ITキャリアの悩みをカウンセラーが解決! 無料ITキャリア相談はこちら

【繊細さを活かして働く】おすすめの職種やコツについて解説

作成: 2019.06.14 更新: 2019.06.12

>>2020年テクノロジー業界に挑戦すべき5つの理由

不安定な時代を生き残るための限定資料はこちら

あなたは自分が「繊細」だと悩んでいませんか?

仕事には慣れてきたけど、ちょっとしたことで傷つくことが多かったり、 何気ない上司の言葉がずっと気になったりしませんか?

失敗が恐くて、自分からアクションが起こせない状態になっているかもしれません。

「 この先仕事を続けていけるか不安」と思っているなら、少し立ち止まりましょう。

あなたがコンプレックスに感じている繊細さは、上手く付き合えば大きな長所にできるからです。

どんな長所も扱い方を間違えば生かせません。同じように、短所に思われる繊細さは長所として活かすことができ、上手く付き合って傷つかないように生きていくこともできるのです。

この記事では、繊細な人の特徴の判断の仕方、また繊細さを活かした職種や働き方について解説していきます。

繊細な人に向いている職種と働き方

「自分は何でこんなに繊細なんだろう」と悩んでしまうことはありますか?

もしあなたが繊細だとしても、全人格を否定する必要なんかありません。

繊細な人には特有の長所があり、それを活かした職種や働き方が必ずあります。

ITエンジニア

繊細な人の適職として、まず挙げられるのはITエンジニア。プログラミングはセンシティブな仕事です。

コードを1文字間違うだけでプログラムが機能しないことがあり、細かい部分に気付くことができる繊細な人はITエンジニアに向いているのです。

もちろん、専門職であるITエンジニアには、専門的なプログラミングの「知識」や「スキル」が必要とされます。

特定の分野を深く極めていく仕事であるため、まじめさを持つ繊細な人に向いています。

また、繊細な人に多く見られる「物事を深く考えすぎてしまう」部分は、エンジニアの仕事ではプロ意識の高さとなり、強みとなって活かすことができます。

相手の立場になって考えることも得意なので、クライアント(顧客)が満足できる仕事をするエンジニアになれるでしょう。

デザイナー

デザイナーなどのクリエイティブな仕事は、繊細な人に向いている仕事としてよく挙げられます。

繊細な人は感受性にすぐれている人が多いため、普通の人とは異なる感性を表現できるのです。

デザイナーには自分が感じたインスピレーションをデザインとして表現する技術が必要。細部までこだわることが得意な繊細な人に合った仕事といえるでしょう。

繊細な人は、処理速度など量的生産性よりも、高付加価値な生産性を求められる仕事が総じて向いています。

カウンセラー

カウンセラーも、繊細さを活かして働ける仕事だといえます。

カウンセラーは、悩んでいる人の心を理解して解決に導くのが仕事ですが、ここで繊細なあなたの特性や過去の経験を活かせるのです。

まず、相談者の悩みに対する高い共感力で、親身になって話を聞いてあげることができます。カウンセラーに対して、相談者が心を開かないようでは仕事になりません。

相談者に信頼され心から感謝されれば、やり甲斐が感じられるでしょう。

また、繊細すぎる人は自分が傷つきやすく、言葉じり一つが気になってしまう性格なので、相談者に対しても配慮したコミュニケーションが取れます。

ただ、注意すべき点もあります。

相談者に親身になりすぎるがゆえに、感情移入しすぎてしまう可能性があります。相談者と一体になってしまうことは危険なので、繊細すぎる人はその点に注意しなくてはなりません。

共感ではなく、カウンセリングによって問題の解決を目指すことがカウンセラーの仕事です。

アーティスト

繊細な人に向いてる仕事として、アーティストもよく挙げられます。アーティストは感性を生かして、独自の表現を行う仕事です。

アーティストといっても幅広く、画家、小説家、ミュージシャンや歌手も含まれます。

「作品は自分の子どもである」と言うアーティストが多いことからも、アーティストは仕事を単なる「お金を稼ぐ手段」とは捉えていない人が多いです。

売れないと食えない、といったイメージが強いアーティストですが、最近はインターネットサービスやSNSの普及で彼らのマネタイズの場が拡大されてきました。

例えば歌手やタレントであれば、YouTubeをはじめ、仮想ライブ空間SHOWROOMや台湾の会社が運営する17 Liveなどで自分のパフォーマンスをマネタイズできます。

素人でも、リスナーから「投げ銭」や「ギフト(お金)」を送ってもらうことで経済活動ができるマーケットが誕生し、実際に大金を得ている人もいます。

もちろん、全ての人がうまく行くわけではありません。

ただし、SNS・動画配信といったサービスを上手く利用するといった多角的なアプローチを行えば、アーティストを本業にできる可能性は高まります。

以前よりも、ハードルが低くなった職業と言えるでしょう。

ライター

ライターも繊細な人が才能を発揮できる職業です。コミュニケーションがストレスに感じる繊細な人にとって、一人で行える執筆という作業は取り組みやすいでしょう。

また、人に読んでもらう文章を書けることが前提なので内容に嘘があってはいけません。細やかなファクトチェックが要求され、それができる人にしか務まらない仕事です。

誤字脱字がない文章であることも基本となりますが、細部に目を向けられる繊細な人であれば問題なくクリアできるでしょう。

ライターといえば紙媒体がメインでしたが、インターネットを利用してWebメディアやブログで執筆するという働き方も選べます。

ドライバー

長距離でも一人きりで運転しなければならないドライバー。逆にいえば、繊細であまり人と関わりたくない人に向いている仕事です。

指定された時刻までに、安全運転で荷物や乗客を届ける仕事なので、運転技術と細やかな調整能力が要求されます。

在宅ワークで働く

黙々と一人で作業する在宅ワークは、人に気を使わなくてよい繊細な人に向いている働き方です。

世の中には一人では寂しくて仕事ができない人もいるのですから、「一人で楽しく働ける」ことは才能だといえるでしょう。

繊細さを活かして働くコツ

このように、繊細さを活かして働ける仕事は多々あります。

何事にも長所もあれば短所もあるわけですが、繊細さの良さを活かして上手く働くコツを解説します。

自分の繊細さをコンプレックスに思わない

繊細であることを、克服すべきコンプレックスだと思わず、自分の「特徴」だと考えてください。

打たれ弱いこととメンタルが弱いことは別物です。

繊細でプレッシャーを感じやすく落ち込みやすくても、むしろ、それを乗り越えてきているならば人よりもメンタルは強いといえるでしょう。

繊細な人は総じて平和主義者なので、場を乱さず、空気を読んで最適な行動が取れることも強みなのです。

できることを活かした働き方にフォーカスし、苦手な部分は他の人に助けてもらうという方法もあります。

その分あなたも、お返しにたくさん援護してあげましょう。

こまめにコミュニケーションを取る

不安を感じることの多い繊細な人。ならば、こまめにコミュニケーションを取ることで、不安を克服するように意識しましょう。

「意見を伝えるのが苦手」と臆してしまうあなたは、状況に応じてトライし、意見を発する場数を踏めば良いのです。

コミュニケーション上手も、「慣れ」で目指していけます。

働きやすい人と仕事をする

頭ごなしに意見を否定したり、いつもイライラしているような人とは、誰も働きたくないものです。

そんな人とは仕事をしないようにしましょう。

人の機嫌を取ることが仕事ではありません。

そんな職場で疲弊せずに、あなたにマッチする会社を選ることにエネルギーを使って、能力を最大限に発揮できる場に出会うことの方が大切です。

在宅ワークでフリーランスとして働いたり、リモートワークに対応した企業を選んで働いたりという選択肢もあるのです。

楽観的な言葉を口にする

もしあなたが落ち込みやすいとしても、もう根本的には直らないでしょう。

それなら、心から思えなくても、楽観的な言葉を口にしてみましょう。不思議と落ち込みが和らぐものです。

「とりあえずできた」「どうにかなる」「よし」「えらい!」

などと口にすると、そのような気持ちに少しずつ変わるのですから不思議です。

人に嫌われることを恐れない

どれだけ嫌われまいと気を使っても、仲良くなれない人はいます。

まわりに気を使ってしまうのは、そういう性格なので仕方がなくても、無理に好かれようとしないでください。

嫌われても仕事ができれば問題ない。そう考えて割り切ることも大切です。

期間限定で受講料が60,000円お得!オンラインでエンジニア転職を実現

テックキャンプ エンジニア転職9/16~22限定で60,000円お得!
◎受講生の3人に1人がオンライン受講。満足度は4.4/5点の高評価
まずは、ITキャリアの悩みを無料カウンセリングで相談!

そもそも繊細とは

「繊細」という言葉の意味や正しい使い方について考えたことはありますか?

そもそも「繊細」はネガティブに使われる言葉なのではと、繊細な人なら疑ってしまうのではないでしょうか。

繊細の意味

「繊細」を辞書で調べてみると、下記の通りになります。

① 細く美しい・こと(さま)。 「 -な指」
② 感情や感覚がこまやかなこと。微妙なこと。また、そのさま。デリケート。
コトバンク

つまり、繊細の意味を解説すると次のようになります。

「繊細」は、見た目と内面の2通りの意味で使われています。

1つ目は「ほっそりとしていること」「弱々しい様子」です。性格や特徴を表すよりも、見た目を表現したい時に使われます。例えば「彼女の繊細な指」などのように使われます。

2つ目は「感情がきめ細かいこと」「打たれ弱い」「優しい」など、内面の特徴や性格を表現したい時に使われます。おもに「繊細な人」とは、こちらの用途で使われることが一般的です。

繊細の正しい使い方

それでは、コトバンクより例文も引用してみましょう。

① 細く美しい・こと(さま)の例文です。
医範提綱とは1805年、人体構造の研究のために西洋医学の書物を翻訳し要点をまとたものです。そのなかに「繊維は繊細なる条管にして」という下りがあります。

② 感情や感覚がこまやかなこと。微妙なこと。また、そのさま。デリケートの例文です。
北村透谷の「厭世詩家と女性」には「蓋し(けだし:まさしくといった意味)女性は優美繊細なる者なり」という分があり、こちらでは内面を表す目的で使われています。

繊細の類語・対義語

類語、対義語も同時に見ていきましょう。

繊細の類語

「デリケート」が類語に当たります。こちらは、人の内面を表す場合「繊細」よりもネガティブな意味合いで使われます。

繊細の対義語

対義語は、「図太い」「がさつ」です。こう考えても、「繊細」には褒め言葉としての意味合いが多いことが分かります。

繊細な人の性格について

繊細な人に見られる特徴を挙げて詳細に説明していきます。

細かいことに気づける

繊細な人は、他の人が見過ごすような細かいことによく気づきます。

しかも細部にまでこだわれるので、完璧主義とも言い換えられ、仕事でも完成度の高いものを生み出せます。

ただし、ざっくりしたことは苦手。一つ一つのことに時間がかかる場合も多いです。

相手のことを考えられる

相手のことを考えられるやさしさがあります。その反面、自分の言動をまわりがどのように受け取るか気にしやすい傾向もあります。

選択に時間をかける

繊細な人はさまざまなことを考えて、最適な選択を導き出そうとします。

決断までに時間がかかるので、悪く言えば「優柔不断」です。よく言えば「思慮深い」ということでしょう。

落ち込みやすい

繊細な人は些細なことが気になり、落ち込みやすい傾向があります。どちらかといえば、打たれやすい性質と言えるでしょう。

なにごとも、真面目にとらえすぎてしまいます。

繊細な人の特徴

今度は、繊細な人かどうかを判断するための特徴を紹介し、解説していきます。

あなたにはいくつ当てはまるものがありますか?

物事に対する感覚がするどい

通常はスルーするようなところに目をとめ、価値を見出したり、問題視したりします。洞察力が高く、本質を見抜く力も鋭いです。

人と深く付き合える

他人に興味を持てない人もいるなか、繊細な人はとことん他人にも興味を持って接するので相手を理解することが得意です。

会話において、言葉だけではなくその所作からも相手の考えや感情を読み取ります。

その結果苦手な人も生まれますが、基本的に人と深く付き合う傾向があると言えるでしょう。

初対面の人が苦手

繊細な人は「嫌われたらどうしよう」と発想することが多いので、初対面の人にはとても慎重です。

はじめてあった人とすぐに打ち解けるということは稀。回数を重ねるごとに親交を深めていきます。

まわりに気を使う

他人の言動や感情に敏感で、輪の中に入って来れない人はいないか、退屈している人はいないかなど、常にチェックし気を配ってしまいます。

まわりの調和を考えた行動を取ることが繊細な人は得意です。

些細なことが気になる

小さなことでも気になったら、いつまでもひきずります。人の言葉尻が気になってしまうと、解決するまでモヤモヤしたりします。

自分でも気にするほどのことではないと理解していても、「あの言い方は問題なかっただろうか」などずっと気になってしまうのです。

やることが多いと困る

じっくり完成度の高い作業をしたいタイプなので、数多くの仕事を手早く終わらせるのは苦手で好みません。

いわゆるマルチタスクで物事を進めるのには不向きと言えるでしょう。

プレッシャーに弱い

プレッシャーに弱いことも繊細な人の特徴です。まわりの人からどのように見られるかが気になったり、うまくできるだろうかと不安になったりします。

そのため、プレゼンなどで本人が思っている以上にうまくできていたとしても、自己評価は低くなりやすいです。

意見を伝えるのが苦手

「こういったらどう思うだろう」と相手の立場を常に考えてしまうため、自分から意見を伝えるのは苦手です。

会議などで積極的に意見するタイプではありません。

アートや音楽などを好む

芸術など自分の感性を解き放ってくるものが大好きです。何時間でも楽しんで浸っていられます。

感性や感覚が鋭いので、さまざまな情報を読み取り、そこから学ぶことができることも繊細な人の特徴です。

繊細な人の長所・短所

先述の通り、どんな人にも長所と短所はあります。

繊細の人の長所と短所もしっかりと把握して、仕事やプライベートに生かしましょう。

繊細な人の長所

これまでも述べてきましたが、繊細な人には他にない多くの長所があります。

美的センスが高い

感覚の鋭さは美的センスの高さに直結しています。

ラッピングやコーディネイト、お弁当作りまで、完成度高く作り上げようとしてこだわります。

そもそも繊細な人には美的センスが高い人が多いのです。

正確な作業ができる

細かい部分まで気にして目を配ることができるので、正確な作業を行えます。

職場でも仕事の正確さは秀でていて、一目置かれていることでしょう。

場の空気が読める

繊細な人は場の空気が読めるため、大切な人の接遇なども安心して任せられる人材です。

コミュニケーションにおいて大きな失敗をすることはあまりありません。

誠実さや純粋さがある

そもそも純粋なので損得で行動することがないため、人から好かれます。

繊細な人の短所もその愛らしさから許される場合が多いです。

これは、とても幸せな長所ではないでしょうか。

繊細な人の短所

繊細な人にはもちろん短所もあります。

あらかじめ自分の短所を理解して、それと上手く付き合っていけば良いのです。

自分についてしっかりと知ることはどんな人にも大事なことです。

まわりが気を使う

繊細な人は些細なことにも敏感なため、周りの人の方がかえって気を使うことがあります。

「この人の前では下手な冗談は言えない」などと思われていることは多いはずです。

人に気を使って疲れやすい

人と関わる時、必要以上に気を使って様々なことを考えるのが繊細な人です。

疲れないといったら嘘になるでしょう。「人疲れ」するタイプなのです。

決断や行動が遅い

物事の大小に関わらず決断を下すまでに時間がかかるのが、繊細な人です。

ランチに行っても、おやつを買いにコンビニに寄っても、ベストなチョイスをするためにどこまでも悩むのです。

いつも物事に真剣に臨んでいることの証明でもあります。

出来事を引きずる

「あれはどういう意味だったのかな」「あんなこと言わなければ良かった」など、繊細な人は、他人の発した言葉尻にとらわれたり、自分の発した誤解を招きやすい一言に悩んだりします。

いつまでも過去にとらわれていることは、現在を生きていないという意味になってしまいます。

自分も他人も同じで、人間とは「やらかす」生き物です。

気に障ることを言われてもスルーし、失言してしまっても「相手はこんなことで怒らないから大丈夫」と自分に言い聞かせるようにしましょう。

そもそも他人も自分のことで精いっぱいで、他人のことなどいつまでも気にしていないのですから。

自分の繊細さをテストでチェックする

自分が繊細な人に当てはまるかどうか、判断できましたか?

自分は繊細だと思っていても、そうでない場合もあります。

今ひとつ判断できなかった場合は、繊細な人かどうかをテストしてみましょう。

以下のサイトでは、繊細な人かを簡単にチェックできます。

「自分は繊細ではない」と思う人も、一度やってみたらいいかもしれません。

参考Webサイト:繊細さチェック Test.jp 

繊細さは上手く付き合えば武器になる

「私は繊細だ」という自覚がある方は、今までそのことをマイナスに捉えて、ずっと悩んでこられたのではないでしょうか?

世の中には大胆で発言力があり、決断が早い人が勝者であるといった風潮があるかもしれません。特にビジネスの世界ではそうです。

しかし、繊細な人も特性を活かして、同じくらい、いやそれ以上活躍してきたといえるのです。

要は、あなたの繊細さと上手く付き合えるかどうかなのです。

繊細な人の長所を良く理解して、あなたの価値を発揮できる場所を探しましょう。

3人に1人がオンライン受講!60,000円お得な今がチャンス!

「オンライン受講だと、学習をやりきれるか不安…」と悩んでいませんか?

転職成功率99%のテックキャンプ エンジニア転職では、「やり切れる」オンラインスタイルが大好評!

9/22までの期間限定で受講料が60,000円お得な今がチャンス。

まずは無料オンラインカウンセリングで、エンジニアへの第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

椎名 妙子
2016年までは小さな英会話スクールで働く。システム開発業の夫を手伝ううちに、IT業界に魅せられる。夫と育児系のiphoneアプリをリリースしたことも。2017年からIT関連のライティングを開始。日々いろいろ勉強中。最近は、子供達と動画チャンネルを作っています。