プロのカウンセラーがキャリアの悩みを解決!

AIによってなくなる仕事や職業13選。あなたの仕事は大丈夫?

作成: 2020.03.26 更新: 2020.03.30

>>エンジニア養成プログラムNo.1
未経験からのITエンジニア転職なら、テックキャンプ エンジニア転職

AI(人工知能)の発達によって多くの人間の仕事は消えていくのでしょうか?2015年に行われたオックスフォード大学などの調査結果では今後10〜20年の間で約半数の仕事が消える可能性があるそうです。

「自分の就いている仕事は大丈夫だろうか?」と不安に思った方も多いはず。

この記事では今後消えると予想されている仕事13個を紹介します。また、AI時代に備えて私達が今からやるべきことも解説します。

これからの生き方を選択する上で参考にしてみてください。

20年後にはAIによって49%の仕事がなくなる?

「今後10~20年で、日本の労働人口の49%が就いている仕事がAIに代替が可能」。

2015年に米オックスフォード大学と野村證券が日本における601種の職業がAIやロボットに代替される確率を試算したところ、このような結果が出たそうです。

もちろん仮説なので、これが現実になるかどうかはまだ未知数ですが、ITの進歩が人間の仕事を奪う可能性が出始めました。

現実になるかもと考え、これからのキャリアを考えていく必要があるかもしれません。

参照:野村総合研究所

なぜAIによって仕事が奪われると言われているのか?

AIが仕事を奪うということは世界中で指摘されており、もちろん賛否もあります。ではなぜAIによって仕事が奪われると言われるのでしょうか。

AIは多くのデータを知識として瞬時に集積するため、簡単に人間の仕事に取って代えられるということが挙げられます。また、AIの発達による仕事の自動化が挙げられるでしょう。

会社員の50%が「AIの普及によって失業者が増える」と予想

転職サービスの「エン・ジャパン」の調査によると、会社員の50%が「AIの普及によって失業者が増える」と予想しています。

また、自身の仕事がAIに奪われるかもしれないと回答したのは17%と少ない結果が出ているのが意外です。

AIに仕事が奪われないと回答した人の理由としては「仕事を作る立場」「判断が必要な仕事だから」「対人間に対する仕事だから」などが多く見受けられました。

自分の仕事に対してAIが影響を及ぼすことがないと多くの人が感じているようです。

AIによってなくなる可能性がある仕事・職業13選

無人レジ、お掃除ロボット、自動運転車などが登場し、AI技術が身近になってきた現代。

私達の暮らしを豊かにしてくれる一方、なくなる仕事も出てきそうです。

ここでは、AIの発達でなくなるかもしれない仕事を紹介します。今まで消えるとは思われなかった仕事がなくなるという事実に衝撃が走ります。あなたの仕事は大丈夫ですか?

一般事務員

パソコン一つで事務処理作業をする一般事務員の仕事はAIに取って代わられる仕事と言われています。

AIは処理能力の高さや正確性などから人間の様にヒューマンエラーをおこすこともないので、事務作業は人間がやる仕事ではなくなるかもしれません。

人を雇う必要がないので、コストパフォーマンスも高く企業にとっては大きなメリットがあると言えるでしょう。

銀行員

リクルートキャリアが大学生に行った調査によると、AIによってなくなる業種の第1位は銀行でした。

金融とITを融合せたフィンテック化やキャッシュレス化が進み、銀行が置かれている環境は大きく変わり始めています。

AIは膨大なデータを分析する力に長けています。また複雑な数字の計算はAIが代替することが可能になります。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏も「将来、銀行はなくなる」と指摘しています。

警備員

警備員もなくなると言われている仕事の一つです。

現在、アルソックやセコムなどから警備ロボットが発売されています。

警備機能だけでなく、案内をしてくれる機能なども備わっているロボットも誕生しています。実際に羽田空港では導入が始まっています。

今後はAIのさらなる発達で、監視カメラ技術も進歩し、人が警備するということが減ってくると予想されます。

しかし、警備ロボットが酔っぱらいに暴行を受け、地面に倒されるという事件も起きていることを考えると、まだ課題もあるようです。

参照:東京都

建設作業員

東京五輪・リニアモーターカー、災害復旧工事などにより人材不足に陥っている建設業界。人材不足を解消するために建設業界ではAIの導入が進められています。

重機や建機にAIを搭載することで、無人土砂を降ろしたり、土砂を踏み固めたりする実験が鹿島建設などが行っています。

多くの建設機械が無人化することにより、建設作業員の仕事が減っていく可能性があります。

スーパー・コンビニ店員

2020年3月に開業したJR山手線の「高輪ゲートウェイ駅」構内にAIを活用した無人決済店舗「TOUCH TO GO」がオープンし、話題を呼びました。

スーパーでは人手不足解消のために無人レジを導入し、無人コンビニの実験も各地で行われています。

これから無人レジや無人コンビニなどがさらに増えていけば、スーパーやコンビニ店員の仕事はなくなる可能性が高いと言えるでしょう。

タクシー運転手

タクシー運転手もなくなると言われている仕事の一つです。

自動車の運転技術が進み、政府も自動運転タクシーの導入を掲げています。

人を感知し自動でブレーキをかける車も販売されるようになり、タクシー運転手はいずれ失業してしまう日が来るかもしれません。

しかし、現在の道路は人が運転する前提で作られているため、AIには察知できないことも多くあるとされています。

自動運転に備えた法律の整備もなされていないので、まだまだ課題があると言えるでしょう。

電車運転士

ゆりかもめや大阪のニュートラムなどが無人運転化されていることを考えると、電車の運転士もAI技術の発達によりなくなるかもしれません。

2018年にはJR東日本が山手線の自動運転の検討を始めたということがニュースになりました。

決められたレールを走る電車は予測できないアクシデントも起こりくいため、自動運転を導入しやすい環境にあります。

ただ、横浜市の新交通システム「シーサイドライン」の自動運転列車が逆走事故を起こしたことを考えるとまだまだ課題があると言えます。完全に自動化されるのはかなり先のことでしょう。

ライター

今はAIが文学賞の選考を通過する時代です。
ライターの仕事もAIによって代替されると言われています。

アメリカの会社が提供している「Ariticoolo」。書きたいワードを2~5個入れるだけで記事を作ってくれるツールです。

また、日経新聞ではすでにAIのライターを導入しています。上場企業の売上や、利益を分析して分かりやすく紹介。チェック、修正に一切人間が関わっていないということが衝撃です。

今後、ライターの仕事はなくなるのかもしれません。ただ、マニュアル化出来ない部分もあるのでなくなるかどうかはAIの発達度合いに左右されるでしょう。

ライターの仕事が今後AIに代替されるかどうかさらに知りたいと思った方は以下の記事も参考にしてみてください。

AIがライターの仕事を奪う?人工知能が100万本の記事を書く未来

集金人

集金人もなくなる仕事と言われています。今後、AI技術を使った集金を進めていくかのシステム化が進めば、訪問する必要はなくなるかもしれません。

集金人は瞬時に正しい情報を計算できるAIには敵わないので減っていくことが予想されます。

しかし、お金を払わない人たちも一定数いるため、完全になくなることはないかもしれません。

ホテル客室係・ホテルのフロントマン

ホテルの客室係やホテルのフロントマンもいずれなくなる可能性があります。

長崎県のハウステンボスには世界初のロボットホテルがあるのをご存知の方も多いかもしれません。ロボットホテルではAIロボットがフロントに立ち、おもてなしまでしてくれます。

フロント業務が自動化されているホテルも増え始めており、いずれフロントマンは消えるかもしれません。

また、ロボットによる接客が増え始めていくと、ホテルの客室係も消える可能性が高いです。

工場勤務者

工場のライン作業は単純な作業も多く、機械に取って代わられやすい仕事です。

生産現場はAI技術の発達により機械化が進んでいます。大きなミスをするとライン全体に影響を与えることにもなりますが、機械なら正確かつ瞬時に作業を行ってくれます。

自動車製造のラインなど工場はどんどん複雑化しており、人間の手作業では難しい部分も出始めています。

機械は一定の品質を保ちながら作業をこなすので、今後は工場勤務者の仕事が減っていくかもしれません。

AIの発達で格差社会拡大の恐れ

AIの発達は私達の暮らしにどのような影響を与えるのでしょうか。

カナダ・トロント大経営大学院のアジェイ・アグラワル氏はAIによって経済は拡大するが、格差も拡大すると指摘しています。

「富はAIによって拡大しますが、それが平等に分配されない可能性があります」とアグラワル教授。資本がない人は単純労働を提供するしかない時代がやってくる可能性があります。

また、失業者が増えることも予想され、年収が半減するという可能性もあると言われています。

参照:BUSINESS INSIDER

テックキャンプはオンラインでも最高の学習環境を提供しています

キャリアに悩んだら、テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか。

「年収を増やしたい」「エンジニアに興味がある」「IT業界転職に興味がある」こう思っている方は、ささいなことでもプロのカウンセラーに是非相談してみてください。カウンセリングを受けた99%の方が悩み解決を実感しています。※2018年10月24日~11月16日(アンケート回答数106名)

現在オンラインカウンセリングを実施中。パソコン・スマホで自宅から受けることができます。

コロナウイルス感染防止のため自宅にいる間でも、オンラインで学習が可能!今こそスキルアップのチャンスです。テックキャンプの徹底したサポート体制をオンラインでも提供します。

AI時代に備えてやるべきこと

AI時代をこれから迎えるにあたり、私達が今からやるべきことに何があるでしょうか。

AIに取って代わられないために、おすすめの転職先・資格・身につけられるスキルを紹介します。

AI時代に代替されない仕事に転職

もしあなたの仕事がAIによって奪われそうなら、AIに代替されない仕事に転職するというのを考えるのもよいかもしれません。

AIに代替されない仕事にはサービスを提供したり、クリエイティブ性が求められたり、AIなどのソフトウェアを設計したりするものがあります。

以下に今後もなくならないと思われる仕事を抜粋しました。ぜひ参考になさってください。

  • コンサルタント
  • バーテンダー
  • 教師
  • エンジニア
  • アロマセラピスト
  • カメラマン
  • ソムリエ
  • 保育士
  • カウンセラー

保育士

子どもに愛情を持たなくてはできない仕事に保育士があります。

保育士の資格はAI時代に求められるでしょう。高いコミュニケーション能力も求められ、さらに子どもの微妙な変化に気づける能力も求められれます。

社会福祉士

高齢者や障害者などの相談に応じて、サポートをする社会福祉士もAI時代に必要な資格です。

思いやりと高いコミュニケーション能力が求められるのでAI時代にも重宝されるでしょう。

AI時代でも使える資格を取得

AI時代でも使える資格を取得するのも良いでしょう。

メンタルヘルス・マネジメント検定、中小企業診断士、インテアリアコーディネーター、産業カウンセラーなどは今後も必要とされる資格と言われています。

参照:生涯学習のユーキャン

メンタルヘルス・マネジメント検定

AIには人の心の悩みや問題を解決することはできません。

2015年12月にストレスチェック制度が施行され、1年に1回のストレスチェックの実施が義務化されました。社員の心を管理する人はいなくてはいけません。これからも必要な資格と言えます。

AIに負けないスキルを身につける

AIに負けないスキルを身につけることも大切です。

AI時代に生き残るために重要なスキルは3つあります。AIに関する知識、コミュニケーション能力、想像力です。

AIは今後さらに社会に浸透していくので、AIに関する知識は最低限知っておく必要があります。

コミュニケーション能力は今後も対人関係の仕事は残っていくので相手の気持ちを理解するなどのスキルは必須になります。

想像力を身につけることも大切です。AIはデータ分析や単純作業などは得意ですが、人間のように新しいものを生み出す発想力はありません。発想力を磨けば、AI時代にも生き残っていける人材になれるでしょう。

参照:みんなのライフハック「@DIME」

まとめ

AIの発達は私達の暮らしを便利にしてくれますが、同時に多くの仕事を奪う可能性もあります。

AIによって奪われる仕事の中にあなたの仕事は入っていましたか?もしあなたの仕事がAIに奪われる可能性があったとしても10、20年先のことは誰にも分かりません。

AIによって失業する可能性もゼロではありません。最悪を想定しつつ、今後の生き方について考えるきっかけになれば幸いです。

以下の記事では、AIによって営業職がなくなるかどうかを紹介しています。こちらもぜひ読んでみてください。

営業職とは?AI(人工知能)によって仕事はなくなるのか。将来性や必要なスキルを解説

自宅にいながら、プロのカウンセラーにキャリア相談!

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

コロナウイルス感染防止のため自宅にいる間でも、オンラインで学習が可能です。

キャリアに悩んだら、まずはビデオ通話で無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか?無理な営業は一切ありません。

外出自粛で自宅にいる今こそスキルアップを目指しましょう。キャリアの悩みは先送りにせず、ぜひカウンセリングをご利用ください。

無料オンラインカウンセリングを予約する

この記事を書いた人

Fujiwara
立教大学卒業後、神戸新聞社入社。 2018年に退職し、写真家に。TECH:NOTEライターの傍ら作品作りに励む。 週刊文春に「東京オアシス」の写真、原稿を発表している。