テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

フリーライターの仕事とは?求められるスキルや仕事の取り方について解説

更新: 2019.07.24

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

フリーライターの仕事をしたいと考えていませんか?

働き方の多様化の流れに伴い、フリーランスという働き方を選ぶ人も増えています。中でもライター業は比較的始めやすい仕事です。副業としてライター業をする人も増えています。

この記事では「フリーライターの仕事とはどういったものなのか」について解説します。あわせて「求められるスキル」「仕事の取り方」についても解説します。

フリーのライターとして働きたいという方は参考にしてください。

フリーライターとは

まずは、フリーライターとはどのような仕事なのかを確認しておきましょう。

フリーライターは、企業に所属せずフリーランスとして、執筆業を行う人です。フリーライターという肩書きは、文章を書くことによる原稿料を主な収入源としている人すべてに当てはまります。

フリーライターの仕事は、執筆する媒体によって様々な種類があります。書籍や雑誌だけでなく、近年はwebメディアや電子書籍など、執筆媒体は多様化しつつあります。

フリーライターとして活躍するためには、高い執筆スキルや専門性が必要です。雑誌やwebメディアで「テクノロジー」「音楽」など、ある分野に特化して仕事を行うライターもいます。

一方、フリーランスでは執筆媒体やジャンルにこだわらずに、あらゆる仕事を受ける人もいます。フリーのライターとして活躍するためには、幅広い領域をカバーする必要がある場合もあるのです。

webライターとは

webライターとは、主にwebメディアに掲載される記事を執筆するライターです。私たちがインターネットで検索した時に表示される記事の多くは、webライターによって執筆されています。

書籍や雑誌のライターと異なり、webライターはSEO(検索エンジン最適化)を意識した執筆スキルが求められます。これはGoogleやYahoo!の検索エンジンで上位表示されるための技術です。

Googleは、質の高いコンテンツを上位表示する仕組みになっています。そのため、Googleのクローラー(ウェブ上の文章を取得し、データベース化するプログラム)に良質なコンテンツであると認識してもらう書き方をする必要があります。

■関連記事

ブロガーとは

ブロガーは、自身のブログで記事を書いて収入を得る仕事です。

文章によって収入を得る仕事ではありますが、ブログの収益は基本的にアフィリエイトプログラムやamazonアフィリエイト、Googleアドセンスを利用した広告収入がメインであるため、フリーライターとは若干異なります。

一方、ブログを活用することで自身の知名度を高めたり、文章スキルを客観的に示すなどして、フリーライターの仕事につなげるという方もいるようです。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

フリーライターの仕事の種類

フリーライターの仕事の種類は、業界によって異なります。

■業界別の仕事の種類
出版業界:書籍、雑誌、フリーペーパーなどの原稿、記事執筆
Web業界:Webメディアの記事、ブログ、メルマガ、DMなどの執筆
広告業界:コピーライティング、広告記事執筆

フリーライターの活躍の場は他にも、ゲームのシナリオ作成やコラム執筆など様々です。

フリーライターが執筆を行う際は、一般的に編集者から企画や構成が提示されます。それを踏まえ、決められた文字数や掲載媒体にあった文体で執筆を進めていきます。場合によっては執筆の前に情報収集や取材、インタビュー、写真撮影などが必要になることもあります。

フリーライターに必要なスキル

フリーライターとして働くために必要とされるスキルを紹介します。

文章力

フリーライターとして働くには、何より文章力が必要です。

読みやすい文章を書くスキルはもちろん、最後まで読者を惹きつける文章力、要点を的確に押さえまとめる力など、非常に高いスキルが求められます。

メディアによって文章の書き方は異なります。前述の通り、webメディアであれば、検索エンジンを意識した書き方を行います。

取材記事であれば、客観的な視点とそのライターならではの独自性のある視点を交えた文章を執筆します。商品をセールスする記事であれば、読者がクリックしてしまうような記事タイトルやキャッチコピーを考えるスキルも求められるかもしれません。

企画力

雑誌や書籍のフリーライターは、企画を出版社に売り込み仕事にすることも多いです。そのため、企画力やアイディアを生み出す力は欠かせないと言えるでしょう。

どんな題材を扱い、どのような取材を行うのか。時代やトレンドを掴み、読者に求められる企画を考える必要があります。

取材力・リサーチ力

フリーライターは自分の知っている範囲のことを書いていれば良いわけではありません。

取材やリサーチなどを行い、それをまとめ上げることも多いです。

取材を行うのであれば、材対象の選定、アポイントメント、取材とその内容をまとめる力が必要です。さらに取材相手や記事の題材について事前に学ぶリサーチ力も持ち合わせていなければなりません。

webライティングなどの仕事は、取材などを行わず、ネット上の情報をリサーチし、執筆するものも多いです。その場合、リサーチ力・要点をまとめ上げる力の他にも、情報の真偽を見抜く力も求められるでしょう。

コミュニケーション能力

フリーライターとして働く上で、コミュニケーション能力は重要です。

編集者の言葉や企画意図を正確に読み取る力は、良い記事を書くために必要です。またフリーランスとして働き続けるのであれば、クライアントとの正しく意思疎通することは欠かせません。

取材を行う場合、円滑に進行するためには相手への気遣いも求められます。

ライターというと黙々と文章を書き続けるイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実際は他者とのコミュニケーションが常に発生する仕事なのです。

写真撮影スキルもあると良い

フリーライターとして活躍し続けるためには、写真撮影のスキルもあると良いでしょう。

取材などでカメラマンが同行しない場合、記事に掲載する写真はライター自身が撮影しなければなりません。一眼レフカメラの基本的な操作と撮影スキルは身につけておくことをおすすめします。

webメディアの記事の場合、記事の合間に掲載する画像を選定する作業も行います。フリー画像サイトから記事内容に合う画像を見つける場合もありますし、実際の取材対象の写真を掲載する場合もあります。

例えばグルメ系の記事であれば、実際にライターが撮影した料理の写真があると読みやすいでしょう。

人脈

フリーライターは企業に所属せずに、ひとりで活動します。そのため横のつながりは大切にしておきたいところです。

出版社や編集プロダクションでライターとして働いた事がある方は、そこから仕事が広まることもあります。未経験の場合、人脈づくりも兼ねてスクールに通う人も多いです。

基本的なパソコンのスキル

フリーライターとして働くならば、基本的なパソコンのスキルは必須です。

ライターの執筆は「Word」や「Googleドキュメント」などで行うことが多く、納品もそのまま行われるのが一般的です。

その他にも「chatwork」などのチャットツールでクライアントと連絡を取り合うこともあるでしょう。

フリーライターになるには

フリーライターになるための方法について解説します。

出版社・編集プロダクションで働く

まずはフリーライターになる前に、出版社や編集プロダクションで社員やアルバイトとして働いて経験を積むのがおすすめです。

実際にどのように記事が出来上がっていくか、そのプロセスを経験することができます。またライター経験はもちろん、出版社や編集プロダクションでは編集の経験も積むことができます。これにより、フリーライターとして今後働いていく中で、編集者に求められていることが掴みやすくなるでしょう。独立後は、フリーのライターと編集者を兼ねることもでき、働き方の幅も広がります。

企業で働くということは、月給、あるいは時給制で働くことになります。書いた記事に対してのみ報酬が支払われるフリーライターに比べ、安定した収入が見込めるでしょう。

ライタースクールに通う

ライター養成スクールに通うことで、効率的にスキルを身につけることができます。

スクールによって、期間や学費、講義の時間帯は様々ですが、一般的には期間は3カ月~1年ほどが中心となっています。

学費は10万円程度から。講義は、会社員向けのスクールでは、平日の夜かや土・日に行われることが多いです。

カリキュラム終了後には、出版社や編集プロダクションへ就職する人や、そのままフリーライターとしての活動を始める人がいます。スクールによっては、就職先や仕事の紹介も行われますので、仕事の幅を広げたり、人脈を作るのにも役立つでしょう。

未経験からライターへの転職を目指す人には効率的な方法です。

未経験可の仕事を探す

未経験可の仕事を探し、フリーライターとして働き始めるのも方法の1つです。

雑誌などの紙媒体では経験者が求められることがほとんどですが、web媒体はその限りではありません。未経験でも挑戦できる仕事も多いです。

詳しくは次の項で述べますが、特にクラウドソーシングサイトでは、未経験可のライティングの仕事も多数掲載されています。初めのうちは単価が低いものがほとんどかもしれませんが、スキルが向上し実績を重ねることで、次第に単価の高い仕事を受けられるようになっていくでしょう。

フリーライターが仕事を取る方法

フリーライターが仕事を受注する方法について解説します。

クラウドソーシングを活用する

フリーライターの仕事を受注する際、最もハードルが低い方法は、クラウドソーシングサイトを利用することです。

クラウドソーシングサイトには、ライターを募集している案件が多数掲載されています。中には未経験から始められる案件も。依頼内容を見て自分でも書けそうな案件があれば応募してみるのも良いでしょう。

案件は、大量にライターを募集しているものや特定のスキルを持つライターにのみ募集しているものなど様々です。基本的に、条件が多く、難しい案件ほど報酬額が高くなります。

クラウドソーシングサイトではライティングの案件でたくさんのライターが求められています。依頼者は相性の良いライターを探していることもあるため、継続的な案件を受注することができるかもしれません。

案件の豊富さや、契約までのハードルの低さからフリーライターとして働きたい方は、クラウドソーシングを経由した受注で実績を積み、ライターとして知名度を上げていく方法がおすすめです。

記事後半では、おすすめのクラウドソーシングサービスを紹介しています。

SNSを活用する

SNSを活用することでフリーライターの仕事につなげることも可能です。

SNSで情報を発信することで、ライターを探している編集者などの目に止まることがあります。またブログやnoteなどで文章を書き続けることで、読者がフォロワーとしてついてくれるかもしれません。フォロワーの多いライターは拡散力があるので、ひとつの強みとなるでしょう。

自分のサイトやポートフォリオを作る

フリーライターとしての実績が少ない時は、仕事を取るのも大変でしょう。そういった場合は、自分のサイトやポートフォリオを作って、スキルを示すと効果的です。得意なジャンルの記事をいくつか作り、PDFなどメール添付できる形にしておきましょう。

おすすめはブログを解説することです。日常的に記事を更新していくことで、ライティングスキルを向上させることにもつながります。お問い合わせフォームを設置しておくことで、仕事に関する連絡がくることもあるかもしれません。

編集者は必ずしもクラウドソーシングなどでライターを探しているわけではありません。人づてや紹介などで仕事につながることもあります。そのため、常に自分をアピールする姿勢が必要です。

編集者に企画を持ち込む

どうしても執筆したい題材などがある場合、自身で企画を考え編集者に持ち込むという方法もあります。取材やリサーチを重ねて企画・記事を作り、雑誌社やメディア編集に提案するのです。漫画家志望者が原稿を出版社に持ち込むのに似ています。

難易度は高いですが、直接編集者と会うことで、熱意や意欲を汲み取ってくれることもあるかもしれません。

 

長く続けられるフリーライターの条件

次に、仕事を長く続けられるフリーライターの条件を紹介します。

ライティングをしっかりと学ぶ姿勢

「文章を書く」という行為は多くの人が日常的に行っています。ですが、それを仕事とするためには、改めてライティングをしっかりと学ぶ必要があります。

思いつくがままに書いた文章では読者にとって読みやすい文章にはなりません。書籍であれweb記事であれ、「構成」をしっかりと考えて執筆する必要があります。

ライティングを学ぶ上でおすすめの書籍を紹介します。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ

ニュースサイト「ナタリー」の初代編集者によるライティングの本です。基本的なライティングのルールを学ぶことが可能です。

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

こちらは朝日新聞の校閲記者による文章術の参考本です。主語と述語の関係など、正しく読みやすい文章を書くコツが解説されています。

素直さ

ライターとして働く上では、校正や発注者からの指摘(フィードバック)を受けることが多々あります。

大幅な修正が必要になることも時にはあります。そういった場合に、アドバイスを素直に受け入れ、修正依頼に沿ってリライトできるかどうかで、ライターとしてのレベルアップができるかどうかが左右されます。

自分を律することができる

フリーランスで働く上では、信用が何より大切です。

そのため納期を守る・スケジュールを徹底するという姿勢は欠かせません。スケジュール管理が苦手な人は、フリーライターとして働く上で弱みとなるかもしれません。

自分を律し、納期には絶対に遅れないという考え方、そしてそのためのスケジュール管理が大切です。

フリーライターはどれくらい稼げるのか

フリーライターの年収は、300~500万円と言われています。媒体によって報酬は異なり、雑誌などの紙媒体中心の人の方が高い傾向があります。

雑誌の記事の相場は、400文字詰めの原稿用紙1枚分で5000円~2万円ほど。取材経費が別途支給される場合もあります。web媒体であれば文字単価1円前後が多いようです。

ライター業の報酬は、媒体や業界、個人のスキルによって大きく変動します。

参考:ランサーズ

フリーライターが収入を上げるには付加価値をつける

フリーライターが収入を上げるためには、ライティングスキルになにかしらの付加価値をつける必要があります。例えば「記事のテーマに関する専門的な知識」や「SEOの知識」「画像・写真の編集スキル」などが挙げられます。

これらのスキルや知識があることによって信頼性のある記事を作ることができます。よって高単価の案件を獲得したり、クライアントに単価アップの交渉をしやすくなったりするのです。

記事のジャンルを選ぶことも大切

同じレベルのライティングスキルを持つライターでも、執筆記事のジャンルによって収入が異なることがあります。

報酬額の高い記事は、「専門的な知識を要することが多い」です。ある特定のジャンルに関する知識や資格などを持つライターに対しては高い報酬が支払われます。

専門知識を持つ人が限られているジャンルほど、需要が高くなるでしょう。

フリーライターにおすすめのクラウドソーシングサイト

フリーライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介します。初心者向けの案件が多数掲載されているサイトをピックアップしています。

クラウドワークス

クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。200種類以上の案件カテゴリーがあり、その中から希望の条件に合う案件を見つけることが可能です。プロ向けから経験不問やスキル不要の仕事まで案件の種類も様々です。

クラウドワークスには、優れた実績と能力を持つ方をプロクラウドワーカーに認定する制度があります。プロクラウドワーカーに認定されると、案件の優先紹介やプロクラウドワーカーマークの表示による信頼性の担保など、様々なメリットがあります。

ランサーズ

ランサーズは、案件数が豊富なクラウドソーシングサイトです。ベンチャーから大手企業まで24万社以上が活用しており、依頼総数は200万件以上と言われています。

一定以上のスキルを認める「認定ランサー」の制度がランサーズの特徴です。認定ランサーは、返信速度・納品実績・報酬額・高評価などの条件を満たすことで、認定されます。

認定ランサーになると、「認定ランサー検索」への掲載されるため、クイアントから直接条件の良い案件を打診されることも。他にもオススメ案件の紹介、認定ランサーである事の信頼性など、クライアントからの仕事が受けやすくなるメリットが様々です。

サグーワークス

サグーワークスはテキスト作成を行う「サグーライティング」、アンケートに答える「サグーリサーチ」の2種類に特化したクラウドソーシングサービスです。

サグーライティングには、ユーザー登録を行えば誰でも行うことができる「簡単テキスト作成」と、サグーワークスが実施しているプラチナライターテストに合格したライターだけが利用可能な「高単価ライティング」があります。

高単価ライティングには、1文字1円以上の案件も多く、フリーライターとして生活していく上では、好条件からスタートできるでしょう。

初心者からプロまで案件豊富な、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、ライティングの仕事に特化したクラウドソーシングサービスです。

50万人以上のライターが登録しており、500万件を超える累計記事数を誇ります。Shinobiライティングは専用エディタが用意されている点が特徴的です。専用エディタにより誤字脱字のチェックなどをスムーズ行うことができます。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

テックキャンプ ブログ編集部
テックキャンプ ブログは株式会社divのオウンドメディア。テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement