まずは無料のキャリア相談へ
資料請求はこちら

情報収集の基本と苦手を克服する4つのコツ 仕事がデキるビジネスパーソンになる

更新: 2020.07.27

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

Googleの検索エンジンやSNSが発達したことで、情報収集の効率が格段に向上しました。

しかし、情報が大量に行き交う現代では、より速く正確な情報収集が求められます。

そのため、ビジネスの場面で情報収集を求められると、苦手意識が働く方も多いでしょう。

そこで今回は、以下の内容を解説します。

  • 仕事で情報収集能力が大切な理由
  • 情報収集の基本について
  • 「情報収集が苦手」を克服する4つのコツ

情報収集を1から学べますので、ぜひ最後までご覧ください。

仕事で情報収集能力が大切な理由

仕事における情報収集能力は、現代では欠かせないスキルといっても過言ではありません。

そこで本章では、情報収集が大切な理由を解説します。

情報収集能力とは

情報収集能力とは、その名の通り「情報を集める能力」です。

さらに詳しくいうと、「大量の情報の中から、必要な情報を整理してまとめる力」といい換えられます。

現在は、スマートフォンやインターネットの普及により、大量の情報が行き交う情報化社会です。

このような社会では、有益な情報以上に、信頼性のない情報が大量に存在しています。選択肢の多い今だからこそ、正しい情報を収集する能力がより必要となります。

デキるビジネスパーソンは情報収集を欠かさない

情報収集能力は、現在のビジネスパーソンに求められる能力の1つです。

例えば、「アフターコロナで売れる商品の企画案」をまとめる場合、以下のような違いが生まれます。

  • 仕事ができない人:いきなり考え始める
  • 仕事ができる人:考える前にテレビ、Web、書籍などで情報収集をする

上記の通りで、仕事ができるビジネスパーソンは、考えるための土壌を作るために、まず情報収集から始めます。

したがって、「情報を制するものはビジネスを制す」といっても過言ではないかもしれません。

情報収集の基本について

上記の通り、情報収集能力はビジネスに求められる能力の1つです。

そこで、情報収集を行う上でおさえるべき基本について、以下の3つに分けて解説します。

  • 情報収集の軸となるテーマ・目的を決める
  • 情報収集のツールを選ぶ
  • 情報の信頼性を検討する

基本中の基本の考え方ですから、必ずチェックしましょう。

情報収集の軸となるテーマ・目的を決める

まずは、情報収集の軸となるテーマや目的を決めます。その理由は、情報収集を効率的に行うためです。

情報収集というのは、あくまでビジネス上の課題や問題を解決するための手段に過ぎません。

つまり、最も時間を割くべきなのは、情報収集の先にあるアウトプット(行動)であるべきです。

あれもこれもと目的を定めずに情報収集するのは、単なる時間の浪費に過ぎません。

情報は多く集まるかもしれませんが、それを選り分ける手間が生まれます。結果として深度の浅い雑多な情報ばかりになり、ビジネスに活かせない可能性が高くなるでしょう。

したがって、テーマや目的を設定して、それに沿った情報収集を行うことが大切です。

情報収集のツールを選ぶ

目的やテーマが定まった後は、情報収集に使うツールの選択です。

例えば、一般動向に関する情報ならば、テレビなどの大きい情報源が参考になります。

また、特定のジャンルの知識をキャッチアップするなら、Webサイトや書籍などで細かくアンテナを貼るとよいでしょう。

あるいは、商品の口コミやレビューを調査するならば、SNSを活用すべきです。

どのような情報を集めたいか、どのくらい情報収集に時間をかけられるかといった観点から、自分の状況に合った適切なツールを選びましょう。

情報の信頼性を検討する

「この情報は正しいだろうか」「この情報源は信用できるか」といった、情報の信頼性を検討することも非常に重要です。

ブログやSNSの情報を何も考えずに鵜呑みにした場合、間違った情報によってビジネス上の不利益を被る可能性もあります。

例えば、「薬の副作用」に関する情報収集を行う際に、以下の選択肢があるとします。

  • インフルエンサーの個人ブログ
  • 厚生労働省の公式サイト

この場合、明らかに後者の方が信頼性が高いはずです。

もちろん、個人ブログをすべて否定するわけではありません。

ただし、医療などの専門性の高いジャンルや正確な数値・データが求められるものについては、企業・国・専門機関の公式サイトの方が信頼性を証明できます。

テックキャンプが新年のチャレンジを応援

今年こそ自分を変えたい」というあなた、ITエンジニアというキャリアを考えてみませんか。

エンジニアなら、
✔一生モノのスキルが身について将来の不安がない
✔副業やフリーランスなど選択肢が広がる
✔年収が上がりやすい

日本最大級のプログラミングスクール・テックキャンプは今から行動すれば、10週間後にエンジニアに!

期間限定で受講料5万円OFFのキャンペーンも実施中。迷っている方は、まずは無料オンラインカウンセリングで不安なことを相談してみてください。

「情報収集が苦手」を克服する4つのコツ

電球情報収集の大切さは理解していても、コンスタントな情報収集が継続できないという人も多いと思います。

このような情報収集の苦手意識を克服するコツは、以下の4つです。

  • 情報収集のタイミングを決めて習慣化する
  • ツールで情報収集を自動化する
  • 情報収集自体が目的にならないように意識する
  • 発信すると新しい情報が入りやすくなる

それぞれの中身を解説するので、苦手な方はぜひ実践してみてください。

情報収集のタイミングを決めて習慣化する

1つ目は、情報収集のタイミングを決めて習慣化することです。

例えば、1日の中で気になったニュースや言葉をメモしておきます。その後、昼休みの30分を使ってWebサイトや新聞で調べて自分なりに情報をまとめます。

このように、習慣化して情報収集する癖を身に付けることが、克服への第一歩です。

ツールで情報収集を自動化する

2つ目は、ツールを使って情報収集を自動化することです。

世の中には、情報収集の効率性を上げるツールが多くあります。

例えば、RSSリーダーを使えば、登録したWebサイトの最新情報をいち早くキャッチできるでしょう。

また、Google アラートを使えば、特定のキーワードでヒットしたニュースを定期的に通知してくれます。

このように、ツールを活用して情報収集の負担を減らすのも継続するためのポイントです。

情報収集自体が目的にならないように意識する

3つ目は、情報収集自体が目的化しないように意識することです。

上述の通り、情報収集はあくまで手段に過ぎません。

情報収集自体が目的化してしまうと、それは単なる時間の浪費であり、極端に言うとテレビをだらだらと見るのと同じです。

インプットがアウトプットにつながらず、情報をエンターテインメントとして消費しているような状態になってしまいます。

したがって、情報収集の先にあるアウトプットを常に意識するようにしましょう。

発信すると新しい情報が入りやすくなる

4つ目は、情報収集した内容を外部に発信してみることです。

発信先は社内でもよいですし、個人ブログやSNSで発信するのも効果的でしょう。

発信のメリットとしては、以下の2つです。

  • アウトプットを増やすことで、知識として定着しやすくなる
  • 相手からフィードバックをもらうことで、中身が洗練されたり、新しい情報がもらえる

上記の通りで、自分の中に止めるよりも積極的に発信した方が、メリットは大きいです。

情報収集能力を高めて生産性をアップしよう

仕事で情報収集能力が大切な理由、情報収集の基本、苦手を克服するコツについてお伝えしました。

情報収集能力は、ビジネスパーソンにとって必須の能力です。

そして、テクノロジーが日進月歩で進化する現代においては、今まで以上によりスピーディで正確な情報収集が求められるでしょう。

苦手意識の強い方や能力を高めたいという成長意欲の高い方は、この機会に情報収集能力の見直しを図りましょう。

期間限定・受講料50,000円OFF!今年転職するならITエンジニア

「今年こそは自分を変えたい」「何か始めないといけないな」 と思っているあなた!市場価値が高く、将来性のあるITエンジニアを目指して行動しませんか。

日本最大級のプログラミングスクールテックキャンプ エンジニア転職なら、
✔10週間でITエンジニアへ転身できる
✔転職成功率98.7%の実績
✔未経験でも30代でもパソコンを触ったことがなくてもOK

今だけ、受講料50,000円OFFの年始スタートダッシュキャンペーンを実施中!迷っている方は、まずは無料オンラインカウンセリングで不安なことを相談してみてください。

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

ダイスケ@
ビジネス, スポーツ, エンタメ関連のライティングを得意とする、元ITエンジニアです。好きなものはコーヒー,ブログ,海外サッカー,映画観賞。最近は、グザヴィエ・ドランの作品にはまっています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement