無料キャリア相談はこちら
資料請求はこちら

「人生変えたい」を叶える10の行動!仕事・生活に悩む20~40代・女性必見

更新: 2022.07.19

>>転職成功人数3200名以上 テックキャンプ

プログラミングで人生を変えた最新事例

「もっと自由に、自分らしく生きたい」「仕事だけの毎日を変えたい」といった悩みを抱えていますか?

仕事や人間関係など、今あなたが生きている生活を変えることは簡単なことではありません。しかし、実際に行動をおこすことで人生は変えられます。

この記事では「人生を変えたい!」と本気で考えている人向けに、やるべき10のことや少しずつでも人生を変えていくためのコツを紹介します。

「人生変えたい!」のに変えられない理由

将来性のないプログラミング言語

「人生を変えたい!」「明日からは新しい自分になる!」…そう決意しても、結局生活を変えられないことは珍しくありません。

この記事を読んでいる人の中には、これまでも何度か日々の生活や人生を変えようとしたけどうまくいかなかった…という人もいるでしょう。

人生を変える行動を取る前に、まずは人生(生活)を変えるのが簡単ではない理由を理解しておきましょう。

変えるための時間・エネルギーがない

人生に限らず、すでに動いている何かを変えるためには多大な時間とエネルギーが必要です。

例えば「明日から朝6時に起きて朝活をする!」と決意したとしましょう。この場合、それを実行・習慣化するためには、夜早く寝られるように仕事や家事のやり方を工夫したり、慣れるまでは眠気に負けずに頑張って続けたりする必要があります。

人生を変えるのは、体だけでなく心にとっても重労働。気合だけで変えられると考えず、変えるために必要な時間とエネルギーを確保することが大切なのです。

無意識に変化を避けている

人は無意識のうちに現状維持を好むと言われています。新しいことを始めるのにはエネルギーが必要である一方、すでに習慣化されていることを実行するのは脳も体も楽だからです。

仕事や生活をガラッと変えた結果、今よりも生活が悪化する可能性もあるため、そのリスクを避けようすることも理由の1つです。

いきなり色々なことが大きく変わることが怖い場合には、少しずつ、身の回りの小さなことから変えていくと良いでしょう。

どうせ変われないと思いこんでいる

どうせ変われない、と諦めてしまっていることが原因であることも。

「自由な働き方に憧れるけど、私にフリーランスは無理だ」「海外移住したいけど、英語ができないから厳しいだろう」と、自分で自分の限界を決めてしまっていませんか?

やらない理由やできない理由を探してしまう癖がある人は、まず自分自身に対して「あなたの人生は変わる・変えられる」と言い聞かせることが重要です。

どう変えたいのかがわからない

今の生活や仕事になんとなく不満があるが、どうなれば満足するのかがわからないという人もいます。

目指すべきゴール(目標)がなければ、行動をおこすことはできません。まず自分の気持ちに素直になり、あなたが理想とする生活や仕事の在り方を考えてみましょう。

スキルゼロ・実務未経験でもITエンジニアになれる!

今年こそ、プログラミングをマスターしませんか?
テックキャンプはこれからのIT時代で自分の可能性を広げたい人を応援します。
  • プログラミングは難しくて挫折しそう
  • 独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
  • 効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい
プログラミング学習やIT転職などでお悩みがある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。

人生を変えたい時にまずやること

すでにあなたが日々過ごしている毎日を変えることは簡単なことではありません。実行するためには、計画的に取り組むことが重要です。

「人生を変えたい!」と決意したら、まずやるべき2つのことを解説しましょう。

今の生活の悩みや不満を書き出す(現状の整理)

1つ目のTODOは、今の生活の悩みや不満を書き出すことです。

あなたが自分の人生を変えたいと思っている動機(原因)を整理することで、具体的に人生のどの部分を変えたいのかを明確にします。

この際、最初から考えをまとめて書こうとせず、頭に浮かんだことをとりあえず書き出していくのがおすすめ。日頃不満に思っていることを全て吐き出したら、それらをグループに分けて整理していくとよいでしょう。

自分の価値観や理想の生活を整理する(ゴールの設定)

現状の不満の整理ができたら、それがどのような形(状況)になれば幸せなのかをイメージします。

例えば「残業が多くてプライベートの時間が取れない」ことが不満である場合、理想の姿は次のようなものが考えられます。

  • 仕事は9時から17時まで。定時退社した後は家族や友人との時間を楽しみたい
  • 在宅勤務やフレックスタイム制など、プライベートの予定にあわせて柔軟に働きたい
  • フルタイムではなくパートや契約社員になって、週に働く時間を減らしたい

このように、どのような生活を理想とするかは人によって異なります。他人の意見や社会の価値観、実現可能性に左右されず、あなた自身の理想について素直に考えていきましょう。

人生を変えるための具体的な行動10個

人生を変えるための前準備(現状の整理とゴールの設定)が終わったら、いよいよ行動にうつしていきます。

具体的には「生活習慣」「人間関係」「仕事・生活の環境」の3つの面から変えていきます。やるべきこと10個を解説するので、人生を変える決意をした人は早速やってみましょう!

生活習慣を変える

食事、睡眠、運動、娯楽など、私達の生活は、様々な「習慣」で成り立っています。習慣はあなたの生活そのものとも言えるので、これを変えることが人生を変えることにつながります。

タバコや夜更かしなどの悪い習慣をやめる

まずやるべきなのが、悪い習慣をやめること。悪い習慣とは、短期的には気分や体によい影響をもたらすものの、長期的には悪影響を及ぼす習慣を指します。

具体的には次のようなものが当てはまります。

  • タバコを吸わないとイライラしてしまう(仕事中もタバコ休憩が欠かせない)
  • お酒の飲み過ぎで次の日の予定に影響が出る
  • つい食べすぎてしまう
  • ちょっとしたことでイライラ・くよくよしてしまう
  • だらだらと夜更かししてして、翌日に寝坊する
  • 嫌なことを先延ばしする
  • つい衝動買いしてしまう

もちろん、これらの悪い習慣を全て一気にやめることは難しいものです。まずは自分の習慣を見直し、悪い習慣を「これは悪い習慣だ」と認識することから始めましょう。

早起きや運動などの良い習慣を始める

悪い習慣を減らすとともに、良い習慣を始めましょう。良い習慣とは、悪い習慣の逆で長期的に体や気分によい影響をもたらす習慣を指します。

次のように悪い習慣を良い習慣に置き換えることで、スムーズに習慣の切り替えができるでしょう。

  • 休日の朝は15分ウォーキングする習慣を作り、前日の夜更かしや当日の寝坊を防止する
  • お酒の代わりに炭酸水を飲み、お金を節約しつつ健康になる
  • イライラ・くよくよしてしまった時は、運動や瞑想をして気持ちを切り替える

スマートフォンの使い方を見直す

現代人の生活に欠かせないスマートフォンも、一度付き合い方を見直してみましょう。

意味のないネットサーフィンやSNSで多くの時間を使っている人は、SNSの時間を1日30分までとしたり、夜10時以降はスマホを触らないようにしたりと自分なりのルールを考えてみましょう。

「デジタルデトックス」として、一定期間スマホから距離を置くことも有効です。

人間関係を変える

例えがうまい

人間の悩みの大半は対人関係によるものだと言われています。職場や学校などでの人付き合いに悩みがある人は、他者との関わり方を見直してみましょう。

苦手な人とは距離を置く

つい八方美人になって誰にでも良い態度を取ってしまうことはありませんか?あなたが重んじ、尊重して接する相手は、同じようにあなたに対して丁寧に接してくれていますか?

「嫌われたくない」という気持ちもあるかもしれませんが、全ての人から好かれることは不可能に近いです。

気をつかってストレスを抱えるよりも、苦手な人とはきっぱりと距離を置きましょう。

具体的には、職場であれば苦手な人への連絡はチャットやメールで済ませ、プライベートでは気がのらない飲み会や遊びの誘いは断わりましょう。

自分のことを正しく理解してくれる人と付き合う

苦手な人と距離を置く一方、あなたのことを正しく理解し、尊重してくれる人との親交を深めましょう。

一緒にいて安心できる人や、あなたの気持ちを害さない人、あなたの夢や目標を応援してくれる人と積極的に交流することで、対人関係のストレスを軽減し、日々の満足度を高めます。

現在そのような人がいない場合には、社会人サークルや習い事など新しい出会いの場に足を運び、新たな関係を構築するのがおすすめです。

尊敬できる人・憧れの人を見つける

あなたが理想とする人生をすでに送っている人や、考え方や生き方に尊敬できる人を見つけましょう。

著名人であれば彼らのSNSをフォローしたり、本を読んだりして、どうすれば同じような生活を送ることができるのか、参考にできる点を探します。

もし憧れ・尊敬できる人が周りにいる場合には、今の悩みや不満を相談することで何かよいアドバイスが得られるかもしれません。

仕事・生活の環境を変える

会議

あなたの日々の仕事・生活の環境をまるごと変えてしまうのも、人生を変えるきっかけになります。

不要なものを捨てる

家の中や身の回りにある不要品を捨てて、本当に必要なものだけを残しましょう。なんとなく捨てられずにとっておいた服や本、思い出の品を整理することで、人生に必要なものが見えてくるはずです。

モノが減ることで掃除や整理にかける時間が節約され、その他のやるべきことに使えるメリットもあります。

不要なものはフリマアプリやオークションに出品すると、お小遣い稼ぎにもなるのでおすすめ。

引越しする

住み慣れた場所を離れるのは心寂しい気持ちもあるかもしれませんが、ずっと同じ場所に住んでいると、良くも悪くも刺激はなくなってきます。

心機一転新しい生活を始めたい人は、近場でも良いので住む場所を変えてみてください。引越しは身の回りを整理するのにもちょうど良い機会なので、断捨離をかねて引越しをするのも良いでしょう。

転職する

仕事に不満や不安がある人は、転職をして職場環境を変えるのも有効です。

転職をすると、勤務場所、通勤ルート、通勤時間、職場の人間関係、業務内容などあらゆることが変化します。多くの社会人は1日の大半を仕事に費やしているので、転職は人生そのものを変えることにつながるのです。

ただし、目的のない転職には注意。転職はリスクでもあるので、計画的・戦略的に行うようにしましょう。

スキルアップする

引越しや転職は少しハードルが高い、という人はスキルアップをして自身を取り巻く環境を変える努力をしてみましょう。

仕事に役立つ資格を取得したり、将来のためにプログラミングや英語を学んだり…スキルを身につけることで自分に自信がつき、今までとは異なるものの見方ができるようになるでしょう。

この記事のハッシュタグ

少しずつでも人生を変えていくために大切なこと

ここまで人生を変えるきっかけになる10の行動を解説しました。しかし、仕事や習慣を少し変えたところで、それまでの生活が180度ガラッと変わることはそうそうありません。

「人生は少しずつ変わっていくもの」と理解した上で、一歩ずつ前に進んでいくために重要なことを解説します。

小さな目標から始める

理想とする人生(ゴール)に向かって歩き始める時、最終目標だけを見つめて行動していると、なかなか前進している気持ちにならず挫折してしまう原因になります。

確実に最終目標にたどり着くためにも、中目標、小目標を設定して、小さな成功を積み重ねながら大きな目標達成を目指しましょう

小さな成功体験は自己肯定感の獲得にも効果的。自分の存在を認め、肯定的に捉えることができれば、より難易度の高い目標にチャレンジする勇気も出てくるはずです。

なかなか変わらない自分を責めない

人生を変えるための行動を始めても、最初のうちはなかなか「人生が変わった」という実感が持てないかもしれません。一度決めたことを100%実践できないこともあるでしょう。

しかし、なかなか変わらない自分を責めたり、焦って別の行動を取ったりする必要はありません。

物事の大小にもよりますが、一般的に新しいことを習慣化するためには平均66日必要だといわれています。この期間は、結果が見えなくても焦ったり諦めたりせず、続けることを意識しましょう。

他人と比べない

他人と自分の人生を比べないことも大切です。人生の価値は本人が決めるのであって、他者との比較で判断できるものではないからです。

幸せそうに見えている人でも実は深刻な悩みを抱えていることや、またその反対のケースもあります。

他人と自分の人生を比べて落ち込むのではなく、あなた自身の基準で人生を評価しましょう。

人生を変えたい人におすすめの本

人生を変えるためには、時間とエネルギーだけでなく「変えたい」という強い意思も欠かせません。しかし、困難や苦難に対して気持ちが折れかけたり、諦めそうになったりすることもあるでしょう。

そこで「誰かに背中を押してほしい」という人のために、人生を変えるやる気が出てくるおすすめ本をいくつか紹介します。

【仕事の悩みがある20代向け】20代を無難に生きるな

20代を無難に生きるな

20代で会社員、起業、講師を経験した著者による、悩める20代へのアドバイスを綴った1冊。人生の基礎をつくるはじまり10年である20代に知っておくべき、仕事や人間関係、習慣、考え方などのポイントを解説しています。

これからの人生プラン・キャリアプランに悩む人におすすめです。

【仕事の悩みがある30~40代向け】生き方

生き方

世界14ヶ国で翻訳されたミリオンセラー。京セラとKDDIを創業した稲盛和夫氏による、人生哲学本です。

夢をどう描き、どう実現していくか、人間としてもっとも大切なこととは何か…人生を改めて考え直したい人におすすめ。

【人間関係を変えたい人向け】嫌われる勇気

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

メディアでも数多く紹介された、アドラー心理学に関する本。対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去るために必要な「勇気」について、わかりやすく解説されています。

職場や私生活でどうしても他人の顔色を伺ってしまう自分を変えたい人はぜひ読んでみて下さい。

【仕事も私生活も頑張りたい女性向け】なんでもない毎日がちょっと好きになる そのままの私で幸せになれる習慣

なんでもない毎日がちょっと好きになる そのままの私で幸せになれる習慣
幸福について研究する学問「幸福学」に基づき、科学的に幸せになれる方法を紹介している1冊。今すぐ・誰にでも・簡単にできる行動で、今の生活をより豊かなものに変えていきましょう。

いつも真面目に頑張ることに少し疲れてしまった人に特におすすめ。

人生変えたい人はさっそく行動してみよう

人生は、待っていれば誰かや何かが勝手に良いように変えてくれるものではなく、自らの意思で変えていく必要があります。

そして、人生を変える行動の多くは「悪い習慣をやめる」「身の回りの不用品を捨てる」といった気軽にできることです。「どうせできないだろう」「自分には無理だろう」と諦めるのではなく、自分を信じて、早速今日から実行していきましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement