未経験から10週間でエンジニア転職!新年から受講するなら今相談

QAエンジニアとは?仕事内容・年収・必要な資格などを解説

更新: 2020.10.18

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

情報システムやソフトウェアを開発をする上で大切とされている、品質の保証。

それを主な仕事にしているエンジニアがいることをご存知でしょうか?そのエンジニアは、QAエンジニアと言って、設計やプログラミングを行うシステムエンジニアとは一線を画する存在です。

この記事では、QAエンジニアの仕事内容や必要な資格などを解説します。

QAエンジニアとは

QAエンジニアの「QA」は、「Quality Assurance」の頭文字をとったもので、日本語で「品質保証」を意味します。


つまり、QAエンジニアは品質保証をするエンジニアです。

システムエンジニアとは異なり、品質保証のための業務をメインとしています。

QAエンジニアは、開発プロジェクトの終盤、すなわち、ソフトウェアや情報システムがある程度完成したタイミングで参加することが多いです。また、未経験OKの求人もあり、必要なスキルを取得していれば未経験でも採用される可能性があります。

なお、似たようなエンジニアとして、テストエンジニアという職種が存在します。こちらは、開発プロジェクトの序盤から携わってテスト業務を行うことが多いです。

QAエンジニアの仕事内容

ここでは、QAエンジニアの仕事内容を3つ説明します。


テスト計画の設計

1つ目の仕事は、テスト計画の設計です。

開発した情報システムのテストについて、テストケース、スケジュールの作成、テスト環境の整備などを計画します。

計画を立てずに、なんとなくでテストを進めてしまうと、余計な時間を費やし、品質も悪くなってしまいます。そのため、テストの計画を立てることは、時間を無駄にせず、品質を保証するうえで大事なのです。

コードの動作確認

2つ目の仕事は、コードの動作確認です。

作成したテスト計画に沿って、実装したコードが仕様どおりに動作するか、実際にプログラムを実行して確認します。

また、プログラムのバグ、改善の余地があると判断した場合は、プログラムを修正することもあります。そのため、QAエンジニアはプログラミングスキルを持っていることが必須条件です。

製品テスト

3つ目の仕事は、製品テストです。

今度は、情報システムを実際に使うユーザー側の視点に立ったテスト計画を作成します。

コードの動作確認では確認できなかった改善点などを見つけ出し、必要があればプログラムの修正などを行います。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

QAエンジニアの年収

転職エージェントのマイナビエージェントが公開している情報によれば、QAエンジニアの平均年収はおよそ389万円です。


システムエンジニアなどの他のエンジニア職の平均年収が400万円ほどなので、QAエンジニアの年収は相場と同じぐらいであることがわかります。

QAエンジニアの将来性

QAエンジニアは、今後も需要が高まることが予想されます。


AIやIoTなど、新たな技術を導入したシステムの開発がより活発になる中で、行うべきテストも複雑化していきます。

ある程度テストを自動化できても、膨大なテストの結果から品質保証できているかを判断するには、人の手が必要なことに変わりはありません。

そのため、QAエンジニアはこれからも需要の高い職種であり続けるでしょう。

QAエンジニアのキャリアパス

ここでは、QAエンジニアになった後のキャリアパスについて、説明します。


シニアQAエンジニア

1つ目のキャリアパスは、シニアQAエンジニアです。

QAエンジニアの上位職で、テスト計画・設計を深く理解しているスペシャリストともいえます。

また、テスト計画を遂行する際は、リーダーとして陣頭指揮を執る役目を負います。テスト計画・設計を主導したい人におすすめの職種です。

プロジェクトマネージャー

2つ目のキャリアパスは、プロジェクトマネージャーです。

システム開発のスケジュール、予算、品質を管理するのが主な役目となります。システム開発の進行に大きく影響するため、とても責任のある職種です。

プロジェクトマネージャーでは、QAエンジニアで培った、スケジュールの作成・品質管理などの経験を活かせます。

大きな責任を持って仕事をしたい人におすすめの職種です。

QAエンジニアのやりがい

QAエンジニアのやりがいを2つ紹介します。


幅広い技術・知識が身につく

QAエンジニアは、品質管理という大きな責任を受け持つことになります。

品質管理を行うには、単にテストをこなすのではなく、プログラミングスキルなどのあらゆるスキルが必要です。

QAエンジニアでは、テスト業務をこなしながら、あらゆる技術・知識を身につけることができるという魅力があります。

ユーザー目線でサービスのことを考えられる

QAエンジニアは「サービスをもっと良いものにしたい」と第一に考えます。

開発の進捗を追うよりも、品質を保証することが仕事です。「ユーザーの手元に届ける状態になっているのか」と、真剣に相手の気持ちに立つ仕事なので、やりがいを感じる人も多いでしょう。

QAエンジニアに向いている人

QAエンジニアは、向き不向きが顕著に現れる職種です。


ここでは、QAエンジニアに向いている人の特徴について、3つ説明します。

細かい作業に抵抗がない人

1つ目の特徴は、細かい作業に抵抗がないことです。

システムの品質を向上させるためには、プログラムのバグや脆弱性などを隅から隅まで探す必要があります。また、一見正常に動作している機能についても、改善の余地があれば無視せずに改善点として取り上げます。

そのため、細かい点を注意深く確認できる能力が必要条件です。

細かいところまで目が行き届き、苦痛に思わない人は、QAエンジニアに向いていると言えます。

勉強することが好きな人

2つ目の特徴は、勉強が好きであることです。

QAエンジニアになるには、様々なスキルが必要です。

必要スキルは、以下の4つになります。

  • プログラミングスキル
  • システム開発スキル
  • 品質マネジメント
  • テストスキル

プログラミングスキル、システム開発スキルは、テスト対象のシステムがどのように動作しているかを理解するために必要になります。

また、システムの品質を上げるためには、ISOをはじめとした品質管理に関する知識も必要です。

さらに、テストの仕方にもさまざまで、環境や内容によってテスト方法を使い分けるスキルも必要になります。

このことから、QAエンジニアとして仕事をするには、上記のスキルを身につけるために日々勉強しなければなりません。そのため、普段から勉強をすることが好きな人は、QAエンジニアとして大いに活躍できます。

コミュニケーション能力が高い人

3つ目の特徴は、コミュニケーション能力が高いことです。

QAエンジニアは、他のメンバーと一緒に作業をすることもあります。

どのようにスケジュールを組むのか、どのような課題が見つかったのか、それらを共有・議論するためにも、メンバー間のコミュニケーションが欠かせません。

また、品質向上のために積極的に意見する心構えを持つことも、QAエンジニアとして大切です。

そのため、コミュニケーションをとることに抵抗のない人は、QAエンジニアに向いていると言えます。

QAエンジニアに役立つ資格

QAエンジニアを目指すなら、資格を持っていると転職で有利になります。


ここでは、QAエンジニアにとって役に立つ資格を3つ紹介します。

JSTQB認定テスト技術者資格

1つ目の資格は、JSTQB認定テスト技術者資格です。

ソフトウェア技術者資格を運営する団体、JSTQBが開催しています。JSTQB認定テストは、難易度が2つ存在し「Foundation Level」「Advanced Level」に分かれています。

Foundation Levelは、ソフトウェアテストについての基礎的な知識を問われ、これに合格できないと、Advanced Level以降が受験できません。

そのため、QAエンジニアを目指すなら、まずはFoundation Levelを受ける必要があります。

Advanced Levelでは、さらに「テストマネージャー」「テクニカルテストアナリスト」の2分野に分岐します。

テストマネージャーでは、主にテスト計画の立て方・管理の仕方など、マネジメントに関わる知識が問われ、テクニカルテストアナリストでは、システムの信頼性・保守性など、品質に関わる知識が問われます。

どちらもテストの合格率は10%前後で、難易度が非常に高いです。

そのため、Advanced Levelは、ある程度QAエンジニアとして経験を積んだ人が、キャリアアップのために受けるのがおすすめです。

IT検証技術者認定試験

2つ目の資格は、IT検証技術者認定試験です。

IT検証産業協会が開催している、テストに関する認定試験で、5つの難易度に分かれています。

レベル1では、テスト実行に必要な準備、テストに関わる用語が理解できているか、レベル2ではそれに加えてテスト計画の管理に関わる知識が問われます。難易度はそれほど難しくありません。

レベル3では、保守性や再利用性を考慮したテストケースを作成できるか、レベル4ではこれに加えて、網羅性やテスト環境を考慮したテストケースを作成できるかが問われます。

レベル3とレベル4を受験するには、レベル2の認定を受けることが必要です。

レベル5では、テスト工程を適切に管理でき、状況に応じて対策を提案・指示しながら、テスト活動を完遂できるかが問われます。

レベル5を受験するには、レベル4の認定を受けることが必要です。

ソフトウェア品質技術者資格

3つ目は、ソフトウェア品質技術者試験です。

日本科学技術連盟が主催する試験で、初級と中級の2つの区分に分かれています。

初級では、ソフトウェア品質についての基礎的な知識を理解しているかが問われます。また、中級では、さらに専門的な知識を理解して、応用できるかどうかが問われます。

合格率は、ソフトウェア品質技術者資格の公式HPにあるように実施回によって大きく異なります。

試験内容は、オーム社が出版している学習本「ソフトウェア品質知識体系ガイド – SQuBOK Guide-」をベースにしているため、この書籍を購入して目を通せば、合格率は高まるでしょう。

QAエンジニアを目指す場合は、しっかりと面接対策をしよう

この記事では、QAエンジニアの仕事内容・年収・将来性などについて説明しました。

QAエンジニアは、システムの品質向上が最大の使命で、今後も需要の高い職種であることが分かりました。未経験から目指すのであれば、まずは必要なスキルを身につけて、資格試験にも積極的に挑戦してみましょう。

また、実際に転職する際には、志望動機ややりたいことなど、面接対策をしっかり行うことも大切です。

以下の記事では、IT転職に向けた面接対策を解説しているので、こちらも参考にしてください。

IT転職に向けた面接対策は何をすればいい?質問事例やよくある疑問を解説

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement