プロのカウンセラーが無料でお悩み解決!満足度93%のITキャリア相談

会社がつまらない!いますぐ辞めるべき?転職する前にやるべきこと5選

更新: 2020.05.10

>>10年後も職を失わない「求められる人材」になる

読むだけでIT転職が有利になる限定資料はこちら

「会社へ行ってもモチベーションが上がらず、退屈に感じる」
「スキルアップしている実感がなく、このまま今の仕事を続けるべきか悩む」
「残業ばかりが続いて、仕事を面白いと感じられない」

「会社がつまらない」と感じてしまう方は、このような気持ちに陥りがちです。

この記事を読むあなたも同様に感じ、今の仕事を続けていいのかどうか、悩んでいるのではないでしょうか?

あなたにとってこの記事は「会社がつまらない」と感じる原因を探り、転職するべきかどうか考えるヒントとなるでしょう。

また転職をなかなか踏み切れないという場合も考え、今の仕事に対するモチベーションをあげる5つのコツも紹介します。

お悩み解決のため、この記事を最後までお読みください。

会社がつまらないと感じてしまう理由は何か考えよう

あなたはなぜ会社がつまらないと感じてしまうのでしょうか?その理由として、主に以下のような9つのことが挙げられます。

あなたにあてはまる理由を見つけてみてください。

仕事自体に興味がない

あなたが今携わっている仕事は、興味が持てる内容でしょうか。もしかすると当初希望した部署に配属されなかったケースも考えられます。

例えば営業職を希望したのに、事務や経理などのバックオフィス業務を任されている場合。そもそもあらゆる人と接する仕事を求めていたのに、限られた人間関係の中行う事務作業だと、つまらないと感じてしまいがちです。

会社は社員の適性を見て配属先を決めていますが、あなたの希望に沿っているとは限りません。

今は希望する部署でなくても、経験を積めばいずれ部署異動できると思えば頑張れるでしょう。しかしそのような希望も見込めないと、興味を持てない業務に時間を費やすのに意味を感じられず、ますますつまらないと感じてしまうと思われます。

このような場合、たとえ給料面で満足できていたとしても、仕事のモチベーションが上がらない原因になります。この状況を解決する方法については、後半の「どんな会社、仕事なら楽しく働けるか整理しよう」の部分で詳しく解説します。

仕事に慣れてしまいルーチンワーク化している

仕事に慣れればミスも少なくなる上、効率的にこなす方法も見えてくるでしょう。一方で、日々の業務がルーチンワーク化してしまいがちでもあります。あなたも仕事が毎日同じことの繰り返しのように思え、退屈に感じてしまっているのかもしれません。

このような状況を打開するには、自分の将来を考えて新たなことにチャレンジするのも一つの手です。

挑戦したい業務がある場合は、「自分にやらせてください」と先輩や上司に相談してみるのもいいでしょう。

一方で会社の中でそのような業務を見つけられない場合は、仕事がルーチンワーク化していることを逆手に取るのもいい方法です。つまり仕事を早く終わらせてしまって、帰宅後を自分の夢につながるスキルアップの時間に充ててみるのです。

近年は社会人をしながら通える専門学校なども多数存在します。そのようなスクールを活用するのもいいでしょう。

このように、ルーチンワーク化している業務に何か刺激的で将来につながる要素がプラスできれば、日々が充実するきっかけになります。

仕事をこなしても自分の成長が感じられない

毎日同じ作業の繰り返しだったり、書類作成やお茶汲みといった雑務が多かったりすると、仕事をいくらこなしても成長を感じられないものです。

すると、徐々に会社で働くことがつまらないと感じてしまいます。先ほど説明した「仕事がルーチンワーク化している」ということも関係するでしょう。

仕事の慣れは、時にモチベーションダウンにもつながりかねません。

例えばあなたが新卒だった頃を思い出してください。社内の人への言葉遣いや電話の掛け方、名刺の渡し方など、基本的なビジネスマナーを学ぶことさえも成長と感じられたはず。しかし働くうちにそれらに慣れてしまうと、新たなことを学んでいる実感は得られにくくなります。

キャリアが長くなるごとにできることは増えます。しかし常に新たなチャレンジをしていかないと、新しい学びや成長を感じる機会は減ってしまいがちです。より高い目標設定をし、自分を成長させる工夫が必要となるでしょう。

いまの仕事が社会貢献につながっているとは思えない

あなたの仕事は、あなたの周りの人や社会全体に貢献できるものでしょうか。もしこの問いに対して「Yes」と答えられない場合、これが原因で「会社がつまらない」と感じているのかもしれません。

例えば納期ばかりに追われて、サービスを実際に使うユーザーのことまで考える余裕がない場合。目の前のタスクをこなすのに必死で視野が狭くなってしまい、本来なら社会貢献につながっていると捉えられる仕事でも、そう思えない状況に陥っていると判断できます。

 このような仕事に身を置いている場合、例え実績が出せたり給料が満足にもらえたりしても、どこか虚しい、つまらない気持ちに陥りがちです。

社会貢献の究極を求めるのであれば、NPO(非営利団体)に参加してみるのもいい経験でしょう。中には社会人インターンを募集しているところもあります。興味があるものを調べてみると、あなたがしたいと思える社会貢献の形を知る、いい機会になるのではないでしょうか。

社内コミュニケーションがほとんどない

あなたは人とコミュニケーションを取るのが好きですか。もしそうであれば、社内でコミュニケーションがほとんどない状況は「つまらない」と感じてしまいがちです。

またコミュニケーション不足はトラブルの原因にもなります。例えば何か業務上で相談したいことがあっても、コミュニケーションが取りづらい環境であると気軽に話しかけられないもの。時にはそのまま業務を進めてしまい、最終的に会社の大きな損失になってしまう可能性もあります。

コミュニケーション不足が原因で叱責されると、「あの時相談に乗ってくれる人がいれば」と後悔してしまうでしょう。

またこのような仕事に直接関わるシーンでなくても、ちょっとした休憩時間に人と話す時間が持てないのも「会社がつまらない」と感じる原因になりがち。

このような状況を打開するためには、自ら積極的に話しかけるか、それが無理なのであれば社外にコミュニケーションの場を持つのがいい方法です。

上司や同僚との関係が良くない

職場の人間関係は仕事に対するモチベーションに深く関わります。

ベネッセのアンケートによると、有職者全体の37.4%が、仕事をする上で「職場の雰囲気がよいこと」を重視しています。これは「自分のやりたい仕事であること」(43.7%)、「給料が高いこと」(37.8%)に次いで3位という結果です。

上司や同僚との関係がよくないことは、職場の雰囲気の悪化にもつながります。業務を遂行する上でも周りの人間関係が良好に保たれていないと、円滑に進めにくいでしょう。

 例えば同じプロジェクトチームに仲の良くない人がいると、思い通りに業務を進められないことも考えられます。そのような人たちがいる場合、一番いいのは気にしないこと。しかしそれがなかなかできない人もいるでしょう。

「自分の実績とは関係のないところで足を引っ張られる」ような状況が、あなたが「会社がつまらない」と感じる原因になってしまっているのかもしれません。

社内での評価が上がらない

いくら頑張って成果を挙げても、それに見合った評価が得られないと、仕事に対するモチベーションは保てません。

例えば残業が多いにもかかわらず給料が低い場合や、基本的に年功序列で若手はいくら頑張っても昇進することがほとんどないといったケース。
このような状況は「どうせ頑張っても意味がない」と感じる原因になります。「成果を上げよう」という意欲が湧かず、会社がつまらないと感じてしまいがちです。

例に挙げた、給料などお金の面はモチベーションに大きく関わるでしょう。

もし成果に応じた評価を得たい、報酬を得たいと考えるのであれば、歩合制の給与体系をとる仕事に転職するのも一つの手です。しかし歩合制にはデメリットもあることを考えておかなければなりません。

以下の記事では歩合制のメリット・デメリットについて解説しています。合わせて参考にしてください。

関連記事:歩合制の意味は?歩合制で働くメリット・デメリットなど徹底解説

残業などで心身が疲労している

ここであなたの最近の働き方を思い返してみましょう。「残業が続いて家には寝に帰るだけ」という人は、心身ともに疲弊してしまっているのかもしれません。

そのような状態が続くと次第に無気力状態になり、もともとは面白いと思えたことに対しても感情が動かず、「つまらない」と感じてしまいがちです。

この状況を打開するためには、仕事を効率化し、残業を防ぐ必要があります。以下の記事では仕事の効率化を測れるアプリを紹介しています。合わせて参考にしてください。

関連記事:仕事を効率化するスマホアプリ22選【ビジネスパーソン必見】

しかし、いくらあなたが効率化を測っても、到底こなせきれない膨大な業務を任せられているケースもあります。そのような場合は上司に業務量について相談したり、場合によっては転職を考えるのも一つの手です。

参加したくない飲み会やイベントが多い

仕事内容には問題がなくても、参加したくない飲み会やイベントが多いのも悩ましいところ。

例えば業務が終わって帰りたいのに必ず飲みに誘ってくる上司がいる場合。断りたくても断れ切れずに付き合って、「翌日がつらい」という人もいるのではないでしょうか。また休日返上で参加しなければならないイベントも、人によっては厄介に感じられることと思います。

体調やスケジュールなども考え、参加できそうにない場合は断るのがベストです。

しかしこのような誘いを断り続けていても、社内での人間関係に関わります。月に1回程度は参加して、そのあとは理由を作って断るなど、ちょうどいい塩梅を見つけなければならないでしょう。

会社の飲み会やイベントに誘われた時の断り方については、後ほど詳しく解説します。

どんな会社、仕事なら楽しく働けるか整理しよう

ここまではあなたが「会社がつまらない」と感じる原因について探ってきました。あてはまる項目があったでしょうか。

もし原因がはっきりしたのであれば、ここから紹介する方法で、どんな会社・仕事なら楽しく働けるのかを考えてみましょう。

不満な状況は我慢するのではなく、自分から変えていくべきです。

やりがいのある仕事ができる

「会社がつまらない」と感じる原因が今の仕事の業務内容に関わるのであれば、逆に「面白い」「やりがいがある」と感じられる仕事について考えてみましょう。

たとえばもともと希望していた部署の業務であったり、社会貢献できる仕事であったり、「やりがいがある」と感じるポイントは人それぞれです。

すぐに思いつかないのであれば、「やりたいこと」を素直に紙に書き出してみるのもいいでしょう。

思いついたやりたいことの中で今の職場でチャレンジできそうなことがあれば、上司に相談してやらせてもらえるようにしてみてはいかがでしょうか。

以下の記事ではやりがいを見つける10の方法について解説しています。読めばきっと、あなたが「やりがいのある仕事」を見つけるヒントが見つかるはずです。

関連記事:仕事にやりがいが感じられない人必見!やりがいを見つける10の方法

職場の人との関係が良好であること

会社でのコミュニケーション不足や人間関係に問題がある場合は、それが解決されないとあなたの気持ちも沈んでしまいがちです。仕事でプロジェクトを遂行する際にも、チーム全体の人間関係が良好であるのに越したことはないでしょう。

職場の人と良好な関係を築くためには、まずは自分から積極的に、周りの人に声をかけてみましょう。同じ部署だけでなく、他の部署の人と話してみるのもおすすめです。中にはこれまで話さなかっただけで、意外と話が合う人が見つかるかもしれません。

将来の夢に向かってスキルアップできる

今の仕事が自分のスキルアップに繋がっていると実感できないと、「このまま仕事を続けていいのだろうか?」不安になりがちです。

例えばあなたに「自分でメッセージアプリを作りたい」という夢があるとします。アプリを作るにはプログラミングスキルが必要となります。しかし今の業務はプログラム開発に関係なく、経験を積めなかったとしたらどうでしょう。夢に近づいている実感が湧かず会社に行くこと自体がつまらないと感じる原因になります。

 可能であれば、会社の中で自分の将来に役立つと思えるプロジェクトがないか考えてみましょう。そのような業務に携われば、将来へのステップのために仕事をしている実感が湧き、仕事を面白いと感じるきっかけを掴めます。

もしそのような仕事・プロジェクトに恵まれない場合、部署移動や転職を検討するのも一つの方法です。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持! キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。 オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

転職前にやるべきモチベーションアップのコツ5選

「会社がつまらないと感じている。けれどなかなか転職に踏み出せない」という場合は、以下の5つのことを試してみてください。モチベーションを高め、仕事を楽しむヒントが見つかるはずです。

5つを同時にではなく、どれか1つから試しても構いません。少しずつ楽しく働ける環境作りを目指しましょう。

1.仕事の目標を高く設定する

現状の業務がルーチンワーク化してつまらないと感じるのであれば、今よりも高い目標を設定してみましょう。そうすることで、これまで以上に仕事にやる気が出る可能性があります。

また社内で目標にする人を1人決めるのもおすすめです。事務や経理の仕事であれば、上司から「仕事が早い」と評価されている人などです。ライバル視するのではなく、あなたが将来的になりたいイメージとしてその人を観察し、これまでの働き方を見直してみてください。

目標達成できれば評価も上がる

大きな目標を達成できれば、上司からの評価も上がります。評価が上がることでモチベーションアップも期待でき、「会社が面白い」と感じるきっかけになるでしょう。

また会社での評価が上がると、新たなチャレンジがしやすい環境になります。あなたが本来したかった仕事も、希望すれば任されるようになる可能性があります。

2.毎日1つ新しいことに挑戦する

職場を含め日常生活がルーチン化してつまらないと感じているのであれば、これから毎日1つ、新しいことに挑戦すると心がけてみましょう。

例えば仕事に関することなら以下のようなことが挙げられます。

  • 会議の時に自分から新しい提案をしてみる
  • 新たなプロジェクトメンバーに立候補する
  • 仕事に役立つスキルを得られる資格の勉強を始める

仕事に対する積極性は、上司からの評価アップにもつながるでしょう。

チャレンジすることは、以上のような仕事に関することでなくても構いません。例えば

  • 読書を始める
  • 新しい趣味を見つける
  • 日記をつける

など、プライベートの時間に新しいことを始めて日々を充実させてもいいでしょう。

中でも気軽にできておすすめなのが日記をつけること。ブログを書いてもいいでしょう。日記やブログの中で自分の想いを言語化できると、あなたがどのような時につまらないと感じてしまうのか、逆にどのようなことをしていれば面白いと感じるのかが分かってきます。

そうなると、これから仕事をする際も自分のモチベーションを上げる術を見つけられる可能性が高まるでしょう。いわゆるあなたの取扱説明書のような存在になるのです。

3.社内の人と積極的にコミュニケーションをとる

社内でコミュニケーションを取れずにつまらないと感じているのであれば、自分から積極的に働きかけてみましょう。

同じ部署だけでなく他の部署の人とも話せば、会社全体の仕組みが見えてその中で自分が何に携わっているのかが実感できます。

コミュニケーションを取るのは業務時間でなくても構いません。ちょっとした休憩時間に声をかけてみてください。コミュニケーションが円滑に取れ、人間関係が良好に保てていると、職場での居心地も良くなるでしょう。

さらに自分のちょっとしたミスに対してカバーしてもらえたり、急な休みをもらう時も寛容に対応してくれたりする可能性が高まります。

会社に苦手な人がいる場合は自分から話しかける必要はない

積極的にコミュニケーションをとる方がいいとは言え、自分の苦手な人や嫌いな人とはそこまで密に対話する必要はないでしょう。

なぜなら嫌いな人と会話をすると、あなたのストレスが大きくなってしまうからです。中にはイライラしてしまい、業務に支障が出る人もいるのではないでしょうか。

嫌いな人と歩み寄るためにコミュニケーションを取ろうとするのはいいでしょう。しかし「もうこの人とは仕事上の最低限の連絡をするのみ」と決めてしまうのもいい策です。

以下の記事では職場に嫌いな人がいる場合の対策を解説しています。合わせて参考にしてください。

関連記事:同じ職場の嫌いな人を気にせず仕事に打ち込めるコツを解説

4.上司に打ち明ける

日々の残業が続いて気持ちに余裕がなくなっているのであれば、業務量を減らしてもらえないか、上司に相談してみましょう。もしかすると頑張るあなたに甘えて、人よりも多くのタスクを与えていることに気づいていない可能性もあります。

また人間関係で悩みがある場合も、上司に気持ちを正直に打ち明ければ、精神面のアドバイスをくれるかもしれません。人に話をするだけで、気持ちが軽くなりリフレッシュすることもあるでしょう。部署移動を検討するなどの具体的な解決策を考える上でも、まずは上司に相談することは大切です。

あなたをサポートするのも上司の仕事。豊富な経験から的確なアドバイスをもらいましょう。

5.参加したくない飲みの誘いは断る

参加したくない飲みの誘いは断っても問題ありません。中には「断ると社内での人間関係が不安」と気にする人もいるでしょう。しかしつまらない飲み会に出席する時間は、他のことに活用するべきです。

もし対人関係への影響が気になるのであれば、「誘いに乗るのは月に1回」と決めて、それ以上誘われる場合は以下のような理由を作って断ってもいいでしょう。

  • 実家から親が来ているため帰らないといけない
  • 資格の勉強の時間に充てたい
  • 久しく会えていなかった友人と会う予定がある
  • これから宅急便が届くから家に帰らないといけない
  • 先約があるため飲み会に参加できない

このような理由を話してもしつこく誘われる場合は、きっぱりと本音を言うのも一つの手です。

同じ言い訳をしていると怪しまれてしまいます。時と場合を考えて使い分けましょう。

あなた主催の飲み会やイベントを開催してみる

会社の上司や取引先との飲み会に楽しさを見出すのは難しいもの。しかしお酒を飲んだり人と話したりするのが好きならば自分が飲み会やイベントを主催し、同僚を集めるのもおすすめです。

例えば、

  • 日本酒好きな人たちと美味しい日本酒バーを見つける
  • 読書仲間と集まって最近読んだ本の書評をシェアする
  • 週末参加したイベントレポートを発表しあう
  • カメラ好きと集まってSNS映えする撮影方法について披露しあう

など。

自分と気の合う人と一緒に楽しいことをすれば、会社に行くのも楽しくなるかもしれません。また周りの人からいい刺激を受け、視野を広げるきっかけにもなります。

どうしても会社で働くのがつまらない場合

ここまではあなたが仕事をつまらないと感じる理由やその対処法について解説してきました。しかし「どうしても会社がつまらない」と感じてしまう場合もあるでしょう。

そのような時は、以下の方法を試してみてください。

そもそも会社や仕事内容とあなたがマッチしていなかったというケースも考えられるのです。

部署異動の相談をする

あなたが「会社がつまらない」と感じてしまう理由は、あなた自身の努力ではどうにもならないこともあります。例えばそもそも希望する部署ではなかったり、周りの人間関係が良くなかったりするケースです。

そのような場合は上司に部署異動の相談をするのも一つの手です。本来希望していた部署への異動願いを出したり、人間関係を一度リセットするために新たな部署に希望を出してもいいでしょう。

そうすることで、あなたの会社に対する気持ちも改善される可能性があります。

転職を考える

部署異動で自分の感情が動く可能性が低い場合は、転職を考えるのも一つの方法です。

例えば残業があまりにも続いてしまっていて疲労困憊しているケース。このような場合は何事にも無気力になってしまっている可能性があるため、転職で働き方を変えてみるのもいいのではないでしょうか。

あなたの力だけでは現状の改善が難しい場合、転職を検討しましょう。

「今さら転職をする勇気はない」と感じる人もいるかもしれません。しかし転職サイトに登録するだけでも、自分の視野が広がり、今の会社に対する気持ちも変わる可能性があります。

以下の記事では転職サイトのスカウトサービスを比較しています。あなたも登録すれば、興味のある分野の企業からスカウトが来るかもしれません。

関連記事:転職サイトのスカウトサービスを比較!メリットやスカウトを受けるコツを紹介

スキルがあればフリーランスとして独立も可能

「会社がつまらない」と感じる理由が「正当な評価が受けられない」ことだとすれば、フリーランスとして独立するのを検討してみてはいかがでしょう。

フリーランスは、全て自分の成果次第です。これまで年功序列でモチベーションが上げられなかった人も、生き生きと働くきっかけになるかもしれません。

しかし独立して食べていくのが難しいのも事実。以下の記事ではフリーランスとして働く人のリアルな声が分かります。ぜひ参考にしてください。

関連記事:フリーランスを目指す方必見!現役フリーランスが語るリアル – 初期の仕事の取り方、月収、やばい案件から逃れる方法

独立には思い切りの良さも大切。しかし、お金を稼げるスキルを身につけてからの方が成功率も高く収入も安定します。

これからスキルを身につけるならプログラミングがおすすめ

これから転職・独立を考え、新しくスキルを身につけるならプログラミングがおすすめです。

理由は大きく3つあります。

  • エンジニア・プログラマーは引く手数多の状態
  • プログラミングスキルは面接時のアピールになる
  • 独立した際、高い報酬の案件を受注しやすい

1つずつ説明していきます。

まず「エンジニア・プログラマーは引く手数多の状態」から。IT業界を中心に、深刻なエンジニア・プログラマー不足が続いています。スマートフォンやAI(人工知能)、VR(仮想現実)といった技術は進歩しているものの、それらを扱える技術者の数は非常に少ないのです。

そこで企業は高い給料などを提示し、エンジニア・プログラマーの積極的な採用に乗り出しています。プログラミングを身につけ、エンジニアになれば転職は非常にしやすい状況です。

2つ目の「プログラミングスキルは面接時のアピールになる」について。先ほどはIT業界に限って説明しましたが、プログラミングができる技術者を求めているのはIT系の企業だけではありません。昨今はどの企業も自社サイトを持っていたり、既存の自社製品にインターネットを組み込んだり(IoT技術)など、IT技術が欠かせなくなっています。

そのような状況では、社員一人ひとりがITに精通していて欲しいの企業側の希望となるはず。プログラミングスキルを持っている人材は1人でも多く確保しておきたいところでしょう。エンジニア職でなくてもプログラミングスキルを持っているという点は充分なアピールポイントとなります。

プログラミングに必須な「作業を効率化する」という考え方はどの仕事にも役立つでしょう。

最後の「独立した際、高い報酬の案件を受注しやすい」について。エンジニア・プログラマーとして独立した場合、システム開発案件を受注してこなす「受託開発」と呼ばれる仕事をこなす人が多いです。システム開発は対応できる人の少なさや工数の多さなどから報酬金額も高額になります。1件数十万円という額になるため、プログラミングスキルがあれば独立後もお金が稼ぎやすいのです。

細かく見れば他にもプログラミングを身につけるメリットはあるのですが、上記3つの観点からしてもプログラミングスキルは転職・独立において充分な強みになると言えるでしょう。

さいごに

会社がつまらないと感じる場合、まずは仕事にやりがいを感じられたり、楽しめたりするよう自分から働きかけてみましょう。

もし会社の中で自分が面白いと感じられる業務があるのであれば、積極的に手挙げしたり、任されるように実績を積んだりすることも大切です。

それでも自分の気持ちを動かせないのであれば、人事異動や転職、独立を検討してみるのもいい方法でしょう。

「手に職をつける」なら安定性抜群のエンジニア!今なら先着2,000名が受講料50,000円OFF!

「不安定な時代でも職を失わないよう、手に職をつけたい」と考えている方には、エンジニアへの転身がおすすめです。
エンジニアなら、コロナ禍でも求人倍率は8倍以上!先行きが不透明な時代でも、安定して活躍が望めます。
テックキャンプ エンジニア転職では、受講生の90%以上が非IT業界からエンジニアへの転職を実現。
さらに、先着2,000名が受講料50,000円OFFとなるキャンペーンを実施中です!
将来の不安を払拭するための第一歩を、今こそ踏み出しましょう!

キャンペーンの詳細はこちら

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。
Advertisement