転職
職場での人間関係が面倒に感じたら試してほしい4つのこと

 

職場の人間関係が面倒、職場の人との関係を深める気にならない、といったように人間関係に悩みやストレスを抱えている方は多くいます。

一方で、仕事を辞めるほどつらいわけではない、仕事は続けたい、と我慢せざるを得ない状況にある方もいらっしゃることでしょう。

この記事では、職場での人間関係が面倒に感じる原因や、ストレスを軽減するために試してほしい対策を紹介します。

職場で人間関係が面倒に感じる原因

プライベートでは特に人間関係に問題はないけれど、職場では上司や部下、同僚などとの関係に悩みを持っている、職場の人間関係が面倒と感じてしまうことがあります。

なぜ職場での人間関係を面倒に感じてしまうのか、そこには職場特有の原因があります。

上司への気遣いが大変

職場の人間関係の中で特に上司との関係が面倒、という方は多いです。例えばこのような状況に悩むケースが見られます。

  • 上司の顔色を伺いながら仕事をしないといけない
  • 年齢・性別の異なる上司との会話が持たない
  • 上司からの飲み会の誘いに断れない

など。気の合う人とだけ接することができるプライベートとは違い、仕事上では年齢や立場の異なる人やなんとなく気の合わない人との関わりを持つこともあるでしょう。

そのような状況が原因で「相手に必要以上に気を使ってしまい疲れる」と感じてしまうのです。

同僚との業績争い

営業成績やノルマの達成度、昇給・昇格など、職場の同僚との争いに疲れを感じてしまうこともあります。

特に同じタイミングで入社した同期社員との差は、意識していなくても情報や噂が流れてくるので気になってしまうものです。

競争相手がいることでやる気が高まり仕事を頑張ることができる、という人がいる一方で、そのような状況にいることが耐えられない・つらいと感じてしまう人もいます。

グループ・派閥による競争

歴史のある会社や大企業などになると、社内にグループや派閥などが存在する場合があり、「競い合いにより他部署との関係が悪い」「対立関係にある」といったことも考えられます。

自分はどのグループや派閥にも属したくはないけれど、上司や所属している部署の関係でそういった対立に巻き込まれる、というケースもあるでしょう。

苦手な上司・同僚がいる

仕事をしていると、様々なタイプ(性格)の人と関わることになります。中には、

  • ミスを人のせいにする人
  • 他人に仕事を押し付けて自分は早く帰ろうとする人
  • 威圧的な態度を取って自分の意見を通そうとする人
  • すぐに感情的になる人

など、あなたが苦手なタイプの人もいるでしょう。

苦手なタイプが職場に一人や二人くらいであれば耐えられるかもしれません。しかし、多数いる場合や仕事上そういった人々と密接に関わりあう場合、人付き合いにストレスを感じてしまい、人間関係全てが面倒に感じられることもあります。

話の合う同僚がいない

職場に気の合う人がいないことが原因となっていることもあります。

職場は仕事をする場である一方、職場の雰囲気や人間関係を就職・転職活動の際に重要視する人は多く、「楽しみながら仕事ができるか」という点はその仕事を続けるための重要な要素の一つです。

社歴や年齢が離れている人ばかりであったり、趣味などの話題で盛り上がれる人が近くにいなかったりすると、職場の人との会話が楽しいと感じられずに結果として人間関係そのものを面倒に感じてしまいます。

人間関係が面倒だと感じたら試してほしい4つのこと

人間関係が面倒・苦痛と感じてはいるけれど仕事は辞めたくない・辞めるつもりはない場合、どのようにしてその感情のコントロールすればよいのでしょうか。

ここからは、人間関係が面倒に感じた時に試してほしい対応策を4つ紹介します。

仕事だと割り切り感情的にならない

「仕事は仕事」と割り切り、それ以外の感情を抑えることは重要です。

例えば上司からの飲み会に誘われた場合、

  1. 「上司とのコミュニケーションも仕事の一つ」と考えて行く
  2. 「飲み会は業務外なので、仕事以外で上司と関わる必要はない」と考えて行かない

という2つの選択肢があります。割り切って考えた結果、「行く」か「行かない」かはあなた次第です。しかし、「どこまでを仕事として捉えるか」を考えることで「断りづらいから」というネガティブな理由で参加することが避けられます。

また、仕事上で気の合う人がいないことで悩みを感じている場合についても「仕事で関わる人とは仕事の話しかしない」と決めてしまうことで、「仲良くならないといけない」というストレスから開放されます。

何が面倒だと感じているか考える

自分の感情を分析してみて、積極的に解決策を考えるという方法もあります。

人間関係が面倒と漠然と感じているのであれば、具体的になぜそのようなことを感じているのかを考えてみましょう。

分析をしてみると、

  • ◯◯さんはいつも自分の細かいミスを指摘してくるから面倒
  • △△さんの話はいつも長くて、最後は説教になるから面倒

といったように、あなたを悩ませている具体的な原因が見えてくるはずです。

その後で、例えばミスを指摘してくる人に対しては同じミスを繰り返さないように気をつける、話が長い人の説教は聞き流す、といったように自分なりの対策方法を考えましょう。

これを考える時にも、対策法の1つ目で紹介した「仕事だと割り切る」姿勢は重要です。面倒なことは仕事を割り切って深く考えることをやめてしまうと、意外と心が軽くなるかもしれません。

自分からは接触しない

上司や先輩など特定の人との関係に問題がある人は、その人との関わりを極力減らしましょう。

例えば、

  • 仕事の連絡などはメールやチャットなどで行う
  • 仕事以外では自分から決して話しかけない(話しかけられても「今忙しい」といったように短めの言葉で対応する)
  • 飲み会には断固として行かない

といったように、その人との関わり方にルールを設定しましょう。人間関係で悩みを抱えている人の中には「職場の人とは仲良くしないといけない」と思い込んでしまっている人もいます。

そのように考えてしまっている人は「職場の人は仕事でのみ関わる人」と一度考えを変えてみて、そこから彼らとの接し方を改めて考えてみるとよいでしょう。

プライベートの時間を大切にする

仕事の人間関係の悩みで休日や仕事以外の時間も楽しめない、という方は、プライベートの充実に力を注いでみましょう。

新しいスポーツや趣味を始めてみたり、友人や家族との楽しい予定を休日や仕事終わりに入れてみたり、プライベートの時間を大切にすると「仕事=人生」から「仕事=人生の一部」になってくるでしょう。

趣味の旅行資金を貯めるために仕事をする、といったように、プライベートに軸を置いた考え方をすることができれば、仕事の人間関係で何か面倒なことやストレスを抱えることがあったとしても「仕事は仕事」と割り切って考えることができます。

■TECH::NOTE関連記事

あまりに我慢しているのであれば転職も

人間関係に悩みを抱えている人に試してほしい方法を紹介しましたが、

  • それでも解消されない
  • 大きなストレスを抱えている(プライベートが楽しめない、夜眠れないなど私生活に影響が出ている)
  • 毎朝出勤するのがつらい

という場合は、思い切って転職してしまうことも方法の一つです。

人間は一人ひとり個性がある生き物であるため、気が合わないことは仕方のないことです。また、ストレスを抱えたまま仕事を続けることが、あなたの人生やキャリアにとってプラスになるとは限りません。

転職が難しいのであれば、部署異動など会社内で環境を変える方法もあります。その際には、人間関係の問題を理由にするのではなくキャリアアップや挑戦してみたい仕事など、ポジティブな理由で相談してみるとよいでしょう。

独立するのも一つの手段

人によっては、もともと誰かと一緒に仕事をするのが苦手というタイプもいます。一人で自分のペースで仕事がしたい、誰にも縛られずに仕事がしたいという方は、独立することも方法の一つです。

独立するためには、一人で仕事ができるスキルや経験などが必要になり、仕事の受注や収入の管理なども自分で行うことになります。

会社で勤務するよりもやらなければいけない事が増え、収入も不安定になる可能性はありますが、その分多種多様なタイプの人が働く会社で起きるような人間関係のストレスは軽減され、伸び伸びと働けることでしょう。

スクールを利用して独立できるスキルを身につけよう

現時点で特別なスキルは持っていないが、何かスキルを身に着けた後に独立してフリーランスとして働きたい、と考えている方は、社会人スクールなどを活用してみることがおすすめです。

社会人スクールとはその名のとおり「社会人を対象とした学校」で、料理やカメラなどの趣味に関連するものから、英会話やビジネススキル、プログラミングなどキャリアアップ・スキルアップに繋がるものまで、その内容は多岐に渡ります。

スクールを利用することで効率よくスキルを見つけられる他、同じ趣味を持つ仲間に出会うことでプライベートの人間関係の充実にも繋がります。

こちらの記事では、社会人スクールの詳しいメリット・デメリットや、おすすめのスクールなどを紹介しています。合わせてご覧下さい。

■TECH::NOTE関連記事

さいごに

人の持つ悩みの90%は人間関係に由来するものだと言われていることを考えると、職場の人間関係の悩みやストレスを全くゼロにすることは難しいことなのかもしれません。

しかし、考え方を変えたり対策を考えることでストレスを軽減させることはできるはずです。「仕事は仕事」と割り切ってあまり深刻に考えないようにしましょう。

エンジニアになりたい、自由な働き方を手に入れたいあなたへ
無料のキャリア相談会を実施中

未経験からプロのエンジニアとしての技術を身につけることは難しいと思っているあなたへ。始める前に諦めないでください。今からでもテクノロジーの最先端で活躍するキャリアパスを選ぶことはできます。


無料カウンセリング 

異業種・異職種がほとんどの、200名近い未経験の方をエンジニアとして輩出してきた『TECH::EXPERT』では、毎日個別でのキャリア相談会(無料カウンセリング)を実施しています。

  • エンジニアのキャリアや仕事内容が明確になる
  • 自分にエンジニアが合うのか知ることができる
  • エンジニアになるためにやるべきことが明確になる
  • 未経験からの転職で起きる問題やその解決方法が分かる

何を聞けばいいか分からない人でも、満足度93%以上のカウンセラーが丁寧にヒアリングをいたします。月に200名以上が参加するため、予約はお早めにお取りください。

キャリア相談のお申込はこちらから

石田ゆり 石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー