転職実績No.1🔰エンジニアスクール
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

プログラミングで人生を変えたい人が絶対にやるべき7つのこと!

更新: 2023.10.12

プログラミングを学んで人生を変えたい
未経験からプログラミングを学びエンジニアに転職したい

こう考えている人は多いでしょう。

プログラミングはIT社会の現代において必要不可欠なスキル。小学校でのプログラミング必修化も記憶に新しいです。

その一方で、「プログラミングを本気で勉強したら人生変わるのかな?」と疑問を持たれるかもしれません。

そこで本記事では、プログラミングが人生にもたらす変化やプログラミングで人生を変えたい人がやるべきことについてまとめました。

プログラミングが人生にもたらす5つの変化

プログラミングを学んで人生を変えるなら、まずはプログラミングが具体的に何をもたらしてくれるのかを知る必要があるでしょう。

そこで本章では、プログラミングが人生にもたらす変化を5つ紹介します。

  • キャリアの選択肢の拡大
  • 論理的思考力・問題解決力の向上
  • 創造力・イノベーションの促進
  • 年収アップの可能性
  • 就業スタイルの選択肢の拡大

キャリアの選択肢の拡大

プログラミングが人生にもたらす1つ目の変化は、「キャリア選択の幅が拡大すること」です。スキル次第でさまざまなキャリア選択が可能となります。

例えば、専門性を高めてスペシャリストを目指すもよし、プロジェクト管理をメインとするマネジメントに移るもよし。

あるいは自分で仕事を獲得できるならば、起業やフリーランスを目指すもよし。

ひとくちにエンジニアといっても、扱う技術や業務範囲などで職種の選択肢はさまざま。得意な分野を活かして働けるというのは、非常に魅力的です。

もっとも、プログラミングはすべての産業に通用するスキルであり、IT人材不足の日本において高い需要があります。

セカンドキャリアを構築する上でも、プログラミングができると人生を変えるきっかけになるかもしれません。

論理的思考力・問題解決力の向上

プログラミングが人生にもたらす2つ目の変化は、「論理的思考力と問題解決力の向上」につながること。

コンピュータは論理的な手順に基づいたプログラムを実行するため、プログラムの設計・実装・分析などを通して、論理的思考力が自然と身に付きます。

また、プログラムに何らかのエラーやバグが発生した際は、原因を特定し解決策を見つけなければなりません

エンジニアになれば、修正規模によっては他チームとの連携も必要になるでしょう。こうした流れを経て、自然と問題解決力が身に付きます。

プログラミングを通して2つの能力を養えるのは、人生に大きなメリットをもたらすでしょう。

創造力・イノベーションの促進

プログラミングが人生にもたらす3つ目の変化は、「創造力やイノベーションの促進」につながること。プログラミングは、創造性を発揮するための確実かつ優れた手段です。

Webアプリ開発・モバイルアプリ開発の経験があれば、日常生活で「こんなアプリがあればいいのに」という思いを形にできるでしょう。

あるいは、エンジニアとして先端技術を用いたプロジェクトに加わることがあれば、革新的なサービス・テクノロジーを生み出した一員になれるかもしれません。

年収アップの可能性

プログラミングが人生にもたらす4つ目の変化は、「プログラミングを仕事にすると年収が上がる可能性がある」こと。

国税庁の『令和4年分 民間給与実態統計調査』によると、令和4年分の給与所得者の平均給与は約458万円でした。

一方で、厚生労働省の『令和4年 賃金構造基本統計調査』によると、ソフトウェア作成者の平均年収は約550万円。約50万円ほど高いことが分かります。

プログラミングは需要と希少性の高さに加えて、キャリアアップや転職でのステップアップなどでさらに収入を増やせるスキル。

収入が増えればその分できることが広がり、人生が変わるチャンスも増えるでしょう。

プログラミングと収入の関係性については「プログラマーの平均年収は522万円!年収1000万を目指す方法も紹介」で詳しく解説しています。

合わせて参考にしてください。

就業スタイルの選択肢の拡大

プログラミングが人生にもたらす5つ目の変化は、「就業スタイルの選択肢の拡大」につながることです。
プログラミングを仕事にすると、ほぼパソコン1つで仕事が完結します。

中には、顧客や社内との打ち合わせ・情報共有などで対面でのやり取りが発生するケースもあるでしょう。

しかし、ZoomSlackなどの業務効率化・生産性向上を促すサービスを活用すれば、それらのやり取りも必要最小限に抑えられるはずです。

エンジニアになれば、在宅勤務・地方移住・テレワークなどがしやすい環境で働けるので、朝の満員電車に疲弊する生活から脱却できるかもしれません。

プログラミングで人生を変えたい人がやるべき7つのこと

プログラミングが人生にもたらす変化を踏まえた上で、実際の行動に移すには何をすればよいのでしょう。

ここでは、プログラミングで人生を変えたい人がやるべき7つのことを紹介します。

  1. プログラミング学習に充てる時間を捻出する
  2. プログラミングの基礎を身につける
  3. プログラミングでの成功体験を積む
  4. プログラミングコミュニティに参加する
  5. ITエンジニア採用をしている企業へ転職する
  6. プログラミングスクールを受講する
  7. 実際に人生が変わった人の体験談を聞く

プログラミング学習に充てる時間を捻出する

プログラミングで人生を変えるためにやるべき1つ目は、「プログラミング学習に充てる時間を捻出する」こと。

業務レベルのプログラミング習得には1000時間かかるといわれるほど、プログラミングは簡単ではありません。

そのため、人生を変えるなら勉強時間を確保する時間を頑張って確保しましょう。

就寝前の小一時間・通勤時の電車移動中・仕事の休憩時間など、探せば時間はいくらでもあるはず。「時間がない」は言い訳に過ぎません。

これまでスマホゲームや昼寝に費やした時間をプログラミングの勉強時間に変えるだけで、人生が変わるきっかけが生まれます。

プログラミングの基礎を身につける

プログラミングで人生を変えるためにやるべき2つ目は、「プログラミングに必要な基礎知識・基礎スキルを身につける」こと。

そもそもプログラミングとは何か、Webページが閲覧できる仕組み、Webアプリが動く仕組みについて、必要最低限は理解しなければなりません。

基礎学習の具体的な方法としては、プログラミング入門向けの書籍、ProgateやUdemyなどのオンライン学習サービスを活用しましょう。

「プログラミングとは何か?」については「プログラミングとは何か?を世界一わかりやすく解説【初心者向け】」でも解説しています。

基礎学習の参考にしてみてください。

プログラミングでの成功体験を積む

プログラミングで人生を変えるためにやるべき3つ目は、「プログラミングを用いた具体的な成功体験を積む」こと。

プログラミング習得では、インプットよりもアウトプットが重要といっても過言ではありません。手を動かして成果物を作ることに注力しましょう。

具体的には業務の効率化、アプリの開発、簡単な案件受注など。具体的な成果を通して成功体験を積めば、モチベーションも維持できます。

初心者はコードを模写してプログラムを動かすのもおすすめ。初めは作ったアプリが動くだけでも成功体験になり得るでしょう。

プログラミングコミュニティに参加する

プログラミングで人生を変えるためにやるべき4つ目は、「プログラミング関連のコミュニティ」に参加すること。

コミュニティに参加すれば、現役エンジニアや同じ目標を持つ仲間との出会いが生まれ、人との繋がりから思いがけないチャンスを拾えることも。

また孤独に勉強するよりも、仲間と情報共有したりフィードバックをもらえると、挫折せずに継続して学習できるでしょう。

プログラミング関連のコミュニティとしては、オンラインコミュニティ、セミナー・ハッカソンなどのイベント、プログラミングサークルやボランティアなどがあります。

ITエンジニア採用をしている企業へ転職する

プログラミングで人生を変えるためにやるべき5つ目は、「ITエンジニア採用をしている企業へ転職する」こと。

IT人材不足で企業も人材確保に苦しんでいる現在、ITエンジニアへの転職は経験者だけの狭き門ではありません。

むしろ、ITエンジニアはプログラミング未経験者への門戸も開かれた、可能性のある職種です。

実際、ITエンジニア関連の求人情報を探してみると、未経験歓迎の求人も多いです。

ITエンジニア転職で人生が変わるきっかけが掴めるかもしれません。

プログラミングスクールを受講する

プログラミングで人生を変えるためにやるべき6つ目は、「思い切ってプログラミングスクールを受講する」こと。

独学でのプログラミング習得は難易度が高いといわれており、挫折した経験のある学習者は8〜9割に上るという調査結果もあるほどです。

挫折せずにプログラミングを習得したいという人は、決められたカリキュラムと教材、質問できる環境があるスクールの選択がベスト

弊社が運営するプログラミングスクール「テックキャンプ」は、転職成功実績No.1のエンジニアスクールです。

わかりやすさに特化したオリジナル教材、いつでも質問し放題の学習環境、転職成功までの各種サポートなどを提供しています。

気になる方は一度話を聞いてみるだけでも構いませんので、ぜひ無料カウンセリングへの参加を検討してみてください。

実際に人生が変わった人の体験談を聞く

プログラミングで人生を変えるためにやるべき7つ目は、「実際に人生が変わった人の体験談を聞く」こと。

「プログラミングで人生は変わる」とはいっても、本当に変わるのかどうかイメージできなければモチベーションは維持できないかもしれません。

その場合は、ぜひコミュニティで質問してみたり、プログラミング関連のイベントでエンジニアと話をしてみるなどの体験談を聞いてみましょう。

あるいは、実際にプログラミングで人生が変わった方々のインタビューを閲覧するのもあり。以下のリンクから確認できます。

▶️キャリアチェンジ成功者インタビュー

以下で、未経験からのエンジニア転職で夢を叶えた方々のインタビュー記事をピックアップしましたので、合わせて参考にしてみてください。

プログラミングで人生を変えられる人の特徴

プログラミングで人生を変えるには、人によってはこれまでの考え方・行動・生活習慣を今一度見直す必要があるでしょう。

そこで本章では、プログラミングで人生を変えられる人のおもな特徴を3つまとめました。自分の人生を変える参考にしてください。

  • 行動力がある
  • 健康管理・ストレス管理ができる
  • 人間関係を大切にできる

行動力がある

プログラミングで人生を変えられる人には「行動力」があります。

プログラミングを習得するには、インプットよりもアウトプットが重要です。また転職活動でスキルセットをアピールするには、ポートフォリオの構築も同じく重要。

さらにキャリアアップを果たすには、新たな技術の習得やプロジェクトに積極的に参加する姿勢も必要になるでしょう。

そしてこうした行動を取る上では、フットワークの軽さが伴ってこそ成り立ちます。

まずは人生を変えるためにパソコンを購入する、学習サービスに登録する、スクールを受講するなど、一歩踏み出す勇気を出しましょう。

健康管理・ストレス管理ができる

プログラミングで人生を変えられる人は、「健康管理やストレス管理」に気を配れます。

社会人ならば、仕事と両立してプログラミング学習をしなければなりません。本業を疎かにせず、日々の体調管理がしっかりできる人は成功できる確率が上がるでしょう。

またエラーや不明点など問題が次々と出てきて、ストレスが溜まる瞬間も多いです。

こうした際に、リフレッシュしたり現状をポジティブに捉えて行動できる人も、同じように成功する可能性が上がるはずです。

人間関係を大切にできる

プログラミングで人生を変えられる人は、「人間関係」を大切にします。

エンジニア=一人で黙々とやる仕事」というイメージを持つ方も多いかもしれません。

しかし実際はその逆で、エンジニアとして働く上では、コミュニケーションや信頼関係など、人とのつながりが非常に重要な仕事なのです。

もっともシステムやアプリは通常、チームで作り上げるもの。円滑なコミュニケーションやお互いの信頼関係なくして、成果物は完成しません

そのため、設計書や規則を無視したプログラムを作成したり、チームの規律を乱す行動を取る人は、評価を下げチャンスも逃してしまいます。

プログラミングで人生を変えるなら、人との繋がりを大切にしてください。

プログラミングで人生が変わるかどうかは自分次第

プログラミングが人生にもたらす変化、プログラミングで人生を変えたい人がやるべきこと、プログラミングで人生を変えられる人の特徴を紹介しました。

IT社会の現在、Webサービスに触れる機会は圧倒的に増えました。しかし、Webサービスを作れる人は依然として少ないのが現状。

プログラミングを武器にできれば、転職・副業・情報発信など、さまざまなチャンスが訪れて人生が変わるきっかけになるかもしれません。

一方で、人生が変わるかどうかは自分次第でもあります。いくらプログラミングができても、それをうまく活用できなければ意味がありません。

プログラミングはあくまで手段。プログラミングで何をなすかによって人生が変わります。ぜひ、人生を変えるきっかけを作ってみてください。

↑目次へ戻る

【転職実績No.1👑】年収アップと自由な働き方を実現したいならITエンジニア転職!

こんな希望はありませんか?

  • もっと年収アップできる仕事がしたい
  • 時間や場所に縛られず自由に働きたい
  • 専門スキルで手に職をつけたい

という方は、ITエンジニア転職がおすすめです

テックキャンプなら、完全未経験🔰でも大丈夫!プログラミング学習〜エンジニア転職支援、副業案件獲得まで個別にサポートします👌

さらに給付金活用で受講料最大70%OFF

※2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

興味がある方は、以下よりIT転職のプロにキャリアのお悩み相談から始めてみましょう!

まずは無料で相談してみる

この記事を書いた人

ダイスケ@
元ITエンジニアの会社員です。得意ジャンルは、ビジネス, スポーツ, エンタメ系。個人ブログでSEOライティングも行っています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement