転職
「仕事がうまくいかない」性格的な特徴や主な原因、対処法を紹介

あなたは、「仕事がうまくいかない」と悩んでいませんか?

頑張っているのに成果に繋がらないと、働くモチベーションも低下してしまいます。次第に「会社に行きたくない」と思うようになってしまうかもしれません。

「仕事がうまくいかない」と悩んでいるのであれば、その原因を把握し、改善策を講じる必要があります。

この記事では、仕事がうまくいかない人の特徴やその原因、対処法を紹介します。対処法は「考え方を変える」「行動を変える」のふたつの側面から解説していきます。

仕事で成果が上がらず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

仕事がうまくいかない原因

まずは、「なぜ仕事がうまくいかないのか」その原因を見ていきましょう。職場環境や人間関係など、仕事そのものとは違う部分に原因がある場合も多いです。

経験不足

仕事がうまくいかない大きな理由のひとつに、経験不足があります。

仕事は、慣れていけばあらゆる工程を無意識的にできるようになっていきます。ですが、入社したばかり、もしくは部署異動したばかりで仕事に慣れていないと、様々なことに意識を向けなければなりません。

経験を積めば自然とできるようになることでも、初めのうちからうまくできるものではないのです。

例えば「取引先からの電話を取り継ぐ」というのも、初めから完璧に応対できた人は少ないでしょう。電話を取り継ぐだけでも「相手の企業名と所属部署を聞いて、要件を的確にメモをして、不在の場合は先方の都合の良い時間を聞いて…」などやるべきことはたくさんあります。

慣れないうちは「聞きそびれた!」ということが誰しもあったのではないでしょうか。ですが、こういった作業も慣れてくると的確にできるようになります。

「仕事がうまくいかない」と悩む原因として、単に経験が不足しているだけというのは往々にしてあります。この場合、時間をかけていけば次第にうまくこなせるようになるでしょう。

些細なミスを繰り返している

些細なミスを繰り返してしまうのも仕事がうまくいかない原因のひとつです。

些細なミスをしてしまうと、リカバーするために時間と手間がかかります。段々と焦ってきてしまい、その結果さらにミスをしてしまうといった悪循環に陥りやすくなるでしょう。

また、些細なミスが大きな失敗に繋がってしまうことも。

例えば、数字の桁をひとつ間違えて入力したため、莫大な金銭的な損失になるなど、お金を取り扱う仕事であればありえない話ではありません。

常に集中力を維持し、業務を行う必要があります。

些細なミスを頻繁にしてしまうと、「なんでこんなミスをしてしまうんだろう…」と自己肯定感が下がり、「仕事がうまくいかない」と思ってしまうようになります。

スケジュールに余裕がない

締め切りや納期に、常に追われている状態ではありませんか?

納期までの期間が極端に短い仕事をしていると、大きなストレスを抱えることになり、焦りや苛立ちが生まれます。その結果正常な判断ができなくなったり、普段では起こりえないミスをしてしまうこともあるでしょう。

仕事に集中できない

仕事そのものに集中できない状況は、意識が散漫になる・ストレスが溜まるなど、仕事への悪影響も大きいです。

仕事に集中できない状況は大きくふたつ。ひとつ目は「職場の環境が悪い」場合です。例えば、

・オフィスが騒がしい
・デスクの真横を常に人が往来している
・集中すべき作業を行っている時に話しかけられる

などがあります。特に音が気になる方は作業する場所次第でパフォーマンスが左右されるでしょう。職場環境が自分にあっていないため、様々なミスを発生、ストレスが溜まる、ということは充分考えられます。

仕事に集中できない状況のふたつ目は、家庭やプライベートで問題を抱えている場合です。

勤務中もプライベートの問題が頭をよぎり、気が散ってしまうでしょう。

この場合、プライベートの問題をまずは解決しなければ、いつまで経っても仕事がうまくいくようにはなりません。仕事のストレスを家庭やプライベートに持ち込んでしまうと、さらに状況が悪くなるかもしれません。

周囲からのプレッシャーが大きい

「絶対にうまくやらなければならない」というプレッシャーにさらされているのも、仕事がうまくいかない原因となります。

周囲からの過度なプレッシャーにさらされている状態は、大きなストレスがかかります。本来であれば問題なくこなすことができたはずのことでも、緊張や焦りから失敗してしまうこともあるでしょう。

適度なプレッシャーはやる気や緊張感を高める効果があります。しかしそれがあまりに過剰な場合は、逆効果であると言えるでしょう。

この場合、メンタルコントロールをうまく行い、平常心で仕事ができる状態を作る必要があります。

人間関係がうまく築けていない

人間関係がうまく築けていないことも、仕事がうまくいかない原因です。

多くの仕事は周囲と協調して進めていくもの。些細なミスくらいであれば、協力することでリカバーできるでしょう。わからないことも、経験者に質問することで、あらかじめミスを防ぐことが可能です。

しかし人間関係がうまく築けていないと、これらがをスムーズに行うことができません。

・上司との関係がうまく築けていない場合
 →ミスをした時に言い出しづらい。報告が遅れ、さらに失敗の影響範囲が広がる

・同僚や先輩との関係がうまく築けていない場合
 →質問したいけど、話しかけづらい。事前に防げたはずのミスをしてしまう、など。

このように仕事がうまくいかないのには、様々な原因があるのです。

仕事がうまくいかない人の特徴

次は、仕事がうまくいかない人の特徴を見ていきましょう。性格的な部分に問題がある場合、仮に転職や部署異動をして仕事を変えても、同様の事態になりかねません。

下積み仕事を嫌々やっている

好きな仕事に就くことができたとしても、好きなことばかりできるわけではありません。不本意な仕事や地味な作業、新人の間に任される、いわば下積みのような仕事も多いです。

仕事がうまくいかない人は、これらを疎かにしてしまう特徴があります。

下積みは仕事の基本となるものです。イヤイヤやっていては、基本が身につくのも遅くなります。それでは、高度な仕事が任せてもらえないので、仕事がうまくいかないと感じる要因になるでしょう。

不本意な仕事や地味な作業をすることで、その仕事の本質や全体像をつかめることもあります。下積み仕事を前向きに取り組むことは、仕事ができるようになるための重要な要素なのです。

周囲との協調が苦手

前述の通り、周囲とのコミュニケーションが苦手な人は、仕事がうまくいかない傾向にあります。

周囲との伝達や協力がうまくいかず、コミュニケーションのすれ違いからミスが生まれてしまうのです。

また、これは能力が高くても当てはまります。自分の能力を過信しすぎて態度に出していると、周囲から疎まれたり、妬まれたりすることも。スキルや能力があり、プライドが高い人は敵を作りやすいと言えるでしょう。孤立無援になり、いざ人の助けが必要になった時に誰も協力してくれないこともあるかもしれません。

物事にルーズ

「物事にルーズ」な人は仕事を的確に進めることができません。

納期や締め切りに遅れることは社会人として言語道断です。これはあなただけでなく会社の信用にも関わります。納期だけでなく、スケジュールや規則を守らないなどの態度だと、社内でも大きな仕事を任せてもらえなくなる可能性があります。

プライベートではマイペースと良く評されるかもしれませが、「仕事がうまくいかない」と悩んでいるのであれば、すぐに治すべきでしょう。

タスクの重要性を把握できていない

タスクの重要性を把握できていないと、効率よく仕事を進められなくなります。

「優先度の高いもの」から着手し、「重要性の高いもの」ほど多くの人に確認してもらったり、慎重に行う必要があります。このような考え方ができれば、うまくToDoリストを作って進めることができるでしょう。

ですが、タスクの重要性を把握せず、目の前にあるものから着手してしまうと「締め切りに間に合わない」などの事態に陥ってしまいます。その結果、残業が増えたり、ギリギリでいろんな人の手を借りなければならくなることも。

前述した「スケジュールに余裕がない」は取引や会社の都合など自分ではどうしようもないものです。しかし、スケジュールに余裕がないのはもしかすると、自分の仕事の進め方が悪いことが原因の可能性もあります。

整理整頓が苦手

仕事ができるかどうかは、職場のデスク環境にも表れます。

仕事がうまくいかないという人は、デスクが整理整頓されていないことが多い傾向にあります。散らかったデスクで仕事をしていると、必要な書類がすぐに出てこず無駄な時間がかかります。さらに出さなければならない郵便物が埋もれているなど、大きなミスにつながることもあるでしょう。

パソコンのデスクトップも同様です。ファイルやフォルダの置き場を統一したり、ファイル名を規則性のあるものにするなどの工夫が必要でしょう。

整理整頓をして何をどこに置いたかを把握しておけば、物を探す時間を短縮できます。その分効率よくテキパキと仕事を進めることができるでしょう。

上司とのコミュニケーションが苦手

上司とのコミュニケーションが苦手な人は、「仕事がうまくいかない」という悩みを抱えやすいです。

特に経験が浅いころは上司からの指示に従って仕事を進めることが多いはずです。仕事がまだわからないうちは、指示をうまく理解できないことも多々あるでしょう。そういった場合に「何度もわかるまで質問する」「適宜不明点があったらすぐに聞く」などができればミスを最小限に抑えることができます。

しかし上司とのコミュニケーションが苦手な人は、理解が曖昧な状態でも「わかりました」と言ってしまったり、質問することをためらったりしてしまう傾向にあります。

結果的に防げたはずのミスが発生することにもつながります。「上司が忙しそうで、話しかけるのは気がひける」という感情が生まれるのも仕方がないかもしれません。ですが、発生したミスをリカバーすることの方がさらに大きな手間になることを理解しておきましょう。

必要以上に考え込んでしまう

考えても仕方がないことに頭を抱えていては、仕事はうまくいきません。

仕事を進めていくと、考えても答えが出ない問題も発生します。その場合は「仮説検証」をすることが重要です。仮の答えである仮説を立てて、なるべく早く行動する。そして、結果を検証し、仮説の精度を高めていくのです。

しかし仕事がうまくいかない人は、この仮説を立てずに、ウンウンと考え込んでしまう特徴があります。また周囲に聞けばわかるようなことでも自分で答えを出そうとする傾向にあります。

自分の頭で考えつく選択肢には限りがあります。様々な情報を得るためにまずは行動したり、周囲に積極的に聞いてみることが重要です。

理想が高い

仕事がうまくいかない人は、理想が高く完璧主義の人が多いです。

理想が高い人は、自分の中で高いハードルを作りそれを越えようとします。ですが、仕事の評価とはあくまで相対的であり、合格点を越えれば良いもの。必要以上に理想を高く掲げる意味はありません。

それなのに自分が掲げた高いハードルを時間と手間をかけて超えようとする完璧主義の人は、タスクをこなすスピードが遅くなります。さらに、仕事は時間をかけたからと言って良い結果になるとは限りません。成果と労力が見合わず「頑張っているのになぜか結果が出ない」という状況になってしまうでしょう。 

同僚と比べてしまう

あなたが「仕事がうまくいかない」と思うのは、人と比べてしまっているだけの場合もあります。

同期との競争意識は、仕事に対するモチベーションにつながります。

しかし、同期の方が好成績を出している場合は焦燥感や挫折感も生まれるでしょう。特に成果が数字でわかるような仕事(営業職)などの場合、「自分は向いていないのかも…」と思ってしまうことも。適度に比較するのは構いませんが、必要以上に他人と比べてしまうのも、精神的に悪影響があります。

考え方編:仕事がうまくいかない時の対処法

仕事がうまくいかない原因や性格的な特徴がわかったところで、ここからは「ではどうすれば良いのか」について解説します。

まずは、自分の考え方を変えてみることで、事態を好転させる方法について見ていきましょう。

うまくいかない原因を紙に書き出してみる

仕事の悩みを紙に書き出してみましょう。

頭の中だけで考えてしまうと、物事の問題点をうまく把握することができません。思考が整理できず、ますますネガティブ思考になってしまうこともあるでしょう。

まずは上記を参考に、うまくいかない原因を紙に書き出しながら分析してみましょう。途方もなく深い悩みに思えたことでも、実際に文字にしてみると、「意外とたいしたことない」と思えるかもしれません。

常にプラス思考を意識する

仕事で何か問題が起こった際は、プラス思考で考えましょう。

人の思考や性格は簡単に変えられるものではないので、常にプラス思考を意識しておくことが重要です。

例えば、提示された納期がかなりタイトな場合。「間に合わないかもしれない」ではなく「どうすれば間に合わせることができるか」を考えましょう。

何か問題が起きても、プラス思考で考えることで視野が広がり、思わぬ脱出策や解決策を見つけ出すことができるでしょう。

ポジティブシンキングはストレス耐性を高めると言われており、精神的な余裕を保つ効果もあります。

ミスをしてしまった時も、ポジティブ思考が大切です。例えば、うっかりエクセルの入力を間違えてしまった時。あなたならどう考えるでしょうか。「やっぱり自分はダメだ…」と思ってしまっては、ネガティブ思考のループに陥ってしまいます。

そんな時は、「次にこのミスをしないためにはどうすれば良いだろう」と前向きに考えましょう。そうすることで、

・エクセルマクロを使って、ある条件を満たす数値でないとエラーメッセージが出るようにプログラムを組む。
・上司や同僚とダブルチェックをする制度を作る

などの改善策を考え出すことができます。

ミスをしてしまっても、単なるミスで終わらせず、「成長のチャンスにする」という意識が大切です。

完璧主義をやめる

作業をする際、全てを完璧にしようという考え方は捨ててしまいましょう。

もちろん仕事を丁寧にすることは大切です。しかし必要のないプレッシャーを自分にかけても良い結果は得られません。

「ベストを尽くし、それでもダメな場合はその時に修正する」くらいの開き直った考え方がベスト。自らがかけた重圧から解放され、精神的な余裕が生まれます。

他人と過度に比較しない

もし同期や後輩の方が良い成績を出していたとしても、気にしないことが大切です。

周囲と比較することによって、自信やモチベーションを失うのはもっとも避けたいところ。「他人は他人」という考え方を意識し、うまくいっている人がいたら、その仕事術を取り入れるくらいの余裕を持つと良いでしょう。

自己評価をしない

完璧主義の話ともつながりますが、仕事の評価は基本的に「他人が決めるもの」です。

自分で自分を「全然仕事ができない」と悪く評価してもネガティブ思考に陥るだけで、良い影響はありません。自分が思っている以上に仕事ができている、という場合もあるので、自分の主観はあまりあてにしない方が良いでしょう。

行動編:仕事がうまくいかない時の対処法

仕事がうまくいかない時は、考え方と行動の両側面からアプローチしていくことが大切です。次は、仕事がうまくいかないと悩んだ時に取るべき行動を解説していきます。

体を動かす

常日頃から体を動かし、体力をつけておきましょう。

体力がなくなってくると気力が段々と低下していきます。疲れやすくなり、ネガティブ思考に陥りやすくなるでしょう。仕事がうまくいかないからと言って、家に閉じこもっていてはさらに陰鬱な気分になるばかりです。

ジムに通うなどの習慣をつけると良いでしょう。

上司や同僚にアドバイスをもらう

「仕事がうまくいかない」と思ったら、上司や同僚にアドバイスをもらう習慣をつけましょう。

自分にとっては到底解決できそうもない問題でも、他人からみればたいしたことのない場合もあります。

特に同じ仕事をしている上司や同僚は「自分はこうやって克服した」など実体験をもとにアドバイスしてくれるので再現性があるでしょう。

上司や同僚に質問する際は、疑問点や不明点をあらかじめ洗い出して、的確に質問ができるように準備しておきましょう。

ルーティンを作る

商談やプレゼンの前に緊張してしまう人は、ルーティンを作ることをおすすめします。

ルーティンとは、「決まった手順」を意味します。「商談前にフリスクを食べる」「部屋には右足から入る」など。ルーティンはどういった内容でも構いません。「これをやればうまくいく」と半ば暗示のようなものに思えるかもしれません。ですが、「迷わずに同じ動作をとることで精神的に落ち着く」「日常を思い出し、ホームグラウンドでやっているような気持ちになる」などの効果があるのです。

有名アスリートも独自のルーティンを行っています。

【陸上:ウサインボルト選手】走る前に頭をなで、ダンスするような儀式、胸で十字架を切るポーズetc.

【野球:イチロー選手】打席に入る前に一度バットを膝に置いて屈伸、バッドを構える時の一定の動きetc.

仕事がうまくいかない時にやってはいけないこと

仕事がうまくいかない時に、やってはいけないことがあります。どれも、根本的な解決には至らないものなので、極力行わないようにしましょう。

暴飲暴食

暴飲暴食は、一時的にストレスから解放されるでしょう。

ですが健康への悪影響が考えられるためおすすめできません。ジャンクフードなどは脂質や炭水化物が多く含まれているため、肥満につながります。食べ過ぎることが癖になれば、さらに食べる量が増し、ますます肥満体質になるという悪循環になりかねません。

また暴飲暴食は食道や胃の負担もかかるので、胸焼けや胃もたれになる可能性もあります。 

家に帰ってもミスを引きずる

帰宅しても仕事のことをいつまでも考えてしまうのは、やめておきましょう。1日中仕事のことを考えるのは精神的につらいことでしょう。些細なことでイライラしてしまい、家庭やプライベートの人間関係に悪影響を与えてしまうことも考えられます。

仕事のミスについて自宅で考えても、根本的な解決にはつながりません。趣味に没頭する時間などを設け、一旦頭の中をクリアにしてみることをおすすめします。

他人のせいにする

自分のミスを他人のせいにしてしまうのもやめておきましょう。

環境的な要因からミスが発生してしまうこともあるかと思います。しかし、ミスが発生した際に考えるべきことは、「同じことが起きないようにするにはどうすれば良いか」です。「誰のせいか」や「自分は悪くない」という思考は、根本的な解決には至りません。

とはいえ、自分のことを責めすぎないのも重要です。自分のせいだと責めすぎた結果、自己嫌悪感だけが強くなり、仕事へのモチベーションが下がってしまうと、さらなる失敗を招いてしまう恐れがあります。常に、どうすれば失敗を防ぐことができるのか、考え方を切り替えることを意識しましょう。

 

エンジニアになりたい、自由な働き方を手に入れたいあなたへ
無料のキャリア相談会を実施中

未経験からプロのエンジニアとしての技術を身につけることは難しいと思っているあなたへ。始める前に諦めないでください。今からでもテクノロジーの最先端で活躍するキャリアパスを選ぶことはできます。

無料カウンセリング

異業種・異職種がほとんどの、200名近い未経験の方をエンジニアとして輩出してきた『TECH::EXPERT』では、毎日個別でのキャリア相談会を実施しています。

  • エンジニアのキャリアや仕事内容が明確になる
  • 自分にエンジニアが合うのか知ることができる
  • エンジニアになるためにやるべきことが明確になる
  • 未経験からの転職で起きる問題やその解決方法が分かる

何を聞けばいいか分からない人でも、満足度93%以上のカウンセラーが丁寧にヒアリングをいたします。月に200名以上が参加するため、予約はお早めにお取りください。

キャリア相談のお申込はこちらから

佐藤拓弥 佐藤拓弥
TECH::NOTEで編集・ライティングを担当。Ruby/Ruby on Rails/jQueryの学習をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー
  • footer.php