テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

きつい仕事から抜け出そう!あなたの理想に近い働き方を見つけるコツ

更新: 2021.07.30

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを学習して収入を上げる秘策

職場での長い労働時間、体力や集中力が必要な作業、複雑な人間関係に辛くはなってはいませんか。

「お金のため」や「仕事」と割り切ろうと思っても、辛さのあまりつい辞めることばかりを考えてしまうこともあるでしょう。

この記事では、きつい・つらい仕事から抜け出し、あなたの理想の働き方を見つけるためのコツを紹介します。

今の仕事がきついと感じる原因を理解する

あなたの理想の働き方や職場を見つけるためには、まず現状を理解・分析することが重要です。「今の仕事がきつい、つらい」「職場に行きたくない」という気持ちがあっても、なぜそのように思うのか、その原因を考えたことはありますか。

仕事がきついと感じる主な原因をいくつか紹介します。あなたにも当てはまりものがあるでしょう。

労働時間が長すぎる

どれほど好きな仕事であっても、長すぎる労働時間は身体的・精神的な負担になります。具体的には長時間パソコンの前で、あるいは同じ姿勢で作業を続けることによる身体的な負担や、ミスの許されない緊張感の漂う場に居続けなければいけない精神的な負担など。

人によっては、一日の中で複数の負担を同時に感じることもあるでしょう。

たまに仕事が早く終わったときは気分がとても清々しいという方や閑散期などは仕事がつらいと思わない、という方はこのケースに当てはまる可能性があります。

仕事量と収入が見合っていない

やっている仕事の量や内容ともらっている給料が見合っていないケースも、仕事や職場への不満や辛いという感情の原因になります。

例えば、給料は良いが毎日のように残業をしなければいけなかったり、リーダーや監督者として部下の仕事にも責任を持つ立場のため精神的な負担が大きい一方で、給料は部下とさほど変わらないといったことがあります。

仕事量と収入が見合っていないのでないか、と思う人はあなたの仕事を時給換算している方法もあります。その結果によってはその低さにショックを受けてしまう可能性もありますが、現状を知るためには有効な手段です。

関連記事:時給換算するとあなたの給料はいくら?低すぎるなら転職も考えよう

仕事自体が苦手だと感じている

あなたが現在の仕事そのものに苦手意識を持っている可能性もあります。

初対面の人との会話が苦手であるのに、営業部の新規開拓チームに所属しているケースや、細かい作業や数字が得意ではないが企業の事務や会計を担当しているというケースです。

その仕事を始めた当初は、「やっていくうちに慣れるだろう」と苦手の克服の期待を込めて頑張ろうとしていたかもしれません。しかし、一定期間続けても苦手意識を払拭することが出来ないまま「仕事がつらい」という感情に繋がってしまうことがあります。

関連記事:自分に向いてる仕事って?やりがいのある適職を見つける方法

職場での人間関係に悩んでいる

企業で働く人の大部分が、職場の人間関係に何らかの問題を持っています。事実、転職をした人の転職理由の中で最も多いのは「人間関係」であり、毎日顔を合わせる職場の同僚や上司との良好な関係は仕事を続ける上で最も重要な要素の一つです。

相手の性格や言動に対してあなたが一方的に苦手意識を持っているケースや、あなた自身が相手から嫌われている(好かれていない)と感じていることで接しづらいケースなど状況は様々。しかし、一度悪化した人間関係の修復は全く不可能というわけではありません。

あなた自身が「関係を修復したい」と思っているのであれば、行動次第で改善する可能性もあります。

関連記事:悪化してしまった社内の人間関係を少しでも改善するコツを紹介

勤め先の社風や環境があなたに合っていない

職場の雰囲気があなたの性格にあっていないことも考えられます。

例えば、あなた自身はライバルとの競争や昇進などに興味がないが社風や職場の雰囲気が成果主義・競争主義であったり、逆にもっとスキルアップ・キャリアアップをしたいと考えているとします。

一方で職場の同僚は現状維持や安定志向だったらどうでしょう。あなたにとって満足のいく環境とは言えないでしょう。

就職活動をしている段階で会社の社風はある程度知ることは出来ますが、実際の雰囲気は働き始めてからでないと分かりません。特に新卒で入社した人であると他の職場を知らず、「会社とはこのようなものだ」と自分を納得させて仕事をしている人もいることでしょう。

働き方があなたに合っていない

働く時間帯や働き方(個人で仕事をするか、チームで仕事をするかなど)があなたにマッチしていない可能性もあります。

同じ企業で働く場合でも、飲食業界のように夜遅くまで働く業界、保険業界などのように個人で成果を出す業界もあれば、チームで仕事を進める業界もあります。小売業界やウェディング業界など休日・祝日にも勤務が発生する業界もあります。

働き方が自分に合っていないと感じている人は、希望の働き方が出来る業界への転職を検討するか、あるいは自分のペースで仕事が出来る独立やフリーランスという道もあります。こちらについては、記事の後半で詳しく解説します。

就職・転職活動に問題があった

今の仕事や職場に不満を持っている場合、現在の職場に就職・転職するまでの過程(活動)に問題はなかったかどうかを振り返ってみましょう。例えば、

・自分が希望していた企業・職種とは違っていたが、早くに内定が出たので妥協した
・仕事内容に興味はなかったが、給料が高いので就職を決めた
・企業のネームバリューだけで就職を決めた

など。充分に企業を吟味せず入社を決めてしまったことで、きついと感じる職場で働くことになってしまった可能性も考えられます。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中! 例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?
資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

きついと言われることの多い仕事の例

ここまでの解説の通り、「きつい」「つらい」といった感情を持つ理由は個人によって異なりますが、多くの人がきついと思う仕事にはいくつかの特徴があります。例えば、

・労働時間が長い仕事(例:美容師、飲食店社員)
・労働とその対価が見合っていない(例:介護福祉士、保育士)
・精神的なダメージが大きい(例:コールセンター、接客業)
・危険な仕事(例:警察官、大工、自衛官)
・将来性が見込めない仕事(例:派遣社員、パート勤務)

などがあります。

もちろん、今例にあげたような仕事をやっている方の中でも、自身の仕事に意義を見出し、責任感を持ってやっている方はいます。ですが、身体や精神への負荷が大きい仕事は、それだけの収入がないと続けることが難しいことが現状です。

関連記事:

男性版:きつい仕事(大変な仕事)ランキングTOP10!肉体的・精神的にきつい仕事

女性版:きつい仕事(大変な仕事)ランキングTOP10!肉体的・精神的にきつい仕事

仕事がきついと感じた時に試してほしいこと

仕事がきつくて続けられない、と思った場合でも、取れる手段は退職や転職だけではありません。今の職場の中でも工夫をすることで状況が改善する可能性もあります。

ここからは仕事がきついと感じた時に試してほしいことを紹介します。

仕事量を調節できないか相談する

長時間労働や休日出勤などが原因である場合は、まずは仕事量を調節できないか上司に相談してみましょう。あなたに仕事を依頼する上司は、もしかするとあなたがその仕事量を難なくこなしていると思っているかもしれません。

業務量が多いことによる身体的・精神的な負担などを訴え、どれくらいの量を希望するかを伝えてみましょう。もちろん、繁忙期や人手不足の職場などではすぐに状況が改善する可能性は低いですが、上司や会社があなたのことを大切に思ってくれているのであれば、何らかの対応は取ってくれるはずです。

収入面での交渉をする

仕事量・内容と収入が一致していないことが原因である場合は、収入の交渉をしましょう。責任や業務内容に見合った額を求人サイトなどを使って調べ、会社に条件の改善を求めます。

報酬の話を自分から行うのは気が引ける、という方もおられるかもしれません。しかし、そもそも報酬とはあなたが提供する労働への対価であり、その額は適正であるべきです。

転職を検討するのは、一度今の会社での交渉をやってみた後でも遅くはないはずです。

部署異動・担当替えを相談する

仕事内容や職場の雰囲気が合っていないと感じている人は、部署異動や担当替え・配置換えが出来ないかを相談してみましょう。

その際には、「今の仕事は合っていない・つらい」というネガティブな理由よりも「◯◯の部署でXXの仕事にチャレンジしたい・新しいスキルを身に着けたい」といったようにポジティブな理由を述べた方が、会社側の印象がよくなり話がスムーズに進む可能性が高まります。

職場でのコミュニケーションを見直す

人間関係が原因で仕事がつらいと思っている人は、状況の改善を試みましょう。ここでの「改善」とは、必ずしも「苦手な相手と仲良くなる」ということだけを指しているわけではありません。

例えば面と向かって話すのが苦手な相手との会話はチャットやメールで済ます、会話は事務的な態度で最低限に抑える、など「職場の人」と割り切った関係で過ごすことも方法の一つです。

人の性格は個人によって異なるため、全ての人と仲良くなることは不可能に近いです。「この人は苦手だ」「私はあの人にはよく思われていない」という思いを持つ相手がいるのであれば、そういった人との接触はなるべく避け、精神の安定を図りましょう。

関連記事:会社での人間関係は本当に必要?人間関係にとらわれない考え方

仕事以外の時間を充実させる

仕事に対する考え方は人それぞれですが、もしあなたにとって「仕事=人生」ではないのであれば、仕事以外での人生の楽しみを見つけるのも効果的です。

例えば、大変な・つらい仕事が終わった自分に対してご褒美を用意する、仕事の後に友人や家族などとの楽しい予定を入れる、仕事で稼いだお金を趣味に費やすなど、仕事以外の時間を充実させることに力を注ぎましょう。

一度会社から出たら、仕事のことは一切考えないようにする気持ちも大切です。仕事のつらさ・大変さは、気持ちの切り替えや持ち方である程度対処することが出来ます。ストレスが溜まった時のための発散方法やリフレッシュの方法を見つけておくようにしましょう。

今の仕事を続けるのが難しければ転職も考えよう

上司に相談してみたり、自分なりに仕事やコミュニケーションのやり方を変えてみたりとしてみたが未だに状況が改善されない、あるいは仕事が辛すぎて私生活にも影響が出始めているのであれば、転職を考えることも方法の一つです。

特に、社風や業務内容があなたに合っていないのであれば、たとえこの先我慢して仕事を続けられたとしても、キャリアアップや年収アップ、スキルアップなどのよい結果に繋げるとも思えません。

ここからは、転職を考えている方のために転職活動で気をつけるべきポイントを解説します。

転職活動で気をつけるべきポイント

多くの人にとって、転職は人生の中で一度か二度経験するだけのものです。一度入社した会社は少なくとも数年は働くことになるため、転職活動は手を抜かず入念な準備をもって臨みましょう。

自己分析で自分の理想的な働き方を見つける

自分に合う仕事や企業を見つけるためには、まずあなた自身が自分のことをよく理解しておく必要があります。

「自分のことは自分が一番よくわかっている」と考えているかもしれませんが、人には例えば

・「人との競争が嫌い」
・「誰かと協調して一緒に何かをやることが苦手」
・「毎日同じことの繰り返しよりも常に新しいことにチャレンジしていたい」

といった普段は意識していないような無意識の感情・性格もあります。

それらの整理し、自分にとってどのような環境が心地よいものであるかを再認識するためには、自己分析は欠かせません。自己分析にはいくつかの方法があります。こちらの記事をぜひ参考にして、一度自分の考えを整理する機会を作ってみましょう。

関連記事:転職を成功に導く!自己分析の必要性と具体的な方法を紹介

業界研究・企業研究であなたに合った職場を見つける

自分自身のことをよく知ることに加えて、応募する企業や業界のことをよく知ることも重要です。「面白そう」「楽そう」といったイメージで業界や職種、企業を選んでしまうと、実際に働き始めた後に後悔してしまう可能性もあります。

綿密な業界研究は面接の際にも役立ちます。業界の特性や企業の風土を踏まえた上で具体的なエピソードなどを交えて自分自身をアピールすることができれば、面接官の印象もよくなるでしょう。

業界研究・企業研究のコツはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:就職・転職で失敗しないために!業界研究と企業研究のコツを解説

履歴書・職務経歴書であなたのスキルをアピールする

履歴書・職務経歴書はあなた自身のこれまでの人生・経験や持っているスキルをアピールするための大切な書類です。

新卒大学生の就職活動の違い、中途採用では特に即戦力としてのスキルが強く求められる傾向にあります。これまでの経験や実績を完結に伝えられるこれらの書類は決して手を抜いて作成するべきではありません。

もし転職用の履歴書・職務経歴書を書いたことがないという方は、こちらの記事をお読みください。

関連記事:履歴書と職務経歴書の書き方は?初めて転職するあなたをサポート

面接対策を事前に行う

面接対策も必ず行いましょう。「聞かれた質問に答えるだけ」と準備を怠って面接に望んだ結果、その場で緊張してうまく話せず、十分にアピールが出来ないまま終わってしまう可能性もあります。

すでに転職を経験したことがある方でも油断は禁物です。

最低限のマナーの確認に加え、業界研究・企業研究の内容を踏まえ、自分自身のどのようなスキルや経験をアピールすればよいか、その企業でどのような仕事に携わりたいのかなどを考えておきましょう。

関連記事:転職に役立つ面接対策!質問項目や基本マナーを理解して成功に近づこう

転職活動にはじっくりと時間をかける

転職を急ぐあまり、「一番早くに内定を出してくれた企業に入社しよう」「内定をもらった企業の中で一番ネームバリューがありそうな企業に入社しよう」といった考えで転職先を決めてしまうと、将来また同じように仕事に対する不満が溜まってしまう可能性が高いです。

内定をもらった後でも、その企業の環境や働き方が自分にあっているか、どのようなキャリアプランを描けるかなどをじっくり考えましょう。考えた結果、もし少し違和感を感じるようであれば転職活動を続けるべきです。

個々人にとって事情はあるとは思いますが、なるべく妥協はしないようにしましょう。

転職経験者のアドバイスをもらう

身近に転職を経験した人がいたら、その人からアドバイスをもらうのもおすすめです。

転職活動のスケジュールや企業選びの軸、利用したエージェントや転職サイト、面接対策の方法や気をつけるべきポイント、転職した結果現在どのように働いているかなどを聞くことが出来れば、あなた自身の転職活動や将来に対して具体的なイメージを持つことが出来るでしょう。

転職エージェントの利用も検討する

転職活動は転職サイト(求人サイト)を使って個人で行うことも出来ますが、転職エージェントを利用する方法もあります。

エージェントを利用する場合、担当者との面談などの手間はかかりますが、希望に沿った企業を紹介してくれたり、書類作成や面接対策のアドバイスを貰えるなどのメリットもあります。

その他、転職エージェントではどんなことをサポートしてくれるのかは以下の記事に詳しくまとめてあります。

関連記事:転職エージェントとは?サービス内容や利用するメリット・デメリットを解説

フリーランスという選択もあり

一度企業で働いてみた結果、そもそも会社員として働くこと自体が合っていないと感じている方は、フリーランスで働くことも選択肢の一つです。

フリーランスは、仕事の受注や請求書の発行などの事務作業、売上や経費の管理などの会計作業も全て自分で行う必要がある一方、労働時間や仕事の量などを全て自分の裁量で決定することが出来ます。

フリーランスとして働くための事前準備ややるべきことについては、こちらの記事で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

関連記事:フリーランスになるには?事前の準備と独立後にやるべきことを解説

フリーランスとして働くメリット

「フリーランス」という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどのようなものであるかイメージが湧いていないという方もいらっしゃることでしょう。フリーランスとして働くメリットを紹介します。

時間や人間関係にとらわれず働ける

フリーランスの大きなメリットの一つは、作業時間を自分で決められることです。例えば、一般的な会社員のように9〜18時といった固定の時間内で働く必要はなくなり、その日の作業が終わりさえすれば後の時間は自由に過ごせます。

もちろん、フリーランスといってもその種類(職種)は様々であるため、仕事内容によってはある程度作業時間に制約があることもあります。

在宅でもできる仕事を選べば、家の中で自分一人で作業も可能です。通勤ラッシュのストレスから開放され、また職場の人間関係で悩むことは減るでしょう。

働き方次第で収入アップ

フリーランスの収入は、自分の働いた量や仕事ごとの報酬額によって決まります。基本的に、高い報酬額の仕事を数多くこなせばそれだけ収入は上がるため、働き方次第では会社員の平均を上回る収入を得ることも可能です。

会社員のように固定の収入で働くわけではないため、クライアントからもらった報酬がそのままあなたの収入になります(そこから税金などを支払った金額が手取り額となります)。

自分の得意なことを仕事にできる

フリーランスに特定の職業はありません。例えば

・文章を書くのが得意→Webライター
・イラストやデザインが得意→Webデザイナー
・プログラミングが得意→ITエンジニア

といったようにあなたの得意なこと・好きなことを活かしてお金を稼ぐこともできます。

受注する仕事量や作業時間なども、クライアントと合意が取れれば自由に決められるため、会社員として働く傍ら副業としてフリーランスの仕事をやっている人もいます。

フリーランスとして働くデメリット

自分のペースで働ける点や会社勤めに関連するストレスからの開放など、魅力的な点が多いフリーランス。しかし、収入面などにおいてデメリットやリスクもあります。フリーランスとして働くデメリットも整理しておきましょう。

仕事が常にあるとは限らない

フリーランスは会社員と違って常に仕事があるとは限りません。企業のように週5日、一日8時間勤務しなければいけない、といったルールはありませんが、言い換えると仕事が全くない(=収入もない)リスクが考えられるのです。

特にフリーランスとして駆け出しの頃は実績やスキルが十分でなく、営業活動を行っても上手く仕事を受注できないこともあります。

フリーランスとして継続して仕事を受注するためには、定期的に発注してもらえるクライアントを探したり、常に新しい仕事を探す心構えが必要となるでしょう。

収入の変化が大きい

仕事が常にあるとは限らないということは、収入も大きく変化する可能性が高いということです。仕事が多かった月(あるいは翌月)は収入は伸びるかもしれませんが、その翌月や翌々月も同じように稼げるとは言い切れません。

もし収入源が限られていたり、その収入で家族などを養う必要がある場合には、「継続的に案件を受注する努力を行う」「事業がある程度安定するまでは副業として行う」などを検討しましょう。

仕事の責任は自分で負う

フリーランスになると企業での勤務のように大人数の人と接する機会が減り、また誰かと協調して仕事を行うことも減りますが、それは裏を返すと自分を助けてくれる人も減るということになります。

例えば仕事でミスをしてしまった、急な体調不良や都合で仕事が出来ないなどの場合、会社のようにあなたの仕事を代わりにやってくれたり、ミスをカバーしてくれる人はいません。あなたが行った仕事の責任は、あなたが背負うことになるのです。

万一の際にスケジュールの調整などが行えるよう、クライアントと良好な関係を築いておくこともフリーランスとして大事な仕事の一つです。

さいごに

「つらい」「きつい」といった感情は、あなたが仕事を通して得る素直な感情です。無理に我慢をする必要はありませんが、つらいからといってすぐに退職や転職をしてしまうことはあなたのキャリアや生活にもリスクがあります。

まずは具体的にどのようなことがつらいのかを考え、状況を改善する方法がないかを考えてみましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement