まずは無料キャリア相談へ!
事例あり✅30代未経験からIT転職

「劣等感が強く苦しい」劣等感が強すぎる人の特徴や克服方法を紹介

更新: 2023.07.03

「劣等感が強すぎて苦しい」
「劣等感のせいで仕事もプライベートもうまくいかない」
「劣等感を克服する方法があれば知りたい」

インターネットやSNSが発達したことで、他人の生活の一部を垣間見ることが増えました。その影響もあり、相手と比較して自分は劣っていると感じてしまう人も。

一方で、こうした劣等感は、人生を成功する上でとても大切な感情でもあるのです。

そこで本記事では、劣等感が強すぎる人の特徴や強すぎる劣等感を克服する方法を紹介します。

劣等感を抱くメリットなども紹介するので、劣等感が強すぎて苦しいと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「劣等感」とは

悩み

そもそも、劣等感とはどういう言葉でどういった意味を持つのでしょうか。

本章では、「劣等感」の概要について以下の流れで解説します。

  • 自分が劣っていると感じること
  • 強い劣等感による悪影響
  • 劣等感が生まれるおもな原因
  • 強い劣等感の克服は人生の成功につながる

自分が劣っていると感じること

劣等感とは、自分を人と比較して劣っていると感じることを指します。

劣等感(れっとうかん、英: Inferiority complex)は、自分が他人に劣っていると感じること。劣後感(れつごかん)ともいう。
引用元:Wikipedia

ちなみに、劣等感の対義語は優越感です。

自分に対して否定的な評価を下し、「負けている」「価値がない」「レベルが低い」などと考えてしまう感覚が劣等感にあたります。

劣等感を持つと自分に自信が持てず、組織の中で疎外感を感じてしまう場合も。

強い劣等感による悪影響

強い劣等感を抱くことで以下のようなマイナスの影響が考えられます。

  • 可能性を限定してしまう
  • よい結果を邪魔する思考や行動が生まれやすくなる
  • 自己否定・被害者意識・あきらめの気持ちを持つ
  • 一歩を踏み出す勇気が出せない
  • 他人を貶めようとする

ただし、このような感情は一見するとマイナスですが、受け入れることで成長や、よい結果に結びつくきっかけにもなります。

劣等感が生まれるおもな原因

劣等感が生まれるおもな原因は以下の通りです。

  • 親による過度な否定
  • コンプレックス
  • 周囲の環境が合わない
  • 成功体験が少ない

自分自身に自信が持てない出来事や要因は劣等感につながります。

また、自信を持つ裏付けとなる事象がなければ、人と比較して自分は劣っていると感じやすくなるでしょう。

強い劣等感の克服は人生の成功につながる

劣等感を抱いてしまうタイミングは、苦しいことばかりではなく、人生における成功のチャンスでもあります。

抱いている劣等感を糧にして自分で解決することで、成長のきっかけとなり、自身の能力を高められるのです。

また、「自信につながる」「他人の目が気にならなくなる」「自分らしく生きることができる」などの、人生の価値が上がる素晴らしい結果にもつながります。

劣等感はただ苦しいだけではなく、克服することで人生の成功につながるのです。

劣等感をプラスに変える対処法と成功できる理由については後述します。

劣等感が強すぎる人の特徴・性格

悩み

ここでは、劣等感が強すぎる人の特徴や性格について解説していきます。

  1. 完璧主義で理想が高い
  2. 攻撃的になりがち
  3. 他人と自分をすぐに比較する
  4. 自分よりも人が優れていることを許容できない
  5. 物事をネガティブな視点で捉える
  6. 些細なことで傷つきやすい

一体どのような人が劣等感を感じやすいのか、一つずつ詳しく見ていきましょう。

完璧主義で理想が高い

完璧主義者の人は、1つのミスでさえ許すことができない性格。

理想が高いゆえ失敗してしまった時に強い劣等感を抱いてしまいます。

それが例え小さなミスであっても、完璧でないと意味がないので、大小関係なく劣等感を抱いてしまうのです。

攻撃的になりがち

劣等感が強い人は他人が失敗したり、ミスをしたりした人に攻撃的になりがちです。これは劣等感を隠そうする人に多く見られる傾向。

劣等感があると人に対して意見が言いづらいのでは、と思う人もいるでしょう。

しかし、この攻撃的な面は劣等感の裏返し。物事に対して「こうあるべき」と思い込みが強く、その通りでないものに対して許容ができないのです。

それは自分に対しても同様なので、自分にも他人にもついイライラしてしまいます。

他人と自分をすぐに比較する

劣等感の強い人は、優劣のつけられないような、人それぞれの個性の部分であっても、他人と自分をすぐに比較してしまいます。

このような人は、家族や友人などがすぐに他人と比較するような性格である場合に多いです。

人とすぐに比較する会話が軸のため、それが起因となり、劣等感を引き起こしている可能性もあるでしょう

自分よりも人が優れていることを許容できない

自分よりも人が優れていることを許容できないのも、劣等感が強い人の特徴です。自分よりも相手の優れているところを見つけては、劣等感を抱いてしまいます。

そして、対象相手が優れていることを認めることができないため、つい批判をしてしまいがち

また、自分を少しでも大きく見せて評価されたいという思いから、自慢話をしたり、高慢な態度を取ってしまったりすることもあります。

物事をネガティブな視点で捉える

物事の悪い部分ばかりに目がいってしまい、ネガティブな視点で捉えてしまう傾向が強い人も、劣等感を抱きやすいでしょう。

見る人によっては、何も悪くない・何もおかしくはないと感じている部分でも、どうしてもマイナスの方向に考えてしまうのです。

些細なことで傷つきやすい

劣等感が強い人は繊細で思慮深い人が多く、些細なことで傷つきやすいことも特徴。

人よりも自分が劣っているという意識が強いので、仕事でちょっとしたミスを指摘されても過剰に落ち込むこともあります。

また、そのようなつらさから身を守るために、自虐的な発言も多くなります。

これは、人からのミスや欠点に対する指摘を先回りしようとしているのです。

劣等感を強く感じやすい場面

人が劣等感を感じやすい場面について解説します。

  • 自分よりも他人が評価されている
  • 自信や実績がある人と比較して不安を感じている
  • 運の悪いことが続いている

日常を過ごす中で、劣等感は一体どういった時に感じやすいのかを見ていきましょう。

自分よりも他人が評価されている

自分の評価よりも他人の評価が高いと嫉妬の対象となり、劣等感を感じます。

そして、劣等感からその人に対して、批判などの攻撃的な言葉や態度を取ってしまう場合もあるでしょう。

成功した人が事業で失敗すると、「能力もないのに、調子に乗りすぎたから」といった感情を持ってしまう人がいます。これは自分の劣等感の裏返し。

他人の優れている部分を認めたくない気持ちが、敵意となって表れてしまう時によく見られます。

自信や実績がある人と比較して不安を感じている

自分よりも自信や実績がある人を目の当たりにし、不安を感じることで劣等感につながるケースもあります。

このような劣等感を感じる人は、自分の劣っている部分をさらけ出すのが怖いので、過度な自慢話や自分が優れていることをアピールするといった行動につながりやすいです。

周囲からの評判を悪くなるきっかけになりやすく、結果として、さらなる大きな劣等感につながる可能性があるので気を付けましょう。

以下におすすめの本を紹介しますので、嫉妬や劣等感を消すための参考にしてください。

運の悪いことが続いている

たて続けに運が悪い出来事にさらされた時、自分は不幸だと思い込んでしまいます。こうした感情がやがて劣等感を生み出してしまうのです。

しかし、実際には「思い通りにならないだけ」ということも多くあります。

また、そのように運が悪いという劣等感を開示して、慰めてほしいというアピールもやりがち。残念ながら、不幸な話を好んで聞きたいという人はいないものです。

そうやっているうちに、人はあなたを避けるようになり、さらに劣等感は強くなっていくでしょう。

強すぎる劣等感の克服方法

ここでは、強い劣等感をプラスに変える克服方法について6つ解説します。

  1. 劣等感の原因を深掘りする
  2. 物事には裏表があることを理解する
  3. 他の人から与えられた劣等感を手放す
  4. 劣等感に興味を持って受け入れる
  5. 前向きな気持ちに整える
  6. ビジョンを明確にしてベストな選択をする

自分に合った方法を見つけて、劣等感を克服しましょう。

劣等感の原因を深掘りする

劣等感を持っていることを深掘りすると、もっと根本的な原因が見えてきます。以下で例を挙げると、

  • 仕事が遅くてまわりの目が気になる→まわりから認められて、自信を持ちたい
  • 同じ年齢で年収が高い人がうらやましい→収入を増やして、もっと人生を楽しみたい

のように、表面上ではなく本質の部分が浮き彫りになってくるのです。劣等感を克服するには、その根本の原因を解決することが大切。

場合によっては、自分でも思いもよらないアプローチで解決できる場合もあるでしょう。

物事には裏表があることを理解する

物事には必ずポジティブな面とネガティブな面があります。まずは、この2つの面があるということをしっかり理解する必要があるでしょう。

劣等感を持ちやすい人はネガティブな面を見がちです。もっとポジティブな面に目を向けるよう意識してみて下さい。

例えば、仕事で失敗してしまった場合でも、ポジティブな面に目を向ければ、「よい経験ができた」「成長につながる」などの部分が見えてきます。

まずは、こういった考え方ができるように、物事には裏表があることをしっかりと把握しておきましょう。

他の人から与えられた劣等感を手放す

他の人から厳しい言葉を浴びせられた場合、鵜呑みにしないよう気を付けましょう。そのような他者から刷り込まれた劣等感は手放して下さい。

「お前は無能だ」「誰もあなたに興味がない」「いなくてもよい存在だ」などの厳しい言葉を他者から浴びせられても、それが事実でないケースが多いです。

「なんでそう思うのか」「根拠はあるのか」「どのようにしてわかったのか」「誰と比較しているのか」などを突き止めていけば、ただの悪意で言っているだけの場合もあります。

しかし、そういった厳しい言葉は自分の中に残りやすいので、真実だと思い込んでしまうこともあるのです。

そのような時は、具体的な問いかけや客観的な視点でその発言の意図を考察して、刷り込まれた思い込みを切り離しましょう。

他者から刷り込まれた劣等感は、自分のものではないのです。

劣等感に興味を持って受け入れる

劣等感を感じた時にはそれに興味を持ちましょう。劣等感からは目を背けたくなるものですが、そのような感情を持つ自分を客観的に楽しみます。

そして、マイナスの要素としっかり向き合い、事象を肯定することが大切です。

また、劣等感のプラスの要素を明確にし、劣等感のマイナスとプラスの面に寄り添って受け入れましょう。

この時に、劣等感のあり方が自分の中で変化するまで続けることが重要。否定的だった感情を受け入れることで、興味深いプラスの要素へと変わっていきます。

劣等感に興味を持って受け入れ、自分の中で意味付けを変えてあげることが重要です。

前向きな気持ちに整える

劣等感にばかり意識が行くと、ネガティブな気持ちになりやすいので、劣等感をプラスに変えるには、まずは前向きな気持ちに感情を整えることが大切です。

そのような前向きな気持ちになるためには「感謝している」「意図を持っている」「覚悟を決めている」などの状態を保つのがベスト。

また、瞑想や深呼吸、体を鍛えるといった行動によっても効果があります。

劣等感をプラスに変えるには、このような意識を持って、前向きな気持ちになることが大切なのです。

ビジョンを明確にしてベストな選択をする

自分の能力などを考えずに、まずは「なりたい自分」をイメージしましょう。いわばそれは人生のビジョンです。

そして、そのビジョンに対して何ができるかを逆算して考えてみることでベストな選択ができます。

人からどう見えるかではなく、自分にとっての一歩を踏み出すことが劣等感を克服する上では重要。

もしも、仕事でスキルや経験が足りないと感じるなら、そのための努力をはじめればよいでしょう。

大事なのは「今のままの自分でいるか」と「ビジョンに向けて一歩を踏み出すか」の意識の違いなのです。

悪いことだけじゃない!劣等感を抱くメリット

ネガティブなイメージが強い劣等感。しかし、負の感情をバネに成功を掴む人もいます。

そこで本章では、劣等感を抱くメリットを3つ紹介。

  • 劣等感は克服できる対象に持つもの
  • 劣等感は成長のきっかけになる
  • 劣等感はエネルギーにつながる

劣等感は克服できる対象に持つもの

誰しも、実現不可能なことに対して劣等感は感じづらいものです。

例えば、あなたが新入社員だとしましょう。入社したばかりで社長の手腕に劣等感を持つことはまずありません。

ただし、同期や先輩が自分よりも仕事ができると感じれば、劣等感を持ちやすいでしょう。

このように無意識に「自分でも実現できるレベル」と判断したものに劣等感を感じるもの。

もしも、新入社員で社長に対して劣等感を持ったとすれば、あなたは大物といえるでしょう。

実現できると思い劣等感を感じている気持ちは、それだけの器が自分にあるということであり、人生を成功させる重要な原動力ともなるのです。

劣等感は成長のきっかけになる

誰でも大なり小なり劣等感はあるものです。その劣等感は、克服しようと試みることで成長につながります。

よって、劣等感を持ちやすい人は、それだけ成長のチャンスがあると言えるのです。

反対に劣等感がまったくない人は、自分とまわりがよく見えておらず、現状維持になる可能性が高いでしょう。

劣等感が強い人ほど、そのような成長できる機会に恵まれているのです。

劣等感はエネルギーにつながる

劣等感を持てる人は「見返してやる」「自分でもできる」といった気持ちをエネルギーに変えられます。これはコンプレックスに近い要素を持つ劣等感に効果的です。

例えば、プロのバスケット選手を目指しているけれど、身長が周りの平均よりもだいぶ小さい人がいたとします。

その身長に強い劣等感を抱いている分、ドリブルだけは誰にも負けないという気持ちを持って、人一倍練習に打ち込むことができるのです。

実際にそういった想いでプロになった選手もいます。このように劣等感が強い人ほど、課題をクリアするために人一倍努力ができ、その分成長できる可能性を持っているのです。

劣等感に対しての考え方を良い方向に変換できれば、大きな成功を達成できる素質は間違いなくあるでしょう。

少しずつ取り組めば劣等感は克服できる

劣等感が強すぎる人の特徴、強すぎる劣等感を克服する方法、劣等感を抱くメリットなどを紹介しました。

劣等感をすぐに克服するのは難しいです。しかし、考え方や見方を変えて少しずつ取り組んでいくことで克服できます。

その際には、劣等感から目を背けることはやめて、しっかりと受け入れることが大切。そして、その劣等感をうまく自分のエネルギーに変えて利用しましょう。

それを続けていくことで、劣等感を持っていない人が味わえないような成功を収めることができるでしょう。

↑目次へ戻る

未経験からの転職の悩みを解決!無料カウンセリング開催中【転職成功人数4400名以上!※1

こんな不安や疑問はありませんか?
・未経験から転職して、本当に年収が上がるのか
・ITエンジニア転職後の働き方や稼ぎ方が想像できない
・スキルゼロからITエンジニアとしてフリーランスになれるのか

カウンセリングでは、ITエンジニア転職やプログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、あなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※1、累計利用者数は42,000人以上!※2

無料で相談できますので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※4
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106)  2.2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

無料キャリア相談はこちら

この記事を書いた人

山岸
お笑い芸人兼作家として主にネタを書いたり脚本を書いたりしていました。 その後、ITベンチャー企業でWebメディアのコンテンツ作りやマーケティング、記事の執筆・校正などを経験し現在に至る。 好きなものは美味しいお酒と邦楽ロックです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement