テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

【2021最新】転職タイミングはいつがいい?年齢やコロナ禍の転職市場をもとに解説

更新: 2021.06.21

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

「コロナの影響が続く2021年は、転職を諦めた方がいいのだろうか」

「転職にベストなタイミングはいつだろう。年齢や時期、わからないことが多くて最初の一歩が踏み出せない」

世の中の情勢や自分の置かれている状況など、様々な要素を考えつつ転職の最適なタイミングを見極めるのは非常に難しいことです。

そこで、この記事では2021年以降の転職タイミングについて解説します。初めての方でも安心して転職するためのポイントを年齢・季節などの観点でまとめました。

この記事の目次

コロナ禍は転職のタイミングではないって本当?

2020年以降、新型コロナウイルスの影響で転職市場は大きく変化しました。
具体的には、求人数と求職者の大幅な減少が挙げられます。

前代未聞のコロナ禍によって従来の採用活動ができない企業が増加。それに伴い転職を見送る人も増えました。

では、コロナ禍での転職はタイミングとしては不向きなのでしょうか。実際のところそうではありません。

2020年4月に緊急事態宣言が発令され、求人数は一時的に大きく減少しました。

しかし2020年の夏ごろから求人数が増え、その一方で求職者数が停滞していることから求人倍率は上昇傾向にあります。

リモート面接などコロナ禍での面接体制を整えた企業が増えたことで、転職市場も回復しつつあるのです。

出典:doda

そのため、コロナ禍だからといって転職を見送るのがベストとは一概に言い切れません。

転職先となる企業の状況や求人の確認、業界分析などを適切に行えば、転職は十分可能です。

新型コロナウイルスの影響が少ない業界の例

新型コロナウイルスの影響を受けず、コロナ禍でも求人が多い業界もあります。

具体例を挙げると、介護業界医療業界。慢性的に人手不足が続く両業界では、コロナ禍でもより多くの人材を必要としています。

特に医療業界は新型コロナウイルスの世界的な流行により、より一層、人手不足に陥っていると考えられるでしょう。

またIT業界も新型コロナウイルスの影響が少なかった業界です。

コロナ禍では多くの企業で、社員同士が直接顔を合わせずに働くリモートワークの導入が求められています。

IT業界はそもそもリモートワークに向いている業界です。パソコンとネット環境さえあれば場所を選ばずに仕事ができる職種が多いため(Webエンジニアなど)、業界全体を見ると比較的スムーズにリモートワークへと移行できました。

Withコロナの時代では今後もリモートワークが続き、将来的にはリモートワークが当たり前の社会になるかもしれません。

そのような情勢を考えると、IT企業は転職先として狙い目と言えます。

コロナ禍でも転職できる人の特徴

コロナ禍でも転職できる人の特徴は「即戦力になれる」ことです。
2020年の夏以降、求人数は増加傾向にありますが、完全な未経験者でも採用している企業はいまだに少ない状況が続いています。

現職のスキルや経験をそのまま活かせる人がコロナ禍での転職を成功させています。

そのことから、コロナ禍で転職を考えるのであれば、すでに知識を持っている業界や経験のある業種への転職がおすすめです。

ただし、業界自体の景気が後退してる場合は別業界への転職を検討するべきでしょう。

その場合でも、現在のあなたが持っている武器を活かせる職種へ転職できないか考えてみてください。

時間に余裕があるのであれば、スキルアップや資格取得の勉強をするというのも一つの方法です。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。

3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説!

資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

【年齢別に見る】転職のタイミング

転職には年齢が大きく関わります。
あなたの年齢によって転職するべきタイミング、求められるスキルや経験が大きく変わるのです。

そこで、年齢別にどのようなタイミングでの転職が理想的か、まとめました。

25歳以下の転職タイミング(第二新卒)

社会人歴が3年以内の場合、第二新卒として転職することになります。

第二新卒は新卒と比較して基本的なビジネスマナーなどを理解していることから、教育コストが低く抑えられるため募集をかけている企業は少なくありません。

また他の年齢での中途採用に比べて高いスキルや実績を求められることが少ないという点も注目です。

希望の企業、職種で第二新卒歓迎の求人があれば、転職のタイミングとして社会人3年目までは狙い目と言えるでしょう。

その一方、あまりに早く退職してしまうと「転職してもすぐに辞めてしまうのではないか」という評価をされてしまう恐れもあります。

少なくとも1年は働く、可能であれば社会人3年目の後半あたりで転職するのがおすすめです。

後ほど解説しますが、労働環境に問題があったり、自身の心身に悪影響が出ている場合はこの限りではありません。早めに転職し、現状を変えるべきです。

25〜29歳の転職タイミング

転職のタイミングとして最適とされているのが20代後半。

社会人としての経験が長く、仕事での一定以上の実績を残していると想定でき、中途採用する側としては即戦力にもなり得る人材です。

特に同業界、同業種への転職の場合、現職での働きぶりが評価ポイントになるでしょう。

また年齢的にまだ若いので、今後の成長も期待できるという点もプラスに働きます。

さらに、この年齢になってくると求職者自身「どんな仕事をしたいか」が見え始め、将来のキャリアプランが具体的になってくるため、転職する意欲もわきやすいタイミングと言えます。

30〜34歳の転職タイミング

30代に突入すると転職のハードルが高くなる傾向があります。

理由は、専門的なスキルを求められたり、応募にあたり管理職としての経験が必要だったりするためです。

20代までは成長性などが評価ポイントとなりますが、30代以降の転職は「これまでに何をしてきたか」「即戦力になれる実力があるか」が重要になります。

応募したい求人に見合ったスキル・経験を積んだ上での転職がベストではあります。しかし、武器になるものを身につけるのに時間がかかりそうな場合は、なるべく早いタイミングでの転職がおすすめです。

30代だからという理由で採用されなくなるわけではありません。タイミングを見計らっているうちに年月が経ってしまい、転職のハードルがより上がってしまう前に行動を起こした方がよいでしょう。

35〜39歳の転職タイミング

30代後半での転職はさらにハードルが上がると考えるべきです。

特に管理職としての経験の有無が採用に大きく影響します。

一般的に30代後半になるとチームを指揮し部下をマネジメントする立場になることが多いため、採用する側もこのような経験を求める傾向が強まるのです。

できる限り早いタイミングでの転職がおすすめですが、現在働いている企業で管理職になれる機会があるのならば、経験した上で転職した方が採用される確率は高まるでしょう。

管理職を経験する機会がなく、転職に不安が残る場合は専門スキルや資格の取得を視野に入れるべきです。

40歳以上の転職タイミング

40歳以上の転職となると、ハイクラスの転職が主となるでしょう。

30代後半と同様、管理職としての経験を積んでからの転職がおすすめです。

年齢に応じて求められるスキル・経験は高くなります。やはり転職を考えているなら早めの行動が肝となるでしょう。

自力での転職が難しい場合は、ハイクラス向けの転職エージェントを利用するのもおすすめです。

【時期で見る】転職におすすめのタイミングは2〜3月、8〜9月

中途採用は1年間を通して求人があるので、時期的にはどのタイミングでも転職可能です。
中でもおすすめなのは2〜3月8〜9月

理由は、期が変わる直前で人が辞めやすいタイミングであり、求人数が増加する傾向があるためです。

この時期に合わせて転職活動を行えば、豊富な求人の中から希望のものを選べたり、普段は募集をしていない職種の求人に巡り会えたりするでしょう。

調節できるのであれば、より転職しやすい時期に合わせるのがおすすめです。

第二新卒なら入社を4月に合わせるのがおすすめ

第二新卒の場合は入社を4月に合わせて転職活動を進めるのがおすすめ。

4月は新卒社員が入社する時期でもあります。自分の年齢に近い社員が増えるので、新しい環境に入っても同期のような存在ができるということです。

転職すると、知らない人が多い中で働かなければなりません。そのような状況でも年齢が近く、自分と同様新しい環境に挑戦する同期がいることは精神的な支えになるでしょう。

ボーナスをもらった後も狙い目

また転職の時期としておすすめなのが、ボーナスをもらった月の翌月。

6月や12月はボーナスが出る企業が多いため、その翌月に当たる7月、1月あたりでの入社を目安に転職活動を進めてみましょう。

ボーナス支給月に転職が決まっていても、会社に在籍していればボーナスはもらえます。

転職活動が長引き、その間の生活費が不安という場合はなおさらボーナスをもらってからの転職がおすすめです。

今転職するべきか悩んだ時に考えるポイント

「本当に今転職するべきなのだろうか」と悩んでなかなか行動に移せない。
そんな時はここで紹介する観点で今の仕事・職場環境を見直してみてください。

当てはまる部分が多いのであれば、転職するべきタイミングと言えます。

仕事は自分に合っているか

今やっている仕事は。あなたのやりたい仕事でしょうか。

  • 「やる気が起きず、会社に行くのが嫌で仕方ない」
  • 「割り当てられた仕事をなんとなくこなしているが、好きなわけではない」

このような場合、今の仕事はあなたに合っていない可能性が高いです。

同じ時間を使って仕事をするのであれば、あなたの好きな仕事をした方が前向きに働けるでしょう。

今の仕事に対する不安や疑問が出てきたのであれば、転職を考えるタイミングと言えます。

目的・目標を持って仕事ができているか

今の仕事を続けてどのようなことを達成したいか、どのような自分になりたいかが見えているでしょうか。
仕事をする目的・目標が見えないと、長く続けるのは難しいものです。

「旅行するお金を貯めたい」「職場に息の合う人がいて一緒に働きたい」といったシンプルなものでも構いません。目的を持って働いた方が意欲的に仕事と向き合えます。

そのようなものがないと、今の仕事を続けても不安が募る一方かもしれません。先ほど説明した「仕事が自分にあっていない」という考えに至ってしまうこともあるでしょう。

どうしても仕事の目的・目標が見つからない場合は、今一度キャリアを見直してみるべきです。

労働時間・休日の日数は適切か

  • 「毎日朝早くから終電まで働いている」
  • 「家に帰れない日が多い」
  • 「休みが取れず何日も働き続けている」

このような場合、職場の労働環境に問題がある可能性が高いです。

休みなく働き続けていると体調を崩したり、精神的な負担が大きくなってしまう恐れがあります。

労働環境の改善には転職が有効な手段となるでしょう。転職先の労働環境や就業規則などを可能な限り調べた上、できる限り早い転職をおすすめします。

面接の際に質問できる機会があれば、それとなく社内の様子について尋ねてみるのもいいでしょう。

十分な給料をもらえているか

給与も転職するべきかどうかの基準になります。

労働日数や時間に対してもらっている給料が低かったり、同職種で働く同年代の知人よりも著しく給料が低いなどの場合は、転職を考える必要があるでしょう。

また、家や車など高価なものを買いたいけれど今の給料では難しいといった場合も、より高給な職種へ転職するタイミングと言えます。

仕事の評価は適切か

今の仕事に対する上司からの評価に不満がある場合も転職を考えるきっかけになります。

  • 「しっかり働いているのに怒られることが多い」
  • 「成果が給料に反映されていない」
  • 「長く働いていても昇進の機会がない」

このように感じて不満をためこんているようであれば、転職を検討するべきです。

転職して然るべき評価をもらえる環境に身を置いた方が精神的に楽になり、より一層仕事に打ち込めるでしょう。

業界・会社に将来性はあるか

あなた自身が抱えている問題だけでなく、会社の存続自体が危ういというケースも考えられます。
会社の業績不振で先行きが不安だと感じるならば、早めの転職がおすすめです。

特に2020年以降は新型コロナウイルスの影響で、今の業界・会社の先行きが不安になった人も多いはず。

業界全体の景気が後退しているのであれば、働く業界自体を変える必要もあります。

結婚や育児、介護と仕事を両立できるか

結婚や育児、あるいは親族の介護などプライベートな事情と仕事が重なった場合、両立できそうでしょうか。

いわゆる人生のターニングポイントを迎えるにあたり、仕事が大きな負担にならないか考えるべきです。

  • 「収入的に結婚は難しい」
  • 「仕事の時間が長く、育児に時間を割けない」
  • 「育児や介護のための休暇制度がない」

このような場合は、より環境・制度の整った企業への転職を考えるべきです。

こんな時は注意!転職・退職をおすすめできないタイミング

極論、転職はきちんと自己分析を行い、対策をすればいつでも可能です。
だからと言って、むやみに転職をするのは禁物。場合によっては不利になってしまうタイミングがあるのも事実です。

では、どのようなタイミングでの転職は不利になってしまうのでしょうか。解説します。

入社したばかり

入社して数日や数ヶ月での転職はおすすめできません。

採用した企業側としてもほとんど実務をこなしていないうちに退職されては、雇った意味を見出せなくなってしまいます。

「次の人員が見つかるまでは働いてほしい」と引き止められ、すぐに転職できないことも考えられるでしょう。

もし退職できたとしても、転職面接で採用担当者に「またすぐ辞めてしまうのではないか」という疑問を持たれやすいというデメリットも生まれます。

最低でも1年程度は働き、実績を作ってからの転職が望ましいです。

第二新卒であればポテンシャル採用に近い基準で合否が決められるため、実績がなくても転職は可能でしょう。しかし、極端に短い期間で退職するとその分、転職のハードルは高くなると理解しておくべきです。

転職する明確な理由がない

  • 「目的はないけどなんとなく転職する」
  • 「同僚が転職しているから自分もする」

明確な理由を持たず転職してしまうと、転職先でも同じことを繰り返してしまう可能性が高いです。

なぜ転職したいのか、自分の中でしっかり言語化してから行動に移しましょう。

面接で転職しようと思った理由を質問されることもあります。

管理職になったばかり

管理職になるということは、部下をまとめるチームリーダーになるということです。
リーダーが突然いなくなったら、部下たちは指針を失って業務ができなくなってしまう恐れがあります。

管理職になることで転職できる職種の幅が広がるのは確かです。しかし、無責任な辞め方をすると会社から引き止められ、話がこじれて退職が長引いてしまうことも。

転職する意思があるのならば、管理職になるという話が出た段階でその旨を伝えるか、ある程度の期間は管理職として働いてから転職するのがベストです。

転職先が決まっていない

転職先が決まっていない段階での退職はあまりおすすめできません。

退職してから転職活動をした方が時間的な余裕はできるものの、すぐに転職先が見つからなかった場合、職歴に空白の期間が生まれてしまいます。

空白期間が数ヶ月程度なら、面接の際に質問されても「転職活動期間」と説明できますが、1年、2年と空白ができてしまった場合、説明が難しくなります。

特に30歳以上は転職のハードルが上がるため、転職活動も長引きやすいでしょう。

新型コロナウイルスの影響で、以前より転職活動にかかる期間が長くなりやすい点も注意が必要です。

空白期間をなるべく作らないためにも、在職中に転職活動を進め、次の職場を見つけておきましょう。

契約期間の途中での転職

契約社員のような契約期間が決まっている働き方の場合、契約期間途中の退職はおすすめできません。

転職面接で「なぜ契約満了前に退職したのか」と質問されることが考えられ、どうしても退職しなければならない理由がなかった場合「転職後もすぐに辞めてしまうのではないか」と判断される可能性があります。

できれば契約満了、または更新のタイミングに合わせて転職することをおすすめします。

転職のタイミングに関するよくある疑問

その他、転職のタイミングに関するよくある疑問をまとめました。
こちらもお読みになり、転職すべきかどうかの判断基準としてください。

新型コロナウイルスが落ち着いてから転職活動した方がいい?

新型コロナウイルスの影響で、以前よりも転職活動がスムーズに進みにくくなっています。

しかし現状、コロナがいつ落ち着くか、また落ち着いた後の転職市場がどう変化するかの予想は難しいところです。

「コロナが落ち着いてから転職しよう」と考えていると、いつまでたっても行動に移せないという可能性も考えられます。

すぐに転職したい意思があるのであれば、コロナ禍でも転職活動を進めるべきです。

  • 新型コロナウイルスの影響を受けていない、または景気を伸ばしている業界への転職
  • 自分のキャリアやスキルが活かせ、即戦力になれる職種への転職

といった形で、コロナ禍でも転職しやすい方法を探してみましょう。

コロナ禍は転職のタイミングではないって本当?」でも解説しています。

転職におすすめのタイミングや、NGタイミングはある?

転職にはおすすめなタイミングがあります。「【年齢別に見る】転職のタイミング」「【時期で見る】転職におすすめのタイミングは2〜3月、8〜9月」にて解説しています。

また転職にすべきでないタイミングがあるのも事実です。詳細は「こんな時は注意!転職をおすすめできないタイミング」をご覧ください。

資格を取ってから転職した方がいい?

現職で時間的な余裕があるのなら、資格を取ってからの転職がおすすめです。

特に、次の希望職種の応募条件に必要な資格があるなら必須となります。

ただし、資格があれば必ずしも採用となるわけではありません。応募条件に特定の資格が含まれていない場合、資格はプラスαの評価ポイントとなります。

転職を急ぐのであれば、資格の取得は後回しにした方がいい場合もあるでしょう。

また転職後に資格を取得するのもいいですが、仕事が慣れていないうちは業務に専念し、慣れてきたら勉強に取り組むのがおすすめです。

住宅の購入は転職の前後どっちがいい?

住宅購入のためにローンを組む場合、収入や勤続年数の長さが審査基準となります。

そのため転職後すぐにローンを組むのは難しいでしょう。

住宅の購入を考えているのであれば、転職前がおすすめです。

住宅の購入と合わせて、転職後にローンの支払いが問題なく行えるか、収入の変化も把握しておきましょう。

出産は転職の前後どっちがいい?

出産、育児に関する社内制度が充実している企業に在籍している時がおすすめです。

現在の職場と転職先となる職場、両方の制度を確認しておきましょう。

ただし、産休・育休などの取得には条件がある場合も。例えば「勤続年数が1年以上であること」といった形です。

その場合、転職直後では社内制度が適用されない場合もあるので注意してください。

もし転職前に出産の予定が分かっている場合は、面接の際に制度の確認もするといいでしょう。

また、転職直後は仕事に慣れておらずプライベートとの両立が難しくなってしまう恐れもあるので、転職後に出産を計画しているならば仕事に慣れてからだと安心です。

転職・退職する前に注意するべきこと

実際に転職・退職するにあたり注意しておきたいポイントをまとめました。
転職するからといって無責任な退職をしてしまうと、今後の仕事に支障をきたす恐れがあります。

ここで紹介するポイントを踏まえて転職・退職に踏み切りましょう。

引き継ぎの期間は余裕を持って確保する

退職すると決めた場合、最低でも退職予定日の1ヶ月前には上司に伝えるべきです。

理由は仕事の引き継ぎが発生するため。急な退職で引き継ぎの期間がなくならないよう余裕を持たせましょう。

引き継ぎに時間がかかりそうだったり、残っている有給休暇を消化したりする場合は、1ヶ月より前に退職を申し出てください。

円満な退職を心がける

円満退職ができるよう心がけましょう。引き継ぎをしっかり行い、問題が起きないよう配慮してください。

「もう辞める会社だから、社内での関係なんてどうでもいいや」と心ない対応を取るのはやめるべきです。

転職後、前職の会社と取引する可能性もゼロではありません。そうなった時に円満に退職できていれば仕事もしやすくなります。

取引先・社内への挨拶を欠かさない

退職の際は、取引先や社内への挨拶を欠かさず行いましょう。

先述の通り、現在関わっている人たちと業務上、あるいは個人的に今後も関係が続く可能性があります。

特に取引先は引き継ぎの際に後任者と必ず挨拶をしに行くべきです。直接顔を合わせて話すのが理想的ですが、難しい場合は電話やメールで一報入れましょう。

社内には菓子折りなどを用意して挨拶すると良好な形で退職しやすいです。

転職までにやっておくべき準備

転職までにやっておくべき準備や、転職活動の流れについては以下の記事で解説しています。

仕事を辞める前に読んでほしい退職〜転職までにするべきこと

こちらもあわせてお読みいただき、理想に近い転職ができるよう取り組んでいきましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
新卒でベンチャー企業の営業に就職。残業がほぼない会社だったため、仕事が終わったら趣味のブログを書く毎日を送っていました。3年ほど勤めて退職し、ブログをきっかけにテックキャンプ ブログでライターデビュー。好きなものはマンガ、テニス、イラスト、サメです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement