テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

ホテルスタッフからITエンジニアへ!数学嫌いの30代女性の挑戦はなぜ成功した?

更新: 2022.04.12

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

テックキャンプの最新の受講プランは公式サイトでご確認ください。

※記事中で使用している写真は、ご本人からご提供いただきました。

2021年にテックキャンプ エンジニア転職をオンラインで受講し、2022年3月、ITエンジニアとして働き始めた柴田幸(しばた・さち)さん。

以前はホテルのフロントスタッフの仕事をしていた柴田さんは、コロナの影響で収入が減ってしまいました。将来への不安からITエンジニアを目指そうと思ったものの、受講前は「数学嫌いな自分でも本当にITエンジニアになれるのだろうか……」という不安もあったそう。

途中で「もうダメかも」と挫けそうになった時もあったというプログラミング学習を、柴田さんはどのようにやり切り、転職を成功させたのか?

インタビューで詳しく伺いました。

コロナで収入減「今のスキルだけでは将来不安だった」

ーー自己紹介をお願いします。

柴田幸(しばた・さち)です。テックキャンプ エンジニア転職をオンラインで受講し、2022年3月にITエンジニアとして新しい会社に入社しました。

ーー転職先ではどんな仕事をするのですか?

BtoBtoC向けクラウドサービスの開発チームに配属となりました。

今は研修中で、SQLでデータを取得したり環境構築について学んだりしています。これから本格的な開発に携わっていくのが楽しみです。

ーーワクワクしますね!前職はどんなことをしていたのですか?

ドイツに住んでいて、直近はホテルのフロントスタッフとして働いていました。

新卒の時、日本で他の人と同じように就職するイメージが湧かなくて、大学でドイツ語を学んでいたので思いきって海外で就職したんです。

ーー海外にいて、ITエンジニアとは全く異なるお仕事だったんですね。今回なぜ転職を考え始めたのでしょうか?

ドイツは好きでしたが、ホテルのフロントスタッフの仕事はハードでした。

勤務時間がバラバラで、朝6時からの早番や夜23時までの遅番、他にもその間の時間のシフトなど……休みが一定でなく10連勤をしたこともあったので、体力的に大変でしたね。

また、フロントスタッフは接客・電話対応・事務作業のようにマルチタスクをこなす能力が必要なのですが、私はあまり得意ではありませんでした。

この仕事を長く続けるのは難しいなと思っていたところに、コロナの影響でホテルの休業や勤務日数の減少が続き、収入も減りました。今の自分のスキルだけでは将来が不安になってしまいました。

ーーそうだったのですね。コロナをきっかけに、将来の不安を感じた方は多いと思います。

はい、そこで色々試してみました。勤務日数の減少により自由に使える時間は増えたので、フィットネスコーチの資格の勉強をしたり漫画を描いたりしていて、その中の1つがプログラミングでした。

最初は独学で取り組んでいましたが、わからなかったことが少しずつわかるようになり、問題が解けると「やったー!」という気持ちになるので、面白くて続けていましたね。

じつは私は数学が苦手で、論理的思考力にも自信はありません。でもプログラミングってやってみたら意外と私にもできるものでした。

ーー確かにプログラミングは理系の人がやっているイメージがありますよね。でも実際はそんなことないですよね!

そうですね、初心者向けの教材から始めてみたら、数学嫌いの私も「意外と簡単!」と思いました。ならばプログラミングスキルを身につけて仕事で活かしていくこともできるんじゃないかと考えるようになり、本格的に勉強しようと決めました。

今の時代、ITのスキルはどんな分野とも掛け合わせられますよね。これまでの自分のスキルと合わせたら選択肢や可能性が広がっていくように感じました。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

「ITエンジニアは頭のいい人がなるもの?自分にもできるのか」という気持ちがあった

ーーどうしてテックキャンプ エンジニア転職を選んだのですか?

マコなり社長のYouTubeをみていて、信頼できそうなスクールだと思ったからです。

私の場合、テックキャンプの無料カウンセリングを2回受けています。1回目は帰国するかどうかの検討もあり、時期的にやっぱり今じゃないかもしれないと思って、受講を決断しませんでした。

無料カウンセリングではゴリ押しされることもなく、私のタイミングで受講を決めることができました。

ーー受講を決める前、不安なこともあったと思います。どんなことを思っていましたか?

正直、自分が勉強して本当にITエンジニアになれるのだろうか、数学が苦手な自分でもプログラミング学習をやりきれるだろうか、と不安な気持ちがありました。

なんとなくITエンジニアは頭のいい人がなるものだ、というイメージを持っていたのもありますね。

受講中「もうダメかも」と挫けそうになった時は、いつも周囲の人が助けてくれた

ーー受講前は「自分にできるだろうか」という不安もあったようですが、実際のテックキャンプでの学習はどうでしたか?

最初、MacのPCを使ったことがなくツールのインストールにも戸惑っているくらいでした。でもライフコーチ、メンター、同じチームの仲間の支えがあって学習をやりきることができました。

「もうダメかも」と挫けそうになった場面で、いつも周囲の人が助けてくれたなと思います。

ーーどんな時に周囲の支えを感じたのですか?

例えば私がチームの中で学習が遅れて悩んでいる時、ライフコーチから「他の人と比べなくていいですよ、柴田さんの納得感を大事にしてください」と言ってもらえて、前向きな気持ちになれました。あの言葉は今でも心に残っています。

他にも悩んでいることを聞いてもらって「こうしてみるのはどうですか?」とアドバイスや励ましの言葉をもらっていました。

ーーそうだったんですね。では学習面でのサポートについて、柴田さんはオンライン受講でしたがどうでしたか?

オンラインでの受講だからといって、やりにくさは全然感じなかったですね。エラーで行き詰まって自分で考えてももうわからないとなった時は、メンターにすぐ質問できる環境がよかったです。

実装を完成させることができてメンターに褒めてもらえた時は、とても嬉しかったのを覚えています。

ーー同じチームの方々とはどんな関係でしたか?

わからないところを気軽に相談しあったり、意見交換したりできる仲間でした。オンラインでの学習でも1人ではなく、そういった仲間の存在は大きかったです。

就職活動はわからないことだらけ キャリアアドバイザーと二人三脚

ーー無事にプログラミング学習をやりきって、次は就職活動でしたね。どうでしたか?

ITエンジニアという職種の中にも色々な役割のエンジニアがいるじゃないですか。最初、私はどういう仕事をしたいのか、いまいちわからない状態でした。なのでキャリアアドバイザーに相談にのってもらって、少しずつ考えを整理していきました。

あと、どこに応募するか、どういう基準で会社を選ぶか、ということも私の中では定まっていなくて困っていました。そしたら「柴田さんの場合はまずはいくつか応募してみて、準備や面接をするなかで判断していくのもよさそうですね」というアドバイスをもらいました。実践していたら、本当に書類や面接の準備をしているうちに自分の軸がわかってきました。

ーーそうだったんですね!面接までの準備はどうでしたか?

キャリアアドバイザーには企業研究のやり方を教えてもらったり、面接練習をしてもらったりしました。限られた時間でやることも多いので、優先順位付けなど時間の使い方のアドバイスをもらえてよかったです。

思い返すと、就職活動はわからないことだらけだったので、ざっくばらんに色んなことをキャリアアドバイザーと相談していましたね。

ーー今回入社した会社はどのように出会ったのですか?

キャリアアドバイザーが私におすすめしてくれた会社でした。

企業研究を進めるうちに理念や方針がいいなと思って、志望度がぐんと上がりました。書類選考が通って面接となって、当日は緊張しましたがしっかり練習をして臨んだので、無事内定をもらえました。

ーー素晴らしいです!本当におめでとうございます。

今は将来をポジティブに考えられる「挑戦に遅すぎることはない」

ーーITエンジニア転職をしてどんな変化がありましたか?

まだ入社したばかりではありますが、裁量労働制で土日祝日休みなので、働きやすさを感じています。あとは在宅勤務ができるのも、大きな変化です。

前職で感じていた将来への不安は解消されて、今はとてもポジティブな気持ちになりました。

ーー受講前は不安なこともありましたが挑戦してよかったですね。今ITエンジニア転職を検討している人に伝えたいことはありますか?

「自分は数学や勉強が得意ではないから……」と思っている方がいたら、まずはちょっとプログラミングに触れてみてほしいです。いきなり大きな決断じゃなくて、小さな一歩でもいいんです!

あと、もし30代で挑戦するか迷っている方がいたら、年齢は絶対気にしなくていいと伝えたいです。80代でプログラミングを学び始めてアプリ開発をされた方もいますよね。挑戦に遅すぎることはないと思います。

今やるかやらないかなので、自分が後悔しない選択をしてほしいなと思いました。

ーー柴田さん、お話を聞かせていただきありがとうございました!

↑目次へ戻る

プログラミング学習の悩みを解決する無料カウンセリング【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※1

こんな不安や疑問はありませんか?
・プログラミングは難しくて挫折しそう
・独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
・効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい

カウンセリングでは、プログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※1、累計利用者数は40,000人以上!※2

些細なご相談でも構いませんので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※3
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) 2.2016年9月1日から2020年12月31日の累計実績 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

無料カウンセリングの詳細はこちら
テックキャンプの最新の受講プランは公式サイトでご確認ください。

この記事を書いた人

hirota
株式会社divのテックキャンプブログ編集部です。新卒でリクルートに入社しメディアの企画・編集などを経験。2019年12月、divに加わりました。メディア運営を日々勉強中!

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement