょう。

人間関係は繰り返すうちに改善がはかれる場合がありますが、その見込みが低いと苦痛になります。

仕事が合っていない、やりがいを感じない

あなたの持つスキルに見合った仕事なのか、やりがいを感じているのかといった要素も、長く働き続けるためには重要です。

例えば、人と話すのが苦手な人が、ノルマの厳しい営業職に向いているとはいえません。さらに成果が生まれなければ働くのが苦痛となってしまうことでしょう。

また営業にせよ商品開発にせよ、自分が扱う商品に魅力や社会貢献度を感じていないと、身をいれて仕事をするのは難しいといえます。

社風が合っていない

会社の社風を就活の段階で100%把握するのは難しいことです。しかし、身を置く会社の社風が合わないと、想像以上に苦痛を感じてしまうでしょう。

例えば、クリエイティブな仕事がしたかったのに、封建的で何の新しい挑戦も許されない会社に入ってしまった場合はどうでしょうか。入社しても長続きしないことは明らかです。

社風を知るためには、面接担当者などに聞くのが良いでしょう。

また、会社の経営状態もモチベーションに影響します。自分の働く会社の経営が危機的であると知ってしまうと、腰を据えて働く気にはなれないようです。

残業時間が長い

残業時間が長い体質の会社もあります。「残業回避のために必死でペースを上げて仕事を終わらせているのに、余裕があるとみなされて更に仕事を与えられてしまう」というパターンもあるようです。

「それでは早く仕事をしても意味がない」とモチベーションは削がれてしまいます。仕事に対する熱意も失われてしまうでしょう。

プライベートな時間がないと仕事に追われる毎日になってしまいます。

また、労働時間の問題は健康状態にも直結してきます。

毎日の残業によって身体を壊し、努力してスキルが身につき仕事も熟練してきたのに退職を余儀なくされるという、残念なケースもあるようです。

思ったような評価が得られない

いくら頑張っても正当な評価を得られないと、ネガティブな気持ちになってしまうでしょう。

仕事で成果を出しているのに、お気に入りの部下しか評価せず、実力は関係ない。このような職場環境だと頑張ろうという意識は薄れてしまうことが予想できます。

結果、仕事も投げやりになってしまい、続けていても無駄だと感じるようなってしまいがちです。

働くことに疲れてしまった

いま勤めている会社に問題があるというわけではなく、働くこと自体に疲れて、仕事を辞めたいと感じているケースもあります。

先ほどの残業時間にも関係しますが、働きすぎによって心や体が限界にきているかもしれません。

身体の重さを感じたり、会社に行くことがいやだと感じることが言えていませんでしょうか。もし心当たりがあるのならば、心身が休みを欲していると考えられます。

スキル取得の充電期間を作るのも方法

現在の仕事が大変で、心身ともに疲れ果ててしまった場合は、心と身体のケアをする必要があります。

今の仕事を続ける限り休めないならば、思い切っていったん退職してしまい、休養の時間をつくるのも手です。毎日ずっとフルコミットして働くのは、難しいことです。

次のステージに行くためにいったん充電期間をつくる方が、結果的に良いこともあります。

もし可能であれば、その充電期間を利用して新しいスキルを身につけたり、資格を習得できたら理想的です。

中途採用の場合はご存知のように、これまでの実務経験やスキル面が高く評価されます。

この充電期間に合わせて長い勉強時間を確保できるのであれば、次のステージに進むための準備を始めましょう。

あなたの無理のない範囲で、新しい学びを始めることをおすすめします。

プログラミングスキルの習得がおすすめ

転職するにあたり新しいスキルを習得するのなら、おすすめはプログラミングスキルです。

ITスキルを持つ人材への需要は高く、将来的な人材不足は深刻な問題となっています。その背景には、近年どの業界においてもIT化が進んでいることがあります。

どの業界の企業においてもシステム部がおかれるようになり、ITスキルを持つ人材が積極的に採用中。特にプログラミングができる人材は、需要に対して少ないので市場価値も非常に高い状態です。

ただ、プログラミングスキルを習得するにはある程度の時間がかかります。例えば、プログラミング未経験の状態から、Webアプリ開発ができるようになるまでならどうでしょうか。独学ではなく、プログラミングスクールなどを利用しても最短で3ヶ月ほど必要なのです。

会社で働きながらプログラミングの学習をすることも、可能ではあります。

しかし、まとまった勉強時間を確保して学習できるならば、その方が効率的にスキルアップできるでしょう。

もしあなたが転職しようと考えていて、次の転職活動までに時間をとろうと思っているなら、是非プログラミングを学んでみませんか。

未経験者で「プログラミングはやったことがない」場合はプログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

退職前に転職活動を始めるのがおすすめな理由

「仕事を辞める前に転職活動をしても良いのだろうか」という疑問があるでしょう。結論から言うと全く問題ありません。

多くの人が、退職を切り出す前に転職活動を開始しています。

それに、退職する前に転職活動をおこなうことには3つのメリットがあるのです。1つずつ紹介していきます。

転職活動中もお金の面で余裕ができる

現在の会社に籍を置きながら転職活動をしたほうが、じっくりと次の会社を選べます。特に収入面でメリットがあります

収入が途絶えてしまって金銭的な余裕がないと、焦って次の仕事にありつこうとしてしまうものです。

よく吟味しないで転職先を探すと、新しい職場でも不安に思うことが見つかり、結果長続きせずに辞めてしまうことになりかねません。

転職活動には、金銭的にも精神的にも余裕がある状態で臨みましょう。そうすれば、複数の会社を比較する余裕もできます。

採用担当者と面接するときも、詳細に説明を受けることができます。

余裕のある転職活動をして良い職場と出会うためにも、会社に退職を申し出るのは、転職先が決まってからにしましょう。

自分の市場価値を測れる

自分の市場価値が測れることも、転職活動の大きなメリットです。

現在より待遇の良い会社に出会えて自信を得られるかもしれませんし、または反対に、今の会社に残った方が良いという結論に達するかもしれません。

転職活動は、それまでのキャリアや年齢に大きく左右されます。

ですので、転職を試みた結果、現在の会社の良さに逆に気付かされる場合もあります。

本当に転職するべきかどうかの判断ができる

あなたの現職で抱えている悩みや不満は、転職しなくても必ず解決するとは限りません。

また、いざ仕事を辞めようと転職へ動き出してみると、悩みが解決に向かうこともあります。

このように、転職以外のアクションで現職の悩みが解決する例を挙げてみます。

・仕事にやりがいを感じない
→上司に相談したら、別部署に異動させてもえることになった

・残業時間が長い
→効率化できる仕事があり、残業する日が減った

・職場に嫌いな人がいる
→その人が退職することとなった

このように、ちょっとしたことで問題解決への糸口が見つかるかもしれません。

現在の職場であなたが積んできた業績が、そのまま報われる方向へと向かえばそれに越したことはないでしょう。

転職した場合、転職先で改めて一から仕事を覚え、人間関係をつくらねばならないなど負担が増えることが予想されます。

ですので、場合によっては転職するよりも、今の会社に勤めたままで問題を解決した方が良いということもあります。

面接などのスケジュール管理が難しい点に注意

しかし、現在の会社に残ったままの転職活動は、面接などのスケジュール管理が難しいという問題が出てきます。

勤務時間中は、面接のために外出することは原則としてできません。

また、就業後や週末、休日には先方が営業していないというケースも考えられます。そうすると面接の日時を設定するのがとても困難になります。

就職を希望する会社や業種の大まかな就業時間を調べて、あなたの仕事の合間に面接を設定してもらえるように調整しましょう。

■退職前に転職活動を始めるべき理由まとめ
✔︎転職活動中もお金に余裕ができる
✔︎自分の市場価値を測れる
✔︎本当に転職すべきかどうか判断ができる

転職するべきか判断できない時の対処法

転職するべきか判断できない場合はどうしたら良いでしょう。特に初めて転職する場合、判断が難しく感じると思われます。

その時は以下のような方法を試してみてください。

転職した人の経験を聞く

実際に転職した人から話を聞くのは有効です。あなたの周りに既に転職していった先輩や友人はいないでしょうか。また、転職経験のある家族でも構いません。

転職を経験した人たちに、当時の心情や、転職してみてその結果どうだったのかを聞いてみましょう。良くも悪くも転職の「リアル」を知ることができるはずです。

そして、今の自分の状況と照らし合わせてみましょう。

  • 自分の転職の方向性はあっているのか
  • そもそも転職すべきかどうか

転職経験者の体験談は、これらを判断する良い材料になるはずです。

転職エージェントに相談する

身近に転職経験者や相談できそうな人がいないという場合は、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは数多くの人を転職成功へと導いたプロです。あなたの抱える悩みや希望からぴったりの企業を紹介してくれるでしょう。

履歴書の添削や、面接の対策なども行ってくれます。

もしIT系の企業にエンジニアとして転職したいのであれば、転職サポートつきのプログラミングスクールの利用をおすすめします。

プログラミングを身につけながら、キャリアアドバイザーによる転職サポートを受けられます。エンジニアに特化した転職エージェントに近い機能を備えており、エンジニア転職においては通常の転職エージェントよりも手厚いサポートを受けられるでしょう。

TECH::EXPERT 東京・名古屋・大阪・福岡

プログラミング未経験からWebエンジニアとして転職成功まで導くスクール TECH::EXPERT は、挫折しない環境を提供いたします。すべて駅から通いやすい便利な場所。いつでも質問できるメンター(講師)、一緒に頑張る同期がいるから頑張れる。そんな教室を是非見にきてください!

転職に前向きになれる考え方の例

転職に前向きになれない理由は、その他にもいろいろあります。退職した後の会社のことや、転職先の企業での働き方などが不安要素になるかもしれません。

転職しようと思ってもなかなか踏み切れない場合、以下のような考え方をしてみてください。

自分が退職しても会社に支障はない

転職に前向きになれない理由として次のように考える人が多いことを挙げています。

「私が辞めたら今の上司が怒ったり悲しんだりするのではないか」
「自分がやめたら皆が困るのではないか」
「売上が落ちたら自分のせいにされるのではないか」

長年勤務して会社内にポジションがある人ほど持ちやすい考えです。このように発想して、なかなか転職に踏み切れないでしょう。

しかし、会社は何とかしてくれるものです。人を回したり新規採用して増やしたりすることであなたの抜けた穴を埋めます。

もし、あなたが辞めたことで会社の存続自体も厳しくなるようでしたら、遅かれ早かれあなたは退職することになっていたでしょう。

ですので後任の心配をして悩ながら働くのではなく、思い切って転職という選択肢を選びましょう。

転職すれば今より良い環境で働ける

慣れ親しんだ今の会社を辞めて、新しい環境に行くのは勇気が要ります。

転職には不安がつきものです。「新しい仕事に慣れるだろうか」「人間関係はうまくいくだろうか」などと、様々な不安がよぎります。

しかし、そんな時は「転職すれば今より良い環境で働ける」と前向きに考えましょう。

今の会社で良好な人間関係を築き、信頼を得ようと努力してきたあなたなら、新しい会社でもやっていけるはずです。むしろ「新しい環境があなたを待っている」と考えましょう。

しかし新しい環境をベターなものにするためには、先に説明したように「転職先をじっくり選ぶ」という余裕が重要なのです。

転職活動は根気が要りますが、あなたの希望条件に近い企業へ内定が出るまで転職活動を続けましょう。

そうやって納得がいく転職活動が続けられれば、確実により良い労働環境で働ける会社と出会えます。

面接で落とされても、理由を分析すれば成功につながる

しかし、あなたがいま想像している以上に転職活動が難航し、うまくいかない可能性もあります。

特に初めての転職の場合です。数年前に体験した新卒採用とは違うことから、戸惑うことも多いでしょう。

先ほど少し触れましたが、新卒採用と中途採用では評価のポイントが違います。新卒採用では「仕事への熱意」「誠実さ」「成長性」などが評価されます。対して、中途採用では「実務経験」「資格・スキル」などが主な評価対象になってきます。

つまり、中途採用ではより即戦力となる人材を求めているわけです。

もしあなたにアピールできる要素が少ない場合、転職活動は苦戦するかもしれません。しかし、深刻に悩みすぎるのは禁物です。

あまり深刻になりすぎると「転職したい」という意志が薄れ、結果転職先をよく吟味せずに選んでしまう可能性があります。

そして、満足のいかない環境で働き続けることになってしまうのです。

転職活動において重要なのは、面接で落とされたことを悩むことではなく、落とされた理由を分析し、悪いところを改善することです。

もし転職活動中につまづきを覚えたら、このように考え方を転換しましょう。

・スキルや資格でアピールできなかった
→ 転職活動よりスキルアップを優先する

・現職での経験が不足していると感じた
→ まずは今の仕事で成果を上げてから転職する

・面接官の質問に正しく答えられなかった
→ 友人や家族など相談できる人と面接の練習をする

このように改善していけば、あなたの転職活動は次第に成功に近づいていきます。

面接が終わったら、毎回必ず分析することを心がけてください。

■転職に前向きになれる考え方の例まとめ
✔︎自分が退職しても会社に支障はない
✔︎転職すれば今より良い環境で働ける
✔︎不採用の理由を分析すれば成功につながる

不安ならばスキルアップから始めよう

もしあなたが「転職でアピールできるスキルや資格がない」と不安に感じるならば、先ほど申し上げたように、転職活動を始める前にスキルアップを考えることをおすすめします。スキルアップを考えるなら、おすすめはやはりプログラミングスキルです。

プログラミングスキルを独学で身につけるのは、初心者にはやはりハードルは高め。しかし、プログラミングスクールを利用すると未経験者でもしっかりとスキルが身につく学習環境が整っているので、学習ははかどります。

退職する時の基本的な手順

ここからは、退職の基本的な手順を4つのステップに分けて紹介します。

有給の消化も退職日までに行わなければいけませんので、引継ぎも含め退職日まで全てがスムーズにいくように配慮しましょう。

1.上司に退職する旨を伝える

上司に退職を切り出すときは以下のような点を意識しましょう。

切り出す時期:退職の1〜2ヶ月前(法律では2週間前に退職を申し出れば辞められる)

2ヶ月前の申し出が一般的

会社独自のルールがある場合は要確認

この他にも、「メールでの申し出は絶対NG」「転職先を聞かれたら業界のみ伝える」など伝え方にも注意してください。

退職理由の例

上司から退職理由も聞かれるでしょう。

その場合、法的には「一身上の都合」で詳しい理由を話さなくても問題ありません。しかし、穏便に退職するなら理由も明確に伝えた方がスムーズに話が進みます。

退職理由ですが、あくまでも個人的で前向きな理由が良いようです。

例を挙げてみます。

・将来やりたいことがあり、今の職場では達成できない
・体調や精神状態が限界のため、働き続けられない
・両親の介護が必要で、実家に帰らなければならない
・結婚や出産のために退職したい

会社側は、いろいろなことを言ってあなたを引き留めようとしてくるかもしれません。そのような場合、あなたの個人的な事情の方が納得してもらいやすくなるでしょう。この際、なるべく嘘をつかないことが望ましいです。

2.人事担当者などとの相談

会社によっては上司に申し出るだけでは不十分で、人事担当者や上司のさらに上司とも面談しなければならないかもしれません。会社の規模によっては社長と相談・交渉になることも考えられます。

こうなると根気がいる作業ですが、是非転職への強い意志を持ってのぞみましょう。強い意志を持つためには、やはり転職活動を先に行っておいた方が良いです。

そうでないと、引き留めのパワーに丸め込まれてしまう可能性もあるからです。

正式に退職が決定したら同僚や部下に報告する

同僚や部下に退職を報告するタイミングですが、上司や人事担当者との相談が全て終わり、退職が正式に決定してから同僚や部下に報告しましょう。

くれぐれも気をつけたいのは、退職を報告するべき最優先は上司だということです。

一緒に働いている同僚などについ退職の意向を話してしまいがちですが、それはやめましょう。あなたが他の社員に退職の相談をしたことが、上司に伝わり知られるような事態は避けたいです。

このようなことが発生しないよう考慮してください。

3.退職届・退職願を提出する

退職が決定したら、退職届・退職願を提出します。

退職届けの提出については人事担当者から指示があると思われます。その指示に従って用意しましょう。

退職日ギリギリにならないよう、余裕を持って提出するようにしてください。

4.仕事の引き継ぎ・取引先への挨拶をする

退職届・退職願を提出したら、仕事を引き継ぎしたり、取引先へ挨拶をして担当が代わる旨を伝える段階になります。最後まで先方に迷惑のかからないよう、丁寧に挨拶をしましょう。

できれば先方に出向いて挨拶するべきですが、遠方の企業の担当者などは電話越しでも構いません。

また、退職日までにおこなうべき事項として「有給休暇の消化」があります。

仕事の引き継ぎや取引先への挨拶など、退職までの重要事項をおこないながらになります。

両方こなしきれるように、日程などを十分に調整してのぞんでください。

■退職までの基本的な手順まとめ
1.上司に退職する旨を伝える
2.人事担当者などと相談
3.退職届・退職願を提出する
4.仕事の引き継ぎ、取引先への挨拶をする

さいごに

退職~転職までには、やるべきことがたくさんあります。退職・転職ともに、ものすごいエネルギーを必要とします。

しかし転職活動を通して深めた自己観察は、あなたを大きく後押ししてくれるのではないでしょうか。

この記事でまとめた転職前にやるべきことがお役に立てると幸いです。

一度挫折したプログラミング、TECH::EXPERT(テック エキスパート)ならやりきれます

プログラミングを独学で学ぶことに限界を感じていませんか?

効率よくプログラミングを学ぶなら、プロのメンター(講師)のもとでしっかりと教わることがおすすめです。TECH::EXPERT(テック エキスパート)ではすぐにメンターに質問できるから「わからない」を「わかる」に変えられてプロとして通用する技術が身につきます。

同じくプログラミングを学ぶ同期がいるのも挫折しないポイントです。

無理な勧誘は一切ありません。まずはお気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

無料カウンセリングの日程を見る

この記事を書いた人

椎名 妙子
椎名 妙子
2016年までは小さな英会話スクールで働く。システム開発業の夫を手伝ううちに、IT業界に魅せられる。夫と育児系のiphoneアプリをリリースしたことも。2017年からIT関連のライティングを開始。日々いろいろ勉強中。最近は、子供達と動画チャンネルを作っています。