テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

働くことの意義とは?仕事の意味・目的の例や前向きに働く方法を解説

更新: 2021.09.28

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

「働くことの意義とは?」
「働く目的や働く意味はどうやって見つけるの?」
こう考えていませんか?

特に仕事がつらいと感じた時、「仕事とは?」「働くとは?」という根本的な疑問が浮かび上がってくるもの。そこで今回は、働く意味や目的とは何なのか、具体的な例を示しながら解説します。

今は働くことの意味を見失っているあなたも、この記事を読めば、働くこととはどういうことなのか、その意味を改めて明確にすることで、前向きになれるでしょう。

働くことの意義とは?

働くことの意義を知りたい時は、まずはシンプルに「働かなければならない理由」から考えてみましょう。

働く理由がなければ無理に働く必要はない

そもそも、働く理由がなければ、無理に働く必要はありません。

働く理由として真っ先に上がるのが、「生活のため」や「お金を稼ぐため」でしょう。しかし、働かなくても十分なお金がある場合はどうでしょうか?

働く必要や事情が発生しないのであれば、働かずに生活することも可能なのです。

働かずに暮らし続けられる状況は限られている

「働く必要がなければ働かなくてもいい」とは言え、働かずに暮らし続けられる状況は非常に限られています。

生きていれば、衣食住にお金を使ったり、税金や保険料の支払いが発生したりするからです。

働かずに暮らしていれば、人間関係のストレスや、時間に追われる心配も減るでしょう。

しかし、暇で楽なことと生活の充実はイコールではありません。時にそれは退屈な時間に変わることもあるでしょう。

社会に貢献している実感が得られることも働く理由として考えられます。

理由があるから働く

働くのは、それに応じた事情や欲求があるからです。

逆説的になってしまいますが、働くことに理由があるわけではなく、働かなければならない理由が先に生まれて、働く人が多いのです。

前述したような、「働かなければ生活に必要なお金がない→だから働く」という流れも、このパターンに当てはまります。

働くことは充実感や満足感につながる

働くことによって期待に応える成果を挙げたり、他の人から喜ばれたりすると、大きなやりがいを感じるもの。

収入を得ることも大切ですが、働くことの意味は仕事によってやりがいを感じられるという部分も大きいでしょう。

例えば、自分が好きなことを仕事にできた場合。趣味・興味・得意なことを生かして働き、他者へ貢献できた時にはお互いに幸せを感じられるはずです。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

働く意味や目的は人それぞれ異なる

働く意味や目的は、人によってさまざまです。

例えば、「生活のために月に30万は欲しい」「将来作りたいwebサービスがある」「子どもの習い事の費用を稼がなければならない」などです。

人が働く意味は、その人が置かれている状況や、将来の夢、願望、生まれた環境などによって異なるでしょう。

働くことにどんな意味や目的を設定するかは自由

働くことの意味や目的は人それぞれ。自分で自由に設定できます。

そのため自分なりの働くモチベーションが上がる意味や目的を見つけてもよいのです。

例えば

  • お客さまの笑顔が見たい
  • 毎日少しでもできることを増やして成長していきたい
  • スキルを高めて高収入が得たい

など、小さなことでも構わないので、あなたが働くことにやりがいを感じられる目的や意味を設定してみましょう。

仕事が「労働」になってしまうとつらく感じる

仕事をする目的は、大半の人が「生活費」や「お金のため」でしょう。内閣府の世論調査でも、53.4%もの人が「お金を得るために働く」と答えています。

しかし、「仕事=お金を稼ぐ手段」と考えてしまうと、「仕事=労働」と感じやすくなります。

仕事には以下の意味があります。

 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの仕事」「仕事が手につかない」
 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある仕事を探す」「金融関係の仕事に就く」「週の半分は自宅で仕事する」
 したこと。行動の結果。業績。「いい仕事を残す」
出典元:仕事(しごと)とは – コトバンク

そして、労働には以下の意味があります。

からだを使って働くこと。特に、収入を得る目的で、からだや知能を使って働くこと。

出典元:労働(ろうどう)とは – コトバンク

仕事はお金を稼ぐためだけではなく、働くことで生産を行ったり、目的を達成したりするという意味があるのです。

それが、お金を稼ぐためだけの「義務的な労働」となると、やりがいを感じられず、不満もたまりやすいのではないでしょうか。

もし、今続けている職業にお金以外のやりがいを感じられない場合は、働く場を変えて新たな目的を見つけるのもいい方法です。

働く意味・目的の例

ここからは、働くための意味や目的の例を、8つ見ていきます。

働く理由が分からない人も、自分に当てはまるものが見つかるでしょう。

生活費を稼ぐため

企業に属して働いたり、フリーランスとして働いたりと、人が「働く形」はさまざまです。しかし、このような人の大半が、「生活費を稼ぐため」に働いていると言えます。

内閣府が行った世論調査のデータを見てみても、半数以上の人が「お金を得るために働く」と回答しています。

また、「家族を養うため」というのも、ここに当てはまります。家族がいれば、その人たちも生活ができるように働かなければなりません。

働いた賃金で欲しいものを買うため

「新しいノートPCが欲しい」「新しい車が欲しい」など、働いた賃金を欲しいものに使いたい人も多いでしょう。

モノに限らず、食事、旅行、スポーツジムなど、さまざまな趣味やリフレッシュに賃金を充てる人もいます。

主婦の人がお小遣いのためにパートを始めるのも、ここに当てはまるでしょう。

将来的な不安を解消するため

働いて稼いだお金を、コツコツと貯金に回す人もいます。

貯金が増えると、結婚・出産・引っ越し・入院・介護などのライフイベントに備えられます。将来年金暮らしになった時に備えて、お金を貯める人もいるでしょう。

生活をしていると、予定になかったイベントが発生したり、急に大きな費用が必要となる場合もあります。そのような時も、貯蓄で財源が確保されていると安心です。

このような、将来発生する費用や不安の解消のために働いている人もいます。

ある特定の分野の知識やスキルを身につけるため

自分のスキルを上げるために、仕事を頑張る人もいます。例えば、将来独立することを目指しているITエンジニアなどです。

まずは企業で働いて、プログラミングスキルやシステム開発に必要な能力を身につけ、独立のための土台固めをしている人もいるでしょう。

このように、将来的に果たしたい目標があり、そのために必要な分野の知識・スキルを身につけるために働いている人もいるのです。

他者貢献がしたいため

仕事を通して、他者貢献したい人もいるでしょう。

例えば、過去に自分が困ったり、苦しんだ経験があったとします。

「あの時このようなサービスがあったらよかったのに」
「同じ経験をしている人を助けられるしくみを作りたい」

このような想いが、働く原動力になるケースもあります。

「他者貢献」が働く理由の場合、ボランティアやNPOで働く人も多いでしょう。賃金を受け取るようないわゆる「労働」だけでなく、無償で作業をするという選択肢もあります。

町興しに参加するためにIターンやUターンで働く人も、ここに当てはまるでしょう。

自分の活動を社会に認めてもらうため

自分のスキルや経験を生かした活動を社会に認めてもらうために働く人もいます。

最近はブログや動画サイトなどを通して、一般の人でも情報発信できる機会が増えました。自分の得意とする分野を発信すると、さらに自身の魅力を高められる利点があります。

初めは職業として行っていなくても、SNSやブログでの発信が評判となり拡散されると、それがきっかけで職につながるケースもあります。

自分の好きなことを仕事にしたいと考えている人は、このような発信を始めるのもいいでしょう。

仕事が楽しいため

「仕事が楽しいから働く」というのは、多くの人がうらやましいと思うものでしょう。

例えば、YouTuberという職業もそうです。初めは趣味で始めた情報発信が収入源となり、職業として成り立つこともあるのです。

近年はこのような、働くこと自体に楽しみを見出していて、その楽しさが働く目的となっている人が増えてきています。

しかし、自分の好きなことを職業にするのは、周りが思うよりも難しいもの。好きなことで生計を立てている人は、並外れた努力を継続していることを理解しておきましょう。

新しいモノ、サービスを生み出したいため

社会に新しい価値やサービスを生み出すために働く人もいます。

このパターンは、起業する人が多く当てはまります。新しいモノを生み出すために働いている人は、自分で生み出したものが多くの人たちに認知され、人々のニーズを満たすことに喜びを感じます。

過去に自分が困った経験があり、それを解決するために新たなサービスを生み出す人もいるでしょう。

前向きに仕事をこなすための4つのコツ

働く意味や目的が明確になっても、仕事に苦しく感じることもあるでしょう。

そのような状況を乗り切るための前向きに仕事をこなすための4つのコツを解説していきます。

自分の好きなことを仕事にする

自分が興味を持っていることや好きなことを職業や仕事にすると、働くことに前向きになれます。

しかし、「自分が好きなこと=稼げる」とは限りません。現在好きなことで生計を立てているプロも、成功までには圧倒的な努力を継続してきています。

もし、あなたが自分の好きなことを職業にしたいのであれば、理想論だけでなく、現実的な問題も洗い出さなければなりません。

例えば、生活できるほどの収入は得られるのか、今後の展望があるのかなどです。特に、家族がいるのであれば、家族の理解を得ることも大切なステップでしょう。

自分の強みや得意なことを仕事にする

自分の強みや得意なことを仕事にすると、成果が出やすいメリットがあります。成果が実績として積み重ねられると、仕事に対しても前向きに取り組めるようになります。

また、得意なことを職業にすると、スキルアップも苦になりませんら。好きなことの高みを目指していくうちに能力が上がり、自然と収入も上がるというケースもあります。

この機会に、現在の仕事とは切り離して、自分の強みや得意なことと向き合ってみてはいかがでしょうか。

良好な人間関係を作る

職場で良好な人間関係を作ることは、働くモチベーションを上げるために非常に重要です。

例えば、自分と価値観が合う人と日々話せるだけで、仕事のストレスなども軽減されるでしょう。

もし、そのような人がいないのであれば、積極的にコミュニケーションをとって理解し合える人を見つけてみてください。

特に女性の場合、子育てしながら仕事をしていて、子どもの学校行事や急な体調不良で休みをもらうこともあるでしょう。

そのような時、同様の立場で働く女性や、理解を示してくれる上司がいるかどうかが、気持ちよく仕事をする上で大切になります。

自分に適した職場環境を見つける

最適な職場環境は、人によってさまざまです。

大きな会社が合っている人もいれば、ベンチャー企業のような小規模な会社が合っている人もいます。あるいは、自分一人で働くフリーランスが合う人もいるでしょう。

また、会社によって、給料や就業形態、福利厚生なども異なります。

例えば、妊娠や出産というライフイベントを控えている女性の場合、産前産後の育児休暇がしっかり取得できるかどうかも重要です。

企業の口コミサイトで、会社の評判などを情報収集するのもいいでしょう。しかし、自分に合った職場環境かどうかは、実際にその環境下に身を置いてみないと分かりにくい部分があります。

これまでの経験を踏まえて考えたり、分からない場合は新たに挑戦してみるのもいいでしょう。自分に合った職場が見つかるまで、妥協はせず、探し続けてみてください。

専門スクールに通って強みを作る

仕事にやりがいを見つける方法として、「自分の強みを活かせる仕事につく」ことが挙げられます。

もし「自分には特筆すべきスキルもないし、強みもない」と感じる人は、専門のスクールに通って、自分の「新たな強み」を作り出してみてはいかがでしょうか。

ここからは、学生や社会人でも通える専門スクールを、4つの分野に分けて紹介します。あなたの強みややりがいを見つけ出すヒントになると嬉しいです。

プログラミングスクール

近年のIT化の流れを受けて、エンジニアやプログラマーに興味を持つ人もいるでしょう。あるいは、もうすでにIT系の職に就いている人もいるでしょうね。そのような人におすすめなのが、プログラミングスクールです。

プログラミングスクールでは、メンター(講師)にアドバイスを受けながら、プログラミングスキルを身に付けられます。プログラミングに触れたことがない人でも、安心して学習を進められるでしょう。

プログラマーやエンジニアといったIT専門の職業に就かなくても、プログラミングスキルが役立つシーンがあります。

例えば、データ入力や処理を行う事務職などです。プログラミングの知識があれば、効率化できる業務はたくさんあります。

また、今後、機械化されると考えられる職業に就いている人も、プログラミングスキルを得られれば、新たな道を切り開くことができるでしょう。

関連記事:【社会人向け】おすすめITスクール11選 オンラインでエンジニアを目指せるプログラミングスクール

英会話・語学スクール

英会話・語学スクールでは、ネイティブスピーカーの指導のもと、英語やその他の言語を学びます。

英会話が身につくことはもちろん、講師や生徒とのコミュニケーションも取れるので、会話そのものを楽しむこともできるでしょう。

近年は、外国語の自動翻訳ツールも普及し、翻訳精度も上がってきています。

しかし、ダイレクトに海外の言葉が理解できると、コミュニケーション能力や発信力のアドバンテージになるのは間違いないはず。

英語が身につくと、海外での仕事や外資系企業に勤めるなど、仕事の幅が広がります。職の選択肢が増えるため、やりがいを感じる仕事に巡り会える可能性も高まります。

調理・製菓のスクール

食に関する仕事は、提供した人のリアクションをダイレクトに感じやすく、やりがいを見出しやすい職業でしょう。

特に、あなたの趣味が料理であれば、調理や製菓のスクールで、趣味を仕事にするステップを踏んでみてはいかがでしょうか。

調理・製菓のスクールの中には、社会人でも通えるものがあります。

一方で、料理を仕事にするためには、スクールで学んだ技術だけでは難しい部分があります。料理で生計を立てるには、実際に飲食店で働きながら技術を身につける必要があるでしょう。

直接仕事に繋がらなくても、スクールに通うことで趣味の料理の時間がもっと充実し、生活に楽しみが見出せられます。

ビジネススクール

仕事に目的を見出せない人の中には、思った以上に成果が出なかったり、収入がアップしないことに不満がある人もいるでしょう。

そのような場合は、ビジネススクールで資格を取るのも一つの手です。社労士や公認会計士、税理士、簿記など、資格取得に特化したスクールもあります。

今やっている仕事に役立つ資格を取得できれば、仕事における強みを作れるでしょう。

会社の中には、そのような資格があれば手当てがつくところもあります。その場合は、収入面のアップも見込めます。

働く意味を求める原因は今の仕事に対する不満が原因の可能性も

あなたが働く意味を求めるのは、今の仕事に不満や問題があるからかもしれません。仕事への不満や問題は、自分の働きかけで解決できるものもあれば、人間関係など、自分の行動のみでは解決が難しいものもあります。

もし、今のあなたの仕事の悩みが自分の働きかけのみでは解決できないものなのであれば、転職も視野に入れて考えてみてください。

転職をすると、仕事内容も職場環境も変わるでしょう。今抱えている不満や悩みも、一気に解消する可能性が高まります。

しかし、転職はそう簡単なものではありません。もし、転職を考えるのならば、以下の記事も読んで、自身のキャリアを考えてみてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement