テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

円滑なコミュニケーションを取る際に必要な「うまく話を伝えるためのスキル」を紹介

更新: 2020.10.16

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

話し相手に対して「うまく自分の話が伝わっていないのかな」と感じた経験がある人も多いのではないでしょうか。

本記事では、円滑なコミュニケーションを取る際に必要なうまく話を伝えるためのスキルを紹介します。

物事をうまくを伝えるのが苦手な方や、コミュニケーション能力を向上させたい方はぜひ参考にして下さい。

円滑なコミュニケーションには話を伝えるためのスキルが重要

円滑なコミュニケーションを行うには、相手の立場に立って話をすることが大切です。

相手のことをないがしろにしてしまっては、よい人間関係も築けません。

そういった自分本位ではない考え方で会話ができるようになるスキルはいくつかあります。

そのようなスキルを身に付けられれば、相手に話が伝わらないということがなくなり、双方が嫌な気分になることもありません。

円滑なコミュニケーションで良質な関係性を築きたいと考えているのであれば、話を伝えるためのスキルを身に付けるべきでしょう。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

相手に話をうまく伝えるために重要なスキル

ここでは、相手に話をうまく伝えるために重要なスキルを紹介します。ぜひ参考にして下さい。

アサーション

アサーションとは、自分の意見を押し付けるのではなく、相手の意見も大切にして、お互いを尊重し合うコミュニケーションスキルの1つです。

言いたいことをいえずに我慢している人や、相手の意見が受け入れられなくて感情的になってしまう人にはとても有効です。

アサーションは建設的なコミュニケーションを築くうえで欠かせないスキルとなっています。

アサーションを行う際のコツ

まずアサーションを使いこなすには、率直・誠実・対等・自己責任という基本的な考え方を持つことが大事です。

自分の気持ちに誠実であり、率直な意見を投げかけ、対等な関係として相手を尊重し、自分の主張をどう相手が捉えてもそれは自己責任という意識を持ちましょう。

他には言葉の伝え方で、例えば「なぜあなたは遅刻するの?」と相手を主語に置くのではなく、「遅刻する工夫が(私は)できると思うよ」という自分を主語に置く方法があります。

こう伝えることで、相手を責めているように聞こえなくなるうえに、自分の主張もしっかりとしているといったコミュニケーションが生まれます。

アサーションスキルは、考え方と言葉の言い回しを意識することで身に付けられるスキルとも言えるでしょう。

コーチング

コーチングは一般的に、自発的な行動を促進するコミュニケーション技法として知られています。

こちらから質問を投げかけて、新しい気づきを与えながら、相手が自分自信で答えにたどり着くように促すといったものです。

このコーチングができれば、相手にとっては、「この人と話していると新しい考え方が生まれる」「悩みを解決するヒントをくれる」と感じるのです。

コーチングを行う際のコツ

コーチングを行うには、まず傾聴・質問・評価(承認)といったスキルを身に付けることが重要です。

傾聴により、まずは徹底的に相手の話を聞く姿勢をとれるようになり、次に相手が気づいていないことをわかってもらう目的での質問ができるようにならなければいけません。

質問には「なぜ」のWhyではなく「何」のWhatを使うように意識しましょう。

例えば「なぜやらなかったの?」ではなく「やらなかった理由には何があるの?」といったように、相手に考えさせる質問を投げかけて下さい。

そして最後に評価の部分です。ただ単に褒めるだけではなく「何がよいのか」という具体的な意見を言ってあげることが大切です。

コーチングはおもに部下に対してなどのビジネスシーンで使われることが多いですが、プライベートでも頼りになる人として見られるスキルでもあるのです。

プレゼンテーション

ビジネスシーンにおいて欠かせないプレゼンテーションのスキルは、相手に伝える技術でもありますが、行動してもらうための技術でもあります。

例えばビジネスシーンであれば「新企画の提案をして企画を採用してもらう」「コンペでのプレゼンで自社を選んでもらう」など。

プライベートでも「好きな映画を紹介して見てもらう」「美味しい料理店を紹介してデートする」などといったことが可能になる技術です。

決して相手を説得する技術ではなく、相手が納得したうえで前向きな行動を取ってもらう技術がプレゼンテーションスキルなのです。

プレゼンテーションを行う際のコツ

プレゼンテーションを行う際には、以下のようなことに注意しましょう。

・声は大きめにはっきりと
・話すスピードはゆっくり
・間を意識する
・重要なポイントは声を強めて強調する
・身振り・手振りを交える
・聞き手に質問を投げかける
・感情を込めて話す

など、このような意識することで説得力が増し、相手も熱心に聞いてくれます。

プレゼンテーション能力は、相手とコミュニケーションを取るうえでうまく話を伝えられる技術として重要なのです。

ネゴシエーション

ネゴシエーションと聞くと、交渉して駆け引きを行い、理詰めで相手を説き伏せるものだと思われがちです。しかし、優れたネゴシエーションとは、課題を解決する建設的なプロセスなのです。

そんなネゴシエーションのスキルは、相手を説得するだけでなく、お互いの納得感を高めるための技術とも言えます。

自分の主張だけではなく、相手の心理状態や感情面までも考慮して、お互いが嫌な気持ちにならずWinWinな関係性を築くためにとても重要なスキルなのです。

ネゴシエーションはビジネスシーンで使われるコミュニケーションスキルとして知られています。

それだけでなく、プライベートでも、意思が固く折り合いのつかない人との会話などに使える技術なのです。

ネゴシエーションを行う際のコツ

ネゴシエーションを実際に行うには、事前の準備が必要にもなってきます。まずは現状で抱えている問題点を洗い出しておきましょう。

そして次に、その問題に対するゴールの設定を行います。

ここでのゴールは2つ用意しておく必要があり、「可能であれば達成したい目標」と「最低限達成しておかなければならない目標」を設定しておきましょう。

そして同時に提案できる代替案を検討しておき、具体的で効果的な戦略を組み立てる必要があります。話し合う際はその用意してきた準備をもとに話を展開していきます。

ネゴシエーションを実際に行うのは少しハードルが高いですが、相手の気持ちや主張もしっかりと汲んだうえで成り立つので、双方がWinWinの関係になれるとても役立つスキルなのです。

相手のことを思いやる気持ちが大切

こちらが話し手としてコミュニケーションを取る場合でも、大切なのは相手のことを思いやる気持ちです。

いくら話している内容が素晴らしいことであっても、一方的に話すだけでは相手になにも伝わりません。

円滑なコミュニケーションを成立させて、良質な人間関係を築くには、まずは相手の立場に立って考えることが大切なのです。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

山岸
お笑い芸人兼作家として主にネタを書いたり脚本を書いたりしていました。 その後、ITベンチャー企業でWebメディアのコンテンツ作りやマーケティング、記事の執筆・校正などを経験し現在に至る。 好きなものは美味しいお酒と邦楽ロックです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement