テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

楽観的とはどういう意味?考え方の特徴や長所・短所、なり方・口癖を解説

更新: 2021.06.20

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

「楽観的に明るく生きたい」「楽観的な人はマイペース過ぎて性格が合わなくて嫌い」

このように、楽観的という言葉に対して持つ印象は人によってさまざま。

しかし、楽観的な考えを持って、仕事やプライベートをポジティブに過ごしたいという人も多いと思います。ワークライフバランスの実現のためにも、楽観的な考え方を身に着けたいところ。

この記事では、楽観的な人になるための基礎知識として、正しい言葉の意味・楽天的との違い・特徴・長所・短所について解説します

また、楽観的な人になるための3つのステップと明るく生きるための6つのポイントについて紹介します。

この記事の目次

楽観的とはどういう意味?

普段何気なく使っている楽観的という言葉の正しい意味について解説します。

楽観的は未来に対して明るい見通しを持つさま

楽観的とは「きっとうまくいくだろう」と物事を捉え、未来に対して明るい見通しや考えを持つさまを指します。

楽観的な姿勢・楽観的な生き方・楽観的な考え方など、さまざまな場面で形容詞として使われます。

「プラス思考」「ポジティブシンキング」なども、楽観的と似たような意味で使われます。

楽観的の類語・対義語

楽観的の類語は「希望的」「屈託のない」「気楽」などです。

楽観的の対義語は「悲観的」 です。先行きに不安を持ちやすく、物事に対して希望が持てないさまを指します。

楽観的の英語での表現

楽観的は英語で「optimistic」「rosy」「positive」などで表します。

楽天的とは意味が異なるので使い方に注意

楽天的と楽観的は、似たような意味で使われることも多いですが違いがあります。

楽天的はどちらかというとマイペースという意味で使われることが多いです。楽天的な人は、すでに起きている過去のできごとに動じず、のんびりと構えられます。

楽観的な人は「きっとうまくいく!」と未来を考え、楽天的な人は「これくらい大したことないよ」と過去に動じない人というイメージで捉えるとわかりやすいと思います。

無料キャリア相談!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。(条件を満たせば給付金の支給があります)

徹底したサポート体制があるので、転職成功率は99% 実際に受講した人の体験談はこちらから

今の仕事を続けて大丈夫だろうか」と不安なら、何でも相談できる無料カウンセリングに参加してみませんか?IT転職に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩みを解決します。

ブログ読者特典でAmazonギフト券3000円分もプレゼント中!無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2016年9月1日〜2020年12月31日の累計実績。所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

「楽観的」の使い方と例文

人の態度や考え方などをより具体的に表す形容詞として、楽観的という言葉は使います。

使い方としては「楽観的な考え方」や「楽観的な生き方」などがあります。

楽観的を使用した例文

以下が楽観的を使った例文です。

  • 彼女は楽観的な性格なので、失敗した私をいつも励ましてくれる
  • 人生は楽観的に捉えた方が明るい気持ちになる
  • 社長の楽観的な答えからは、危機感が感じられなかった

楽観的という言葉を使う時には、楽天的との違いに気をつけましょう。

楽観的な人の考え方の特徴

楽観的な人に憧れる人もいる一方で「嫌い」「イライラする」といった印象を持つ人います。

なぜ、そのように意見が分かれるのか。それを理解するためには、楽観的な人の思考の傾向や特徴について知ることが必要です。

以下で楽観的な人の考え方や特徴について解説します。

過去に捉われすぎない

楽観的な人は失敗やミスに対して反省はしますが、過剰に捉われすぎることはありません。

過去のできごとや体験から、未来に対して不安をあまり抱いたりはしない性格しています。

前向きに今を楽しむ

過去にとらわれることなく、未来に対する明るい見通しを持っているので、今を楽しもうという姿勢が強いです。

これは、楽観的な人のとてもいいところです。未来は今の積み重ね。それを直感的に理解して、今を優先して行動できるところが楽観的な人の特徴と言えるでしょう。

自分らしく生きることを大切にしている

楽観的な人は、自分らしくのびのびと生きることを大切にしています

そのため、他人にも自分にも完璧を求めすぎません。仕事においては「目標が達成できればOK」という姿勢を持ちやすいです。

細かいことよりも、大局的に物を見る傾向があると言えるでしょう。

以下の記事では「自分らしさ」について解説されています。ぜひ参考にしてください。

悪いところよりもよいところを見る

楽観的な人は、短所やミスに対して寛容。人の悪いところを変に探そうとせず、よいところを見つけるのが上手いです。

人には得手・不得手が少なからずあります。仕事においてそれぞれの長所を活かすことは、チームで働く上でとても重要。

お互いの長所に目が向けられると、お互いに敬意を持ったよいチームワークが生まれやすいです。

楽観的な人がいると、チームが明るい雰囲気で回るようになるでしょう。

何事にも素直

楽観的な人は何事にも素直です。


誰かが評価されたり、成功したりした時にその人のことを妬んだり、羨ましがったりしません。

素直に「おめでとう」「やったね」などと相手のことを褒めることができます。そして、誰かの頑張りを糧にして、自分も頑張ろうと思える人が多いです。

周囲の目を気にしない

楽観的な人は周囲の目をあまり気にせずに生きています。誰かと比較しても意味がないと思っているため「自分は自分、他人は他人」というスタンスです。

そのため、自分にとって楽しいと思えることがあれば周囲にどう思われようが、実行します。「どう思われるかな」「失敗したら笑われるかも」などという余計な心配はしません。

感情的にならない

感情的にならないのも楽観的な人の特徴です。嫌なことや不愉快なことがあったとしても「ま、こういうこともあるか」と割り切って考えることができます。

さらに、不愉快なことを言われた時に「この人はきっと辛いことがあったからこんな発言をするんだ」などと相手の理解に徹して言葉を受け取ろうとします。

そのため、感情が表に出ることがほとんどありません。

楽観的な人の長所

楽観的な人の長所について以下にまとめました。

決断が早く行動力がある

「きっとうまくいくだろう」と考えるので、楽観的な人は物事に対する決断が早いです。また、迷いがないので行動に移すのもスピーディー。

移り変わりが激しいビジネスシーンにおいては、行動力があることは大きな長所と言えるでしょう。

積極的にチャレンジできる

失敗を恐れないので、楽観的な人は新たなチャレンジに積極的

「うまくいくだろうか」と悩んだり、迷ったりしないので、まわりを引っ張る人とも言えるでしょう。

まわりを明るい気持ちにする

楽観的な人は前向きなポジティブ思考なので、いつもニコニコしている人が多いです。

また、落ち込むことがなくリラックスしているので、まわりを明るい気持ちにしてくれます

積極的にコミュニケーションを取れる

積極的にコミュニケーションを取れる社交的な性格も、楽観的な人の長所。

明るい性格で他の人のよいところに目が向くので、興味を持って話しかけることも多いです。

ニコニコと笑顔を絶やさないので、相手も楽観的な人に気を許しやすくなります。

ビジネスシーンにおいて、取引先などともよい関係を構築するのが上手いです。

楽観的な人の短所

楽観的な人に憧れる人も多いと思います。できれば、仕事もプライベートも明るく過ごしたいもの。

しかし、一見するといいところばかりの楽観的な人にも以下のような短所があります。

よく考えずに行動してしまう

よく考えずに行動してしまうので、時にはそれが失敗につながる場合もあります。

根拠となるデータの分析やアプローチの深堀りをあまり行わないので、「そんなことも考えてなかったの?」というようなミスをすることもしばしば。

決断が早いことはよいところです。しかし、その分誤った決断をする可能性も高くなります。

部下であれば上司にとって扱いやすい人。しかし、楽観的な人が上司だと、決断に対して不安が残るでしょう。

よく考えてから正しい選択をしたいと思う慎重な人にとっては、イライラする原因にもなります。

危機感がなくマイペース

楽観的な人はまわりの空気を読まずにマイペースであるため、不信感を与えることもあります。

思わぬトラブルや重大なクレームが発生しても、楽観的な人は危機感を持つことは稀。

周囲の人は深刻な事態と考え、問題解決やリカバリーに忙しそうに働いていても気にすることはあまりないです。

どうにかなるだろうと変わらない様子でいるので、まわりとの温度差が生まれてしまいやすいのは楽観的な人の短所と言えるでしょう。

ミスをしても気にしない

楽観的な人は過去にこだわらないので、あまりミスをしても気にしない傾向があります。

ミスを注意されたり、フィードバックを受けたりしても「次にがんばればOK」と思いがちです。

そのため、上司などから何度注意しても学習できない人と思われる場合があります

本人としてはそのようなつもりはなくても「話を聞かない人」「仕事に対して不真面目な人」と思われやすいです。

楽観的な人になるための3つのステップ

では、楽観的な人になるためにはどうしたらよいのでしょうか。

楽観的な人になるには、3つのステップを踏むだけでOK。もちろん、性格などがすぐに変われるというわけではありません。

以下を参考にして楽観的な人の考え方や行動を理解し、習慣づけることが大切です。

シンプルに物事を考える

楽観的な人を目指す上で、基本となるのがシンプルに物事を考えること。

シンプルに考えることで、行動や選択のスピードを上げられます。また、余計なことで悩む負担を減らせるでしょう。

例えば、仕事のプロジェクトでぎりぎり納期が間に合い、目標が達成できたとします。

悲観的な人は「納期に余裕が持たせられなかった」「もっとよいマネジメントの方法があったのでは」「次のプロジェクトが不安だ」と考えがちです。

しかし、楽観的な人は「みんなで目標が達成できた、次もがんばろう」と結果をシンプルに喜べます

結果や成果などを見て、まず達成できたことをよろこぶことが大切。未達成の場合でも、まずはプロジェクトが完了したことをねぎらいましょう。

それにより、チームの士気も上がります。そこから改善策を検討して、次はどのようにチャレンジしようか考えればよいのです。

  • プロジェクトの目標が達成できた
  • 進捗管理がうまくいかなかったという課題が生まれた
  • 次のプロジェクトに取り組む時は改善策を考えよう

上記のように、それぞれの物事を分けてシンプルに考えるクセをつけると、ポジティブに捉えやすくなります

「考えが浅い」判断をしないように注意

シンプルに考えることと、考えが浅い判断をすることは違います

時には直感的に動くことも大切。しかし、そればかりではうまくいかない場合も多いです。ビジネスにおいては、楽観的であっても論理的思考を持つことが大切。

楽観的になりたい人は、シンプルな考え方で陥りやすいミスを5W1Hなどのフレームワークを使って回避しましょう。

フレームワークについては以下の記事で紹介されているので、ぜひ参考にしてください。

今だけに集中する

今だけに集中して、仕事に取り組んだり、プライベートの時間を過ごしたりしましょう

コントロールできないことや起こってもいないことに不安を感じても意味がありません。

また、過去のできごとにずっと落ち込んだり、気にしすぎたりすることもやめましょう。

過去でも未来でもなく、今目の前にあることに集中した方がよいです。

つい悲観的に考えてしまう人は、楽観的な人を見習って、今だけを見るようにするくらいでちょうどよいかもしれません。

積極的に行動に移す

決まったことややるべきことは積極的に行動に移しましょうプライベートであれば、興味が湧いたことに挑戦するのもおすすめ。

悲観的な人は、つい行動に移すまで色々なことを考えてしまいます。また、時間が空くとそのような考える余白が生まれる場合もあるでしょう。

行動に移したことは、結果に関わらず自分の経験になります。失敗した場合には、どうすれば上手くいくのか考えればよいのです。

どれだけ考えても、実際に行動に移さなければ結果は得られません。

ミスを恐れることなく、楽観的な人のようにスピーディーに行動に移す習慣をつけましょう。

楽観的に明るく生きるための6つのポイント

3つのステップを迷わずに実践できれば、楽観的な人のよいところを取り入れた自分に変われるはずです。

もしも、上手くいかない場合には以下の楽観的に生きるためのポイントも理解して、チャレンジを継続してください

楽観的な人のよさを理解する

楽観的に生きるためには、まず楽観的な人のよさを理解しましょう
当然と思うかもしれませんが、正しく楽観的について知ることは、納得感を得て行動するためにとても大切です。

例えば、楽観的と楽天的は似たような意味で使う人も多いですが、正しくは意味が違います。

また、楽観的な人は「決断が早く行動力がある」という長所だけでなく、「まわりの空気が読めずマイペース」という短所もあります。

他人と自分を比較しない

他人と自分をあまり比較しないクセをつけると、グッと楽観的に生きやすくなります。

人と比べて自分の価値を考えるよりも、自分自身の努力や生き方を自分が認めてあげましょう。

他人がどのように思うかはあまり大切ではありません。あくまでも、それは想像でしかないからです。

そうであれば、自分らしく生きることにフォーカスした方が懸命でしょう。

楽観的な人は少なからず自分に自信を持っています。それが、決断や行動の早さにつながるのです。

楽観的な人と友達になる

楽観的な人と友だちになることもおすすめのアプローチ。

楽観的に生きたいのであれば、そのような人と一緒に過ごすのが一番の近道だからです。

一緒に話したり、行動したりすることで、楽観的な人がどのように振る舞うのか自然と学べるでしょう。

その中でよいところは初めはマネをして、自分の習慣へと変えます。

また、楽観的な人は明るくニコニコしています。そのような人と一緒に時間を過ごすと、単純に自分も明るい気持ちになれることもおすすめの理由です。

健康的な生活を心がける

一見関係ないように見えますが、体が健康だと心も楽観的になりやすいです。

逆を考えるとわかりやすいと思います。疲れていたり、健康に不安があったりすると、人はネガティブに考えやすいものです。

  • 毎日22時には寝る
  • ごはんを3食食べる
  • 週に1度はジムに行く

といった、健康的な生活を心がけると前向きな気持ちになりやすいでしょう。

人への感謝を意識する

他人への感謝を意識すると、自分が幸せだと感じやすくなります。

仕事で「頼んだことしかやってくれない」と思うよりも「自分の頼みを聞いてくれる」と考えると相手にイライラせずに感謝できます。

また、「友だちが3人しかいない」と思うよりも「自分とプライベートの時間を使って会ってくれる人が3人もいる」と思えば、自分が恵まれていることがわかります。

自分に何かをしてくれることが当たり前という考えを捨てるのが、感謝を持つためのコツです。

感謝の気持ちが持てるとさまざまな経験を楽しめるようになり、よい人間関係も築きやすくなります。

それによって、行動や決断に不安を感じづらくなるので、楽観的な生き方に近づけるでしょう。

目標や夢を文章で表す

実現したい目標や叶えたい夢を文章などで表しましょう。形にして目に見えるようにすると、自分でより具体的に理解できるからです。

そして、目標や夢を実現するための道筋を考えて、やるべきことを洗い出しましょう。

やるべきことが明確になれば、今やることに集中できます。また、どこに向かっているのかわかるので、未来に対して不安を感じづらくなるでしょう。

文章に表わして具体的にすることは、結果として楽観的に生きることにつながるのです。

楽観的な人の口癖

楽観的な人には共通した口癖があります

もし、あなたが楽観的に生きたいと思うのならばまずは、今から紹介する口癖を日頃から使うようにしてみて下さい。

まぁ、なんとかなるさ

楽観的な人の典型的な口癖として「まぁ、なんとかなるさ」があります。何事に対してもポジティブに考えるので「失敗したらどうしよう」などと考えません

成功する根拠がなくても前向きな発言ができるのは楽観的な人ならではでしょう。

完璧な人間はいないさ

「完璧な人間はいないさ」も楽観的な人の口癖です。楽観的な人は例え失敗したとしても、その失敗から学ぶ姿勢を持っています

そのため常に昨日よりも、明日の自分が成長していたらいいと思っているのです。常に完璧ではないというスタンスのため、このような口癖が特徴的です。

まぁ、いっか

どんな大変な時も「まぁ、いっか」と思えるのは楽観的な人の典型的な口癖です。「まぁ、いっか」ということによって、深刻なことでも少し気持ちが和らぐのです。

気持ちが落ち込もうとしている時こそ、この発言をすることで案外なんとかなったりします。

あまり気にし過ぎないように

楽観的な人は誰かがミスをした際に「あまり気にし過ぎないように」と口癖のように言います。ミスを咎めても生産性がないことを知っているため、相手を無用に落ち込ませる発言はしません

ミスをした際は、ミスが起きる仕組みの方に問題があると考えています。そのため、楽観的な人と仕事をすると、仕事の効率や生産性が向上する可能性が大いにあります。

考えても仕方ない

「考えても仕方ない」という口癖も楽観的な人ならではでしょう。楽観的な人は、目の前のことに全力を出すべきだと考えています

そのため、過去の失敗や未来への不安については考えすぎても意味がないと思っています。今やるべきことをやったほうが、幸せになれるでしょう。

楽観的になれなくても落ち込む必要はない

楽観的になろうとして、それが上手くいかなくても落ち込む必要はありません。

楽観的に生きられると明るい気持ちで過ごせるなど、さまざまなメリットがあります。しかし、それはその人の性格に合った生き方をしているからできること。

悲観的な人にも「物事を深く考えて慎重に行動できる」などの長所があります。

大切なのは、楽観的に生きることにチャレンジして、自分の生き方をよりよくしようと取り組むことです。自分を否定しないようにしましょう。

すべてを続けるのが難しい場合には、まずは自分にしっくりものから生活に取り入れてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

渡部
新しいものが好きなミーハーです。個人ではガジェット紹介ブログを運営しています。好きな食べ物は近所の焼き肉屋の牛タン。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement