まずは無料キャリア相談へ!
30代限定🎗️パパママ世代応援割

テックキャンプでの学習体験を通じて、人生を変えることができました。

更新: 2023.09.15

テックキャンプの最新の受講プランは公式サイトでご確認ください。

望月優さん・23歳。

大学卒業後、2023年3月にテックキャンプ(短期集中スタイル・通学プラン)を受講し、2023年7月にマーケティングコンサルティングサービスを提供している企業に就業決定。

ーーエンジニアを目指そうと思ったきっかけはなんですか?

テックキャンプでの受講がきっかけです。
自分にとって、エンジニアというのは自分が変わるための一つの手段でしかありませんでした。なので、受講前はエンジニアになることは特に決めていませんでした。
ただ、テックキャンプで学べるものが「プログラミング」だったので、エンジニアを目指そうという思いになりました!

ーーテックキャンプを選んだ理由はなんですか?

マコなり社長のYouTubeがきっかけです。
大学在学中、理想としている自分と現実とのギャップがあり、自分にかなり負い目を感じていました。そんなこともあり、なかなか就職活動に踏み込むことができませんでした。
でも、何か変わらないといけないという気持ちがあったので、テックキャンプの受講を決めました。
マコなり社長のYouTubeをいつも見ていて、マコなり社長が創業したテックキャンプでなら「人生を変える」経験ができるんじゃないかと思ったんです。

ーー実際にテックキャンプを受講して良かったですか?

はい。学習体験を通じて、人生を変えることができました。
僕はテックキャンプ渋谷校に通って学習を行っていましたが、教室では様々な年齢や経験を持っている方とコミュニケーションをとることができました。
様々な価値観にふれることができて、僕自身の視野も広がったと感じています。
また、テックキャンプでの学習や体験を通じて自分が理想としている自立にも近づけたので良かったです。

ーー学習中の生活スタイルや学習方法を教えてください。

基本的には朝3時間ほどバイトをした後、テックキャンプの教室に通うという生活を送っていました。
翌日にバイトがある日は19時まで、翌日にバイトがない日は22時まで教室に残って勉強をしていました。
学習方法としては、テックキャンプが推奨している方法で進めていました。
中でも良かったと思ったのはアウトプットの時間があることです。
後輩や同期、先輩とアウトプットしながら学習を進めていったので、知識の定着がかなりしやすかったのかなと思っています。
最初はカリキュラムを見ずにコードを書くということをアウトプットとして実践してみたのですが、あまりにも非効率だったので、カリキュラムで学んだことはコードも含め、自分の言葉で全て説明できるようにしていました。
ただ、メンターに質問した時にコードをみて自分で解説することができれば良いということを教えてもらったので、僕の場合は少しやりすぎだったかも知れません(笑)

ーー後輩にあたる受講生とアウトプットしたことによって良かったことはありましたか?

悩みの種はみんな同じなんだなと思う瞬間が何度もあり、「ああ、やっぱりそこ悩むよね」と思うことで自分だけではないという安心感みたいなものを得られることがありました。
また、後輩受講生に教えることで、自分の知識がしっかり定着しているかどうかが分かるので、復習になって良かったです!

あとは、学習が先に進んでいる自分が学習したことをアウトプットする時、後輩受講生はまっさらな状態で聞いてくれます。
なので、質問を受けた時に「あれ、そういえば何でだろう」と、はっと気付かされる瞬間が一度ではなく何度もありました。
後輩受講生じゃないと気づけないことも多くあると思うので、とても良い経験になりました。

ーー学習中、一番楽しかったことを教えてください

基本的に全部楽しかったので一番を選ぶのが難しいです(笑)
ぱっと思いついたのは同期と一緒にエラー解決をした時間です。
同期と一緒に悩みながら…というか叫びながら(笑)楽しんでエラー解決に取り組みました。
エラーとしっかり向き合えたことも良かったですし、この時間をきっかけに同期とも仲良くなれたので、とても良い思い出です。

ーー学習中、大変だったことはなんですか?

僕はバイトを朝にしていたので、学習との両立が大変でした。
あとは、初めて使用するツールや初めて学ぶことが多かったので、学習中は色々なミスをやらかしました。ミスに対処している時は大変ですが、初心者だからこそ経験できるミスなので、今となっては良い経験ができたと思っています。

ーー学習中、一番心に残っていることをあれば教えてくだい

オリジナルアプリの開発です。
僕はカリキュラムでやったことをベースにカリキュラム外のこともオリジナルアプリにたくさん入れ込みました。例えば、RubyではなくPythonでBot(※)を開発する等です。
テックキャンプの学習を通じて自分に自信がついたことで新たな技術にチャレンジすることができました。
そういう意味でもオリジナルアプリを作っている時が一番わくわくというか夢中になれる時間を過ごすことができました!
※ インターネット上で自動化されたタスクを実行するアプリケーションソフトウェアのこと

ーースタッフの対応はどうでしたか?

スタッフの皆さんがすごく褒めてくれるので、モチベーション爆上がり状態で学習を続けることができました。
特にメンター(※)の皆さんには色々な質問をしました。
エラー解決の相談はもちろんですが、メンターの皆さんの学習方法だったり、どういう視点でエラー解決するために取り組んでいるのか等の質問もしました。
学習中、常に寄り添いながら対応していただいて学べることも多くあったので、本当に感謝しています。

ライフコーチは、通常はモチベーションだったり学習進捗の管理をしてくれる役割の方だと思いますが、僕の場合はほぼ人生相談みたいな形で相談にのっていただいていました。
カリキュラムにはない相談内容だったと思いますが、親身になって話を聞いてくれたり、寄り添ってくださったことに、僕自身とても勇気づけられたので感謝をしています。
※ テックキャンプで受講生にプログラミング学習を教える講師のこと

ーー就職活動中、大切にしていたことはありますか?

自分が楽しめるか、自分がやりたいと思える事業内容であるか、企業の価値観等、自分自身が大切にしている軸だったり想いが似ている(=大事にしている)企業を選ぶようにしていました。
書類選考の段階では、あまり考えず自分の条件に合う企業であれば応募していましたが、面接ではいかに自分の想いを素直に言葉で表現できる企業なのかを大切にしていました。

ーー今後どのようなエンジニアになっていきたいか教えてください

まだ具体的には思い浮かべられていないというのが正直なところですが、入社する会社が掲げているビジョンに共感しているので、そのビジョンに対して貢献ができるような人材になりたいと思っています。
エンジニアとしては、自分が理想として掲げる「こういったエンジニアになりたいな」だったり「自分が考えているものを作りたいな」と思っていることをしっかり体現できるエンジニアになりたいです。

ーー最後に、これからテックキャンプを受講される方に一言お願いします

プログラミングを楽しむのが一番良いのかなと思っています!
僕自身、目の前のカリキュラムを素直に楽しみながら進めることで、どんどんプログラミングを学ぶことが好きになっていきました。
まさに「好きこそものの上手なれ」なのかなと思っていて、好きだからこそどんどん理解も深まり上達していったように思います。
これから学ぶことを楽しむぞ!という気持ちで挑戦していただければと思います!

↑目次へ戻る

未経験からの転職の悩みを解決!無料カウンセリング開催中【転職成功人数4400名以上!※1

こんな不安や疑問はありませんか?
・未経験から転職して、本当に年収が上がるのか
・ITエンジニア転職後の働き方や稼ぎ方が想像できない
・スキルゼロからITエンジニアとしてフリーランスになれるのか

カウンセリングでは、ITエンジニア転職やプログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、あなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※1、累計利用者数は42,000人以上!※2

無料で相談できますので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※4
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106)  2.2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

無料キャリア相談はこちら
テックキャンプの最新の受講プランは公式サイトでご確認ください。

この記事を書いた人

テックキャンプ ブログ編集部
テックキャンプ ブログは株式会社divのオウンドメディア。テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement