自由に働きたい人必見!フリーランス超入門

転職しても年収は下げたくない!給料アップを狙いつつやりたい仕事に就くには?

作成: 2019.07.19

 

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし

本記事は「転職したら年収が下がるかも…それでも転職すべきか迷った時の解決策を解説」の続きとなる記事です。

「転職で年収が下がるのは嫌だ…でもやりたい仕事には就きたい」

このように考えている方に向けて、転職のコツを解説します。

年収も仕事内容も妥協したくないのであれば、この記事が参考となるでしょう。

給料も上げつつやりたい仕事に就くには

「転職しても年収を下げたくない!」

そう強く思うのであれば、転職できる職種の選択肢を広げることを考えましょう。

選択肢が広がれば、その中であなたの理想的な給料・仕事内容の求人を見つけられる確率が高まります。

幅広い業界で役立つスキルを身につける

幅広い業界で汎用的に役立つスキルを身につけることで、転職の幅を広げることができます。

いきなり転職すると選べる企業の幅も狭くなりがち。

まずは時間を作って、スキルアップを目指してみましょう。

コミュニケーションスキル

複数人でビジネスを行なっていく以上、コミュニケーションスキルは必要不可欠であると言えます。

ビジネスにおけるコミュニケーションは、ただ会話を円滑に進めることを指すのではありません。

「相手の話を傾聴する」「相手の求めていることをしっかりと理解する」「自分の考えをわかりやすく端的に伝える」などのスキルが重要になります。

これらのスキルを身につけることができれば、働く前の転職活動の段階でも活かすことができるでしょう。

マネジメントスキル

マネジメントは、目標を達成するために、チームを管理することを意味します。

「的確なコミュニケーション」「徹底したスケジュール管理」などはもちろん、状況を見極めて優先順位を考え、チームをよりよい方向に導くスキルがマネジメント能力です。

マネジメント能力を身につけておくと、転職でキャリアアップする際に役立ちます。

ITスキル

ビジネスにおいて基本的なパソコンスキルは必須という時代になりました。

「Word」「Excel」で資料をまとめたり、「PowerPoint」でプレゼンテーション画面を作るなどの業務は、ビジネスをする上でよく発生します。

他にも、職種によって専用のソフトウェアを使用することもあるでしょう。

例えば経理であれば会計ソフト、マーケティングであればBIツール(ビジネスインテリジェンスツール)など。ITに対する抵抗をなるべく減らしておくことは大切です。

可能であればプログラミングスキルなどもあると、さらに可能性を広げることができるでしょう。

例えば普段の業務で発生する単調作業をプログラムで自動化することができれば、その分本質的な業務に時間を割くことができるでしょう。

実績を積んでおく

今の会社でできるだけ実績を積んでおくことは非常に重要です。

中途採用は即戦力の人材を求めていることが一般的なので、「どのようなスキル・実績があるのか」は、とても重要視されます。

自分の希望する企業に採用される確率を高めたいなら、今の職場でチャレンジできることは一通り経験していくべきでしょう。

例えば営業職であれば、ハードルの高い成績を達成する。技術者であればレベルの高いプロジェクトに関わるなど。

転職の際にアピールポイントにできるよう、わかりやすい形で示せるようにしておくとよいでしょう。

迷った時は第三者の意見も参考にしよう

転職に迷った時は第三者の客観的な意見も参考することもおすすめします。

例えば、以下のような方々に相談できないか考えてみてください。

家族など身近な人に相談する

転職した場合、家族はその影響を大きく受けることがあります。そのため配偶者の意見というのは非常に大切です。

余計な心配をかけてしまいそうと考える方もいるかもしれませんが、配偶者の立場に立てばどういった職場に転職しようとしているのか、といったことは知ったおきたいところでしょう。

そのため具体的な活動を始めるよりも先に、まずは家族に相談しておくことが大切です。

ただし家族は関係性が近すぎて、客観的な意見を期待できないという側面もあります。ある程度転職の意思が固まってから考えを伝え、建設的な話し合いを行うべきでしょう。

友人や転職経験者に相談する

家族に相談しづらいという場合は、友人や転職した経験のある人に相談するとよいでしょう。

一定の距離感があり、かつ親身になって客観的なアドバイスをもらえるというメリットがあります。

転職経験者の話を聞くことができれば、自身の転職活動の参考になるでしょう。

転職エージェントを利用する

身近な人以外では、転職サポートに特化した「転職エージェント」に相談するという選択肢もあります。

転職エージェントとは、人材紹介サービスのひとつ。人材と企業のマッチングをサポートします。

転職エージェントは無料で活用できます。

転職支援のプロに相談できるので、自分では考えつかなかった意見やアドバイスなどをもらうことができます。

そもそも転職するかどうかで迷っているという方も利用できるので、転職市場についてや、自身のスキルやキャリアでどのような企業に転職できるのか、などを聞くだけでもよいでしょう。

第三者にアドバイスをもらったり、転職市場の状況や業界について知ることで、自分の考えを整理することに役立ちます。

また転職エージェントを通して転職活動を行う場合、給与などの条件についても交渉してくれるというメリットがあります。

具体的に採用の話が進んだ場合、給与の交渉など、応募者が直接話しづらいような項目について代わりに交渉してもらうことも可能です。

さいごに

「年収を下げずにやりたい仕事に就くにはどうすればいいのか」と悩んだ時の解決策について解説しました。

転職活動を行う際は、まず自分はなぜ転職をしようと思ったのか、譲れない条件は何か、などをじっくりと考える時間を作りましょう。

未経験からエンジニア・Webデザイナーを目指すならTECH::EXPERT

TECH::EXPERTは未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

転職成功率は98.5%(2019年1月時点)。確実に使えるスキルを身につけるための教育と、徹底した就職サポートであなたの転職を叶えます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは無料キャリア相談(カウンセリング)にぜひお越しください。

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

TECH::NOTE
TECH::NOTE
TECH::NOTE(テックノート)は、テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。