プログラミング未経験からでも月50万円達成

在宅ワークで稼ぎたいなら身につけるべきおすすめスキルを紹介

作成: 2019.05.22 更新: 2019.05.23

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし。詳細はこちら

「企業のオフィスなど大人数がいる中だと働きにくく感じる」
「家事や育児をしながら空いた時間に仕事がしたい」

このような考えから、在宅ワークに興味を持つ人が増えてきています。

一方で、未経験でも在宅ワークで稼ぐことが出来るのか、在宅ワークをするために特別なスキルなどは必要なのかなど、実際に始めるにあたっては不安も多いことでしょう。

この記事では、在宅ワークで高収入を得るために身につけるべきスキルや学習法を紹介します。

在宅ワークに役立つスキルの例

在宅ワークと一言で言っても、その仕事内容は様々です。スキルや経験がない人であっても行えるデータ入力、文字起こし、恋愛・サービスなどの体験談の提供などの作業から、プログラミングやデザインなどある程度のスキルや実績が求められる仕事もあります。

まずは仕事内容に関わらず共通して求められるスキルと、仕事内容ごとで求められる専門スキルについてそれぞれ解説します。

ほぼ必須となるスキル

オフィスなどでの勤務よりも自由度が高い在宅ワークですが、お金をもらって仕事をする以上社会人としてのマナーは必須です。

具体的にどのようなスキルが必要か見ていきましょう。

基本的なパソコンスキル(タイピング、メールなど)

在宅ワークを行う場合、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの機器は大切な仕事道具の一つです。

ライティングやプログラミング、デザインなどパソコンを使って仕事をする場合はもちろん、仕事そのものではパソコンを使わない場合であってもクライアントとのやり取りや請求書の作成・管理などはパソコンで行うのが一般的です。

そのため、在宅ワークを行う場合にはこれらの機器の基本的な操作については理解しておく必要があります。例えばタイピングが苦手でメールの文章を打つのに時間がかかってしまう、電子機器の扱いに苦手意識がある、といった場合、仕事の受注や外部とのコミュニケーションに支障が出る可能性があるでしょう。

コミュニケーションスキル

自宅などから離れた場所にいるクライアントとやり取りをしながら仕事を進める在宅ワークでは、仕事の発注者やその関係者とのコミュニケーションは重要です。

発注内容や締切などを確認しないまま作業を進め、クライアントの希望と異なる成果物を納品してしまうとあなたの信頼を損ね、今後の仕事にも影響します。

メールやチャットなどのコミュニケーションツールを使いこなすスキルに加え、相手の話を理解し、自分の意志を的確に伝えることができるコミュニケーションスキルは仕事内容に関わらず必須のスキルです。

ビジネスマナー

コミュニケーションスキルと同様に社会人としての最低限のビジネスマナーも重要です。在宅ワークはオンライン上で受注から納品、請求書の発行などのやり取りが完結する仕事が多いですが、お互い顔が見えないからこそ信頼を得るためのビジネスマナーは必須と言えます。

お互い顔が見えないオンライン上の関係であっても、信頼関係を築くことが出来ればそこから新しい仕事に繋がる可能性もあります。

相手を尊重し適切な言葉を使い、メールやチャットには出来るだけ早く回答すること(クイックレスポンス)を心がけましょう。

自己管理能力

オンラインなどで仕事を受注し、クライアントとやり取りをしながら作業を進める在宅ワークでは、スケジュールや日々の作業ペース、案件管理やお金の管理などを行うスキルも必要です。

また、普段生活をしている自宅で仕事をするということはテレビやゲーム、本などの誘惑も多くあるということになります。「やる気がないから今日は休もう」「眠くなったから昼寝をしよう」などその時々の気分で仕事をしていると、締め切り前に焦って徹夜することになり、最悪の場合納期に間に合わない危険性もあります。

そのようにならないためにも、自分のスケジュールやタスクをしっかりと把握し責任感を持って仕事に取り組むための自己管理力が求められるのです。

専門的なスキル

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトを見てみると、誰にでも出来る簡単な作業の他に専門スキルが必要な仕事も多く見つかります。

ここからは在宅ワークとして代表的な仕事をいくつかピックアップし、その仕事をするために必要なスキルを解説します。

Webライティング

Webライティングとは、ブログや企業が運営するサイトなどで掲載されるネット記事を執筆する仕事です。Webライティングを行う人のことを「Webライター」と呼びます。

Webライターは、依頼主から指定されたテーマや内容、文字数などに沿って記事を執筆し、書いた記事の文字数や一週間の納品数に応じて報酬を受取ります。

Webライティングの仕事をするために一般的に求められるスキルは以下の3つがあります

・タイピング、ネットサーチなど基本的なパソコンスキル
・外部のサイトや本などから情報収集し、それらを整理するスキル
・わかりやすい文章を書くスキル

恋愛やファッション、芸能、日々の生活に関係する情報、医学、IT、投資など専門的な内容まで様々なネット記事があります。

一般的に内容の専門性が高いほどWebライティングの単価も上がります。

関連記事:Webライターの仕事内容や収入、必要なスキル・経験などを紹介

SEOの知識

Webライティングに関連するスキルとして、SEOの知識があります。SEOとは「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」という意味があります。

オンラインの多くのネット記事・サイトの中で、自分たちの公開するサイト・記事がより多くの人に閲覧してもらう(検索結果の上位に表示される)ための取り組みがSEO対策です。

SEO対策にはGoogleなどの検索エンジンの仕組みや記事の書き方などの知識が必要です。Webライターを募集する企業やサイト運営者にとって、このSEOの知識を持っている人に執筆を依頼することで自分たちでSEO対策をする手間を省くことが出来るため、SEOの知識は報酬アップのための重要なスキルと言えます。

プログラミング

システム開発やコーディング、テスト、保守などIT関連の仕事は、専門性が高いことから単価が高く、高収入が狙える仕事です。企業などでエンジニア、プログラマーとして働いていた人が独立し、クラウドソーシングで仕事を受注しながらフリーランスとして働くケースも多くあります。

例えば企業などのサイトのリニューアルなど短期間で完了するような仕事から、何人かのエンジニアと協力して数ヶ月かけて大規模なシステム開発を行うような仕事まで様々です。

高収入が狙える一方で高いスキルや実績が求められるため、この分野で仕事をしたい方は相応の準備を行う必要があります。

プログラミングの習得については以下の記事でも解説してます。

関連記事:プログラミングの習得には1000時間が必要なのか。時短でスキルを身に付ける方法を解説

Webデザインの知識

プログラミングと同じく、一定のスキルや実績がある人がフリーランスとして活動する事が多いのがデザイン関連の仕事です。「デザイン=センスが必要」といったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際にはデザインは法則や実例などを学ぶことで習得できるスキルです。

Webデザインとは企業のHPやブログなどのWebサイトのデザインを行うことで、ボタンのサイズや色、配置場所などWebサイト特有のデザインスキルが必要です。

関連記事:独学でWebデザイナーになるには?勉強法やおすすめの書籍&サービスを紹介

デザインソフトのスキル(Illustrator・Photoshop)

ロゴやパンフレット、商品のパッケージデザインなどを行うデザインの仕事もクラウドソーシングサイトには数多くあります。これらの仕事も、Webデザイン同様に一定のスキル・経験が必要であるため、初心者が0から習得するためには少し時間がかかります。

具体的に必要となるスキルとしては、デザインの知識に加えてIllustratorやPhotoshopなどのデザインソフトのスキル。頭の中に思い描いたアイデアを形にするためには、これらのツールを使いこなせるようになりましょう。

英語(外国語)

日本語から英語などの外国語、あるいは外国語から日本語の翻訳の仕事もあります。海外のネット記事の日本語翻訳や海外向けの資料作成などのため日本語から外国語への翻訳などがあり、英語や中国語の案件は特に豊富です。

Webライティングと同様に翻訳対象となる文章のボリュームや専門性、難易度などによって単価が異なります。翻訳や通訳の経験がなくても始められる仕事の一つですが、英検やTOEICなどスキルを証明するものがあった方が仕事を受注出来る可能性が高まります。

関連記事:英語力を活かしたフリーランスにはどんな仕事がある?職種や年収について解説

高収入を狙うならプログラミングの習得がおすすめ

お小遣い程度ではなくまとまった収入を在宅ワークで得たい方はプログラミング関連の仕事がおすすめです。近年の様々なサービス・モノのIT化により、IT業界は人手不足の状況となっており、クラウドソーシングサイトなどにおいてもフリーランスエンジニアを対象とした案件が多数あります。

「Webサイト制作」の案件数が豊富

プログラミング関連の案件の中で特に多いのがWebサイト制作です。

厚生労働省が発注者・委託者に対して行った調査によると、在宅ワーカーに発注する可能性のある(発注している)仕事の中で最も多いのがWebサイト制作であり、全体の43%が発注する可能性がある(発注している)と回答しました。

出典:厚生労働省「在宅ワークの適正な実施のためのアウトライン」

報酬額が高めに設定されている

これまで解説してきた通り、在宅ワークで行う仕事の単価はその専門性の高さに応じて設定されていることが一般的です。

Webサイト制作はサイト構築のためのプログラミングスキル、Webデザインスキルなどが必要であるため専門性が高く、また市場における需要も高いことから報酬が高めに設定されています。

報酬の高い仕事には多くの人が応募するため競争率が高く、受注するためには実績や十分なスキルが必要となるでしょう。

パソコンがあれば未経験からでも習得可能

スキルや実績が求められるとは言え、未経験からの習得が不可能というわけではありません。独学やスクールなどで知識を身に着け、簡単な案件から実績をコツコツを積み上げることができれば、未経験者も継続的な案件や高額案件の受注も出来るようになります。

スキルを身につけるための勉強方法については記事の後半で詳しく解説します。

在宅ワークのためにスキルアップは必要か

スキルアップをすることでより報酬の高い案件を受注できる可能性が高まりますが、一方で今あるスキルで空いた時間に在宅ワークをしたいという方もいらっしゃることでしょう。

在宅ワークをするためにはスキルアップが必須なのかどうかについて解説します。

スキル不要でできる仕事もある

在宅ワークの中には、データ入力やシール貼りなど、スキルをほとんど必要としない作業のような仕事もあります。これらの仕事は、一日30分や一回5分など短時間で出来るものが多く空いた時間にお小遣い程度に稼ぎたいという方にはおすすめです。

なお、専門スキルは必要ありませんがクライアントとのやり取りなどのためのパソコンやスマートフォンのスキルやある程度のコミュニケーションスキルは必要です。

関連記事:在宅ワークの王道「データ入力」はどんな仕事?働き方や収入を解説

より稼ぐためにはスキルアップがおすすめ

専門スキルが不要で在宅ワーク初心者でも気軽に出来るこれらの仕事は、始めようと思ったらすぐに取りかかれるという点がメリットです。一方、専門性が低いため単価は数十円~数百円など低く、在宅ワークの収入だけで生活をすることは難しいでしょう。

一ヶ月で数千円~数万円ほど稼ぎたい、という方には向いていますが、生活資金としてしっかりと稼ぎたい場合にはより単価の高い仕事をこなすのが基本です。

手始めとして簡単な案件を一定数こなした後、スキルを身に着けてより専門性が高く報酬が高い案件に挑戦していくとよいでしょう。

TECH::EXPERT 東京・名古屋・大阪・福岡

プログラミング未経験からWebエンジニアとして転職成功まで導くスクール TECH::EXPERT は、挫折しない環境を提供いたします。すべて駅から通いやすい便利な場所。いつでも質問できるメンター(講師)、一緒に頑張る同期がいるから頑張れる。そんな教室を是非見にきてください!

スキルを身につける方法

スキルの必要性についてこれまで解説してきましたが、具体的にどのような方法でスキルを身に着けていけばいいのでしょうか。主な方法を紹介します。

独学する(資格を習得する)

本やオンラインサイトなどを利用して独学をする方法は、通勤時間や仕事終わりなど空いた時間を活用してスキルを身に付けたい方や、お金をなるべくかけたくないという方におすすめの方法です。

自分のペースで学習が進められるというメリットの一方、時間がかかる、挫折しやすいといったデメリットもあります。検定試験の合格などのゴールを設定し、スケジュール管理をしながら着実にスキルを身につけられるようにしましょう。

以下は転職を目標とした資格取得に関する記事ですが、スキルアップにも応用できる独学のコツについて解説しています。

関連記事:独学で資格を取って転職・キャリアアップしたい!挫折しない勉強のコツを解説

セミナーや勉強会を利用する

独学での学習は苦手だが、勉強に費やす時間やお金はあまりないという方はセミナーや勉強会の利用がおすすめです。

スクールなどの場合、一回2時間の講座を週2回、それが数ヶ月続くといったように継続的に時間を確保する必要がありますが、セミナーや勉強会の多くは数時間の講義を週末に一回だけ、といったように短時間で開催されています。

例えば未経験者からプログラミングスキルの習得を目指すのであれば、まずは初心者向けのセミナーで基礎部分を学び、後は本などを使って自分で学習を深めるという方法もおすすめです。

専門のスクールに通う

専門的・実践的なスキルを短期間で効率的に学びたいという方はスクールに通うのがおすすめです。

独学やセミナー・勉強会を活用した学習方法よりも費用はかかりますが、スクールの用意するカリキュラムに沿って数週間~数ヶ月といった期間で集中的に学習ができます。

スクールによってはその後の独立支援、就職支援などを行っていることもあり、在宅ワーカーとして一定の収入を得ながら生活をしたいという方にとって大きな助けとなります。

スキルを身につける余裕がないなら

在宅ワークで使えるスキルを身につける時間的・資金的な余裕はないが、在宅ワークをしたいという場合は、以下の方法を試してみるのがおすすめです。

スキル不要の仕事から始める

これまで解説した通り、在宅ワークには単価は低いですがスキル不要の仕事もたくさんあります。在宅ワークに興味はあるが本格的にやるかは決めていない、在宅ワークを体験してみたいという方は、まずは一回数十分でできる簡単な仕事から始めてみましょう。

簡単な仕事をやってみてどれくらい稼げるのかを実感し、スキルの必要性を感じたら本格的に取り組むこともできます。

本業に近い仕事を選ぶ

現在本業としてやっていること、過去にやった仕事に近いもの、趣味としてやっていることなど、あなたがすでに身につけているスキルを活かせる在宅ワークはないか探してみましょう。

例えば留学経験があったり仕事で使っていて外国語が得意、という方は、文書翻訳などの仕事が出来るでしょう。

実際、企業でエンジニアとして働いている人が副業としてシステム開発などを在宅で行っているケースもあり、本業で身につけたスキルを活用して副収入を得ることは効率的な方法と言えます。

仕事を通じてスキルアップする

未経験者やスキルがなくても仕事を行いつつ、仕事を通じてスキルアップする方法もあります。

例えば、映画の感想や自身の体験談などを短い文章でまとめる仕事をする中でタイピングスキルや文章力を鍛え、まとまった文章を書くWebライティングの仕事やSEO知識が必要なライティングの案件に挑戦していくことができます。

クラウドソーシングサイトで仕事を受注するには、受注実績があなたのスキルを証明するために大きな役割を持ちます。仕事に慣れる目的も含め、出来ることから始めると良いでしょう。

さいごに

誰でもできる簡単な案件、専門スキルが必要な難易度の高い案件など、在宅ワークには様々な仕事があります。

在宅ワークにあてられる時間や目標金額などを決め、あなたの今持っているスキルや将来身につけたいスキルなどを考えた上で、ぴったりの仕事を探してください。

技術を身につけて副業で月10万円稼ぎませんか?

副業で今よりも月収を10万円上げたいと思いませんか?

TECH::EXPERTは未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

未経験でも一から技術を学べ、フリーランスとして案件獲得までをサポートします。もし案件が獲得できなければ受講料を全額返金(条件あり)。

まずはオンラインでも可能な無料カウンセリングに、お気軽にお越しください。

無料カウンセリングの日程を見る

この記事を書いた人

石田ゆり
石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。