転職実績No.1🔰エンジニアスクール
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

ITエンジニアとして働くことで得られる10のやりがい・魅力!大変なことも解説

更新: 2023.11.21

未経験からITエンジニアへの転職を考えている
仕事ではやりがいを重視しているので、ITエンジニアのやりがいが何か気になる
ITエンジニアとして働くやりがいや魅力を教えてほしい

ITエンジニアのやりがいや魅力について気になる方は多いでしょう。

この記事では、ITエンジニアとして働く上でのやりがいや魅力について紹介。また大変なことや未経験からITエンジニアになる方法なども解説します。

未経験からITエンジニアに転職したい方やITエンジニアに興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ITエンジニアとして働くことで得られる10のやりがい・魅力

パソコンを指す人たち

それではさっそく、ITエンジニアとして働く上での10のやりがい・魅力を紹介します。

  1. さまざまな業界に貢献できる
  2. チームでものづくりに携われる
  3. 仕事を通して成長を肌で感じられる
  4. 大規模案件や有名なWebサービスの開発案件に携われる
  5. 海外でも通用するスキルが手に入る
  6. 多様なキャリアを選択できる
  7. 満足のいく収入を得られる
  8. さまざまな人と関わって仕事ができる
  9. 柔軟な働き方を選択できる
  10. 顧客やユーザーから感謝される

さまざまな業界に貢献できる

ITエンジニアのやりがい・魅力の1つ目は、仕事を通してさまざまな業界に貢献できることです。

ITはIT業界だけに閉じた技術ではありません。むしろ、現代社会において必要不可欠な存在であり、医療・金融・教育・製造などあらゆる産業や分野に浸透しています。

そしてITエンジニアはその土台を支え、革新的なソリューションを提供する職種。システム開発を通して業界の課題と向き合い、効率性を高めたり、新しい価値を生み出しています。

仕事を通してあらゆる業界に貢献できることにやりがいを感じるでしょう。

チームでものづくりに携われる

ITエンジニアのやりがい・魅力の2つ目は、チームでものづくりに携われることです。

現代のソフトウェア開発やシステム構築は複雑で大規模なプロジェクトも多く、その中でチームで協力し合いながら成果を生み出すことが求められます。

ITの開発現場では、異なるバックグラウンドやスキルを持つ人たちが、プロジェクトの成功という一つの目標に向かって協力します。

それぞれの専門性を活かしつつ、意見やアイデアを交換し合いながら、新しいソフトウェアやシステムを作り上げるのです。

こうしたチーム間・エンジニア同士での協力と連携こそが、ITエンジニアとして働く上での大きなやりがいとなるでしょう。

仕事を通して成長を肌で感じられる

ITエンジニアのやりがい・魅力の3つ目は、仕事を通して成長を肌で感じられることです。

急速に進化するテクノロジーを扱うITの世界では、日々新しい知識やスキルが求められます。この環境こそが、ITエンジニアの成長に直結するでしょう。

例えば、初めて触った技術を仕事を通して使いこなせるようになった時、昨日まで分からなかったプログラムの意図を理解できるようになった時など。

またソフトウェアやシステムが動いた瞬間や問題解決のプロセスなどを通して、自分の成長を実感できるのです。

あるいは、自身だけでなくチームメンバーや部下の成長も感じられる瞬間があるでしょう。

ITエンジニアとして働くことは、日々の仕事を通じて自己成長を実感し、将来への更なる展望を築ける魅力にあふれた職種といえます。

大規模案件や有名なWebサービスの開発案件に携われる

ITエンジニアのやりがい・魅力の4つ目は、大規模案件や有名なWebサービスの開発案件に携われる機会があることです。

大規模案件では、多くの企業と開発者が関与し、その中で高度な技術が要求されます。

こうしたプロジェクトに携わることで、高度なスキルを磨き、最新の技術やベストプラクティスを学べるでしょう。

また、自身の手がけたシステムやサービスが多くのユーザーに影響を与えるため、達成感ややりがいを感じるはずです。

さらに、ITエンジニアとして仕事をしていると、有名なWebサービスの開発案件に携わる機会もあるかもしれません。

すると、スキルや成果が広く認知されやすくなるので、将来的なキャリアアップへの大きな財産になるでしょう。

海外でも通用するスキルが手に入る

ITエンジニアのやりがい・魅力の5つ目は、海外でも通用するスキルが手に入ることです。

プログラミングは世界共通の言語。現代のテクノロジーは国境を越え広がっており、グローバルな視野がますます重要となっています。

そしてITエンジニアのスキルは、国内だけでなく世界中で求められているので、海外志向の方にとってもやりがいや魅力を感じるでしょう。

また国際的なプロジェクトやチームで働く機会があれば、異なる文化や価値観を持つ人々と協力し、異なる視点からのアイデアを取り入れる機会が広がります

これによりスキルだけでなく、コミュニケーション能力や国際感覚も向上させられるので、市場価値の高いIT人材になれるでしょう。

多様なキャリアを選択できる

ITエンジニアのやりがい・魅力の6つ目は、多様なキャリアを選択できることです。

ITエンジニアは自身の興味やスキル、そこから実務経験や社内評価などを元にして、さまざまなキャリアパスを選択できます。

例えば、システムエンジニア・データサイエンティスト・セキュリティエキスパート・クラウドアーキテクトなど、幅広い分野で活躍することが可能です。

また、プログラミング言語やツールの選択、専門的な知識の習得に応じて、自分の強みを活かしたキャリアを築けるでしょう。

あるいは、技術力を活かして社内教育人事関連に移行したり、マネジメントリーダー職に就くことも可能。

このように、新しい挑戦や成長の機会が用意されているので、やりがいを感じながらキャリア構築を考えられるはずです。

満足のいく収入を得られる

ITエンジニアのやりがい・魅力の7つ目は、満足のいく収入を得られることです。

近年、IT人材の需要は急速に拡大しており、需要に対する供給が追いついていない状況。これに伴い、ITエンジニアの市場価値は上昇しています。

そのため、給与水準も他の職種に比べて高水準であり、努力とスキル次第で高収入を実現できる魅力ある職種なのです。

特に、特定の技術に長けた人材や顧客と円滑な対話ができる人材は、企業から高い評価を受けやすく、給与面にも反映されます。

また、プロジェクトの規模や重要度に応じて報酬が変動することもあるので、実力に応じて満足のいく収入を得られるでしょう。

やりがいを感じながらも経済的にも充実した生活を送れるのは、非常に魅力的です。

さまざまな人と関わって仕事ができる

ITエンジニアのやりがい・魅力の8つ目は、さまざまな人と関わって仕事ができることです。

ITエンジニアは、ソフトウェア開発やシステム構築の現場において、さまざまな職種や部署と連携しながら仕事を進めなければなりません。

具体的には、プログラマー・Webデザイナー・プロジェクトマネージャー・クライアントなどと連携しながらプロジェクトを進めていきます。

中でも客先常駐型のエンジニアは、短期間で職場が変わることも多いです。そのため、異なる技術やバックグラウンドを持つさまざまな人と関わるでしょう。

多様な人々と関わることを通して、コミュニケーションスキルやリーダーシップスキルの向上も期待できます。

こうした人との出会いから仕事の縁や人脈の構築に繋がることもあるので、やりがいや魅力を感じながら仕事ができるはずです。

柔軟な働き方を選択できる

ITエンジニアのやりがい・魅力の9つ目は、柔軟な働き方を選択できることです。

近年、インターネットやWebサービスが普及したことで、テレワーク(リモートワーク)フレキシブルな労働スタイルが実現しやすくなりました。

もっともITエンジニアは、プログラムの開発や保守作業などで、オフィスにいる必要性が薄れつつあります

なぜなら、多くのプロジェクトはネット上あるいはクラウド上で共有可能であり、コミュニケーションツールも普及しているためです。

これにより、場所に縛られずに仕事を進められるので、通勤時間の削減やライフワークバランスの向上が期待できるでしょう。

フレキシブルな働き方によって、自身のスキルを発揮しやすくなり、プライベートな時間も大切にしながら働けるのもやりがいに繋がります。

顧客やユーザーから感謝される

ITエンジニアのやりがい・魅力の10個目は、顧客やユーザーから感謝されることです。

ITエンジニアは、テクノロジーを用いて新たなサービスを開発し、顧客の問題を解決し、サービスや製品を改善する職種です。

もっとも、直接感謝される機会は少ないかもしれません。それでも、顧客やユーザーから感謝の声や評価をもらえることがあります。

例えば、新しいアプリやWebサイトの開発、既存のシステムの改良などを通じて、ユーザーがより快適にサービスを利用できる環境を提供したとしましょう。

これにより、ユーザーからの口コミ評価や感謝のメッセージがもらえるかもしれません。その時の喜びはひとしおです。

自身のスキルが社会に寄与している実感を味わえる機会も多いので、これもITエンジニアとして働く魅力の1つといえます。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」
そんな方へ、読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料でプレゼント中!

ITエンジニアとして働く上で大変なこと・苦労すること

ITエンジニアにはやりがいや魅力がたくさん詰まっていることが分かりました。その一方で、大変なことや苦労することも。

ここでは、ITエンジニアとして働く上で大変なこと・苦労することを3つ紹介します。

  1. 勉強し続ける意識が必要
  2. エラーやバグに悩まされることが多い
  3. 臨機応変な対応を求められる

勉強し続ける意識が必要

ITエンジニアとして働く上で大変なこと・苦労することの1つ目は、勉強し続ける意識が必要なことです。

テクノロジーは日々変化し日々進化する中、ITエンジニアは最新の情報をキャッチアップし、業務に還元させる必要があります。

これには自己学習情報収集が不可欠であり、勉強し続ける姿勢が求められるでしょう。

また、担当するプロジェクトごとに異なる技術スタックやクライアントの要望、開発に必要な業務知識も求められるため、柔軟で迅速な学習能力も重要です。

中には、休日や空き時間を利用して勉強に充てる努力も必要になることを考えると、大変だと感じる瞬間は多いかもしれません。

エラーやバグに悩まされることが多い

ITエンジニアとして働く上で大変なこと・苦労することの2つ目は、エラーやバグに悩まされることが多いことです。

システムやアプリ開発においては、予測できないエラーやバグが発生することは珍しくありません。むしろ日常茶飯事といえます。

例えば、開発中やリリース後に問題が発生すると、その原因を速やかに特定し、修正する作業が必要です。

エラーの発見やバグの修正には、プログラミングに関する深い知識デバッグスキルなどが要求されるでしょう。

時には、複雑なコードの中からクリティカルな問題を見つけ出す必要があるなど、困難な事態に遭遇することもあるはずです。

臨機応変な対応を求められる

ITエンジニアとして働く上で大変なこと・苦労することの3つ目は、臨機応変な対応を求められる機会が多いことです。

開発現場では突発的な障害への対応急な仕様変更への対応顧客都合のリスケなどで、数日で状況が変わることも。

こうした事態に対処する際、ITエンジニアには柔軟で迅速な対応力が求められます。

もっとも、始めの内は目まぐるしく状況が変わることや、障害の発生で突発的な対応に追われる環境に苦労するかもしれません。

未経験からエンジニアになるには?2つの方法

ここまでご覧になった方の中には、未経験からITエンジニアに転職したいと考えている方も多いでしょう。

そこで本章では、未経験からITエンジニアになる2つの方法を紹介します。

  • 独学でプログラミングを習得する
  • プログラミングスクールを受講する

独学でプログラミングを習得する

未経験からITエンジニアになる1つ目の方法は、独学でプログラミングを習得することです。

独学は自分のペースで勉強を進められるのが大きなメリット。目標や期限を設定して計画的に進めれば、期待する成果を得られるでしょう。

プログラミングの独学では、オンラインの学習プラットフォームや無料のソフトウェアなどを活用して、基礎から応用まで幅広く学習できます。

あるいは、プログラムを共有できるGitHubを利用して、他の開発者と協力したり、自分のプロジェクトを公開してフィードバックを受けることも可能。

一方で、独学はすべて自己責任なので、努力次第で成果が出ることもあれば、挫折してしまう可能性もあるでしょう。

プログラミングスクールを受講する

未経験からITエンジニアになる2つ目の方法は、プログラミングスクールを受講することです。

プログラミングスクールでは、プロが作成したカリキュラムが用意されています。

講師陣がサポートしてくれる環境で、実践的な課題やプロジェクトを通して、実際の業務に即したスキルが身に付くでしょう。

またキャリアサポートが充実しているスクールも多く、企業との連携や未公開求人を紹介してくれたり、卒業後の強力な転職サポートを期待できます。

一方で、プログラミングスクールの料金は高額なので、受講の際は目的や将来のキャリアなどを踏まえて慎重に判断しなければなりません。

ちなみに、弊社が運営するプログラミングスクール「テックキャンプ」は、未経験者に特化した実績豊富なスクールです。

受講は通学・オンラインの両方に対応しており、最短10週間(短期集中スタイルの場合)で未経験から即戦力レベルのスキルが身に付くカリキュラムを提供。

またキャリアサポートも充実しており、転職成功率は98%以上(※2016年9月1日〜2023年6月30日の累計実績)です。

気になる方は、ぜひ無料カウンセリングからの参加を検討してみてください。

ITエンジニアにはやりがいや魅力がたくさんある

ITエンジニアとして働く上でのやりがいや魅力、大変なことや苦労すること、未経験からITエンジニアになる方法などを解説しました。

これからますます発展していくテクノロジーの分野において、ITエンジニアは必要不可欠な存在。存在感はより増していくでしょう。

もちろん、大変なことや苦労する場面は多いかもしれません。しかしその分、ご紹介したやりがいや魅力が詰まった素晴らしい職種です。

未経験からITエンジニアに転職したい方、少しでもITエンジニアの仕事に興味を持った方は、ぜひITの世界に一歩踏み出してみてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

ダイスケ@
元ITエンジニアの会社員です。得意ジャンルは、ビジネス, スポーツ, エンタメ系。個人ブログでSEOライティングも行っています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement