テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

悪化してしまった社内の人間関係を少しでも改善するコツを紹介

更新: 2021.07.07

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

「職場での人間関係が悪く、仕事がしにくい」
「改善したいと考えているが、どうすればいいのかわからない」

現在あなたはこう悩んでいませんか。

この記事では、職場での人間関係を改善させる9つのコツを解説します。

これらのコツを参考に、普段のあなたの言動を少し工夫するだけで、コミュニケーションを円滑にするきっかけを掴めるでしょう。

職場の人間関係に悩む人は多い

職場での人間関係に悩む人は多いです。エンジャパンが行なったアンケートによると、職場の人間関係に難しさを感じた経験のある人は、全体の84%。

そして半数以上の人が「人間関係が転職のきっかけになった」と答えています。つまり職場の人間関係に悩む人は、あなただけではないのです。

参照:「職場の人間関係が難しい」が84% – 理由は?|マイナビニュース

職場には自分と合わないタイプの人もいる

先に紹介したアンケートからわかるように、実に8割以上の人は職場での人間関係に悩んだ経験があります。

そもそも職場の人とあなたとの相性が、100%合致するとは限らないのです。多くの人が、そのような相性が合わない人とも折り合いをつけながら、働き続けていると言えます。

なので何かがきっかけで、人間関係が一気に悪化する可能性もあります。またそのような可能性が潜んでいる状態は、居心地の悪さを感じてしまうでしょう。

中にはそのようなピリピリとした雰囲気がストレスで、会社に行きたくないと思う人もいるのではないでしょうか。

■TECH::NOTE関連記事

中には攻撃してくる人も

職場に攻撃的な人がいて、人間関係に疲れるケースもあります。

悲しいことですが、仕事で付き合いが生まれる人の中には、理不尽な理由をつけてあなたを傷つける人が稀にいるのです。すでにそのような経験をした人もいるでしょう。

仕事上の攻撃とは、いわゆるパワハラやセクハラなどの問題が挙がります。職場でそのような状況にある場合、人間関係を改善するよりも、職場を変える判断をした方がいいケースもあります。

自分にも落ち度はなかったか考える

あなたと相手との関係が悪化した原因は何でしょうか。この問いについて考えるときは、自分にも原因がある可能性を潰してはいけません。

もし思い当たる部分があれば、それらを直して関係改善に励んでみましょう。この記事で紹介するのは、主にこのケースでの人間関係の改善方法です。

読み進めていくうちに、現時点では気づいていない、あなたの改善すべき点も見えてくるでしょう。

そして後半にある「人間関係を改善するコツ」を実行すれば、相手との関係改善に努められるはずです。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

人間関係が悪化してしまう主な状況

職場での人間関係が悪化してしまう主な状況は、以下の4つです。

コミュニケーション不足

普段からコミュニケーションの機会が少ないと、話しかけることすらしにくくなりがちです。

また「コミュニケーション=会話」だけではありません。相手が発言しているときにきちんと耳を傾けたり、興味を持って頷いたりすることも、十分なコミュニケーションです。

このような「あなたのことを見ている」「あなたを認めている」というサインを相手に出すことも、重要になります。

仕事のミスを報告しなかった

例えば関係が悪化しているのが上司や先輩などの場合、仕事でミスを報告しなかったのが原因かもしれません。仕事でミスをしてしまうことは仕方のないこと。

しかしそれを上に報告しないと、結果的に大事になってしまうケースもあります。それがきっかけで、上司との関係が悪化してしまうこともあるのです。

ミスを早い段階で報告しないと、上司に叱られる上に、上司や周囲からの信頼が下がる原因にもなります。

無愛想な態度をとってしまった

職場で無愛想な態度を取ってしまうのも、関係悪化の原因になります。例えば以下のようなケースです。

・ミスを指摘された時に思わず反抗的な態度を取ってしまった
・プライベートの出来事を引きずって職場でも不機嫌な態度を取ってしまった

このようなことは、当事者の中では些細なことかもしれません。しかし無愛想な態度を取られた相手にとっては、心に残るケースもあるのです。

このような出来事がきっかけで、コミュニケーション不足に陥っているのかもしれません。

理不尽に攻撃を受ける

人間関係が悪化するきっかけは、必ずしも言葉で表せるものばかりではありません。特に女性同士の場合「些細なきっかけで周囲から孤立してしまった」と言うケースもよく耳にします。

例えば以下のような感情がきっかけで、周囲の人を攻撃してしまう人もいます。

・気にくわないことがあった
・その時だけ気分が悪かった
・忙しさのあまりカッとなってしまった

もしあなたが人間関係に悩む原因が、このような攻撃的な人の場合、あなたからの働きかけだけで解決するのは難しいです。

気にしないのが一番ですが、精神的負担が大きいようならば、転職を検討するのも一つの方法です。

■TECH::NOTE関連記事

職場での人間関係を改善するコツ

ここからは職場での人間関係を改善させる、9つのコツを紹介します。

挨拶をしっかり行う

「コミュニケーションは挨拶から」とよく言われます。例えば朝一の挨拶を気持ちよく行えば、話しかけやすい雰囲気を出すきっかけになるでしょう。

一方で朝の挨拶が不機嫌だったり、挨拶をせずに職場に入ったりすると、「今日はあまり話しかけない方が良さそうだ」と判断される材料になりかねません。

また朝の挨拶だけでなく、「お疲れ様です」「お世話になっております」「承知いたしました」「お先に失礼します」など、タイミングごとにしっかり声がけを行うことも大切です。

それぞれの挨拶を気持ちよく笑顔で行えば、その日のコミュニケーションが円滑にできるでしょう。

丁寧な対応を心がける

些細なメールのやり取りや、仕事を頼む・頼まれた時の対応を丁寧にすることも大切です。

例えば上司に対するメールで、「お疲れ様です」「何卒よろしくお願いいたします」といった定型文を使うのもいいですが、「先日は〇〇の件で大変お世話になりました。ご対応いただき感謝しております。」などと具体的かつ丁寧に伝えると好印象を与えます。

また仕事を頼む際も、「これを頼みたいのだけど、今大丈夫かな? 」「難しいようだったら分担してやるから言ってね」など、相手に対して思いやりのある一言を付け加えるといいでしょう。

笑顔で接する

日々の会話を笑顔で行なうことも大切です。真剣に仕事に取り組むことも重要ですが、そのような時にふと鏡を見てみると、眉間にシワが寄っていることも。

その表情のまま職場の人にも接していると、「忙しそう」「怒っているのかな」という印象を持たれがちです。

時間があれば、自分の表情をスマートフォンや手鏡でチェックしてみるといいでしょう。そして口角を1センチ上げるのを心がけていると、自然と表情が和らぎます。

コミュニケーションの機会を増やす

仕事中のコミュニケーションを、業務に支障が出ない範囲で増やしてみましょう。まずは雑談でも構いません。相手の髪型や服装を褒めたりすることから始めてみてはいかがでしょうか。

そのようなことが慣れない人は、相手の話を頷きながら聞くだけでも、コミュニケーションになります。

また雑談だけでなく、仕事の報連相もコミュニケーションに該当します。

上司や同僚に報告することはすぐに伝え、業務におけるコミュニケーションを増やすことで、仕事をしやすい環境づくりをしましょう。

相手からの印象を考えすぎない

自分が相手にどう思われているのかを考えすぎてしまうと、コミュニケーションが億劫になってしまいがちです。

「今までの印象を崩したくない」「悪い印象を持たれていたら接するのが怖い」と感じる原因になるでしょう。

他の人が思い描く自分の印象を知るのは、非常に難しいです。もしわかったとしても、相手からの印象をコントロールするのに右往左往するのは、生産的とは言えないでしょう。

もっともいい方法は、気にしすぎないことです。コミュニケーションを取りたいと思ったら、積極的に話しかけてみましょう。

お土産を買って渡す

コミュニケーションの機会は、話しかける以外の方法でも作ることができます。

例えば旅行などに出かけた際、社内の人に渡すお土産を買っていくのも効果的。小さなお菓子でも、もらえるとうれしいものです。

「物を買って相手の機嫌をとるなんて……」と思う人もいるかもしれません。しかしこのようなことがきっかけで、会話しやすい雰囲気を作り出すこともできるのです。

もしあなたのお土産を受け取らない人がいたら、無理に渡す必要はありません。

言い換えれば、あなたのお土産に対するリアクションから、どれだけ関係が悪化しているのかを確かめることにもなります。その後の接し方の判断材料にもできるのです。

相手の立場になって物事を考える

コミュニケーションで大切なのは、相手の気持ちを慮ること。思わず発言したことで相手が傷つき、それがきっかけで疎遠になってしまうケースもあります。

相手に何か言葉をかける時は、少し考える癖をつけるといいでしょう。例えば仕事上で何か指摘する際も、以下のような表現を試してみてください。

「あなたの論理的に考える点はとてもいいところだし、助かっている。でももう少し相手の気持ちを考えて発言するようにすると、もっといい仕事ができるようになると思うよ。」

このように、改善すべき点のみを指摘するのではなく、相手の良い点も伝えて、ポジティブになれるようにしましょう。

その人の良い部分を見つける

相手のいいところを見つけて伝えると、コミュニケーションが円滑になります。

例えば「あなたのクライアントの気持ちを読み取る力はすごいね」「あなたが細かくミスをチェックしてくれるから助かっている」など。

特に「上司→部下」「先輩→後輩」でこのような言葉をかけると、相手が「認めてもらえている」「見てもらえている」と気づくきっかけになるでしょう。

相手の良い部分を必ずしも伝える必要はありません。まず相手の良い部分を見つけて、自分から好きになるのです。

相手のことを好きになると、その人の力になりたいと思うもの。そうやって相手の気持ちになってアドバイスしたり情報提供したりしていると、関係が良好に保てるようになります。

「相手から好かれるためにはまず自分から好きになる」と心がけるといいでしょう。

家族や友人にアドバイスをもらう

コミュニケーションを円滑にするヒントを周囲の人からアドバイスをもらうのもいい方法です。例えば自分と同じく会社勤めをしている家族や友人に、アドバイスをしてもらいましょう。

職場でトラブルがあった時や、その後関係が回復したきっかけが何だったのかを尋ねてみると、あなたが今日からできることがわかるかもしれません。

他の人がどのように社内の人と付き合っているのか考えたり、あなたの状況を客観的に見るいい機会になります。

割り切ることも大切

今回はあなたからの働きかけで人間関係改善を図るコツを紹介しました。しかし紹介したコツを実行しても、関係が良好にならないことも当然あります。

そのような場合は、割り切って考えるのも大切です。

会社は仲の良い友達を作る場所ではありません。仕事をこなす場所なのです。

最悪、会話がなくても仕事がスムーズにできていれば問題ないですし、それ以上のコミュニケーションは本来必要のないものと言えます。

仕事に支障が出ていないのであれば、「職場の人は職場の人。仲良くする必要はない」と割り切りましょう。

もしそれで寂しさを感じてしまうのであれば、何か新たな趣味を見つけたりして、職場以外にコミュニケーションの場を築くことをおすすめします。

■TECH::NOTE関連記事

難しければ転職を考える

もし仕事が円滑に進められないくらい人間関係が悪化しているのであれば、働く場所を変えるのも一つの方法です。

あるいはそのような人間関係で精神的に疲弊しているのであれば、個人で働くという選択肢を持つのもいいでしょう。

フリーランスとして独立も一つの手段

フリーランスとして独立すると、人間関係で悩むことが少なくなります。なぜならフリーランスは一人で作業するケースが多く、その際に人間同士のしがらみが発生することが少ないからです。

なので「仕事は好きだが人に気を使うのが苦手」「結果重視で周りの人との協調性を図るのが難しい」という人は、フリーランスに向いています。

しかし「フリーランス=たった一人で仕事をする」というわけでもありません。仕事を請け負う場合は必ずクライアントが存在しますし、必要に応じで他の人に仕事をふったり、協力して仕事をしたりするケースもあるので覚えておきましょう。

以下の記事ではフリーランスの働き方について解説しています。フリーランスに向いている人の特徴も紹介しているので、あなたに当てはまるかどうかチェックしてみてください。

■TECH::NOTE関連記事

さいごに

悪化してしまった職場での人間関係を改善させるコツは、あなたの行動を振り返ることで見つかります。

普段の言動を思い返し、相手を不快にさせたり、コミュニケーションの妨げになるようなことをしていないかチェックしてみましょう。

自分からの働きかけで関係が改善できない場合は、職場や働き方を変えるのもいい方法です。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement