プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

わかりやすい文章構成にはPREP法がおすすめ。文章力アップのコツも解説

作成: 2018.11.14

 

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし

文章を書く時には、わかりやすさが大切。わかりやすい文章は読者の興味を引き、内容が伝わりやすくなります。

しかし、それは理解していても、どうしたらわかりやすい文章が書けるかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

簡潔でインパクトのある文章を書くには、文章構成が重要です。

そこで今回は、文章構成のコツやおすすめのテンプレート「PREP法」について紹介します。この記事で紹介する内容は今日からすぐに使えますので、文章の作成で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

PREP法は優秀なテンプレート

文章構成を考える上で、まずおすすめしたいのが「PREP法」。PREP法を使えば、簡潔で説得力のある文章が作成できます。

4つの要素で構成

ビジネス文書を作成する際に用いられることが多い、文書構成の優秀なテンプレートがPREP法です。

PREP法は、Point・Reason・Example・Pointの4つのパートで構成。結論をはじめに述べることで、最も伝えたいことが相手に明確に伝えられます。

ブログで利用する場合には、読者がどのようなコンテンツかすぐに把握できることがメリットと言えるでしょう。読者が最後まで読みやすい文章になります。

PREP法の4つのパートについて以下で解説していきますので、実践する際の参考にしてください。

1.Point(結論)

まず、はじめに結論を伝えます。文章の要点を記述しましょう。

2.Reason(理由)

Point(結論)の理由を説明するパートです。「なぜなら」といった言葉を使うと、流れがわかりやすくなります。

3.Example(事例・具体例)

Reason(理由)を裏付けする事例・具体例を用いて、より詳しく説明します。「実際に」「例えば」などの言葉を使うと良いでしょう。

4.Point(結論)

理由・事例・具体例を踏まえて、最後にもう一度結論を伝えます。これにより、読者に対して結論をより強く印象づけることが可能です。

PREP法を使った例文

実際にPREP法を使った例文を紹介します。

Poitnt:豆腐はダイエットに最適です。
Reason:なぜなら、高タンパク質・低糖質・低カロリーだからです。豆腐はさまざまなレシピに対応可能で、無理せずにダイエットが続けられます。
Example:実際に、晩ごはんダイエットの著書である美波紀子さんは12kgのダイエットに成功しました。
Point:このように、おいしくて栄養価の高い豆腐はダイエットに最適な食材です。

PREP法を使っていない以下の文章と比較してみてください。

豆腐は高タンパク質・低糖質・低カロリーな食材です。 さまざまなレシピにも使えるのでとても便利。ダイエットを考えている方にもぴったりです。 しかし、本当にダイエットに効果があるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。 実際に、晩ごはんダイエットの著書である美波紀子さんは、なんと12kgのダイエットに成功したという実績があります。 このように、豆腐はおいしいだけではなく、ダイエットにも最適な食材です。

最後まで読まないと何が言いたいのわかりません。PREP法で作成した文章と比較すると印象に残りづらいことがよくわかるでしょう。

プレゼンからブログまで幅広く使える

PREP法は限られた時間の中でアピールを行うプレゼンなどのビジネスでの利用をはじめ、ブログの執筆にも役立つ文章構成の方法です。

まず、文章のポイントをすぐに理解できるので、読者は時間のロスを防げるという1つ目のメリットがあります。何が言いたいのかわからない文章は、読者も離脱しやすくなるでしょう。

また、結論がはじめにわかるため、文章が理解しやすい点もPREP法を使う2つ目のメリットです。起承転結の文章は最後まで読まなければ、結論がわかりません。

しかし、PREP法は理由や事例が結論に紐付いていることがわかるので、ストレスを感じずに読み進められます。それにより、要点が読者の記憶にインプットされやすくなることが3つ目のメリット。

■3つのメリットがあるPREP法は幅広い場面で活躍
このように、「時間のロスを防げる」「文章が理解しやすい」「要点がインプットされやすい」というメリットあるPREP法は、ビジネスからブログの執筆まで幅広い場面で役立つ文章構成方法です。

よりシンプルなSDS法もおすすめ

プレゼンでの文章構成を考える場合には、PREP法よりもシンプルでインパクトの強いSDS法もおすすめです。SDS法は、下記の3つのパートから成り立ちます。

  • Summary(全体概要)
  • Details(詳細説明)
  • Summary(全体まとめ)

SDS法は、はじめにテーマとなる要点を話します。その内容を具体的に説明。そして、最後にまとめとして要点を再度話します。

同様の内容をアプローチを変えて3回話すので、相手に理解されやすくなります。

SDS法はストーリーよりも、結論がさらに重要な場合に有効な文章構成のテンプレートです。

文章構成とは

より良い文章を書きたい場合には、文章構成とは何かを理解することがとても大切です。以下で、文章構成とは何かをはじめ、考える際のポイントについて解説していきます。

文章の要素の組み合わせ

文章構成とは、要点・本文・結論といった文章の要素の組み合わせです。文章構成をしっかりと行なうことで、内容がわかりやすくなったり、読む人の興味を引きやすくなったりといった効果が期待できます。

章・節・項による階層表現を意識する

文章構成を考える場合には、章・節・項といった階層表現を意識しましょう。論文やレポートを書く時には、この章立てがとても重要です。

ブログを書く場合にも、文章を構成する章があってそれをより細分化して肉付けを行なう節・項があるといった階層構造を意識すると、何について書かれているかがわかりやすくなります。

文章の種類による使い分けが大切

文章構成の方法は、どのような文章を書くかによって、それに合わせた使い分けが大切です。

ブログでの文章構成を考える場合には、PREP法が汎用性が高いのでおすすめ。しかし、小説や物語を書く場合に、PREP法はふさわしくないです。

例えば、推理小説で「犯人は恋人だった。」と冒頭でわかってしまっては、その先を読む人は少なくなります。ただし、そのようなショッキングな出だしがフックとなって、物語を複雑に展開していく場合には1つのテクニックです。

小説・プレゼン・論文・志望動機・ブログ・スピーチ・メールなど、さまざまな文章の種類があります。それに合わせた文章構成を上手く使い分けることが魅力的な文章を書くポイントです。

後ほど基本となる5つの文章構成を紹介しますので、ぜひ使い分けの参考にしてください。

文章構成のコツ

文章構成のテンプレートを理解しても、上手く構成ができないという方もいらっしゃるでしょう。以下で、文章構成を考えるコツについて解説していきます。

キーワードやテーマを設定する

文章構成を行う際には、まずキーワードやテーマの設定を行います。

文章を書く時の心臓部分でありゴールになりますので、しっかりと設定を行いましょう。どのような文章を書くかよりも、その文章によって相手に何を伝えたいかというテーマを考えることが大切です。

その根本となるキーワードやテーマから、文章構成方法を活用して文章構成を行っていきます。

キーワードやテーマは文章のコアです。文章を書く時にブレないように気を付けましょう。

ターゲットを考える

次に、どのようなターゲットに向けて書くのかを考えましょう。漠然としたターゲットに向けて文章構成を行うと、冗長な内容になることが多いです。

読者に役立つブログの記事を書きたいと考えている場合には、過去の自分をターゲットにする方法もおすすめです。今は当たり前にできていることも、その当時には新たな発見だったこともあるでしょう。

そのような自分自身の体験は、事例・具体例として記載できます。実際に体験したことなので説得力があり、読者からの共感も得やすいです。

また、イメージが行ないやすい友だちや同僚もおすすめ。自分以外をターゲットを決める場合には、性別・年齢・職業などできるだけ詳しく書き出します。

ターゲットが何を求めて記事を読むのかといった仮説を立てると、文章構成がスムーズに考えられるでしょう。

見出しを考える

ターゲットが決まったら、どのような内容を書くか見出しを考えていきます。

読者が関心のある内容を盛り込む

ブログを書く場合には、読者が関心のある内容を盛り込む必要があります。そのためには、設定したキーワードやテーマに対して、どのような悩みや課題を解決したいか考えましょう。

読者のニーズを理解するにあたって、下記の2つのWebサービスが便利です。表示された関連するキーワードを含めながら見出しを考えていきます。

見出しの構成としては、h2からh4までの3層の構造が読者にとっても理解しやすいでしょう。

Goodkeyword

Google・Bing・Yahoo! JAPANといった検索エンジンで調べられている関連キーワード・複合キーワード・サジェストキーワードの調査が、無料で行えるキーワードツールです。

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

Googleサジェスト・教えて!goo ・Yahoo!知恵袋をもとに、関連キーワードが一括で確認できるツールです。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

アウトラインに沿って文章を書く

本文を書く時も文章構成を考える時と同じように、PREP法が役立ちます。

  • 主張したい要点を述べる

  • 理由を説明する

  • 事例・具体例を挙げる

  • まとめとして要点を述べる

上記の流れを基本にするとわかりやすく伝わる文章が書けます。読者の反論が予想される場合には、事例・具体例の箇所でそれに対する理解や見解を述べても良いでしょう。

全体の文章構成と本文を書く時のどちらにもPREP方は役立ちます。

TECH::EXPERT 東京・名古屋・大阪・福岡

プログラミング未経験からWebエンジニアとして転職成功まで導くスクール TECH::EXPERT は、挫折しない環境を提供いたします。すべて駅から通いやすい便利な場所。いつでも質問できるメンター(講師)、一緒に頑張る同期がいるから頑張れる。そんな教室を是非見にきてください!

文章執筆時の注意点

文章構成と文章力のどちらが欠けてもわかりやすい魅力的な文章にはなりません。以下で文章力をアップするための執筆時の注意点について解説します。

ポイントを押さえれば、誰でもわかりやすい文章が書けるので参考にしてみてください。

概要をしっかり伝える

大きな見出しから詳細を説明する小見出しへと続く場合には、概要をしっかりと伝えましょう。概要を読んで、どのようなことが書いてあるかざっくりと把握できれば、読み手のストレスは少なくなります。

1つの文に1つの内容

1つの文には、1つの内容を意識しましょう。

文章の作成に不慣れな方は、1つの文を長くなってしまうケースが多いです。これには、書き手も読み手も混乱しやすくなるというデメリットがあるのでおすすめできません。

まず、以下の文章をご覧ください。

豆腐は栄養価が高く低カロリーでダイエットに最適ですが、なかなか食事に取り入れられないと悩んでいませんか。

一見すると問題ないように見えます。しかし、文の前半と後半で主語が変わっているので違和感を感じないでしょうか。

はじめは、「豆腐」について話しています。それが後半では、主語がダイエットをする「あなた」に変化しているのです。

豆腐は栄養価が高く低カロリーでダイエットに最適な食材です。 しかし、あなたはそれを理解しているけれど、なかなか食事に取り入れられないと悩んでいませんか。

このように、長文は短文に書き換えると、主語がブレなくなります。文章が上手く書けないと感じている場合には、1つの文には1つの内容を書くようにしましょう。

文章だけにこだわらない

文章はあくまでも、テーマやキーワードについてわかりやすく伝えるツールの1つです。文章だけの表現にこだわると、文字数だけが多くなったわかりづらい内容になる危険性があります。

ブログやプレゼンなどで伝えたい内容に合わせて、インフォグラフィックや動画といった他の表現も効果的に使いましょう。

文章だけでなく他の表現を組み合わせることで、テーマについて印象に残るコンパクトなコンテンツが作成できます。

ターゲットが知りたい・読みたい情報を書く

文章を書く時には、ターゲットが知りたい情報や読みたくなる内容を書きましょう。

自分が書きたいことが優先ではありません。自己満足を求めた文章で、他人を喜ばせることは難しいです。

実生活で、自分のことばかり話す人との会話が退屈に感じた経験はないでしょうか。自分の書きたいことばかりを書いた文章もそれと同様に退屈です。

上記で紹介したキーワードやテーマを選んで文章構成を行えば、読者に寄り添ったコンテンツができやすくなります。

5つの基本となる文章構成

三段構成や四段構成をはじめとする5つの基本の文章構成について紹介します。作成する文章の内容に合った文章構成を行なう際に活用してください。

三段構成

三段構成は、序論・本論・結論の3つに分かれるシンプルな構成です。論理的に説明した文章に向いています。

序論は、文章全体を紹介する部分です。どのようなテーマやキーワードで書かれているかについて記載します。ここを読めば、概要が把握できる内容にしましょう。

本論は、主張・意見に対する根拠を示します。具体例・データ・文献を活用すると説得力のある内容に仕上がるのでおすすめです。

結論では、本論で述べたことをまとめて提示します。読み手が納得できるような結論の明示が重要です。

四段構成

四段構成は、小説などで見られる起承転結の構成です。物語に使われる文章構成。起承転結は、漢詩の絶句の構成が起源とされています。

導入・展開・変化・締めくくりの順番に4つのパートで、四段構成は構成されます。

導入は、予備知識や状況の説明。展開では、変化を盛り上げるために、導入を引き継いで相手に情報をしっかり伝えることが重要です。

変化のパートに向かって、文章に対する読み手の感情がピークに達します。締めくくりは、その変化を受け止めて文章をまとめあげるのです。

はじめに結論がありませんので、四段構成はビジネスシーンやブログには不向きです。

頭括式の構成

頭括式は、冒頭で結論を述べる構成です。その後に、説明・事実・具体例が続きます。

新聞のニュースをイメージするとわかりやすいでしょう。短い文章で、重要な情報を印象づけるのに効果的。

尾括式の構成

尾括式は、最後に結論を述べる構成です。説明・事実・具体例を述べて、結論を提示します。四段構成と似た文書構成と言えるでしょう。

双括式の構成

頭括式と尾括式を組み合わせた構成です。結論をはじめに伝えて、説明・事実・具体例を提示します。そして、最後に再度結論を述べます。

長い文章を書く場合や、商品の紹介などに向く構成です。双括式はPREP法によく似ています。

 

文章力アップに役立つ文章校正Webサービス・アプリ

文章構成や文章力は、やはり文章を書くことで精度が高まります。効率的にスキルをアップさせたい場合には、自分では気が付かない誤字脱字や文章表現を指摘してくれる文章校正サービスの利用がおすすめです。

以下で、代表的な文章構成サービス・アプリについて紹介しますので、文章の仕上げにぜひ利用してみてください。

日本語校正サポート

無料で使える定番の日本語校正Webサービスです。

品質・難読・基本の区分から文章をチェック。細かいポイントまでチェックできるので、誰にとってもわかりやすい文章を書く上でとても役立ちます。

あなたが書く文章の内容に合わせて、日本語チェックの設定をカスタマイズするとさらに便利です。

・日本語校正サポート

文章校正ツール

無料で利用できる文章校正Webアプリです。文章を解析して、誤りや不適切な表現を指摘。

言い換え候補も表示されるので、文章の修正もスムーズに行なえます。

・文章校正ツール

オンライン日本語校正補助ツール

無料で利用できる日本語校正Webサービスです。表記・表現の間違いやわかりやすい表記に対する提案などを確認可能。

約50,000文字までチェックできるので、長文の校正に便利です。

・オンライン日本語校正補助ツール

Microsoft Wordの校閲機能も便利

Microsoft Wordを利用している場合には、校閲機能の使用がおすすめ。誤字脱字・スペルミス・表記ゆれなど、細かくチェックできます。

リアルタイムでのチェックや、校正・校閲レベルのカスタマイズも可能。Microsoft Wordのアプリを利用している方は積極的に使いましょう。

文章力は転職・副業につながるスキル

相手にわかりやすい文章構成や高い文章力は転職・副業にも役立ちます。

文章力はビジネスパーソンの必須スキル

志望動機や職務経歴書を書く時には、文章力が必要とされます。また、面接の時にも、決められた時間でインパクトを与えるために文章力は必要不可欠です。

このように、正確に物事を相手に伝える文章力はビジネスパーソンに欠かせないスキル。この機会に文章力の向上に努めてみてはいかがでしょうか。

プログラミングスキルがあると転職でさらに有利

文章力とあわせて、プログラミングスキルを持っているとさらに転職で有利です。

最近ではどの企業も自社Webサイトを持ち、商品とインターネットを組み合わせるなどIT化に積極的。企業側としても、できればITスキルの高い人材を採用したいところでしょう。

文章力と合わせてプログラミングスキルがあれば、転職において強いアピールポイントになります。

今後のキャリアについてもお悩みでしたら、プログラミングスクールの無料相談の利用がおすすめです。

TECH::EXPERTの無料キャリア相談はこちら

ライティングで副業

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサービスには、ライティングの案件が豊富です。文章力を身につければ、副業もはじめられます。

副業で何をはじめようか悩んでいる方は、まずはライティングをはじめてみてはいかがでしょうか。

まとめ

わかりやすい文章を書くには、骨組みとなる文章構成がとても重要です。慣れないうちは文章構成に時間がかかりますが、その成果は続けていくうちに実感できるでしょう。

文章力をアップさせるには、たくさんの文章を書くことが一番の近道です。はじめは短くても良いので、続けることを心がけましょう。

未経験からエンジニア・Webデザイナーを目指すならTECH::EXPERT(テック エキスパート)

TECH::EXPERT(テック エキスパート)は未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

転職成功率は98.5%(2019年1月時点)。確実に使えるスキルを身につけるための教育と、徹底した就職サポートであなたの転職を叶えます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは無料キャリア相談(カウンセリング)にぜひお越しください。

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。