はじめてのIT転職🔰なら無料相談!
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

人格否定とは?言葉の例や仕事での人格否定に対処する方法を解説

更新: 2023.09.13

人格否定」とはどんなものか知っていますか? この記事をお読みのあなたは、もしかすると人格を否定する言葉に悩まされているのかもれません。

人格否定は人を精神的・身体的に追い込んでしまうため、あってはならないことです。

そこで本記事では、人格否定の言葉の例やパワハラをする人の特徴、仕事で人格否定にあった場合の対処法などを紹介します。

職場の上司などからのパワハラ発言に悩まされている方は必見です。

人格否定とは

人格否定とは、人格や人間性の否定を行う行為のことです。

人格とは、独立した個人としての人間性のことであり、個人の持つ一貫した行動傾向や心理的な特徴のことを指します。

そして人格否定とは、その人が持つ人間性を否定したり、性格などの本質的な部分を否定し、精神的なダメージを与えることを指すのです。

以下では、社会問題化している人格否定について、基本的な概要を見ていきましょう。

  • 社会的問題につながっている
  • 職場の人格否定は犯罪になる可能性も
  • 人格否定が起きる理由

社会的問題につながっている

近年、パワハラやモラハラといった職場におけるハラスメントの問題が顕在化してきています。

厚生労働省の平成28年度の調査(出典元:厚生労働省)によると、過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した人は32.5%。

つまり、約3人に1人はパワーハラスメントを経験していることになります。

労働局や労働基準監督署では、パワハラに関する相談が増加し、嫌がらせなどを理由とする精神障害等での労災保険の支給決定件数も増加しており社会問題となっています。

職場での人格否定が繰り返されると、うつ病などの精神障害を発症する危険性も。

職場の人格否定は犯罪になる可能性も

会社内で人格否定を行うと、パワハラやセクハラの対象となることがあります。

職場のパワーハラスメントとは「職務上の地位や人間関係などの優位性を背景に、精神的・身体的苦痛を与える行為」と定義されており、人格否定は精神的苦痛を与える行為です。

パワハラを直接規制する法律はありませんが、被害を受けた人は損害賠償を求めて民事で訴訟を起こすことができます。

また、パワハラは傷害罪や暴行罪に該当するケースもあり、犯罪となる可能性も。

人格否定をする理由は、相手よりも自分が優位に立ちたいといったことや、劣等感やストレスを感じているといったことが挙げられます。

人格否定が起きる理由

人格否定が起きるのには、いくつか原因があります。おもな理由を挙げると以下の2つです。

  • 失敗の原因をその人の性格や人格に紐付けるため
  • イライラの感情をぶつけるため

失敗の原因をその人の性格や人格に紐付けるため

まず考えられるのは、失敗の原因をその人の性格や人格に紐付けようとするためです。

仕事での失敗の原因はいくつかあるでしょうが、すべての失敗がその人の人格に関係しているわけではありません。

例えば、納期に間に合わなかったという場合、スケジュールに無理があった、顧客が何度も要求を変更したといった、個人の人格とは無関係のことが原因である場合もあります。

こういった人格とは関係がない失敗を人格に結びつけることは、パワハラになりがちです。

イライラの感情をぶつけるため

また、人格否定を行う人が単にイライラした感情をぶつけているだけの場合もあります。

これは、上司がイライラしていて部下にあたるといったように、職場で優位な立場にある人が行うケースが多いです。

単に怒りの感情をぶつけているだけのため、言われたことを間に受ける必要はありません。しかし、きつい言葉を言われた方は傷ついても無理はないでしょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」
そんな方へ、読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料でプレゼント中!

人格を否定する言葉の例

性格を否定するような言葉や、「お前はバカだ」「ダメだ」といったネガティブな言葉、またプライベートに関して批判するような言葉も人格を否定されたと感じます。

また、人格を否定するつもりはなくても、言い方によっては相手が人格を否定されたと感じることも大いにあります。

すると、被害者ではなく加害者になってしまうことにも注意しましょう。

人格を否定されたと感じるかどうかは本人次第なので、知らない間に相手を傷つけていることもあります。

ここでは、人格を否定する言葉の例を紹介します。

  • 性格・本質的な部分を否定する言葉
  • ネガティブな言葉
  • プライベートについて批判する

性格・本質的な部分を否定する言葉

人格否定の代表例としては、その人の性格や本質的な部分を否定する言葉です。「頭が悪い」「性格が悪い」「育ちが悪い」といった言葉は人格否定につながります。

また、持って生まれた身体的な特徴を否定することも人格否定の対象。例えば「太っている」「背が低い」「ぶさいく」といった言葉は人格を否定する言葉です。

また、仕事の失敗を注意するとき、つい相手の性格に紐付けてしまいがちなので注意。

例えば、以下の通りです。

  • コードのミスが多いのは、君の大雑把な性格が原因だ
  • 君は根暗すぎる。もっと社内の人とコミュニケーションを取れ
  • のろまな君はまた納期を守らないんだろうな

このような言い方は、個人の人格に紐づけて注意しています。

ネガティブな言葉

性格面を否定する以外にも、「ダメ」「無理」「無駄」「バカ」などといったネガティブな言葉も人格否定に当たることがあります。

例えば「ミスも多いし納期も守らないダメなやつ」と言われても、何がどうダメなのかわからず改善することができません。

「ダメなやつ」とはその人全体を否定していて、繰り返されて執拗に言われると人格を否定されているように感じます。

また「このプロジェクトに参加するのは無理」と一方的に決めつけてしまう言い方も、相手を全面的に否定しています。

相手を尊重していれば、以下のような言い回しになるはずです。

「君にはこの能力が不足しているので、このプロジェクトに参加するのは難しいけれど、他のプロジェクトなら力を発揮してくれると思う」

「君には何を教えても時間の無駄」という言い方も、人格を否定していることになります。君には学ぶ能力がないと言っているようなものだからです。

プライベートについて批判する

プライベートはその人の人間性がそのまま反映されているものなので、プライベートを否定することも人格否定につながります。

そもそも、プライベートは会社の業務とは関係のないことなので、それを引っ張り出してきて批判すること自体が問題です。

例えば「君は友人もいなさそうだから、休みの日でも出勤できるだろ?」などと言って、休日出勤を促すことは人格否定につながります。

「忙しくて大変だから休日に出勤してくれないか?」と頼めばいいところを、「友人もいなさそう」とわざわざプライベートを持ち出して人格を否定しているのです。

「君と結婚する人がいるなんて考えられない」と言うことも、プライベートを批判している例の1つ。結婚は個人的なことであり、仕事とは関係ないことだからです。

また「親の顔が見てみたい」といった家族のことなどについても、人格否定につながります。

会社で人格否定された時の対処法

職場で人格否定されてしまった時は、以下のような対処法を試してみてください。

  • 相手の言うことを間に受けない
  • メモや記録を取っておく
  • 人間関係を見直す
  • 相手より実力をつける
  • 転職をする

相手の言うことを間に受けない

人格否定する人は自分に自信がなかったり、相手に嫉妬している場合が多いので、的を得ていないことも多いです

そのため、相手の言うことは間に受けず、受け流すことが大切。

ただ怒りをぶつけられている場合も、相手の言うことを真剣に聞く必要はありません。

ムキになって言い返そうとすると口論になりかねないので、返事だけはしておき、大きな事件にならないように注意してください。

そのような人から人格を否定されても、自分に問題があるのではなく、相手に問題があると考えるようにしましょう。

もしあまりにも人格否定が酷いならば、上司や他部署の先輩、人事などに相談がおすすめ。自分だけで解決しようとせず、周囲の人の助けを借りることも大切です。

メモや記録を取っておく

不当な人格否定を受け続け、精神疾患を発症して会社を解雇された場合、民事で訴訟を起こすことも可能です。しかしその際には、人格否定を受けたという証拠が必要になります。

そういった時のために、言われたことをメモやボイスレコーダーなどで証拠に取っておくとよいでしょう。

あまりにも過剰だと思われる場合、弁護士などに相談することも検討しましょう。誰にも相談せずに自分の中だけで抱えていると、心身に影響を及ぼす可能性があります。

人間関係を見直す

人格否定を受けないためには、人格否定を受けないよう周囲との人間関係を良好に保っておく必要があります。

人から恨みをかうような行動をしていたり、陰で悪口を言ったりしているようでは、人格否定をされても仕方がありません。

また、職場で孤立していると、いじめのターゲットとされやすく、人格否定をされてしまう危険性が高まります。

常に周囲と協力して仕事を進め、人から認めてもらえるような行動を取ることが大切。

特に、エンジニアは仕事柄孤立しやすいので、積極的に社内の人とコミュニケーションを図って円滑に仕事を進めるべきです

チームメンバーや社内間などでわからないことを教え合ったり、助け合ったりすることで、良好な人間関係を築く努力をしましょう。

苦しい時や辛い時、事情をわかって相談できる人間関係を作っておけば、人格否定されたときでも対処しやすいです。

職場の同僚でなくても、家族や友人であっても相談できる人がいるということは大切。

相手より実力をつける

良好な人間関係を築く以外の方法としては、人格否定してくる相手よりも高い実力を身につけ業績を上げるという方法があります。

あなたを恨んでいる人がどれだけ人格否定をしようとも、成果さえ上げていれば、周りの人からの評価が下がることはありません。

特にエンジニアなどは実力の高さがはっきりとあらわれる世界。努力して技術を身につけた人が報われる世界であるともいえます。

そういった環境では、実力をつけることで相手の人格否定やいじめを防ぐこともできます。

転職をする

人格否定を避けるには「人格」ではなく「事実」や「能力」、「成果」がフォーカスされる職種に転職するのも一つの方法です

転職する際は、人格否定されにくい職業とは何かを考えるといいかもしれません。

例えば、エンジニアは能力や成果が評価されやすい場で、能力が高ければ人格否定されることも少なくなります。

転職する場合、次の職場で同じ事態にならないよう、しっかりとした実力をつけることが大切。スクールに通い、自分のキャリアや実力を磨いてから転職するエンジニアもいます。

人格否定されにくい仕事の例

ここでは、成果や能力によって評価される仕事の例を2つ紹介します。

  • 外資系企業のコンサルタント・マネジャーなど
  • エンジニア・プログラマー

成果や能力によって正当に評価されやすい仕事に就くと、スキルや実績を上げれば「会社に貢献できる人」として重宝され、人格否定される可能性が低くなります。

外資系企業のコンサルタント・マネジャーなど

外資系企業は成果主義。ミスなどが起きた際、その原因を「性格」のような属人的な要素、あいまいな要素に還元しません。

事実(ファクト)を重視し、あくまで論理的に原因を突き詰めます。そのため、人格否定が起きにくい職場であるといえるでしょう。

ただし、成果主義であるため、業績にはシビアな面があります。

エンジニア・プログラマー

エンジニアも事実(ファクト)を重視する、成果主義の職種です。

例えば、エンジニアはリモートワークなど柔軟な働き方が広まっている職種の1つ。

これらは「労働時間」「オフィスでの勤務態度」といった評価指標ではなく、成果物の品質などが重視されていることを意味します。

またエラーやトラブルが起きた際にも、その原因を特定個人の人格や性格に求めるということも起きづらい傾向があります。

例えば、プログラミング言語「Python」は、誰が書いても同じようなスタイルのコードが仕上がることで知られています。

Pythonの開発現場では、プログラマーごとのコードのバラつきが最小限に抑えられます。

つまりPythonで開発を行い、何らかのエラーが発生した場合は、個々人のプログラマーの働き方やコードに問題があるわけではありません。

それよりも、当初のシステム設計に難があった可能性が高いと言えるのです。

人格否定やパワハラをする人の特徴


ここでは、人格否定やパワハラをする人の6つの特徴を紹介。

  • 他人を批判して安心したい
  • ストレスの発散をしている
  • 嫉妬している
  • コンプレックスがある
  • 自信がない
  • 相手を傷つけたい

もしあなたの周りに当てはまる人がいれば、その人とは距離をとることをおすすめします。

他人を批判して安心したい

客観的で建設的な批判はプラスになることもありますが、他人を批判することで優越感に浸ったり、自分より下の人間がいると感じて安心しようとしている場合があります。

このような批判をする人は自分に自信がないため、他人を批判することで安心を得ようとします。

自信がなければスキルを磨いて自信をつければいいのですが、それをすることなく他人を批判して安心を得ようとするのです。

実際は、そのような人こそ、人間性に問題があると言えます。

ストレスの発散をしている

仕事をするとある程度のストレスが生じますが、ストレスを自分で処理できない人は、他人を利用してストレスを発散することがあります。

特に、仕事や私生活がうまくいっておらず、溜まったストレスをぶつけたがっている人は、他者の人格否定をしやすいといえます。

自分の部下や後輩など言いやすい人に文句を言ったり、部下を指導するのではなく怒ることでストレスを発散することもあります。

例えば、部下がミスしたとき、ミスを指摘して注意するのではなく、感情にまかせて暴言を吐くといったような場合です。

特に、エンジニアなどは仕事柄イライラすることが多く、上司が部下に対してストレス発散のために人格否定を行うこともあります。

嫉妬している

人格否定をする人は、相手に嫉妬していることもあります。能力の高い人や周りからの評価が良い人に嫉妬して人格否定します。

相手の能力が羨ましいけれど、自分には能力がないといった場合、自分を肯定するために相手の人格を否定しようとするのです。

また、人格否定することで相手の自信を失わせようとしていることもあります。

エンジニアは能力の高い低いが顕著になる職種です。人と接するサービス業とは異なり、「できる」「できない」といったことがはっきりするため、個人の能力が明確にわかります。

そのため、能力の高い人を嫉妬して人格否定する人もいます。しかし、能力が高い人が評価されるのが会社ですので、間に受ける必要はありません。

コンプレックスがある

仕事の実績や学歴、過去のキャリアなどコンプレックスを感じている人は人格否定をしがち。

例えば、自身の学歴にコンプレックスのある人が高学歴の部下を持ったとします。

すると「一流大学を出ているのにこんなこともできないのか」などと発言し、部下に対して人格否定することがあるのです

エンジニアの場合、能力や評価がはっきりしやすいため、他者に対してコンプレックスを感じ、人格否定してくる人もいます

コンプレックスを持っている人は、自分のことを肯定できていないので、他者の良い面を素直に認めることができず、それが攻撃性となって表れるのです。

自信がない

人格否定をする人は一見すると自分に自信があるように見えるかもしれません。しかし、本当に自信のある人は、他人の人格を否定することはありません。

自分に自信がない人は「自分の能力は劣っている」「自分は仕事ができない」など、劣等感情を抱えています。

そのような人が、能力のある人を素直に認めると、ますます劣等感情に苛まれます。「あいつは自分よりも仕事ができる」「だから自分はダメなんだ」といった具合に。

そのため「あいつは能力が高いかもしれないが、性格が悪いし、学歴もたいしたことない」などと相手を否定することで、自分を正当化しようとします。

相手の人格否定を行うことで、自身の持つ劣等感情から抜け出し、安心したいのです。

自信がないのであれば、プログラミングスキルを磨くために本を買ったり、スクールやセミナーに行くなどすればいいかもしれません。

しかし人格否定をするような人は、自分で努力することなく安易に他者を否定することで、自己の正当化を図る人が多いです。

相手を傷つけたい

チームで仕事をしていると、いろいろな人の感情が複雑に絡み合って、様々なトラブルが生じることがあります。

例えば、上司から気に入られている人がいて、面白い仕事がその人に割り振られているとすると、「なぜあいつばかりがいい思いをするのか」といったような気持ちが生じることも。

また、激しく議論が衝突して喧嘩してしまい、憎しみの感情が生じることもあるでしょう。

そのような、個人的な恨みや憎しみを持ち、言葉で相手を傷つけたいと思って人格否定を行う人もいるのです。

また、中には単に相手を傷つけることが好きな人もいますが、そのような人の人格否定は受け流すようにしましょう。

人格否定を行う「ブラック研修」を行う企業もある

人格否定を研修の一環として、組織的に行う企業も存在します。

とある医薬品関係の企業に勤めていた男性は、新人研修で過去のいじめの体験を告白させられた上に吃音を指摘され、その直後に自死しました。

このような研修は「ブラック研修」と呼ばれています。

ブラック研修は、新人を力で押さえつけようとする考えのある会社で行われることが多め。

人格を徹底的に否定した上で、新しい価値観を植え付け、会社にとって都合の良い社員に仕立て上げるといった目的で行われます

ブラック研修では、社訓や会社のルールを大声で何度も叫ばされたり、暗記させられたりします。「お前は無能だ!ダメなやつだ!」などと大声で罵倒され、人格を否定されます。

このような行為はパワハラに該当しますので、もし、ブラック研修を行っている企業に入社してしまったら、職を変えるなどして対策を取りましょう。

また、研修ではなく、面接で圧迫面接を行って人格否定を行う企業も存在します。

以下の記事では、就職面接などで人格否定されたと感じる方にお読みいただきたい記事です。考え方を改めて、前向きに面接に取り組めるようになるヒントを解説いています。

まとめ:自分を守るために人格否定する人・職場から離れてみよう

人格否定によって人は自己肯定感を失い、精神的にも身体的にも苦痛を味わいます。

職場のどんなに偉い立場にある人であっても、誰かの存在を否定したり誹謗中傷できる権利などなく、絶対に人格否定はしてはいけない行為です。

もし今、あなたが常に人格否定をしてくる人のそばにいるのであれば、できるだけ早く離れることを強くおすすめします。

もし「今の仕事にいる限り人格否定され続ける」と思うのであれば、今すぐ転職について考えてみみましょう。

今回紹介したような成果・能力によって評価される仕事に転職すれば、人格否定されることなく生き生きと働ける可能性があります。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Yoshi Otobe
アメリカの大学でジャーナリズムを専攻。帰国後、医療、教育、ビジネス、ITなどの分野でライティング、編集、翻訳業務に携わる。現在はITとプログラミングについて勉強中。「基本情報技術者試験」「ITパスポート」「Webクリエイター能力認定試験」などの資格を所有。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement