ITキャリアの悩みを無料相談で解決! カウンセラーにITキャリア相談

断捨離で部屋をスッキリしよう!捨てるべきものを解説

作成: 2020.02.15 更新: 2020.04.20

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

たくさんのモノで溢れている自分の部屋を見て、気持ちがすっきりしない、断捨離をして生活も気持ちもリセットしたいと考えていませんか。しかし、いざ断捨離を始めようとすると何から手をつけてよいかわからない、という人も多くいます。この記事では、断捨離を成功させるための具体的な方法について解説します。

断捨離とは

数年前から急に聞かれるようになった「断捨離」。具体的には次のような意味があります。

断:新しく入ってくるいらない物を断つ
捨:家にずっといらない物を捨てる
離:物への執着から離れる

つまり、断捨離とはただ家の中になる不要なものを捨てるだけでなく、余計なものを買わないことや「より多く持ちたい」という物への執着心を捨てることも意味しています。

断捨離の目的

上述した言葉の意味の通り、断捨離とは今ある不要なものを捨て、新しく家の中に入ってこようとする不要なものを断ち、自身の物への執着心から離れることで、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが本来の目的です。

しかしながら、まだ使えるものや置いておきたいものを捨てることは簡単なことではなく、多くの人は引越しなどのタイミングで断捨離をすることが多いです。

 

6割近い人が断捨離経験あり

2010年には新語・流行語大賞にノミネートされ話題となった断捨離。断捨離に関連する書籍なども多く発売されている中で、株式会社ゲオホールディングスが2019年に行ったアンケートによると、実際に断捨離を試みた人は約6割いるとのことです。(回答数:7,593名 、男性:4,524名 女性:3,069名)

断捨離の主な理由には、「物が増えすぎた」(60%)、「気分転換」(27%)「生活を変えたい」(12%)などがありました。実際に断捨離をしたものとしては「衣料品・服飾品」(63%)が1位でした。

断捨離のコツ

すっきりと整頓された部屋や物を持たない生活に憧れて断捨離を決意しても、なかなか上手くいかないことも多くあります。あまり着ることはないけどお気に入りの服や思い出の物を捨てることはとても勇気と体力がいることです。

何から手を付けていいかわからない、物への執着から離れられる気がしない、という方のために断捨離を実践するにあたって心得ておくべきことを紹介します。

捨てることに躊躇しない

断捨離をする上でまず重要なことは、捨てることを躊躇しないことです。

「捨てるのがもったいない」「買ってから一度も使っていない」といった理由で捨てられない物も、手放してみると意外と大丈夫だったりします。

思い切って物を捨てていくと、気持ちもだんだんとスッキリしてきて捨てることが楽しくなってきます。最初は難しいかもしれませんが、「捨てるかどうかを考える」のではなく「手元に残すものを選ぶ」という気持ちで進めていきましょう。

一度でやろうと思わない

断捨離の失敗理由の一つに、家中の全てを一度にやろうとして疲れて断念してしまう、というのがあります。家の中全てを断捨離するためには、多くの時間と労力が必要です。

初めて断捨離をする場合は例えば「今日はクローゼットの中だけ」「キッチンの中だけ」と少しずつやっていくのがおすすめです。

「断捨離期限」を設ける

断捨離をしていると、きっぱりと捨てることができるものの、残すか手放すかを決められないものが出ています。

捨てるか捨てないかをどうしても決められない場合、一度判断を保留し、少し時間が経った時にもう一度考えてみましょう。

例えば、あまり着ていないけどお気に入りの夏服の場合には、「今年の夏も一度も着なかったら捨てる」など期限を決めて捨てる・残すの判断をするとスムーズに断捨離が進められるでしょう。

新しくものを買うことに慎重に

断捨離と言えば「捨てる」というイメージが強いですが、大切なのはその捨てた後です。せっかく頑張って部屋をすっきりさせたのに、また次から次へと新しいものを買ってしまっては意味がありません。

断捨離で片付いた部屋をキープするために、新しく物を買う時には「本当に必要かどうか」「どうしても欲しいものか」をしっかりと考えましょう。

自宅で学べて安心!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職は、受講生の3人に1人がオンライン受講
◎オンライン受講の満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

場所ごとの掃除方法

断捨離を成功させるためのポイントは、家のそれぞれの部屋ごとに異なります。台所やクローゼット、本棚などの場所別に、どのように片付ければよいかのポイントを紹介します。

台所

キッチンガジェットなど細々とした物が多い台所。買ったまま消費していない保存食品やいつか使うかもしれないと思って取っておいた割り箸やプラスチックのスプーン、衝動買いした食器などで溢れかえっている、ということも珍しくありません。

台所を掃除するポイントは、まず引き出しや棚の中にあるものを全て出し、物の総量を把握することです。その後、賞味期限や使用状態を見ながら食器や器具を絞り込み、1年以上使わなかったものはきっぱりと手放しましょう。

タンス

扉を閉じてしまえば物の多さがあまり気にならないタンスですが、このエリアの掃除もまず全て外に出してみることから始めます。

ベットの上にタンスの中身を全て出してみると、その多さに驚くことでしょう。そこから「残すものを選ぶ」気持ちで、よく着ている服やお気に入りのものをタンスに戻していきます。

お気に入りの洋服だけを残すようにすれば、毎日の服選びに悩むこともなくなります。サイズが合わないものや傷んでいるものは、フリマアプリで出品したり廃棄しましょう。

玄関

仕事用の黒のハイヒールと週末のお出かけ用のサンダル、歩く日のためのスニーカーや雨の日用のレインブーツなど、特に女性の場合は玄関がごちゃごちゃしがちです。男性の場合も、同じようなスニーカーが何足も並んでいる、ということもあるかもしれません。

玄関も他のエリアと同様、まずは棚から全てのもの玄関に並べ、そこから残すものをピックアップしていきます。もう履けない靴や用途や見た目が同じような靴は断捨離の対象となります。

居間

家族全員の物が集まる居間の掃除は、全てを一回でやろうとせず、引き出しの中やテレビボートなど一つずつやっていくのがおすすめです。自分以外のものを勝手に捨ててしまって後でトラブルにならないよう、断捨離するのは持ち主に確認してからにしましょう。

本棚

なかなか整理することがない本棚。このエリアでは、この後の人生で取っておきたい本だけを残すようにしましょう。一度読んだ本や買ったものの読んでいない本は思い切って手放します。

本を捨てるのはなんとなく後ろめたい…という方はフリマアプリや古本屋で買い取ってもらいましょう。

捨ててよかったもの

物を捨てたいけど何を捨てたらいいのか分からない、捨てる勇気が持てない、という方のために、断捨離を経験した人が「捨ててよかった」と言っているものを紹介します。

洋服

「いつか着るかも」の「いつか」が来ることは基本的にありません。高い服も着ないのであれば、クローゼットのスペースを取るだけです。断捨離をした後は、1着買ったら1着捨てる、というルールを設定すれば、増えすぎることがないのでおすすめです。

昔読んだ本ほど愛着があったりしますが、重くて大きな本は収納場所を多く必要とします。

断捨離を機会にもう読まない本は手放したり、本当にお気に入りの本は電子書籍に変えたりすると、本棚が不要になります。

書類

気がついたら溜まっていく書類は、一枚ずつ必要なもの・いらないものに分けて、本当に取っておく必要があるものだけをファイリングしましょう。原本が不要な書類はスキャンして電子データとして残しておく方法もあります。

食器

結婚式の引き出物やプレゼントでもらったお皿やマグカップが溜まりがちな食器類。かけている食器や使っていない食器を処分すると、食器棚もすっきりさせることが出来ます。

捨てて後悔したもの

断捨離をしていると何でも捨てたい衝動にかられてしまうこともありますが、これからの紹介するような物は、捨てた後で後悔する可能性もあるため注意が必要です。

写真

数年後にふと昔の写真を見たくなったり、結婚式などのタイミングで昔の写真が必要になることもあります。面倒ですが、捨てる前にスキャンするなどデジタル保存しておくと良いでしょう。

手紙や葉書

手紙や葉書は送り主の住所や連絡先が載っているので、誰かに手紙を出す時に必要になることがあります。

連絡先をクラウド上のファイルに残したり、ハガキをスキャンして保存しておくと、後になって困ることもありません。

まとめ

多くの時間とエネルギーが必要な断捨離は、一度に完璧にやろうとせず、エリアを決めて少しずつ進めるのがおすすめです。断捨離をする際には、「一年以内に使わなかったものは捨てる」「サイズが合わない服は捨てる」など自分なりのルールを決め、あなたが本当に必要な、大切な物だけが残るようにしましょう。

受講料最大50,000円OFF!先の見えない時代でも求められる人材「ITエンジニア」を目指すチャンス

「今の仕事は、10年後も必要とされているだろうか……」と、将来の働き方に不安を抱えていませんか?
不安定で先の見えない時代でも求められる人材になりたいなら、ITエンジニアがおすすめです。
テックキャンプなら、IT業界未経験・知識0の人でもエンジニア転職を実現できます。
今なら、9/30までの期間限定で受講料が最大50,000円OFF!
無料オンラインカウンセリングで、今すぐIT転職への不安を解消しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。