転職
仕事がつまらない時にやってはいけないこととは?正しい対策やつまらないと感じる10の理由も解説
TECH::NOTE(テックノート)は、未経験から最先端のテクノロジー人材へTECH::CAMP(テックキャンプ)、10週間でエンジニア転職実現までサポートを行うTECH::EXPERT(テックエキスパート)、これらのサービスを運営する株式会社divのオウンドメディアです。

あなたは、漠然と「仕事がつまらない」と感じていませんか?そのような状態が続いているのであれば、それを解決する対策を行なうべきです。

また、仕事がつまらないからといって、やってはいけないこともあります。

今回は、仕事がつまらない時にやってはいけないことと、行なうべき正しい対策について紹介します。また、仕事がつまらないと感じる理由についても解説しますので、あなたの状況を理解するために役立ててみてください。

仕事がつまらない時にやってはいけないこと

仕事がつまらないと感じるときには、何か行動を起こそうとするでしょう。しかし、そのような場合にやってはいけない逆効果なこともあります。

愚痴をこぼす

仕事がつまらない時には、業務内容・上司・会社などに不満を感じている場合もあるでしょう。そのような時には、話がしやすい同僚や自分の部下に愚痴の1つもこぼしたくなるものです。

しかし、あなたが仕事がつまらないと感じていることは、伝えるべきではありません。なぜなら、その人たちがあなたの仕事の状況を改善してくれることは、まずないからです。

一時的にはすっきりするかもしれませんが、根本的に仕事が楽しくなることはないでしょう。何も問題は解決していません。

それどころか、「あの人は仕事に対するモチベーションが低い」「尊敬していたのにがっかりした」など、マイナスのイメージを周囲に与えることも考えられます。

仕事をサボる

当然ですが、仕事がつまらないからといって仕事をサボるのはNGです。無断で休みを取れば、会社からの信用は下がります。

また、仕事を休まなくても、手を抜いて仕事をするというサボり方もあるでしょう。ダラダラと仕事をすれば成果は上がりません。また、そのような働く態度は、会社からのあなたの評価を下げます。

信用を失えば、会社での肩身は狭くなります。また、評価が下がれば、給料も少なくなるかもしれません。それでは、今よりも仕事はつまらなくなるでしょう。

サボることによって、疲れが取れたり、やる気が出たりといったプラスの効果は期待できないのでやめましょう。

無理に前向きになろうとする

仕事に対して、無理に前向きになろうとするのはやめた方が良いでしょう。

自分の物事に対する見方や考え方を改めれば、仕事が楽しくなるという考え方はとてもポジティブで効果的に見えます。もちろん、人によってはこれで仕事が楽しくなる可能性も0ではありません。

しかし、多くの人にとっては逆効果です。不満を感じていることを明確にせずに、自分をだまして無理にポジティブに捉えようとすればどうなるでしょうか。

あなたの本心と行動にズレが生じます。そのズレは大きなストレスとなって、あなたの心と体に影響を与えるでしょう。

それでも無理にがんばろうとすれば、うつ病などの精神疾患につながる危険性も考えられます。

転職をすれば解決すると短絡的に考えている

転職はつまらない仕事の解決策ではありません。キャリアプランやあなたの未来に関わる重要な決断です。

仕事がつまらないというネガティブな理由だけで、理想の転職の実現は難しいでしょう。「とりあえず違う仕事に就く」という、妥協した転職になってしまうことも考えられます。

転職はあくまでも、あなたのやりたい仕事や楽しい仕事など理想の労働環境を手に入れる手段の1つです。仕事や会社ではなく、自分が何をやりたいのかにフォーカスして、前向きになれる転職活動を行ないましょう。

仕事がつまらない時の正しい対策

以下で、仕事がつまらない時の正しい対策について紹介していきます。今日からできる対策が多いので、仕事がつまらないと感じている方はぜひ試してみてください。

上司や人事に交渉する

とてもシンプルですが、あなたが仕事がつまらないと感じていることを上司や人事の方に伝えて、直接交渉を行なうことがおすすめです。

自分が何を面白いと感じるのか、不満に感じていることは何かなど自己分析を行ない、要求はできるだけわかりやすい表現で具体的に伝えましょう。

会社は基本的に社員の方々がモチベーションを保って、生産性の高い仕事をしてほしいと考えています。交渉を真剣に行えば、仕事がつまらない状況が良い方向に進む可能性は高いでしょう。

仕事で楽しいこととつまらないことを分析する

「仕事がつまらない」と一括りにせず、「お客様へのプレゼンはやりがいがある」「書類づくりは退屈」「単純作業が実は苦じゃない」など、自分にとって楽しいこととつまらないことを分析しましょう。

楽しいことの仕事におけるウェイトを増やし、つまらないことは手順を見直したり、同僚の方に協力してもらったりするなどの工夫でかける時間を減らします。

このようなポジティブな状況が実現できれば、必然的に仕事に対する楽しさも増していくでしょう。同僚にサポートしてもらった場合には、自分が得意なことで相手のサポートも忘れずに行ないましょう。

周囲からの信頼と仕事に対する楽しさが感じられ、チームとして良い循環を生み出せるのでおすすめです。

自分で仕事を生み出すアプローチをする

仕事が簡単すぎたり、業務の時間が余ってしまったりするなどして退屈を感じている場合には、自分で仕事を生み出すアプローチをしましょう。

たとえば、工場での単純作業の繰り返しが面白くないとします。その作業をより正確でスピーディーに行なうにはどうすれば良いか考えましょう。

自分自身の作業手順の見直し・オペレーションの改善・機材の導入など、さまざまな要素が考えられます。会社に対する改善案が受け入れられ、あなたの評価が上昇する可能性もあるでしょう。

また、自分が行っている仕事のクオリティの向上も仕事を生み出すアプローチにつながります。

言われたことを受け身でこなすのではなく、能動的にその仕事に取り組めば、クオリティを上げるためのさまざまな要素が見えてくるでしょう。

その課題をクリアするために、スキルアップをはかることも重要。1つ1つの要素のクリアをまずは目指しましょう。

休息を取る

仕事がつまらないと感じる理由が、自分の時間が取れないことに対する不満なのであれば、思い切って休みを取りましょう。

会社の状況的に休みが取りづらい場合でも、覚悟を決めて休みます。休息を取る時にはスマホやパソコンから離れて、意識的に仕事のことを考えるのをやめることが大切です。

それにより、休みが終わった時に「仕事がしたい」と前向きに感じられるケースもあります。そこまでポジティブになれなくても、少なからず新鮮な気持ちで仕事に取り組めるでしょう。

興味があることを副業ではじめる

転職をする前に、まずは興味があることや好きなことを生かして副業をはじめることもおすすめの対策です。

収入が増えるだけでなく、自分のやりたいことにチャレンジできます。クラウドソーシングを利用すれば、自分のスキルや経験にあった案件がスムーズに受注できるでしょう。

その仕事に対する経験が詰めれば、実績となりますので転職を有利に進められるでしょう。また、事前にやりたい仕事とできることのミスマッチが理解できるので転職におけるリスクを下げられるというメリットもあります。

前向きな転職活動をはじめる

「とりあえず別の仕事に就きたい」という転職ではなく、現状を理解して仕事をやめることがベストだと感じたら転職活動をはじめましょう。

あなたが行ったアプローチや、仕事がつまらないと感じたことを理論的に説明できれば、転職活動が成功する可能性は高くなります。

なぜ仕事がつまらないと感じるのかを分析したい場合には、以下で紹介する「仕事がつまらない」と感じる10の理由を参考にしてみてください。

「仕事がつまらない」と感じる10の理由

「仕事がつまらない」と感じる理由は、人によってさまざまです。以下で、その理由について解説していきます。

自分では自覚していない理由も考えられますので、ぜひ現状の分析に役立ててみてください。

1.理想とのギャップ

会社に入る前に抱いていた理想と入社してからのギャップに対して、仕事がつまらないと感じてしまう場合は多いです。

希望した部署と異なったり、やりたい仕事と違ったりすれば、誰でもがっかりした気持ちになってモチベーションは下がるでしょう。

2.人間関係に不満がある

会社は仕事をする場所ですが、楽しく働くためには人間関係も大切です。

尊敬できる上司は目標となり、認め合える同僚がいれば切磋琢磨できるライバルになります。このような良好な人間家計は、仕事に対するやりがいにつながるでしょう。

その逆にギスギスしたり、パワハラを受けたりするなど、人間関係に不満があれば仕事がつまらないと感じる理由になるのです。

3.仕事内容が合わない

仕事内容があなたの適性と合っていなければ、仕事がつまらないと感じる理由になります。

人と話すことが好きで行動的な方は、お客様と関わることが楽しいと感じるでしょう。その反対に、デスクワークは得意だけれど体力に自信がない方が肉体労働についたとしても、最大限の能力は発揮されません。

自分の性格や適性がよくわからない場合には、インターネット上のテスト利用もおすすめです。

自分の性格や適性を知る上で、参考情報として理解すると良いでしょう。

4.仕事が忙しすぎる

自分にとって仕事の難易度が高く、忙しすぎると感じることも仕事がつまらなくなる理由として考えられます。

仕事が忙しい中で、上司から頻繁に怒られたり、能力を否定されたりといったことが続けば大きなストレスになるでしょう。

そのような状況が続けば、「自分は会社に役立っていない」と自分を否定することにもつながりかねません。ネガティブな精神状態では、仕事を楽しむことは難しくなります。

5.成長できる環境がない

忙しすぎる状況もよくありませんが、仕事が簡単すぎることもつまらないと感じてしまうでしょう。

その日のタスクがすぐに終わってしまい、暇を持て余してしまう状況。そのような状況は、仕事を通して成長したい方にとって、とても退屈です。

「もっと責任のある仕事がしたい」「成長できる環境がほしい」と感じてしまうのも無理はありません。

6.ストレスが大きすぎる

過剰なストレスのある状態も仕事がつまらないと感じる理由としてあげられます。

能力を認められ期待をされるといったプレッシャーによる適度なストレスは、やりがいや仕事への集中力につながるでしょう。

仕事内容・対人関係・会社からの評価・給料の査定・将来の展望など、さまざまな要素がストレスの要因となります。そのため、ストレスがまったくない状況で仕事を行なうことは難しいです。

しかし、そのストレスが自分自身の許容量を超えるほど大きくなれば、仕事を楽しむことは難しくなります。放置すれば精神病などを患ってしまう可能性もあるでしょう。

7.仕事が評価されない

自分が行っている仕事に対して、上司や同僚から正当に評価されない場合には仕事がつまらないと感じるものです。

自分が取り組んだ仕事の成果物が正しく評価されれば、大きな達成感が得られます。次の仕事のはげみになる良い循環が生み出せるでしょう。

しかし、努力が正当に評価さればければ、不満を感じるものです。不当な評価が継続すれば、仕事に対するやりがいもなくなっていくでしょう。

8.結果が出せない

思うように結果が出せない状況は、仕事がつまらないと感じる理由になります。

結果が出せずにいると、会社に必要とされていないのではないかと不安に感じるでしょう。それは気持ちよく働ける環境とはとても言えません。

9.給料に満足できない

行った仕事に対して、給料が足りないと不満を感じれば仕事もつまらなくなります。

労働の対価としてそれに見合ったお金がもらえることは、働く上での前提条件と言えるでしょう。それが満たされなければ、仕事に対するモチベーションも下がります。

また、給料が少ないければ、プライベートを楽しむ余裕もなくなるでしょう。

10.休暇休日の日数が少ない

仕事を楽しむためには、プライベートとのバランスが重要。

休日が少なければ、当然ですがプライベートの時間が取れなくなります。それでは、ワークライフバランスの実現は難しいでしょう。家族がいる方であれば、なおさら休日の重要性は高いです。

また、休日が少ないと疲れも溜まりますので、仕事に対する不満にもつながります。このように、仕事がつまらないことと休みが取れないことは大きく関わりがあるのです。

つまらない仕事をすぐに辞めるべき?

つまらない仕事は今すぐに辞めるべきなのか、それとも改善の努力が必要なのか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。以下で、その見極め方について解説していきます。

できる限りの努力をする

仕事がつまらないと感じる理由の多くは、上記の正しい対策を行えば改善できます。仕事がつまらないと愚痴をこぼすのではなく、最大限の努力をしましょう。

ただ、その結果として仕事がつまらない状況が改善しないこともあります。しかし、それを悲観することはありません。努力をしたという実績と、客観的に理解される転職の理由が生まれるからです。

そして、最大限に努力した経験があれば、転職にも前向きに取り組めるでしょう。

負のループに陥る可能性を理解する

仕事がつまらないと理由で、すぐに仕事を辞めたとしましょう。そして、次の仕事がスピーディーに決まり、やりがいを感じられる転職に出会えたとします。

それは、すべてが希望通りに進んだ理想の転職です。

しかし、その反対に負のループに陥る可能性もあります。仕事がつまらないという理由で転職して、次の仕事が確実に楽しいという保証はあるでしょうか。

それは、どんなに慎重に転職をしても、実際に働いてみなければわかりません。おそらく、現在の会社にも期待を持って入社したはずです。

「仕事がつまらない」を漠然とした感情として捉えずに、理論的に理由を理解することはとても重要。理由にしっかりと対策を立てることで、このような負のループに陥るリスクを下げられます。

期限を設定すると気持ちが楽

仕事をする上で、「とりあえず3年は働かないとわからない」と言われたことはないでしょうか。そして、「石の上にも三年」という諺もあります。

しかし、つまらない仕事を3年も続けるのはとても苦痛です。根拠もなく3年間を費やすのはおすすめできません。何の考えもなくすぐに辞めることも同様です。

あなたが「仕事がつまらない」ことへの対策を実行するために必要となる期間を考えましょう。その期間が仕事に対して理解する時期と捉えれば、とても気が楽になります。前向きに仕事と向き合えるでしょう。

転職はそれからでも遅くはありません。

仕事がつまらないのに辞められない場合には

最大限の努力を行ない、転職を決意したけれどなかなか辞められないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合に役立つマインドセットや行動を解説していきます。

未来に目を向ける

仕事を辞めると決めているのに実行に移せない理由は、今の環境を失うことを恐れているからです。

未来に目を向けましょう。5年先や10年先の自分をイメージしてどのようになりたいか考えると、転職に対する不安よりも希望が強くなります。

時間を浪費していると理解する

学生時代はもちろん、20代・30代・40代の時間はその時しかありません。つまらない仕事を続けることは、貴重な時間を浪費していると理解しましょう。

つまらないと感じながら過ごす時間が、楽しい思い出になることはありません。

まずは行動してみる

仕事を辞めることと転職活動を順番にやる必要はありません。まず、転職エージェントに登録するなど、転職活動をはじめてみると良いでしょう。他の会社の情報を得ることで視野も広がります。

また、プログラミングなどの新しいスキルの学習をはじめることもおすすめです。自分の気づかなかった適性や、やりたい仕事の発見にもつながります。

プログラミングに興味がある方は、悩む前にまずは無料相談に参加しましょう。

無料キャリア相談はこちら

まずは、行動を起こしましょう。行動は次の行動につながります。

Kimura Hiroto Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー