テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

仕事で大失敗した時どうする?大きなミスから立ち直る6つの方法

更新: 2022.02.08

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

仕事で大失敗した時、あなたならどう気持ちを切り替えますか?

本記事では仕事で大きなミスをしてしまった時の立ち直り方や、重大なミスを教訓として生かす方法、仕事での大失敗を防ぐ方法を紹介します。

仕事で大きなミスをしてしまい落ち込んでいる人、気持ちを切り替えてミスを挽回したい人は必見です。

この記事の目次

仕事で大失敗した時に立ち直る6つの方法

失敗をしないよう気をつけたとしても、100%防げるわけではありません。人間なら誰しも失敗をします。

まずは、仕事で失敗してしまった後に行うべき対処法を解説します。

失敗を隠そうとしない

仕事での失敗は人には知られたくないでしょう。上司に失敗したことを報告すれば怒られる可能性もあります。

この時、失敗を隠してしまうと後に大変な事態に発展してしまう可能性が高いです。上司から怒られることを恐れて失敗を隠すと「なぜ早く言わなかった」と責められてしまいます。最悪の場合、クビにもなりかねない事態に発展してしまう場合も。

特に就職や転職をしたばかりの方は、ミスを犯してしまったことを隠そうとすることも多いです。

しかし、仕事をしていく上で失敗をすることは沢山あるので、素直に報告するようにしましょう。

失敗は教訓として受け止めて、同じミスをしないよう改善することに集中することが大切です。

お客様やお取引先に謝罪する

仕事での失敗には、残念ながら被害を被ってしまう相手が少なからずいます。

もし、自分がしてしまったミスで迷惑をかけてしまった人がいた場合は素直に謝りましょう。

ビジネスマンの振る舞い方として自分が悪い立場の時にどのように振る舞うかで他者からの評価にかなりの差が出てきます。

例えば「私のせいではないのですが」と言い訳気味な言葉がある場合、相手からすると印象が非常に悪くなってしまいます。

取引先と長い付き合いをしていくためには、信頼関係が非常に重要なポイントになってきます。自分に非があるなら素直に謝罪しましょう。

上司に相談する

経験豊富な上司であれば、過去に同じような失敗をしたことがあるはずです。そんな時にどのような行動を取るべきかを相談することは、ミスの被害を最小限に留めるためにも有効な方法と言えるでしょう。

自分の失敗を上司に素直に報告することで、上司は「自分は信頼してもらえている」と感じるため、後々の関係も良くなるはずです。

また、失敗の対処法を上司から教えてもらうときは、しっかりとメモをして誠意を示しましょう。

自分を責めすぎない

「失敗から教訓を学ぶこと」と「自分を責めて悩み苦しむこと」は全く違います。

反省することは同じ失敗をしないためにも大切なことですが、いつまでも自分を責めていては仕事が上手く進みません。

あまりに自分を責めすぎてしまうと、それ自体が大きな悩みに変わり「職場に行きたくない」などネガティブな気持ちが生まれてしまいます。

反省するのは大切ですが、あまり気負いしすぎないようにしましょう。

趣味の時間を作るなどして切り替える

人生は仕事をするためだけにあるのではありません。

仕事での失敗から精神的に落ち込んでしまった時などは、自分が好きな趣味や普段は行かない場所に行ってみると、気分がリフレッシュされるでしょう。

また、ジョギングやジムで体を動かすのもおすすめです。特にエンジニアやプログラマーといったオフィスワークが特徴の職種の方は適度な運動をすることで気持ちを上手く切り替えられるようになります。

その他にも友人や家族で出かけることも、効果があるでしょう。

仕事で頭がいっぱいになった時にこそ、仕事以外に時間を割くことを検討してみてください。

失敗を教訓にする

失敗は教訓として受け止めることが何よりも大切です。

教訓とは「同じ失敗を繰り返さないための対策」をすることです。何度も同じ失敗を繰り返していると、会社での評価も悪くなってしまいます。

そのうち、失敗をした際に素直に謝っても「反省してないんじゃないか?」と思われてしまいます。こうなってしまうと職場で助けてくれる人がいなくなってしまいます。

また、失敗をした時にどんなに反省をしたとしても具体的な改善が見られなくては意味がありません。

例えば「寝坊してしまった(失敗)」から「目覚まし時計を購入した(改善策)」のように、次に同じ失敗をしないための具体的な行動や改善策を必ず出すようにしましょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」
そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!
例えばこのような疑問はありませんか。
  • 未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
  • IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
  • 手に職をつけて収入を安定させられる職種は?
資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。
IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

仕事の大きなミスを次に生かすためにすべきこと

では、失敗を次に活かすためには、何をしたらよいのでしょうか。

以下で失敗を活かす方法を紹介します。

失敗した原因を考える

まずは失敗した原因を考えてみましょう。

自分の体調が問題だったのか、注意力が不足していたのか、スケジュール管理が原因だったのかなど、様々な角度から失敗の根本的な原因を見つめ直してみてください。問題が見つかれば、自然と改善策も見えてくるはずです。

失敗の原因を考える時は、当時の自分の気持ちや状況なども考慮することで、再発防止に役立てることができます。

失敗の原因が「感情の変化にあったのか」「自身の不注意にあったのか」「失敗を誘う状況だったのか」、原因はたくさん考えられます。様々な場合の対策方法を予め考えておくことで、失敗した時と同じ状況になることがあっても迷うことなく対応することができます。

上司や先輩からアドバイスをもらう

失敗の原因が自分の考えだけでは見つけられないのであれば、上司や先輩に相談をしてアドバイスをもらってみましょう。客観的な意見は自己評価よりも的確である場合が多いです。仕事の先輩でもあり人生の先輩でもある上司なら自分が成長するための具体的な行動をアドバイスしてくれるでしょう。

また、可能であれば職場以外で相談にのってもらえる時間を作ることもおすすめします。

職場では言えない上司の本音なども聞くことができるので、お互いの信頼関係を築くことにも繋がります。

相談にのってもらう時は悩んでいることを包み隠さず伝えることも大切です。問題や悩みをなるべく詳細に伝えることで、上司や先輩もより的確なアドバイスができるはずです。

アドバイスをいただいた後は感謝の気持ちを伝えることも忘れないようにしましょう。

経験として忘れないようメモをする

失敗は、忘れないうちにメモをするこが大切です。

大きな失敗をした時に「二度と忘れまい」と決心しても、日が経つごとに記憶は薄れていくものです。

失敗したという事実は覚えていても、失敗した原因や対処法は忘れてしまいがちです。

そんな時にメモとして自分の失敗を残しておけば、過去の自分を振り返ることができます。

さらに知識・技術を身につける

自分の経験不足や知識不足が原因で失敗してしまった経験がある人も多いでしょう。

特にIT業界では、新しいシステムや革新的なサービスが日々生み出されています。分からないことを積極的に学習していく姿勢が求められる業界でもあるので、知識や技術は常にブラッシュアップする意識を持つことが大切です。

「これぐらいのスキルがあれば大丈夫」と思っていると、自分よりも後に入社した後輩に負けてしまう可能性があります。ミスを犯さないためにも、知識の補完や技術の習得は怠らないようにしましょう。

プログラマーの方で面接に合格して入社したものの、実務でたくさんミスをしてしまう人は会社に勤めながら空いた時間でオンラインのプログラミングスクールで初歩的なことから学習し直すのがおすすめです。

仕事で必要となるスキルの習得はミスを未然に防ぐだけでなく、将来的なキャリアアップにもつながります。

仕事で重大なミスをしがちな人の特徴

そもそも仕事で失敗が多い人には、どのような特徴があるのでしょうか。

以下に、仕事で失敗が多い人の特徴を紹介します。

集中力がない

仕事に対して集中力がない人は、小さなミスから大きなミスまでしてしまいがちです。

同僚や先輩からは適当に仕事をしているような印象を抱かれてしまい、職場での評価も下がってしまいます。

また、自分では集中していると思っていても、注意が分散して1つの仕事を終わらせることができない場合もあります。

集中して仕事に取り組まないことが原因で、時にはそれが大きなミスへと発展してしまうこともあります。

上司や同僚から意見を求められた時も、会話に集中できず的外れな返答をしてしまうのはビジネスマンとして信頼を欠いてしまう原因となってしまいます。

責任感がない

 

仕事に対して責任感を持って行動できない人は適当な行動が多く、大事な場面でも失敗しがちです。

責任感のない人は、失敗した時に人のせいにしてしまいます。。ミスしたことを自分のせいにしたくないので、ついつい周りの人のせいにしがちです。

そのような人は、周囲にも悪影響を与えてしまう傾向にあります。自分が担当した仕事を責任を持って最後までやり遂げることができない人は、結果的に多くの人に迷惑をかけるでしょう。

言い訳ばかりして失敗の原因を周りのせいにしている限り、自分が成長することはありません。また、責任感のない人と判断されてしまうと、やりがいのある仕事を任される機会もなくなってしまいます。

仕事のスピードを優先しがち

仕事には納期が設けられる場合が多く、納期が迫っているのであれば急いで作業を終わらせなければなりません。しかし、あまりに仕事のスピードを優先してしまうと失敗しやすく、それに気がつかないことも多いです。

特にエンジニアの場合、一部のプログラミング言語では文法的な誤りがあっても、見かけ上は正しく動作します。

表面上は正しく動作しているので誤りに気づかず、プログラムにバグが残ることもあります。バグはセキュリティホールとなり、悪質なハッカーの攻撃対象となる可能性も出てきます。

エンジニアが作業スピードを優先する場合は、複数人のコードレビューは必須です。案件によってはスクリプト言語ではなく、C言語やJavaなどのコンパイル言語を採用することもポイントです。エラーを洗い出しやすい環境を整えましょう。

疲れが溜まっている・体調が悪い

残業の多い会社に勤めていると、日々の業務に追われて体調を崩してしまいがちです。精神的には大丈夫と思っていても体がついていかなければ仕事での失敗も多くなります。

肉体的にも精神的にも体調を整えて健康であることは、仕事にとっても人生にとっても高いパフォーマンスを行う上で非常に重要です。

また、体調が悪いにも関わらず無理をして働いてしまうと注意力も散漫になり思いもよらぬ失敗をしてしまうこともあります。

すると「できない自分がなさけない」「なんでもっとしっかり仕事ができないのか」とネガティブな感情に囚われて悩んでしまい、辛い気持ちのまま仕事をすることになってしまいます。

誰でも体調の悪い時はあるはずです。会社の先輩に無理なお願いをされたり、後輩の前で弱い自分を見せたくないという気持ちも分かりますが、体調が悪い時は大きなミスを犯してしまうこともあるので、休養するようにしましょう。

新人で仕事に慣れていない

入社したばかりの新人で仕事に慣れていないうちは多くの失敗を重ねてしまうこともあるでしょう。

しかし、それは仕方がないことです。新人のうちは失敗をしながら経験を積んで仕事を覚えていくものです。どの社員も同じような道を通って成長していきます。なので、新人のうちのミスは気にしすぎる必要はありません。


ただし、同じ失敗を繰り返さないように教訓として受け止めて、次の行動に活かしていくことはとても大切です。

新入社員の中でも、言われた仕事を一度でできるようになる人もいれば、何度も繰り返さなければ覚えられない人もいるでしょう。

この時「自分はできない人間だ」と落ち込むことはありません。「どのようにすれば仕事を完遂することができるか」を考えながら行動することで、具体的な解決策も明確になり、自分の成長にもつながります。

反省しない

同じ失敗を何度も繰り返す人によくある特徴が反省しないことです。失敗をあまり気にせず、立ち直りが早いのは良いことでもありますが、失敗を全く気にしないで具体的な改善策を見出ださないのは大きな問題です。

会社の上司や取引先から叱られた時に表面上では反省したふりをしていても、本心では反省することなく、失敗を改善しようと思わない方も多いのではないでしょうか。

反省は「自分が成長するために改善点を模索すること」でもあります。自分1人で問題が解決できない場合は、先輩や同僚に相談するなどして他者の協力を求めるのも良いでしょう。

メモを取らない

メモを取らない人も失敗しやすいです。会社の会議や取引先との打ち合わせで大事なポイントは、メモを取らなければ後ほど思い出せずに適当な見積もりを作ってしまったり、商談の日時を間違ってしまったりなど大きなミスに発展することもあります。

どんなに記憶力が良いと思っていても、情報量の多い会議などはメモを取らなければ思わぬ失敗をしてしまう原因となります。

同じ失敗を繰り返してしまう人もメモを取らない人が多い傾向にあり、失敗しやすい人の1つの特徴になっています。仕事中は上司からのイレギュラーな雑務のお願いや、不慣れな仕事を振られることもあるでしょう。慣れないことは特に忘れてしまいやすいので、メモを取る習慣を作っておくことは仕事を上手く進める上で有効になります。

確認をしない

任された仕事が完了した時にミスがないか確認しない人は意外と多いのではないでしょうか。

仕事を終わらせたという満足感や疲労感から確認を怠りがちになることは誰にでもあることですが、できあがった原稿や取引先へ渡す資料などにミスがあると、会社からの評価も悪くなってしまいます。

どんなに注意をして作業していたとしても気付かないうちにミスを犯していることは誰にでもあることです。

大変な仕事を終わらせた時ほど小さなミスをしていないか確認しなければなりません。間違い探しをする時は仕事が終わった直後よりも、一度リフレッシュタイムを取ってから確認作業に入った方が頭がスッキリしているのでおすすめです。

仕事でありがちな失敗例

では、具体的に仕事でどのような失敗があるのでしょうか。

以下で、仕事でありがちな失敗例を紹介します。

レジ打ちのミス

接客業の仕事をしている方で、レジ打ちの際に失敗をしてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。

レジの入力ミスやバーコードリーダーで商品をスキャンするのを忘れてしまうなど、精算時に金額が合わなかったという経験をしたことがある人は沢山いるでしょう。お店の売上に直結する部分なので、しっかりと確認をしながら作業する必要があります。

発注・請求書など書類内容のミス

取引先に送る発注書や請求書の誤入力もありがちなミスの1つです。

発注書や請求書はお金のやり取りなので、厳重なチェックが必要となります。金額が大きな額になるほど数字の誤入力をしてしまいがちです。手書きでもパソコンで書類を作成する場合でも事務職の方は特に注意しなければならない部分になっています。

体調不良によるミス

やはり体調が悪い時はミスが増えてしまいます。

疲労がたまりすぎてミスに気が付かなかったり、発熱や咳なども仕事に支障をきたしてしまいます。

仕事においても人生においても心身ともに健康であることが何よりも重要です。体調不良になるような生活習慣のある方は積極的に改善することで充実した日々を過ごせるキッカケを作ることができます。

電話や取引先でのマナーミス

電話での応対や取引先に出向いての商談など、社会では礼儀やマナーが重要となる場面が多いです。最低限のマナーを身につけていないと知らないうちに取引先に対して失礼な態度をとってしまっているかもしれません。

社会には一定のマナーが存在します。「これぐらい大丈夫でしょ」と考えていると取引先の人を怒らせてしまう可能性もあるので、TPOに合わせた服装や最低限のマナーは身につけておきましょう。

業務の忙しさによるミス

仕事が多忙になる時期などは複数のプロジェクトを進行させなければならず、手付かずの案件が出てきてしまったり、沢山の修正点が出てしまったりなどミスが生じやすくなります。

忙しい時こそ冷静な行動が必要になります。完了した仕事にミスがないか再度確認することも大切です。会社からの信頼度をアップさせるためにもミスのないように気をつける必要があります。

書いたコードが動かない

プログラマーやエンジニアにありがちなミスとして書いたコードが上手く動かないことがあります。

文法やスペルの誤入力、不要なスペースが入っていたり必要なライブラリが入っていなかったりなど様々な原因があるのでエラーが出ないよう厳重にチェックすることも大切です。

時には自分の知識だけでは解決策が見つからないこともあります。その場合は同様な事例を検索し、解決策を探すのも有効です。問題を発見し、解決策を探す力もプログラマーやエンジニアに必要なスキルと言えます。

仕事での大失敗を防ぐ4つの方法

そもそも、失敗を防ぐに越したことはないですよね。

以下で、仕事での失敗を防ぐ方法を紹介します。

責任感・緊張感を持って仕事をする

仕事で失敗をしたくない方は何事にも責任感と緊張感を持って行動する必要があります。小さな仕事を軽視してしまうのは簡単なことですが、どんな仕事にもやりがいがあるはずです。

1つ1つの仕事を緊張感を持って愚直にこなすことで上司や同僚からの信頼度アップにも繋がります。

責任感を持って仕事をしている中で、万が一失敗してしまった時は素直に謝ることも大切です。

大きな仕事を任せてもらえるような人間になりたければ、目の前の仕事を責任感を持って行うことが重要になります。

作業を分担する

複数の案件が重なってしまい1人では抱えきれない量の仕事量になってしまった時は、同僚や先輩にお願いして仕事を分担することも大切です。

全てを1人で完成させようとすると、ミスを犯してしまいがちです。不安要素をなくすためにも各作業を得意とする人に仕事を振ることで大変な仕事も乗り切ることができます。

エンジニアやプログラマーの方ならペアプログラミングを行うことで効率的に作業することができます。

コードを記述するプログラマーと記述のアドバイスを行う人に分かれて作業することで分かりにくい点も相談しながら仕事を完遂することができます。

1人で作業することの多いプログラマーの方は忙しくなった時に手が回らなくなることが予想されるので、作業を分担する習慣を意識的に作っておくのも有効です。

質問・確認する癖をつける

分からないことがあった時は周りの人に質問をしましょう。分からないことを放置しておくと、後々同じような事例があった時も解決できずに困ってしまいます。

また、確認という意味で自分が仕事を終えた時には必ず見直しをする癖もつけましょう。仕事が終わってすぐに確認するのではなく、少し時間をおいて冷静になってから確認することで小さなミスにも気付くことができます。

ミスを確認する際は自分だけでなく、同僚や先輩など職場にいる第三者にも確認してもらうことでチェック精度を上げることができます。他人に確認してもらうことでミスの傾向を指摘してもらえる機会にもなります。

特にエンジニアやプログラマーの場合は大量のコードを一人で記述します。全てのコードを間違えずに記述するのは難しいので、常に確認する癖をつけましょう。

きちんと休む

疲れが残っていたり体調が悪いと仕事でも失敗しやすいということは、これまで説明した通りです。健康的な食事や質の高い睡眠をとることも仕事のパフォーマンスを維持するために非常に大切なことと言えるでしょう。

また、精神面で健康を保つのも重要です。大変な時こそ好きな歌や曲を聴くなどして、できるだけリラックスした状態で仕事ができるようにしましょう。

「休むことも仕事のうち」という言葉からもあるように、心身ともに健康を維持するためには休むことも大切です。

仕事の失敗において押さえたいポイント

失敗をして落ち込みすぎる必要はないですが、しっかりと反省はしましょう。

同じ失敗を何度も繰り返すのは問題

反省のしすぎは精神面でも良くないことだと記事中で説明しました。しかし、あまりにも反省しないのは問題です。

集中力が足りていなかったり、どこかで誰かのせいにしようとしていると失敗に対して後悔する気持ちが薄れてしまい、同じミスを繰り返してしまいます。

ミスをする人がいれば、その分迷惑を被る人も必ずいます。何度も同じ人のミスによって迷惑を感じている人がいたら、その人はどんな気持ちになるでしょうか。

当然信頼はなくなり、1人の人間としての評価も低くなってしまうでしょう。言葉には出さないかもしれませんが、同僚や先輩の間で嫌な思いをしている人がいるかもしれません。

周囲の人たちとの関係を壊さないためにも、反省をする気持ちを忘れてはいけません。

事後処理によって評価も上がる

ミスした状況や会社の方針によっても異なりますが、失敗に対する事後処理の仕方によっては、あなた自身の会社からの評価が上がる場合もあります。

どんなに優秀な人材でも失敗はしてしまうものです。自分のミスを認めて早急に報告したり、取引先への対応を考えて行動できる人はビジネスマンとしての評価も上がります。

会社によっては失敗した時の事後処理の仕方によって、任せる仕事を決めているところもあります。

調子がよい時は何事も上手くいくものですが、自分のコンディションが悪い時や状況が不利な時にどのように立ち回るかで、会社からの評価も変わってきます。

ミスを犯してしまった時は素直に上司に報告し、どのような行動が必要かを迅速に考えるようにしましょう。

同じ失敗をした人がいたら自分がフォローする

自分と同じような失敗をした人がいたら積極的にフォローしてあげましょう。

過去に同じような経験をしたことがあれば、その時の感情や悔しい気持ちなども共感できるはずです。失敗から自分が学んだ教訓も伝えてあげることができれば、同じ失敗をした人にとっても有益な情報となります。

精神的に落ち込んでしまう人も沢山いるはずなので「このように考えて行動すれば大丈夫」というようにフォローしてあげることで、お互いの信頼を築くこともできます。失敗した人をフォローする際は、できるだけ本人の状況や気持ちを理解することに集中することが重要です。相手の気持ちに親身になって向き合うことでより的確なアドバイスをすることができます。

仕事の大失敗を教訓として生かそう

仕事の失敗はしっかり反省し、次に同じ失敗をしないように教訓として活かしていきましょう。

できることなら失敗しない方が望ましいです。失敗をすべて防ぐことは難しいですが、考え方や普段の仕事のやり方を変えるだけでも失敗をする確率は下げることができます。

是非、この記事を仕事で起きてしまった失敗を乗り越える時の参考にしてみてください。

↑目次へ戻る

【初心者向け】プログラミング学習法を徹底解説!

「プログラミングをやってみたいけど、何から始めればいいのか分からない……」

そんな方へ、テックキャンプのノウハウを詰め込んだプログラミング独学方法の資料を無料プレゼント中!

資料では「初心者のための学習ステップ」や「はじめての独学での注意点」など、プログラミング初学者が押さえておくべきポイントを紹介します。プログラミング学習に興味がある方は必見です。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement