テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

【心に余裕がない】原因と対処法!気持ちが追い込まれる人の特徴や症状を解説

更新: 2021.08.16

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

「心に余裕がない」
「自分の気持ちに余裕がなくてしんどい」
「気持ちが追い込まれてイライラする」

仕事や子育てなどの忙しい毎日の中で、ちょっとしたことでついイライラしてしまったり、動揺してしまう、といった悩みをお持ちではありませんか。

それは、忙しい毎日に追われて心に余裕がなくなっていることが原因かもしれません。

この記事では、心に余裕がない状態について以下のポイントに沿って解説します。

  • 心に余裕がない状態とは
  • 心に余裕がない原因
  • 心に余裕がない人の特徴、症状
  • 心に余裕を持つコツ

心に余裕のない状態とは

心に余裕がない状態とは、物事についてしっかりと考える余裕がない状態のことを言います。

例えば、仕事や毎日の生活、来週のプレゼンや試験などのことで頭がいっぱいで、将来や他のことを考える余裕がない状態などです。

「心に余裕がない」と同じような意味を持つ言葉としては「切羽詰まっている」などがあります。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。

3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説!

資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

「心の余裕がない」原因

「心に余裕がない」原因の代表例を紹介します。

  • 金銭的な問題によるもの
  • 仕事でキャパオーバーになっている
  • 家庭・友達・恋愛関係などの問題

金銭的な問題によるもの

まず、金銭的な問題によって心の余裕がなくなってしまうことがあります。

具体的には「借金を抱えている」「大きな出費があって金銭的な余裕がない」「収入が少なくて将来が不安」などです。

その他、収入が少なくて毎日節約しなければいけない、給料日前に貯金が底をつきそう、など日々の生活の中で常にストレスを感じてしまうことで、心に余裕がなくなってしまう人がいます。

仕事でキャパオーバーになっている

毎日残業で平日は仕事以外のことが出来ない、失敗できない仕事を任されていて大きなストレスを抱えているなど、仕事の量やそのストレスが許容量を超えていることも主な原因の一つです。

毎日の残業で寝不足になっている、土日はずっと寝ているなど、仕事の忙しさがプライベートにも影響し、やりたいことができないストレスも加わってさらに心の余裕をなくしてしまうケースもあります。

家庭・友達・恋愛関係などの問題

仕事以外の場面であれば、例えば子育てや親の世話、友達や恋人とのケンカなどで心がモヤモヤして落ちつかない、仕事に集中できない、ということがあります。

「仕事とプライベートは切り離して考えたい」と思っていても、仕事中のふとした瞬間にプライベートでの嫌なことを思い出してイライラしてしまい、憂鬱な気持ちになってしまうのです。

心に余裕がない人の特徴・症状

心に余裕がない人の特徴、心に余裕がない時の症状は以下のとおりです。

  • 常にイライラしている
  • 感情の浮き沈みが激しい
  • 部屋が散らかっている
  • 何事に対しても集中できない
  • 視野が狭く柔軟な対応ができない

自身に思い当たることがないか見てみましょう。

常にイライラしている

心に余裕がない人の特徴の一つに、常にイライラしている、ちょっとしたことでイライラしやすい、ということがあります。

例えば「スーパーのレジが並んでる」「インターネット回線の接続が悪い」「ゲームに負けた」などの些細な理由でイライラしてしまう人も多いです。

冷静に考えれば大した事ではないことであっても不快に感じてしまうのです。

感情の浮き沈みが激しい

心に余裕がない人は精神的なストレスが大きい状態であるため、感情の浮き沈みが激しくなります。

仕事で褒められるなどいい事があって気分がよくなったと思ったら、何か嫌なことを思い出してイライラしたり、不安な気持ちになったりします。

これらの感情の浮き沈みが他者への態度に表されてしまう人も多く、周囲からは「接しづらい」「機嫌が悪い時には話しかけづらい」といった印象を持たれてしまうこともあります。

部屋が散らかっている

仕事や日々の生活を送るのに精一杯になり、プライベートな空間にまで気を使うことが出来なくなります。

そのため「部屋が散らかっている」「ゴミが捨てられないままずっと置かれている」「料理をしない」といった状態になりがちです。

何事に対しても集中できない

冷静に物事を考えられる状態ではないため、何事に対しても集中できない状態になる人もいます。

例えば、仕事をしようとデスクに向かっても、気がついたらぼーっと別のことを考えていたり、頭を使う作業がなかなかはかどらないなど。

本当は集中して早く作業を終えたいと思っているのに、上手く集中できないことでイライラしてしまい、なおさら冷静さを失って集中できないという悪循環に陥るケースもあります。

視野が狭く柔軟な対応ができない

視野が狭く冷静さがないことで、物事に対して柔軟な対応が出来なくなります。

マニュアルに書いていないことや初めてのことに対してどうすれば分からない、状況に合わせて融通を利かせることができない、などがあります。

心に余裕がないときの対処法

心に余裕がない時の対処法を紹介します。

  • 余裕がなければ頼みを断る
  • こまめに休憩を挟む
  • 趣味に没頭する
  • 長期休暇を取ってリフレッシュする

もっと穏やか、冷静に日々を過ごしたい、心に余裕を持って毎日を送りたいという場合は、自分に合ったストレス発散法を知り、ストレスを溜めないような工夫が必要です。

余裕がなければ頼みを断る

忙しいのに上司や先輩から仕事を頼まれ、断りづらくて受け取ってしまった、といった経験はありませんか。

無理をしてストレスを抱えるくらいなら、思い切って依頼を断りましょう。

その際は、ただ「出来ません」というのではなく「今は◯◯に手が一杯で受けられません」と、理由を添えて断ることで相手も納得してくれるはずです。

プライベートも同様に、気の乗らない相手からの遊びの誘いや親や友人からのちょっとした頼み事などは、余裕がなければ断る勇気を持ちましょう。

本当は行きたい・やりたいと思っているのであれば「今週は仕事が忙しくて余裕がないが、来月なら大丈夫」といったように別の日を提案するとよいでしょう。

こまめに休憩を挟む

心に余裕がないと実感し始めたら、意識的に休憩を取るようにしましょう。

人の集中力は本来長時間持続するものではありません。一時間に一回は少し立ち上がってストレッチをしたり、コーヒーなどを飲んでリフレッシュしたり、近くの同僚と少し話をするなど気分転換をしましょう。

忙しくて休憩を取るのも忘れてしまう、という場合はタイマーなどをセットして強制的に休憩する時間を作る方法もおすすめです。

趣味に没頭する

仕事やプライベートでのあることで頭がいっぱいになってしまっている時は、趣味などで頭を空っぽにする時間を作るのも効果的です。

スポーツや料理など身体と頭を同時に使う作業や、プラモデル作りや工作、楽器など指先を使う作業が特におすすめです。

趣味に没頭することで、あなたの頭を悩ませていることを一時的に忘れることで、気持ちが軽くなったり問題に前向きに考えられるようになるでしょう。

長期休暇を取ってリフレッシュする

仕事がとにかく忙しくて毎日に余裕がない、という方は思い切って長期休暇を取ってみましょう。

休みを取って一人旅に出かけるのもよし、部屋の片付けや模様替えなど生活空間を変えてみるのもよし、撮り溜めしている海外ドラマなどをひたすら見るのもよし、自分のために時間を使いましょう。

もし休暇期間中に仕事のことが頭によぎっても「今は考えても何も出来ないから仕事が始まってから考えよう」と気持ちを切り替えるようにしましょう。

悩みの原因を根本的に解決しなくてはいけない場合も多い

繁忙期など一時的な仕事のストレスや恋人とのケンカなどプライベートの嫌なことなど、時間とともに解決ができる問題であればちょっとした気持ちの切り替えで対応が出来ます。

しかし、長期的に大きなストレスを抱えている場合などはその原因を根本的に解決しなければいけないケースもあるでしょう。

以下の記事では問題に対しての根本的な解決策を紹介します。ぜひ合わせてご覧下さい。

心に余裕がない人への具体的な解決策を説明。ゆとりを持つために読むべき本も紹介

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement