テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

転職のきっかけになるシーンを紹介!「こんな時は職場を変えた方がいい」

更新: 2021.07.30

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

「転職しようと考えているけど、他の人はどんな理由で転職を決めているのだろう」
「自分の転職理由は、他の人から見るとほんの些細な問題で、転職するほどでもないのかもしれない」

今の職場で働くのに不満を覚え、転職しようと考えている人は上記のような悩みを抱えていませんか。

この記事では、年代・性別ごとに転職に踏み切るきっかけの事例を紹介します。

きっかけや悩みの改善につながる関連記事も多数紹介しているので、転職するべきかどうか判断に迷った際の参考にしてください。

若手社員によくある転職のきっかけ

まずはじめに、若手社員に多い転職のきっかけを5つ紹介します。ここで言う「若手社員」とは、高校や大学を卒業後、就職して3年ほどの社員という想定です。

傾向として、

・仕事でのミス
・上司との関係性
・長時間労働

などの点が転職のきっかけとなりやすいようです。

仕事でミスが続き精神的に負担を感じている

何度仕事を教えてもらっても覚えられず、ミスをしてしまう人がいます。

あるいはその日たまたまミスが多いだけかもしれませんが、仕事でのミスが何度も続くと精神的に負担になります

次第に「自分はこの仕事向いてないのかな」と感じ、転職を考えるようになるのでしょう。

同僚との人間関係や上司のパワハラに悩んでいる

会社は人で成り立っているため、仕事上の人付き合いは欠かせません。しかし、人間関係はストレスの元にもなることも。

同僚との人間関係の場合は「タイプや性格が合わないから」という些細なきっかけから、悪口を言われたり、無視や社内いじめが行われたりする可能性があります。

上司であれば、理不尽に怒られたり、時間内に終わるはずのない量の業務を押し付けられたりするパワハラなども考えられるでしょう。

そういった人間関係の悩みをきっかけに、転職へ踏み切る人も多く見られます。

特に若手社員はビジネスでのコミュニケーションに不慣れなことから、精神的な負担を感じやすい点も影響しているでしょう。

やりたい仕事をやらせてもらえない

集中できない転職のきっかけとして「やりたい仕事をやらせてもらえない」というケースも見られます。

入社した時は事務員と聞いていたのに、なぜか営業として働かされている。プログラマーとして採用されたのに、なぜか電話対応しかさせてもらえないなど、今のあなたも経験したことがあるかもしれません。

若手社員のうちは自分で仕事を選んで取り掛かるのも難しいでしょう。上司から指示されたのなら断りにくいかと思います。

それでもうまく成果を残せていれば問題ありませんが、そうでなければモチベーションに関わるでしょう。

自分の不得意なことをやらされ、ミスも増えるような状態は転職を考えるきっかけになってしまいます。

長時間の残業で健康面で不安を感じる

いわゆるブラック企業で働いていると、健康面に不安を抱えがち。

連日の残業や、休日出勤が多い職場などで働いている人は、心身に多大な疲労が溜まります。

そのような環境で働き続けたら健康面に悪影響が出ないか不安に感じ、転職を決意しても仕方がないと。

会社全体の制度や風潮を自力で変えるはまず難しいです。まだ力も経験もない若手社員ななおさら。このようなケースでは、転職が最善の解決策となるでしょう。

正当な評価をもらえていない

転職理由として、正当に評価されてないからという人もいます。

仕事で頑張っていたり、それなりの成果を出したら、人は評価されたくなるものです。

しかし、会社の体制や上司によっては成果に対しての評価が無い会社もあります。キャリアアップや給与アップを目指している人にとっては望ましくない環境です。

そういった会社では自分のためにならないと、転職を考えるようになります。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

中堅以上の社員によくある転職のきっかけ

次は中堅以上の社員の転職のきっかけを紹介します。中堅社員の想定として「社会人歴が10年前後からそれ以上」としています。

きっかけとして多いものは以下の5つです。

それぞれの項目で解説します。

会社の将来性に不安を感じている

中堅以上の社員になると、経験により自身の会社をよく理解することになります。

その会社が一時的な流行を扱う業務内容や定型業務、いつまでも古い体制の会社では将来性が感じられません。

特にテクノロジーの発展によりAI(人工知能)に代替される可能性の高いことを、事業として行っている会社は要注意です。

そのような会社に勤めていて将来に不安を感じ、転職する人もいます。

キャリアに伸び悩んでいる

中堅以上の社員になると、現在の会社でキャリアに伸び悩んでいる人もいます。

長年働き続けても新しい仕事を任せてもらえなかったり、昇進の機会が全くない会社では、キャリアアップやスキルアップは望めません。

キャリアアップを望む人にとって、そのような会社で働き続けるのは難しいでしょう。

他社からのヘッドハンティングを受けた

面接中堅以上の社員であれば、ヘッドハンティングを理由に転職することあります。

優秀な社員は、どの企業もほしい人材。特に相手企業とのやりとりが多い営業職は、素晴らしい対応をすれば相手企業からの評価も高く、ヘッドハンティングされる確率も高まります。

相手企業から希望する待遇や働き方、仕事内容を提示され、今勤めている会社よりも魅力を感じれば転職するでしょう。

ここまで紹介した転職のきっかけの中では、比較的前向きな理由と言えます。

もしヘッドハンティング先の条件がよければ、転職に踏み切るべきでしょう。

大きなミスの責任を問われた

社歴が長くなったり、立場が上がったりすると責任の大きい仕事を任せられやすくなります。その仕事が大成すれば、実績として評価されるかもしれません。

その分、失敗した時のリスクなども大きくなります。

もしそのような仕事の失敗で、その責任を全てを個人に問う会社は組織として機能しているとは言えません。

今は大丈夫だとしても、身近な社員でそのような状況になっていることに危機感を感じ、転職を視野に入れる人もいます。

本来あってはいけないことですが、このような責任から仕事をやめるという事例も全くないとは言い切れません。

会社や事業の方針転換

中堅以上の社員の退職理由として、会社や事業の急な方針転換について行けないということがあります。

例えばエンジニアであれば、会計システムの開発を行う会社が、急にゲーム開発を行うことになったり。経営理念の方針転換であれば「顧客ファーストの方針から利益優先にしよう」となったりすることなどが当てはまるでしょう。

極端な例をあげましたが、こういった会社の急な方針転換についていけず転職する人も少なくありません。

男性によくある転職のきっかけ

次は性別ごとによくある転職のきっかけを紹介します。まずは男性社員からです。

結婚により給与アップが必要

結婚した場合、多くの家庭では男性の収入で家族を扶養しています。

そのため、現在の会社で今後昇進や昇格はあるか、明確なキャリアパスがあるか考えなければなりません。

結婚、出産により家族が増え、現職の収入ではまかないきれない、今後の見通しが立たない場合、転職を考えるでしょう。

転勤が多く生活が安定しない

転勤が多い仕事も、転職のきっかけとして考えられます。

地方への転勤が多いと、家族や友人などと会える機会が極端に減ってしまいます。環境が目まぐるしく変わるので、経済面や健康面でも心配です。

もし転勤先に家族と一緒に引っ越す場合、配偶者や子どもの生活環境も変えなければならない可能性があります。特に子どもはまだ幼く、転校するという変化に対応できない場合も考えられるでしょう。

家族がいる方ほどリスクが高めです。

仕事だけでなくプライベートを大切にしたい人には転勤の多い職場は向かず、転職を考えるようになる傾向があります。

女性によくある転職のきっかけ

最後に女性によくある転職のきっかけを紹介します。ここまでに紹介したものと重複する部分も多いので、特に女性にみられやすいきっかけのみをピックアップしています。

出産・育児の予定があるが福利厚生によるサポートがない

出産や育児の予定がある女性は、長期間仕事を休まなくてはいけません。

しかし、育児休暇の制度がなかったり、休職期間中の給与のサポートがない会社もあります。

働けない期間の収入に不安がある場合、このような会社で働き続けるのは難しくなるでしょう。

そういった事情から、有給を使いきってから退職し、育児が落ち着いたら転職活動するという人もいます。

セクハラ・マタハラなどが横行している

近年コンプライアンス意識が高まる企業が多い中、残念なことに未だにセクハラで問題になる企業もあります。

それももちろん論外ですが、最近ではマタハラも社会問題になっています。

マタハラとはマタニティハラスメントの略で、妊娠している人や出産した人に対する嫌がらせのことです。

妊娠や出産を理由に退職を迫ったり、「この忙しいのに育児休暇なんてして迷惑だ」というような、発言もマタハラに当てはまります。

このような環境では長く働けるはずもなく、転職のきっかけになることも。

面接で「転職のきっかけ」を聞かれた時は?

本記事では年代や性別ごとの転職のきっかけを紹介しました。

しかし、転職のきっかけを本当に考えなければならないのは、現職を辞める場合だけではありません。

転職面接で「転職を考えたきっかけはなんですか?」と質問されることがあります。

面接官が納得できる答えを伝えられなければ、採用にならない可能性もある重要な質問です。

こちらの記事で、答えを考えるポイントを紹介していますので、合わせてご確認ください。

面接で「転職のきっかけ」を聞かれた時の答え方。「自責思考」が大切

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
3年間福祉業に従事後、IT業界へ。今はWEBライターをしています。 なんにでも興味を持つ性格で、趣味はゲーム、ドライブ、心理学、WEBデザインの勉強、その他多数です。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement