テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

パソコンでできる仕事12選!副業・在宅本業で稼げる仕事を紹介

更新: 2021.11.29

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを学習して収入を上げる秘策

「空いた時間を使ってパソコンで副業したい」「パソコンでできる仕事を本業にして、在宅勤務したい」…このようなことを考えていますか?

この記事では、パソコンでできる副業と本業をあわせて12個紹介します。パソコンでできる仕事のメリット・デメリットや副業を本業や複業に繋げる方法についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

パソコンでできる仕事は2種類

「どんなエンジニアになりたいか」以外でよく聞かれる質問【面接対策】

パソコンでできる仕事には、大きく分けて2種類あります。

漠然と「体力仕事ではなくパソコン仕事がいい」と思っている人は、まずはどちらの種類の仕事が良いかを考えてみましょう。

完全に1人でできる仕事

1つ目が仕事の受注から納品まで、パソコンを使って全て1人で行う仕事です。例えばデータ入力やWebライティングなどがあります。

これらの仕事はパソコンとインターネットがあれば好きな時間に好きな場所から働けるので、特に副業としておすすめです。

仕事の探し方

完全に1人でできる仕事を副業で行いたい場合、次の方法で仕事を探すことができます。

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • フリーランス専用の求人サービスを利用する
  • 個人でクライアントを探す

お小遣い程度の副業であれば、ポイントサイトでアンケート回答や口コミ投稿をして、オンラインショッピングなどで使えるポイントを稼ぐ方法もあります。

パソコン作業が主な仕事

もう1つが会社やプロジェクトに所属しながらも、業務の大部分がパソコン作業である仕事。例としては、エンジニアやWebデザイナーなどが挙げられます。

これらの仕事は、パソコンを使った作業の他にメールやビデオ会議などでやり取りが発生したり、週1回など定期的にオフィスに出社したりすることもあります。

1人ではできないような規模の仕事がしたい人や、将来フリーランスとして独立したい人におすすめです。

仕事の探し方

パソコン作業が主な仕事を副業、あるいは本業や複業を見据えた副業として行いたい場合、次の方法があります。

  • 求人サービスや転職エージェントを利用する
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • 知人・友人から仕事を紹介してもらう

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中! 例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?
資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

パソコンでできる仕事のメリット

Juliaを使うデメリット

パソコンでできる仕事には、体力仕事や接客業といった他に仕事にはないメリットがあります。具体的に解説していきます。

在宅でできる

パソコンとインターネット環境さえあれば在宅を含めて色々な場所から働けるのは、パソコンでできる仕事の大きなメリットです。

例えば、地元に帰省したついでに1週間実家からテレワークをしたり、旅行がてら地方でワーケーションしたりすることも可能。

子育てや介護などの都合でオフィスに出社することが難しい人でも、比較的自由に働けます。

好きな時間に働ける

完全に1人で仕事を行う場合、働く場所のみならず時間までも自由になります。

例えば子どもが幼稚園や学校に行っている間の時間を利用して働く、朝6時から14時まで働いてその後はフリータイム、といったような働き方も。

家庭の事情やライフスタイルにあわせて無理なく働けるので、自分のペースでキャリアを積み上げていくことができます。

人間関係がシンプルになる

仕事で関わる人の数が少なく、人間関係がシンプルになる点もメリットです。特にパソコンで1人で行う仕事では、メールやチャットでクライアントとやり取りをするだけ。人間関係と呼べるような関わりもありません。

職場の人間関係は、実際に転職した人の転職理由の上位にランクインするほど、多くの社会人が重要視しているものです。

「できるだけ人との関わりは減らしたい」「職場の人間関係が面倒」という人は、パソコン仕事があっているでしょう。

パソコンでできる仕事のデメリット

パソコンでできる仕事には、働く時間や場所を自由に決められるといったメリットがある一方、デメリットもいくつかあります。

これから仕事を探す方は、これらのデメリットに注意して対策を取っておきましょう。

タスクやスケジュールを自己管理する必要がある

パソコンを使って完全に個人で仕事をする場合、あなたには上司や先輩といった人はいません。言い換えると、仕事に関することは全て自己管理しなければいけないということ。

タスク管理やスケジュール管理は常に行い、納期に間に合わせられるように仕事量やペースを調整します。締め切りに間に合わない場合には、あらかじめクライアントに連絡することも重要です。

プライベートとの切り分けが難しくなる

いつでもどこでも自由に仕事ができることで、プライベートと仕事との切り分けが難しくなってしまうケースも。

気分転換に友人と行った旅行で、夜にパソコンを開いてクライアントからのメールを見たり、少し作業をしたり…といった人も多いのです。

働く時は働く、遊ぶ時は遊ぶといったオンオフの切り替えはしっかりとできる人の方が向いているでしょう。

怪しい話には注意する

パソコンやスマホを使った副業が行う際には「1日1時間の簡単作業で月30万円」といった怪しい話にはくれぐれも注意しましょう。

確かにYouTubeやブログ運営など、少ない投資(稼働時間)で多くの利益が得ている人もいます。しかし、それは成功している一部の人の話であり、誰にでもそれが起きるわけではありません。

一般的なスーパーやコンビニのバイトの時給を大幅に越えるような案件は、発注者の情報、業務内容、口コミなどをチェックすることをおすすめします。

この記事のハッシュタグ

【副業におすすめ】パソコンでできる仕事6選

平日の仕事終わりや休日などのスキマ時間にパソコンでできる副業を6つ紹介します。

それぞれの仕事の始め方や必要なスキルについても解説するので、どれが自分にあっているか考えながら読み進めてください。

データ入力・文字起こし

データ入力とは、紙のアンケートや資料などのデータを打ち込んだり、音声データを文字として入力したりする作業。ペーパーレス化・デジタル化が進んでいる中、昔の資料をデジタル化したい企業などが発注するケースが多いです。

データ入力の仕事は、クラウドソーシングサイトで見つけることができます。スキルがいらない単純作業である分、単価は低め。タイピングが得意な人や何も考えずに黙々と働きたいという人におすすめです。

アンケート回答

アンケート回答とは、商品やサービスの体験・感想を入力したり、個人が特定されないような簡単なアンケートに回答したりして稼ぐ方法です。

アンケートサイトやポイントサイトに登録して、案件を受注します。報酬はポイントとして付与され、一定数が貯れば、別のポイントへの変換や現金としての振り込みが可能になります。

スキル不要で気軽にできるメリットの一方、データ入力と同じく単価は低めなのでお小遣い程度の稼ぎが欲しい方向けです。

スキル販売

スキル販売とは、占い、翻訳、英会話レッスン、金融アドバイスなど、自分が持っているスキルを他の個人に販売することです。

やり取りされているスキルは多種多様で、恋愛相談や犬の散歩、家事代行なども。「ココナラ」などのスキル販売サイトやクラウドソーシングサイトで仕事を受注できます。

自分の得意なことを活かしたい、人の役に立つ仕事がしたいという人におすすめ。

ネットショップ・不用品販売

家にある不用品をフリマサイトやオークションで出品して稼ぐ方法もあります。主なフリマサイトには以下があります。

  • PayPayフリマ
  • ジモティー
  • メルカリ
  • ラクマ

不要なものや使っていないものを売って、お金にすることができるので一石二鳥。レアアイテムは高値でやり取りされることもあるので、掘り出し物がないか探してみてはどうでしょうか。

スキル不要で始められますが、購入者としっかりとやり取りができる人、メッセージにこまめに返信できる人が向いています。

ブログ・アフィリエイト

個人でブログやアフィリエイトサイトを運営し、広告収入などを得る方法です。サイト内の広告をクリックするか、ブログ内の広告を通じて商品の購入やサービスの契約が行われた場合に、報酬が発生する仕組みです。

ネット上では「半年で月収◯十万円達成!」といった夢のような話を見ることもあります。嘘ではないのかもしれませんが、誰にでも達成できるわけではない点には注意。

SEOなどの知識に加えて、結果が出るまでには根気と努力が必要になります。情報発信が好きな人や、個人ですでにブログをやっている人は続けやすいでしょう。

投資(株・FXなど)

株やFXなどの投資も人気の副業の1つ。最近ではスマホで株取引ができるサービスも増えているので、気軽に始められます。

注意点としては、投資の特性上、お金が増える可能性も減る可能性もあること。特に初心者の方は、まずは日々の生活に支障がない程度の金額から始め、知識や自分なりの投資スタイルを見つけていくことをおすすめします。

【本業もOK】パソコンでできる仕事6選

Pythonエンジニアの年収

本業や複業としてパソコンを使ってできる仕事を6つ紹介します。

本業として行う場合、スキルや経験に応じて単価がアップしていく仕事がおすすめ。スキルアップの方法についても解説するので、長期的なキャリアプランも考えながら読み進めてください。

エンジニア・プログラマー

システムやアプリ、ゲームなどの開発を行うエンジニア・プログラマー。多くのエンジニア・プログラマーがシステム開発会社などに所属していますが、フリーランスとして働くこともできます。

エンジニア・プログラマーの主な仕事はプログラミングなので、業務時間の大部分がパソコン作業。それ以外には、チームやクライアントとの打ち合わせ、他の人が書いたソースコードのレビューなどもあります。

最近では、会社員であっても「週の半分は在宅勤務」や「基本的に在宅」といった働き方も増えています。特に在宅を希望する場合には、求人情報を確認するようにしましょう。

技術職なので、業務に関係するプログラミングスキルやIT知識は必須です。独学で習得することもできますが、プログラミングスクールで実践スキルを身につけると、やる気とスキルの両方が証明でき、就職がスムーズに行く可能性が高いです。

Webデザイナー

企業のHPやブログなどのWebサイトのデザインを行うのが、Webデザイナーの仕事。Photoshopなどを使って見た目のデザインのみを担当するケースと、CSSやHTMLなどのプログラミング言語で開発まで担当するケースがあります。

エンジニアと同じく、Webデザイナーも仕事の大部分がパソコン作業。他にはWeb会議でクライアントと打ち合わせしたり、プロジェクトメンバーとチャットでやり取りしたりします。

Webデザイナーになるために必須の資格はありません。しかし資格よりも技術が重要視される職種であるため、基本的なデザイン知識、デザインツールの使い方は必要です。コツコツと独学でスキルを身につけるか、スクールで一気に効率的に学ぶ方法があります。

イラストレーター

依頼を受けて、雑誌、広告、Webサイト、本などの様々な媒体用にイラスト制作をする仕事です。依頼者の希望やイメージを汲み取りながら、自分なりのイラストを書く必要があるので、技術力とオリジナリティが求められます。

フリーランスとして活動する他、デザイン事務所、広告代理店、ゲーム制作会社などにイラストレーターとして就職する方法もあります。

仕事をするために必要な資格はありません。美術系の大学や専門学校で基礎的な知識を身につけるか、クラウドソーシングサイトなどで案件をこなしながらスキルを磨いていきます。

Webライター

企業や個人が運営するブログ・HPなどの記事を執筆するWebライター。クラウドソーシングサイトなどで案件を受注し、フリーランスとして活動している人が多いです。

パソコンとインターネットがあれば仕事ができ、仕事の受注から納品まで全てオンラインで完結することがWebライティングの特徴。このため、社会人の副業やノマドワーカーの仕事として人気です。

ジャンルや専門性にもよりますが、文字単価は0.5~1円ほどが相場です。スキルがあがれば単価アップされることも多いので、まずは案件をこなして経験を積むことから始めることをおすすめします。

IT、ライフスタイル、恋愛、法律、健康など執筆ジャンルは多種多様なので、自分の得意なジャンルや詳しい分野で始めてみましょう。

動画編集

動画編集とは、You TubeやHPなどに掲載する動画コンテンツの編集を行う仕事です。You Tubeの普及で特に人気・需要が高まっている職種の1つで、スキルがあれば資格不要で誰でも始められます。

副業としてフリーランスとして働く他、映像制作会社などで就職する道も。パソコンとインターネットがあればいつでもどこでも仕事ができるので、複業としても適しています。

動画編集ソフトを使いながら独学でスキルを身につけるケースが一般的。過去に手掛けた作品をポートフォリオとしてまとめていくと、将来の就職や売り込みに役立ちます。

在宅コールセンター

いわゆる「テレフォンオペレーター」の仕事を在宅で行うのが、在宅コールセンターです。

ソフトフォン(パソコンやタブレットからインターネットを通じて通話する方法)を使い、お客様からの問い合わせに対応したり、営業電話をかけたりします。

場所を問わずに働けることに加えて、シフト制であることが多いので、個人の都合にあわせて柔軟に働けます。必要なスキルはありませんが、基本的なコミュニケーションがあること、仕事場に雑音がないことは最低条件です。

大手企業だと契約社員として在宅オペレーターを採用しているケースもあるので、安定して働きたい人はそういった案件もチェックしてみましょう。

パソコンでできる仕事を本業にするためには

【初心者向け】MacのFinderの使い方とおすすめカスタマイズ7選

「将来のことを考えて、パソコンでできる仕事を本業・複業にしたい」という人も多いでしょう。

将来のキャリアチェンジ、ジョブチェンジのためにやるべきことを紹介します。

やってみたい将来の仕事から逆算して考える

目標を設定し、そこからやるべきことを逆算して考えましょう。例えば未経験の人がフリーランスのエンジニアになりたい場合は、次のようなステップが考えられます。

  1. プログラミングスクールでスキルを身につける
  2. システム会社に就職して経験を積む(同時にクラウドソーシングサイトを使って副業も始める)
  3. スキル・経験・自信がついた時点で独立する

勢いで仕事を辞めることや全く未経験の仕事を始めることはリスクになるので、計画的に進めましょう。

個人スキルとして蓄積する仕事を探す

パソコンでできる仕事は、データ入力やアンケート回答などのスキルが不要で誰でもできる仕事と、プログラミングやデザインなどの特定のスキルが必要になる仕事の2種類あります。

お小遣い程度であれば前者の仕事でもある程度稼げますが、生活費を稼ぐための本業としてなら後者の仕事が適しています。スキルや経験値が上がるにつれて、仕事の単価も上がっていくためです。

今持っているスキルや身につけたいスキルから、どのような仕事ができるかを考えてみましょう。

パソコンでできる仕事まとめ

パソコンでできる仕事は、空いた時間の副業や在宅で働きたい人の本業にぴったり。スキル不要の簡単な仕事もありますが、継続して稼ぎたい場合やキャリアアップをしていきたい場合には、やはりスキルが身につく仕事がおすすめです。

この記事を参考に、あなたにあう仕事を探してきましょう。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

石田ゆり
元システムエンジニア・コンサルタント。ERPパッケージソフトウェア会社にて設計から開発、品質保証、導入、保守までシステム開発の一通りの業務を経験し、その面白さと大変さを学ぶ。働く人々を支援するバックオフィス系システム・業務効率化ツール等に特に興味あり。趣味は旅行、ヨガ、読書など。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement