テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

データ入力のやり方を解説!在宅案件の探し方・仕事内容・収入も紹介

更新: 2021.09.10

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

プログラミングを仕事にして収入を上げる方法

「データ入力で在宅ワークを始めたいけど、具体的なやり方が分からない」
「データ入力の始め方って?何か特別な資格は必要?」
「副業在宅ワークとしてデータ入力を始めて、ゆくゆくは本業にすることは可能?」

こう考えていませんか?

この記事では在宅ワークで人気のデータ入力がどんな仕事なのか、またデータ入力で高収入を狙えるのかを解説します。データ入力の仕事探しに役立つサイトも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

データ入力の仕事内容

データ入力業務は、大きく分けて以下の2種類あります。

  • 単純データ入力
  • テープ起こし

単純データ入力とは、紙の資料やPDF、スキャン画像の情報をWordやExcelに入力してデータ化するもの。テープ起こしとは、録音された音声データを文字に起こすものです。

さらに具体的に言うと、以下のような仕事があります。

  • 顧客情報の入力
  • 売上データ・アンケートの入力
  • 会議・セミナーの議事録作成
  • 名刺・手書き伝票の入力
  • 対談・インタビュー音声の文字起こし

これらの業務は企業でも行うことができますが、在宅ワークとして求人が出ているものも多数あります。

特別なスキルは不要

データ入力案件は、与えられたデータを元に、ルールに従って数値などを入力していく仕事です。つまり基本的なパソコンスキル(タイピングなど)や、指示書を読み込んで理解できる力があれば、未経験でも作業できます。

特別な資格やスキルが不要なので、仕事にブランクがある人や、在宅で働きたい主婦、休日などを利用して自宅で副業をしたい人に人気の仕事です。

企業で働く場合はデータ入力以外も担当

企業に勤める社員の場合、データ入力のみを任されることは少なく、他の業務と兼任するのが一般的です。

例えば電話対応や受付業務など、事務作業と並行してデータ入力を行うことになります。

10年後も食べていける職業

エンジニアは、今もっとも注目を集めている職業の1つ。市場価値の高いエンジニアにキャリアチェンジできれば、あなたの人生の選択肢は飛躍的に増えることでしょう。 3,200名以上のIT転職を支援したテックキャンプが、未経験からエンジニアになる方法を解説! 資料はこちらから無料ダウンロードが可能。※2016年9月1日〜2021年5月14日の累計実績。

在宅ワークとしてデータ入力を始める方法

在宅ワークとしてデータ入力の仕事を受注するためには、大きく次の2ステップが必要です。

  1. 在宅ワークに必要なものを準備する
  2. データ入力の在宅ワーク案件を探す

以下で詳しく解説します。

在宅ワークに必要なものを準備する

在宅ワークに必要なものは、大きく以下の4つあります。

  • パソコン
  • スマートフォン
  • インターネット環境
  • あると作業がはかどるもの

パソコン

パソコンはデータ入力をする上で必須です。パソコンを選ぶ上で気になるのが、ノート型かデスクトップ型か、スペックはどのくらいのものか、といった点でしょう。

結論としては、以下の基準を満たすノート型パソコンがおすすめです。

  • CPU:Core i3以上
  • メモリ:8GB以上
  • ストレージ:SSD

これらの条件が揃えば、データ入力作業は問題なく進められます。また定期的にメンテナンスを行えば、起動時間が遅い、動作が遅くなるといった事態も起こりにくいでしょう。在宅で隙間時間にデータ入力を行うのであれば尚更、このような条件は大切です。

また「ノート型かデスクトップ型か」の点では、まずはノート型をおすすめしますなぜなら在宅ワークの場合、基本はデスクで作業を行なっていても、時にはお子さんを昼寝させながらリビングで作業したり、気分を変えてカフェで作業したりする場合も考えられるからです。

そのようなフレキシブルさを求めるのであれば、ノート型を選んだ方が便利でしょう。

スマートフォン

スマートフォンも在宅ワークには必須です。なぜならスマートフォンがあると、クライアントからの連絡に出先でもすぐに返信ができるからです。

またデータを入力するフォーマットによっては、スマートフォンからでも入力できます。例えば電車での移動時間中など、隙間時間でも作業ができるので、時間の有効活用ができます。

スマートフォンも画面が大きくアプリの動作もなめらかな、ある程度のスペックを持ったものを選ぶのがおすすめ。

最近では、スマートフォンの性能も向上しています。ミドルクラス以上の機種であれば、特に問題なく業務に対応できるでしょう。

インターネット環境

インターネット環境も、データ入力の仕事を在宅でする上で必須です。自宅に無線LANルーターを置いて、WI-Fiを使えるようにしておきましょう。自宅にWi-Fi環境があれば、スマートフォンも通信料を気にせず使うことができます。

あると作業がはかどるもの

ここまで紹介したもの以外にも、あると在宅作業がはかどるものがあります。ここから3つ紹介しましょう。

負担のかかりにくいイス(ゲーミングチェアなど)

データ入力は一定時間座って作業を行います。長時間作業をすることもあるため、座るイスにはある程度こだわった方がいいです。

例えばゲーミングチェアは、1日10時間もゲームに費やすゲーマーのために作られたイス。長時間座っていても体に負担がかかりにくいよう、正しい姿勢を保てるような形状になっています。

このような身体にストレスにかかりにくいイスを選ぶと、長時間の作業でも体に負担がかかりにくくなるでしょう。

イヤホン

テープ起こしの場合、ノイズキャンセリングイヤホンを使うと音声に集中できます。またその他のデータ入力でも、基本作業を覚えてしまえば、イヤホンで音楽を聴きながらやった方がはかどることもあります。

一方で音楽を聴くと集中力が乱れるケースもあるので注意が必要です。音楽を聴きながらの作業が自分に合っているかどうかを見極め、入力ミスをしないようにしましょう。特に受注したてでマニュアルを覚えていない案件の場合は、まずは作業に慣れるのを最優先した方がミスにつながりにくいです。

ガムやアメ

データ入力の集中力を高めるため、ガムやアメを準備するのもおすすめです。ミント系のものなら、眠気をスッキリさせる効果も期待できます。

この他にもアロマオイルを焚くなど、自分なりの集中力キープアイテムを見つけると、作業を進めやすくなるでしょう。

データ入力の在宅ワーク案件を探す

在宅ワークをする準備が整ったら、続いてはデータ入力の在宅ワーク案件を探しましょう。ここでは2つの方法を紹介します。

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • 企業の案件を探す

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトは、在宅ワーク案件を簡単に見つけられる場です。これから在宅のデータ入力業務を受注したい場合、以下の4つのサイトに登録しておくといいでしょう。

上2つのサイトは、国内大手クラウドソーシングサービス。取り扱い案件数が豊富なので、まず登録しておくことをおすすめします。

またママワークスとシュフティは、主婦向けの案件を多数取り扱っています。まとまった時間をなかなか確保できない女性でも受注しやすい案件が見つかるでしょう。

以下の記事でもおすすめのクラウドソーシングサービスを紹介しているので、合わせて参考にしてください。

受注するサイトを絞るのがおすすめ

クラウドソーシングサービスを使ってデータ入力案件を受注する場合、いずれかのサイトに絞って受注するのがおすすめです。なぜならクラウドソーシングサービスでは、案件毎に評価を受けられるようになっているためです。

受注件数とクライアントからの評価が貯まっていく仕組みになっているので、多数のサイトで受注していると、評価が分散され、実績をアピールしにくくなってしまいます。「メインで受けるサイトはココ」と決めて、初めはそのサイトで集中的に仕事を受注して実績を作っていきましょう。

企業の求人を探す

企業の求人でもデータ入力案件が出ています。例えば先に紹介したママワークスでは、企業の求人情報を検索できるようになっています。

在宅/出社を選んで検索できますし、派遣・アルバイト・パートといった雇用形態や、職種も多数選択できるようになっています。まずはあなたの条件に合ったものを検索してみてください。

この他にも、派遣会社や求人サイトを検索すると、データ入力案件を見つけることができます。

データ入力の月収は?やり方次第で高収入は狙える?

クラウドワークスやランサーズで個別に案件を受注してこなす場合、データ入力1件あたり10〜50円ほどが相場。これを下回る案件も多いです。

企業で働く場合は、時給1,000円ほどが相場。高いと時給1,500円程度になることもあります。

大きく稼ぐのは難しい

仮に1件10円のデータ入力案件を受注できたとすると、100件入力して報酬は1,000円。1件50円なら5,000円です。ここからわかるように、データ入力の仕事だけで大きく稼ぐのは非常に難しいと言えます。

企業に勤めてアルバイトや契約社員としてフルタイムで働けば、月収20万円前後にはなるでしょう。しかしそうでない場合、データ入力だけで生計を立てるのは厳しいです。

データ入力は副業として、本業・家事のスキマに取り組むのがおすすめです。

データ入力で稼ぐコツ

データ入力は単価が安いため、稼ぐためには数をこなすのが必要になります。

しかしやり方次第で作業を効率化したり、高収入の案件を見つけたりすることは可能です。以下の4つのコツを参考にしてください。

作業スピードを上げる

データ入力で稼ぐためには、まず作業に慣れ、スピードを上げることが必要です。入力に便利なショートカットキーを覚えるなど、効率的に入力できる方法を見つけましょう。このような方法で作業スピードが上がると、同じ時間内でより多く作業でき、報酬アップにつながります。

納期を守って計画的に作業する

案件の数をこなそうとすると、複数クライアントから受注することにもなるでしょう。そうなるとそれぞれで納期が異なるため、計画的に業務を遂行していく必要があります。スケジュール管理やタスク管理を徹底し、納期を厳守できるようにしましょう。

スケジュール・タスク管理は、スマートフォンのアプリでできるものもあります。以下の記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

高い報酬の案件・求人を見つける

データ入力案件の中でも、高い報酬の案件があります。例えば携わる範囲が広い案件。データ入力だけでなく、入力したデータを元に図表を作成するなど、プラスアルファの業務を求められる場合は、その分報酬が高くなる傾向があります。

適度に休憩を入れる

集中力がなくなってきた場合は、むしろ時間をとって休憩しましょう。なぜならデータ入力はスピードだけでなく、正確さも求められる仕事のため。集中力が切れたまま続ければミスも増えますし、効率的に作業しにくくなってしまいます。

時間を決めて一息入れたり、15分ほどの仮眠を取るのもおすすめです。

この記事のハッシュタグ

在宅ワークで高収入を狙う3つの方法

在宅ワークで高収入を狙うなら、データ入力からさらにスキルアップした仕事に挑戦するべきです。このような仕事は同じ作業時間でも単価が上がるので、稼ぎやすくなります。

ここでは、データ入力と同様パソコンを使ってできる在宅ワークの事例を3つ紹介します。より稼ぎたい人は、できそうなものから取り組んでみてください。

プログラミングを学んでITエンジニアに

プログラミングを身につけてITエンジニアやプログラマーを目指すと、在宅ワークでも稼ぎやすくなります。

プログラミングもパソコンがあればできるスキル。自分でWebサイトやスマホアプリケーションの開発ができるようになれば、1件数十万円で案件を受けることも可能です。

しかし全くの未経験から独学でプログラミングスキルを身につけるのはハードルが高めです。以下の記事を参考に、プログラミング学習を始めてみてください。

デザインスキルを身につけてWebデザイナーに

Webデザイナーも、在宅ワークで稼ぐことができます。Webデザイナーを目指すには、Webデザインの基本的な知識、Illustrator、Photoshopなどデザインソフトの操作を覚える必要があります。パソコンだけでなくペンタブレットなどが必要となるケースもありますが、必要な機材は個人でもそろえられます。

近年は著作権フリーの素材をダウンロードできるサイトも増えているため、フリーランスWebデザイナーのニーズは今後低下する可能性が高いです。しかし副業として稼ぐ程度であれば可能でしょう。

イラストが得意な方は、Webデザイナーへの道も検討してみてください。

ライティングを身につけてWebライターに

Webライターも、在宅ワークとして人気の仕事です。Webライターも基本的に資格は不要。クラウドワークスなどで案件を受注できます。

平均的な報酬は1文字1円〜。最初はデータ入力と同じくらいしか稼げないかもしれません。しかし実績を重ねることで単価交渉がしやすくなります。1文字2〜3円ほどで受注できるようになれば、同じ作業時間でも効率よく稼ぐことが可能です。

Webライティングのスキルを身につけるためには、まずはブログなどを開設して記事を書いてみるのがおすすめです。またGoogleアナリティクスで読者数や人気の記事を分析すると、「読まれる文章」がどのようなものなのかを理解できるようになるでしょう。

スキルが身につけば就職・転職にも有利になる

ここまでで紹介したようなスキルや仕事は、以下のような人にこそおすすめしたいです。

  • 今後就職を控えている大学生
  • 現在は転職活動中で、これから中途採用試験を受ける人
  • 育児のために休暇を取っているが、再就職を考えている人

プログラミングやWebデザイン、Webライティングはお金を稼ぎながらスキルアップできる仕事です。その中で身につけたスキルは就職・転職の際もアピールポイントになるでしょう。

一方でデータ入力は特別なスキルは不要で、単純作業の繰り返しになることが多いです。同様の仕事に就く上ではアピールポイントになるかもしれませんが、就職の幅を広げにくいデメリットがあります。

独学が難しければスクールの受講を検討しよう

スキルが必要な案件を在宅で受注するためには、自分でそのスキルを身につける努力をしなければなりません。スキルを身につけるためには在宅で独学する方法もありますが、まとまった時間を取れない場合は継続が難しいでしょう。

そのような場合は、スクールの受講を検討してみてください。

データ入力の仕事に向いている人・不向きな人


「データ入力の仕事は自分でもできるのだろうか」と不安に思う人もいるでしょう。そこでここからは、データ入力の仕事に向いている人・不向きな人のポイントを挙げていきます。

あなたはどちらに多く当てはまるのか、チェックしてみてください。

向いている人

データ入力に向いている人は、以下の条件に当てはまることが多いです。

  • 一人でコツコツと作業するのが好き
  • 作業時間に余裕がある
  • パソコンの基本的な操作ができる

一人でコツコツと作業するのが好き

データ入力は、ルールに従ってコツコツ作業する仕事。例えば画像上のレシートに記載された金額や品目を、Excelシートのセルに入力していく案件などがあります。

データ入力は基本的に単純な作業にはなりますが、その分入力する数値やデータの正確さが求められます。普段からコツコツと作業することが好きで、単純作業が苦にならない人が向いているでしょう。

作業時間に余裕がある

在宅でのデータ入力で稼ぐには、まとまった作業時間が確保できないと難しいです。なぜならデータ入力案件は単価が安いため。報酬は作業量に左右されます。

本業や家事のかたわら、3〜5時間ほど時間が取れる人だと安定的に報酬を得やすいでしょう。

例えば子供が保育園・幼稚園に行っている間や寝静まった後、週末に少し早起きして作業にあたるなど、うまく時間を利用して継続していくのが大切です。

パソコンの基本的な操作ができる

データ入力を在宅で行う場合、パソコンの基本スキルは必須です。前述したように、データ入力ではWordやExcelといったOfficeツールや、企業によってはそれらに相当するGoogleのツール(GoogleドキュメントGoogleスプレッドシート)での入力を求められるケースもあります。

またクライアントとのやりとりにはChatworkSlackといったツールを使うことも多いため、使用方法を確認しておくと安心でしょう。

不向きな人


以下の条件に多く当てはまる場合、データ入力以外の仕事を見つけた方が効率よく稼げるかもしれません。

  • 単純作業が続くと飽きてしまう
  • 体を動かす仕事が好き
  • パソコン作業に不慣れ

単純作業が続くと飽きてしまう

前述したように、データ入力はマニュアルに沿ってデータを打ち込んでいく単純作業。このような単純作業が苦手な人には、おすすめできません。

例えば普段から自分で仕組みを考えるのが好きな人や、ルール通りに動くよりもそのルールを改善することを考えることが得意な人は、支持通りに作業を繰り返すデータ入力の時間は苦になってしまうでしょう。

体を動かす仕事が好き

データ入力は、パソコンに向かってひたすら作業する仕事です。そのため長時間座って作業するのが苦手な人は、辛いと感じてしまうことでしょう。

特にもともと体を動かすのが好きで、仕事でもなるべく動きたいと考えている人であれば、データ入力以外の仕事も検討してみることをおすすめします。

パソコン作業に不慣れ

パソコンでの文字入力やExcel、Wordといった基本的なソフトの操作に慣れていないと、データ入力以外の仕事をしたほうが稼ぎやすいと感じるでしょう。

ただ、データ入力の仕事はパソコンやインターネットなど、必要な環境がそろっていれば作業できます。パソコンの操作に慣れるという意味で、データ入力から在宅ワークを始めるのも一つの手でしょう。

データ入力の仕事をするメリット・デメリット


データ入力の仕事をこれからスタートすべきかどうか、悩んでいる方もいるのでは? ここからはそんな方に向けて、データ入力の仕事を始めるメリット・デメリットを紹介します。

メリット・デメリット双方を知っておけば、納得感を持ってデータ入力の仕事を始めやすいでしょう。

メリット

データ入力の仕事には、以下のようなメリットがあります。

  • パソコンスキルが向上する
  • 在宅でできるため家事や育児と両立しやすい
  • 特別なスキルがなくても始められる

パソコンスキルが向上する

そもそも基本的なパソコンスキルがなかった場合、データ入力によってそれを養うことができます。また基本的なパソコンスキルをすでに備えている人であっても、ショートカットキーを活用するなど、入力作業を効率化するスキルを覚えられるでしょう。

さらに、データ入力がきっかけで在宅で仕事を始めると、オンラインでクライアントとやりとりするスキルも得られます。リモートで働くための基本的な土台ができるため、将来的にデータ入力以外の在宅の仕事にチャレンジする際にも役立つでしょう。

在宅でできるため家事や育児と両立しやすい

データ入力の仕事は、在宅でも働ける案件が多いです。在宅の仕事は出勤不要のため、隙間時間を効率的に活用できます。また自分の作業ペースにあわせて仕事をこなしやすいでしょう。

データ入力は、家事や育児でまとまった作業時間を取りにくい主婦にも人気です。

特別なスキルがなくても始められる

基本的に、データ入力には特別なスキルは不要。学歴が問われることも少ないです。後ほど紹介する「データ入力に必要な準備」が整えられれば、誰でもスタートできる仕事なのです。

また大学生など、まだ実務経験がない人でも取り組めるため、アルバイトとしても人気の仕事です。

デメリット


データ入力の仕事には、以下のようなデメリットも存在します。

  • 稼ぐには長時間の作業が必要
  • 姿勢が悪くなりやすい
  • スキルアップの限界点が低い
  • データ入力のみで正社員になるのは難しい

稼ぐには長時間の作業が必要

データ入力の仕事は高収入を狙いにくいです。入力したデータ1件あたり0.1〜1円程度のケースもあり、データ入力だけでまとまった金額を稼ごうと思うと、長時間の作業が必要になるでしょう。

作業できる時間が少ない人、黙々と作業するのが苦手な人にとっては、稼ぎにくい仕事とも言えるのです。

姿勢が悪くなりやすい

データ入力では長時間パソコン作業を行うため、姿勢が悪くなりやすいです。姿勢の悪さを改善するためには、自分の体にフィットする、長時間座り続けられるイスがあるといいでしょう。

また時々背筋を伸ばせるような環境で作業ができると理想的です。

スキルアップの限界点が低い

データ入力を行うことで、タイピングスピードなど基本的なパソコンスキルの向上はできるでしょう。しかしそれ以外の部分でのスキルが身につきにくく、いつかは成長が頭打ちになる可能性が高いです。

やはりデータ入力は単純作業の域を出ないので、スキルアップの限界点が訪れやすいのです。時間をかけた割にスキルが身についている実感を得られにくいと、不満や退屈さを感じやすくなってしまうでしょう。

データ入力のみで正社員になるのは難しい

上記でも紹介しましたが、データ入力は事務職などの業務の一部となるケースが多いです。もし現在育児休暇中で、将来的に正社員としての復帰を目指している場合には、スキルを学ぶべきでしょう。

記事の後半では、データ入力によって基本的なITリテラシーを身に付けてから、さらなる高収入を狙う方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

在宅データ入力からのスキルアップがおすすめ

データ入力はパソコンやインターネット環境があれば、誰でも始められる仕事です。クラウドソーシングサービスを使えば、在宅で受注できるデータ入力案件を簡単に見つけられるでしょう。

一方でデータ入力は報酬が低い傾向があります。在宅ワークでもしっかり稼いだり、スキルを身につけたりするためには、今回紹介したようなWebエンジニアやWebデザイナー、Webライターといったも選択肢に入れてみてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?


資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement