ピックアップ
ジョジョサピエンスとは?ビッグデータで究極のジョジョ人間作成!荒木飛呂彦も参加
TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』開催

2018年8月24日〜10月1日の期間で、東京・六本木にある国立新美術館にて『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』が開催されます。

『週刊少年ジャンプ』、『ウルトラジャンプ』で連載されていた大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』が、今年で連載30周年を迎えたということで開催される展覧会です。

作者の荒木飛呂彦(あらきひろひこ)さん書き下ろしの完全新作原画・イラストが展示されます。

30年もの間、ファンから支持され続け、日本のみならず世界中の人々を熱狂させ続けている『ジョジョ』。その人気から、原画展には多数のファンが来場すると予想できます。

11月には大阪での開催も予定されており、各地より『ジョジョ』ファンが殺到することでしょう。

荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

『ジョジョサピエンス』とは

出典:JOJOSAPIENS

『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の開催を記念して解説された特設サイトです。『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の公式サイトよりアクセスできます。

ジョジョサピエンス』が指導した目的は、アンケートに答えたジョジョファンの答えを元に「究極のジョジョ人間・ジョジョサピエンス」を作り出すこと。

いきなり「究極のジョジョ人間・ジョジョサピエンス」と言われても、いまいちピンとこないことでしょう。

ここからは『ジョジョサピエンス』を実際に利用した画像を使いながら、説明しようと思います。

究極のジョジョ人間について

究極のジョジョ人間『ジョジョサピエンス』の詳細については謎に包まれています。2018年7月時点で公開されている情報は断片的です。

公式サイトによると、『ジョジョサピエンス』を作り出す目的は、30年にわたる冒険は、ファンの人格・人生にどのような影響=波紋を及ぼしたのか?これを調査することにあるようです。

つまり『ジョジョサピエンス』は、究極のジョジョファンのこと。無数のジョジョファンの統計を1つにまとめた姿ということでしょう。

すでに荒木飛呂彦さんによる、スタンド『ジョジョサピエンス』のオリジナルイラストも公開されています。

「スタンド」とは、人間の持つ特殊能力が形になった存在で、多くの場合、能力も持つ人間の側に立っています。その姿は「スタンド」を使える人間にしか見えません。

出典:JOJOSAPIENS

ファンのアンケートによって生み出される『ジョジョサピエンス』は、荒木飛呂彦さんによって作り上げられた、このスタンドを操る人間となるのです。。

アンケートによって『ジョジョサピエンス』が進化する様子は、サイト上で確認できるとのこと。最終的な『ジョジョサピエンス』の姿は、2018年8月14日に発表となる予定です。

ジョジョサピエンス完成

2018年8月14日、ジョジョファンたちのデータを集結したジョジョサピエンスがついに完成しました。

その姿がこちら。

出典:JOJOSAPIENS

華麗なる佇まい…左手にはワイングラス…奇抜すぎるファッション…

ジョジョファンたちの顔データや性別、身長をなどを反映すると、このような人間が出来上がるということです。

見た目だけでなく、ジョジョサピエンスのプロフィールにも、ファンのデータが反映されています。

究極のジョジョサピエンス プロフィール

年齢 24.9歳
身長 165.0cm
体重 58.7kg
体脂肪 19.6%
今までに付き合った人数 2.9人
好きな食べ物 ラーメン,肉,カレー
IQ(知能指数) 112.5
年収 353.3万円
50m走 8.26秒
やってみたい髪型 空条徐倫(くうじょうじょりん)

身長や体重、IQ(知能指数)、年収あたりが、かなりリアルな数字をしています。

優れた力を持つスーパーマンではなく、あくまで一般人。しかし、スタンドによって超人的な能力を備えてしまったような『ジョジョ4部』以降の世界観にマッチした人間と言えるでしょう。

やってみたい髪型は『ジョジョ6部』の主人公「空条徐倫」ということで、ジョジョサピエンスの髪型も徐倫のような三つ編みのお団子ヘアーなのも見逃せない点です。

出典:JOJOSAPIENS

自分のデータを入力し『究極のジョジョ人間・ジョジョサピエンス』を作る

追記:アンケート期間は終了しています。

『究極のジョジョ人間・ジョジョサピエンス』は、42個の質問に答えた大量の『ジョジョサピエンス』ユーザーの回答次第で姿が変わります。

サイトユーザー全体の回答の平均が、『ジョジョサピエンス』の姿を決定づけるようです。一人の回答による影響はごくわずかでしょう。

しかし、小さな力が協力することで1つのものを生み出すというのは、非常に斬新な取り組みです。

まずはあなた自身のプロフィールを入力。説明にもあるように「嘘はつかずに」答えるようにしてください。嘘をついているかは、あなたの汗を舐めればすぐにバレてしまいます。

その後、質問に答えていきます。

出典:JOJOSAPIENS

 

究極の二択を迫る、『ジョジョ』らしい質問もあります。

サクサクと答えられるアンケートかと思いきや、それは大間違い。かなり考えさせられる質問ばかりです。

出典:JOJOSAPIENS

 

1番好きな「部」、作中でもっとも盛り上がった名勝負(ベストバウト)、1番真似したいキャラクターの髪型を答えるなど、ファン歓喜の質問も満載。

出典:JOJOSAPIENS

出典:JOJOSAPIENS

出典:JOJOSAPIENS

『ジョジョ』を読んでいないと答えるのは難しいかもしれませんが、わからない部分は空欄でも問題ないとのこと。

答えられる部分のみを答えてみましょう。

「あなたのフェチを1つ教えてください」という、別の意味で答えにくい質問もありました。

出典:JOJOSAPIENS

ビッグデータを活用

『ジョジョサピエンス』は、「ビッグデータ」を活用して作られます。「ビッグデータ」とは、人々の行動や趣向などを大量に蓄積したデータのことです。

「ビッグデータ」を活用する企業は急増中です。自社のサービスを使うユーザーがどのように行動するのかを把握し、そのデータからユーザーのニーズなどを導き出すことができます。

『ジョジョサピエンス』では、私たちユーザーがアンケートに答えた結果がビックデータとして「究極のジョジョ人間」に反映されるという仕組みです。

私たちのデータが商業利用されるとうわけではないようですが、ビックデータを利用した斬新な試みと言えるでしょう。

実際にビッグデータを使っている有名な企業の例としては、セブンイレブンを展開するセブン&アイ・ホールディングスがあります。

日本全国にあるセブンイレブンの顧客データを蓄積。その日の曜日や天気、時間帯などによる商品売上の変化から、仕入れる商品を決めています。まさにビッグデータを使ったビジネスの事例です。

ビッグデータとディープラーニングは相性が良い

蓄積したビッグデータはAI(人工知能)によって処理されます。

AI(人工知能)には「ディープラーニング(深層学習)」という要素が含まれているのをご存知でしょうか。

簡単に説明すると、ディープラーニングは「人間が物事を学習する能力をコンピュータに再現した機能」です。AI(人工知能)はディープラーニングによってビッグデータの中からデータの関連性を探し出し、自ら物事を推測・判断できるように進化していきます。

ビッグデータとディープラーニングは非常に相性が良く、AI(人工知能)による推測や判断の精度を高めるために活用されます。

『ジョジョサピエンス』でディープラーニングが使われるかは不明

『ジョジョサピエンス』にもディープラーニングが活用されるかどうかは、現状は不明です。

「ジョジョサピエンスはスタンドを操れる」ということは明らかになっていますが、それがディープラーニングやAI(人工知能)に関連しているのか、今のところ判断を下すことはできません。

『ジョジョの奇妙な冒険』とは

そもそも『ジョジョの奇妙な冒険』について知らない方のために、簡単に紹介もします。

集英社が刊行する『週刊少年ジャンプ』で掲載されていた大人気少年漫画です。2005年より『ウルトラジャンプ』に移り、現在も連載が続いています。

劇画タッチなおどろおどろしい絵柄と、「〜じゃあないか!?」「〜だッ!」といった独特の台詞回しが特徴的で、根強いファンを獲得してきました。

登場キャラクターたちは、「波紋」という特殊なエネルギーを生み出す呼吸法を使ったり、「スタンド(幽波紋)」と呼ばれる特殊能力が具現化した人物像を駆使して、立ちはだかる敵と戦います。

ストーリーは第1話から概ねひと続きであるものの、第1部〜第8部に分割されており、各部ごとに主人公となるキャラクターが変わります(第7部は第6部までとは独立したストーリーになっており、キャラクターや時代背景などが一変するなど例外もあり)。

タイトルにある『ジョジョ』というのは、各部の主人公の名前に2つの「ジョ」が入ることから名付けられたあだ名です(部によっては『ジョジョ』の法則に当てはまらない名前の主人公もいます)。

多くの人々に影響を与えた『ジョジョ』

『ジョジョの奇妙な冒険』は『ジョジョ』という名称で愛され、多くの人々に影響を与えてきました。

現在の少年漫画では当たり前となっている「能力バトル」の元祖が『ジョジョ』とする意見もあり、後続の漫画家たちに影響を与えた作品とも言われています。

また、キャラクターやスタンドたちが魅せる特殊な立ち姿、通称「ジョジョ立ち」を真似る人々もいます。作品を読んだことはないという人でも「ジョジョ立ち」を知っている、真似したことがあるという人は多いのではないでしょうか。

Twitterなどでも、自分なりの華麗な「ジョジョ立ち」を披露しているユーザーがいます。有名人まで『ジョジョ立ち』披露しているようです。

漫画家、ファン、そしてファンでない人にも、『ジョジョ』が与えた影響は大きいのです。

荒木飛呂彦とは

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの原作者です。約30年にわたって『ジョジョ』を連載しています。

漫画家デビューは1980年で当時描いた作品は『武装ポーカー』という作品。その7年後に『ジョジョの奇妙な冒険』の連載がスタートしました。

メディアへの露出を控える漫画家が多い中で、荒木飛呂彦さんはインタビューなどを通じ、多方面のメディアへ進出しています。

漫画の他にも、漫画の描き方の書籍を出すなど、後進の漫画家たちにとっても影響を与えつている存在です。

出典:『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』公式サイト


第5部『黄金の風』が2018年10月よりスタート

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの中でもトップクラスに人気の高い、第5部『黄金の風』が2018年10月よりアニメ放送スタートとなります。

主人公の『ジョルノ・ジョバーナ』がイタリアを舞台に巻き起すマフィア同士の抗争は、片時も目を離せないシーンの連続です。

ファン待望の部のアニメ化ということもあり、ツイッターでも話題となっています。

夏は『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の開催、秋からは第5部『黄金の風』のアニメ化。2018年下半期は、『ジョジョ』ブームが再来することでしょう。

ジロギン ジロギン
TECH::NOTEのライターとして、日々IT技術の進歩と奥深さを感じながら記事を書いています。 個人でブログも運営しており、少年漫画とテニスについて更新中です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー