無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

成果とは?意味・仕事での努力が成果につながる人の特徴を解説

更新: 2021.08.25

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

「努力しても仕事で成果が上がらないのはなぜ?」
「成果をあげているのに出世できないのはなぜ?」
「成果を出せる人とそうでない人の違いはどこにあるのだろう?」
「そもそも成果とは何?言葉の意味は?」

社会人として働く限り、会社や上司から成果・実績を求められます。

日々の仕事も「ただ業務をしているだけ」ではなく、自身が所属する組織から成果を求められて皆仕事をしているわけです。

本記事では、改めて成果という言葉の意味を整理し、努力が成果につながる人の行動パターンなどを具体的に解説します。

成果とは

成果とは何か、意味と使い方を解説します。

成果の意味

成果とは、何かをしたことで得られた良い結果のことを指す言葉です。

あることをして得られたよい結果。
引用元:成果とは何? Weblio辞書

似たような言葉に「結果」がありますが、結果はある物事の最終的な結論を指すものであり、良いケースも悪いケースも含まれています。

対して、成果はある物事の最終結論の中でも良いケースのみを意味しています。「成果」と「結果」は全く「似て非なる」ものです。使い方に気を付けましょう。

成果の使い方

成果という言葉の使い方について以下の例を用いて解説します。

  • 成果物
  • 成果主義
  • 成果発表

成果物

まずは、成果物という言葉。英語表現ではアウトプットとも言います。

デジタル大辞泉によると、成果物とは、ソフトウエア開発やシステム開発において、プロジェクトの全体または一部の工程が完了したときに成果として完成した納品物、プログラム、仕様書・設計書などの文書類のことをいいます。

成果主義

次は、成果主義です。

ASCII.jpデジタル用語辞典によると、成果主義とは、仕事の成果に応じて給与、昇格を決定する人事方針のことをいいます。

仕事で成果をあげれば給与アップや昇格が約束されます。一方で、成果をあげられないと、給与の現状維持もしくは給与ダウンとなる場合があります。

従来の年功序列主義(年齢や入社年数に応じて給与や役職が決められる人事制度の考え方)に代わる成果主義の導入は、企業のリストラに並行して1990年代に日本全国で行われました。

実は、日本の成果主義に対する国内外の評価は高くありません。その理由としては、使用者側の「成果」の決め方と労働者の認識とに違いがあることが挙げられます。働く側から見て、報酬が見合っていないと感じるケースがまだまだ多いようです。また従来の「安心感」が失われてしまったこと、なども成果主義に対する評価が下げる要因として挙げられます。

年功序列と成果主義の2本立ての給与体系を構築するなど、日本国内の多くの企業では、いまだに人事システムの模索が続いているのです。

成果発表

 

最後に、成果発表です。

成果発表とは、会社での仕事や研究を通して得られたものを発表することを言います。小中学校の自由研究などもこれに当たります。

皆さんも会社などで自分たちの行った業務の成果を会議などでプレゼンする機会も多いのではないでしょうか。

成果の類語

成果と同様の意味合いの言葉に「効果」があります。改めてその意味を見てみましょう。

効果の意味

デジタル大辞泉によると、効果とはある働きかけによって現れる望ましい結果、ききめやしるしのことを言います。

また、演劇・映画などで、その場面に情趣を加える技術および方法の意味合いでも使われます。例えば、サブリミナル効果(意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のこと)などの言葉も聞いたことがあるでしょう。

成果と効果の違い

成果と効果の違いはなんでしょうか?

成果は自分自身などがある目的を達成するために行動して手に入れた結果のことです。例えば、「毎日のプログラミングの勉強が、webアプリケーション完成という成果をもたらした」といった使い方になります。

一方、効果は成果と異なり、物事の現象の結果を指します。効果には自分の努力や工夫とは関係ないものが含まれます。例えば、「この薬には痛みを和らげる効果がある」といった使い方になります。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

成果につながる考え方とは?

成果を出す人の特徴を解説します。

  • 実行することにこだわりを持つ
  • 行動量が多い
  • 失敗を振り返る
  • 知識が豊富
  • 常に前向きに考える
  • 結果を重視する
  • 知らないことを素直に受け入れる
  • シンプルに考える

成果につながる考え方とはどのようなものか参考にしてみてください。

実行することにこだわりを持つ

成果を出す人は、行動することに重点を置いている傾向にあります。

何かを思いついた時はすぐに行動に移し、数をこなすことで、行動の質を上げていくパターンを取ります。

逆に、成果を出せない人ほど、計画や準備にこだわる傾向があります。トラブルが起きるケースを色々とシミュレーションしたり、リスクをあれこれと考えたり、上司に向けたプレゼンテーション資料の作成に時間をかけたりと、行動の前に時間を要することが多いのです。

行動量が多い

成果を出す人は行動量が桁違いに多いのです。前項でも説明しましたが、行動の量を重ねることで経験値を積み、それを行動の質に転換することが可能なのです。

仮に計画が不十分のまま着手したとしても、適宜方向修正を重ねていきます。何度か失敗したとしても、そこから学び、失敗の経験を次に活かすことができます。

例えば、成果を出せるエンジニアは、たくさんのコードをひたすら書いています。初めはうまく動かなかったとしても、件数をこなすことでコーディング技術などが向上し、クオリティの高いプロダクトを作ることができるようになるのです。

成果が出ない人は、初めから質を求めようとする傾向があります。効率的な仕事の進め方をしようと考え、入念に準備をするのです。

しかし、経験が不足している段階では、初めから効率の良い進め方をするのは難しいでしょう。まず行動することを優先し、成功や失敗の経験から学ぶことがもっとも効率的といえるのです。

失敗を振り返る

成果を出す人は、行動を振り返り、検証を徹底して行います。失敗しても、原因を突き止め、常に改善策を考えます。成功した場合も、何が成功の要因なのかを捉え、次の行動に活かすことができるのです。

成果が出ない人は、成果を出す人の様に、この振り返りを徹底して行えていないことが多いのです。振り返ることをせず、すぐに次は何をすれば良いのかを考えてしまうのです。

その結果、経験から学ぶことが十分にできないまま次の行動に着手してしまい、悪い結果が繰り返されるという悪循環に陥ります。

知識が豊富

成果を上げる人は、自分の仕事について膨大な知識とノウハウを持っています。

それは、経験と向上心によって培われたものです。それがあるからこそ、成果を継続してあげることができるのでしょう。

成果を出せない人は仕事への理解が乏しいのです。加えて、日々のスキルアップに対しても意欲的ではないため、成果を出す人との知識やノウハウの差はますます広がっていくことになります。

常に前向きに考える

成果をあげる人は、問題にぶつかった時も常に前向きに取り組みます。困難な課題を前にした時に「どうすればできるか」を考えるのです。

過去の経験から「解決策を見つけることができる」と自信を持って考え、試行錯誤ができるのです。

成果を出せない人は、困難な課題を前にした時「できない理由」を考える傾向が強いです。そのマイナス思考が行動にも反映し、成果につながらないことになるのです。

結果を重視する

成果を出す人は、とにかく「結果」を重視します。

どれだけの価値を生み出したのかが何より大切なことを知っており、仕事に対して責任と向上心を持っています。常に高い目標を掲げ、それを達成するために努力を惜しみません。

成果を出せない人は、結果ではなく、「努力したこと」に注目します。そこから学び取ることができれば良いのですが、努力したことに満足してしまうことで、次に繋がらない傾向が強いと言えます。

知らないことを素直に受け入れる

成果を出す人は、人から素直に学ぶ姿勢を持っています。向上心が高く、「自分にはまだ知らないことがたくさんある」と考えます。常に勉強する姿勢で仕事に向き合っているのです。

学ぶ相手は年齢や立場など関係ありません。成果を出す人は、相手が誰であろうと謙虚な姿勢で自身の成長に有効なことを学ぼうとします。

成果を出せない人は、人から学ぼうとしない傾向があります。ややプライドが高く、知らないという事実を認めたがらない人も多い様です。

どんな分野でも、成果をあげるには必ず多くの知識が必要になってきます。人に対して、素直に学ぶ姿勢は非常に大切なのです。

シンプルに考える

成果を出す人は、物事の本質を見極めることができます。

解決できない問題に直面したとしても、何が本質で、何をどう解決すれば良いのか、と要素を分解しシンプルに考えることができます。

「Simple is best.」という言葉があります。この言葉の意味はなんでしょうか?

この言葉は「単純なのが一番」という意味ではなく、「これ以上削るものがなくなった状態」という意味なのです。

シンプルに考えることに関して、古今東西の偉人たちが格言を残しています。

アンドリュー・カーネギー

アンドリュー・カーネギー(アメリカの鉄鋼王)は、「小さく砕いて一つずつ解決すれば、解決できない問題はない」という言葉を残しています。

どんな仕事でも、大きな目標になればなるほど、最初の一歩が踏み出せないものです。そんな時は、目標を小さく切り刻んで、一歩一歩、少しずつ始めてみることが大事だ、という意味です。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルド・ダ・ヴィンチ(1400年代後半から1500年代前半に活躍したイタリアの芸術家)は「シンプルさは究極の洗練である」という言葉を残しています。

ものごとをシンプルにするということは、無駄な部分をそぎ落とし、本質だけにしてしまうことであり、それが究極の洗練に至る、という意味です。

ジョン・ピアポント・モルガン

ジョン・ピアポント・モルガン(アメリカ5大財閥の一つであるモルガン財閥創設者)は、「シンプルな形態に落とし込まなければ、問題は解決できない」という言葉を残しています。

JPモルガン財閥の基本理念には、『非効率的な運営を行う産業を、買収やトラストという方法を通じて効率化する』があります。

この基本理念の裏には、モルガン氏の先ほどの格言が反映されています。どんなに複雑な問題も分解すればそれぞれはシンプルで解決のしやすい問題の複合体である、ということを意味しているのです。

これらの天才と称される偉人の残した格言や言葉からも、シンプルに考えることの重要性がわかりますね。

努力を無駄にしない、成果を出す人の仕事の進め方

成果を出せる人は、計画より行動に重きを置いていることは既に紹介しました。

ここでは、具体的な事例を通して、成果を出す人の仕事の進め方を見てみましょう。

「データを分析する」という仕事の進め方の例

例えば、若手社員が上司から「ある仕事」の依頼を受けたとしましょう。

「ある仕事」とは、この様な内容です。1ヶ月あたりの商品ごとの売上データがあります。このデータを分析して、主力商品をアピールするためのチラシを作ること。

「ある仕事」を取り組むにあたって、若手社員は以下の4タイプに分類されます。

何をすれば良いのか検討がつかないタイプ

「データ分析って、どうやったらいいの?」

数字やデータが苦手なタイプのようですね。それ以前に、仕事の段取りそのものが苦手なのかもしれません。

ただ、あらゆる仕事に数字はつきものです。まずは、数字やデータへの苦手意識をなくすことから意識しなければなりません。

データの正確性を確認するタイプ

「データ分析は終わったけど、本当にこれで正しいのか心配・・・」

データに間違いはないか、細心の注意を払うタイプです。

とても真面目に作業に取り組みますし、その結果も正確性が高い一方で、データ分析が終わった後の行動までの時間がかかりすぎてしまうこともあります。慎重になりすぎないことを意識しましょう。

すぐに分析に着手するタイプ

「このデータなら以前作成した内容と似ているからすぐ着手しよう!」

このタイプの人はデータをさっと見て、早速計算を始めてしまいます。

このタイプは行動力には問題ありませんが、正確性に欠ける傾向があり、成果物が正しい結果とならない可能性もあります。仕事に取り組む際はより慎重さが必要でしょう。

「そもそも」を考えるタイプ

「そもそも、なぜ主力商品のチラシを制作する必要があるのだろう?」「上司は何を求めているのだろう?」

もっとも成果を出せるのはこのタイプの人です。課題の背景と目的をしっかり把握する意識を持っています。

直近の課題と思えるデータ分析を後回しにしており、一見遠回りしている様に見えます。

しかし、目的を明確にした上で仕事を進めることができるのが、このタイプです。上司の意図を理解した上で改めて自身のゴールを設定し、適切な手段を選ぶことができるのです。

では、改めて「ある仕事」の目的と背景とは何なのか、考えてみましょう。

いかがでしょうか?

「ある仕事」の背景は、「新規顧客を増やさなければならない」ことであり、目的は「他社より安価な商品をアピールしてエントリーユーザーを集める」ことなのです。

つまり、まず「ある仕事」を着手するにあたって検討するべき方向性は、「他社よりも安いということを強調したチラシを作る」ということになのです。

もう、お判りですね?データ分析は、あくまでチラシ制作をする際に主力商品を選択するための手段であるわけです。

先の3つのケースは、仕事ではいつの間にか“手段が目的になる”ことがある、ということを示しているのです。

仕事を進めるにあたり、「思うように努力ができなくて、仕事が上手くいかない」と悩んだことがある方は「「努力できない…」と悩む方向け!11の原因と解決方法を紹介」を参考にしてみてください。

成果が出ないと悩んだ時に見直すべきポイント

仕事の成果は一朝一夕に出るものではありませんが、思考パターンや行動を少し見直すだけで良い方向に変えることは十分に可能です。

ここでは、成果が出ないと悩んだ時に見直すべきポイントを具体的に紹介します。

  • 目標を設定しているか
  • 仕組み作りはできているか
  • 自分への信頼はあるか
  • 目の前の作業に集中できているか
  • 助けを求めているか
  • 人との出会いを大切にしているか

目標を設定しているか

努力が成果につながる人は、「何のためにその努力をするのか」が明確です。

顧客のため、家族のため、お金を稼ぐため、など、目標は何でも良いのです。目指すべきものは人それぞれで構いません。

具体的な目標が定まればモチベーション向上にもつながり、努力が成果につながる可能性が高まるのです。

仕組み作りはできているか

目標を定めただけでは成果にはつながりません。また、漠然と目の前の作業に取り組むだけでは、当然ながら成果は上がりません。

自分が掲げた目標を達成するための仕組みができているかがとても重要なのです。

その仕組み作りの参考になる本として、「小さな習慣」(著者:スティーヴン・ガイズ、翻訳:田口 未和)があります。

小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動のことです。

この方法を使えば、「すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変える」ことができます。なぜなら、小さな習慣は「小さ過ぎて失敗しようがない」のです。

小さな習慣では、目標を達成するコツはモチベーションに頼るのではなく、習慣の力を使うことが重要だと述べられています。

筋トレをするのであれば、1日1回腕立てをするなど、極めて小さな目標からはじめる。何よりも「習慣化」することがとても大事なのです。

自分への信頼はあるか

2016年4月にAKB48を卒業した「たかみな」こと高橋みなみさんは、AKB48グループの総監督として300人以上のメンバーをまとめてきました。

彼女はスピーチ力に定評があり、その力強い言葉も注目されてきました。

AKB総選挙のランキング発表の際、必ず彼女がスピーチで発言していたメッセージに「努力は必ず報われる!」というものがあります。

このメッセージに対して賛同する意見もあった一方で、「そんなことない!」「努力がすべて報われたら苦労しない・・・」など、ネット上ではネガティブな反応も多かったと聞きます。

しかし、よく考えてみると、彼女は「努力を続ける自分を信じることの大切さ」を伝えたかったのではないか、と思うのです。

総監督としての責任の重さに潰されそうになったり、不安に苛まされそうになったことは多々あったはずです。

そんな状況の中、自分を信じ、努力を続けたことで、今や日本の代表的なアイドルユニットである、AKB48の成長に寄与できた=大きな成果を得ることができたのです。

高橋みなみさんは、自身の経験則としてAKBの後輩たちやファンの皆さんに「努力を継続すること、「必ずできる」と“自分を信頼すること”の大切さ」を伝えたかったのでしょう。

成果を出す人は、困難な課題を前にした時に「解決できる」と自分を信じることができる人です。とにかくやり続けるという行動の結果、自然と自信は付いてくるのです。

仮にうまくいっていないときでも、物事を楽観的に捉え、自分を信じ、それまで行動してきたことを継続することが大事なのです。

目の前の作業に集中できているか

会社でこんな会話を聞いたことがありませんか?

「彼はとても仕事が早いな」「彼女はいつも同時に複数の仕事をこなしてるよね」

仕事ができる人はマルチタスクをこなしているイメージがあります。しかし、多くの研究では、マルチタスクは結果的に“生産性を落とす”とも言われています。

成果を出している人は、マルチタスクをこなしているように見えて、それぞれの業務1つ1つにしっかり集中して向き合っているのです。その結果、それぞれの業務をテキパキと終わらせることができ、周囲からは結果的に複数のタスクをこなしているように見えるのです。

助けを求めているか

一人でできる仕事には限りがあります。別の言い方をすれば、仕事は組織で行うものであり、成果を上げるために設定された目標はチームで共有されるものというのが一般的な常識です。

成果を出せない人は、目の前の業務に追われていて、自分の手に負えなくなった段階で周囲に助けを求める傾向があります。

成果を出せる人は、業務の量や難易度を把握し、誰かの手を借りた方が良いと判断した場合には、チームの同僚や上司に早めに助けを求めるのです。

単に「自分に必要だから」という理由だけで助けを求めるのではなく、お互いに尊重しあった関係性、信頼がある前提で“助け合う”意識が非常に大切なのです。

また助けてもらうだけでなく、常に自分から価値を提供する意識がとても重要です。

「give and take(ギブ・アンド・テイク」という言葉があります。研究社 新英和中辞典によると、「公平にやりとりする、互いに譲り合う」という意味です。

ただ、実際にはtake(貰うこと)だけを相手に求める人も多い様です。「まずはgive(与えること)で」という気持ちで周囲の人と接することが、「give and take」の精神で効率良く、気持ち良く仕事するためのコツといえます。

人との出会いを大切にしているか

俗説ですが、「忙しい」の「忙」という字には「心を亡くす」という意味があるといいます。

「忙しい」とは、「心を亡くす=他のものに心を奪われる」ほどのことなのでしょう。人は、忙殺されると余裕がなくなり、大切な“人との出会い”を知らず知らずに逃してしまうのです。

生産的に仕事をしている人は、業務を工夫して時間を作り、いろんな経験をしたり、たくさんの人と会って多様な価値観に触れることを常に意識しています。

会社の中や外に限らず、積極的に人と交流してみましょう。最近ではSNSなども発達し、友人を知人に紹介する機会も多くなっています。

年齢や性別、経歴を問わず様々な人と交流することによって、仕事の面でのメリットだけでなく、より自分自身が成長することができます。

自分自身が成長することにより、その後の仕事において成果を生み出す機会が増えることは間違いないのです。

成果とは まとめ

本記事では、成果の意味・成果を実際に出している人の特徴や考え方について紹介しました。

もし仕事でうまく成果がでないと感じることがありましたら、ぜひ自分の仕事の進め方と比較してみてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement