オンラインでプログラミングを習得した人の話を読む

パソコンのタイピングスピードを向上させるコツ 仕事と人生の可能性を広げよう

作成: 2020.05.20 更新: 2020.05.19

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

未経験から10週間でエンジニアへ!転職事例はこちら

IT化の影響で、仕事でもプライベートでもパソコンは欠かせない存在となり、タイピングスキルの重要性が高まっています。

タイピングをマスターすることは、仕事を効率的にこなせるようになるだけでなく、自分の可能性を広げることにもつながります。

この記事では、パソコンのタイピングスピードを向上させる意義やコツについて紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

パソコンのタイピングスキルは仕事に必須

IT化が進み、多くの仕事がパソコンなしでは考えられない現代社会。どの企業で働く上でも、パソコンスキルが重要になります。
特にタイピングスキルは、業種・職種を問わず必須と言える技能です。パソコンを使って仕事をする時間の約90%は、キーボードを使った操作が占めるとも言われています。

一方で、タイピングに苦手意識のある方が多くいます。

タイピングが苦手な世代というと、まず高い年齢層が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。しかし意外にも、10代20代の若年層もタイピングを苦手とする傾向があります。

物心ついた頃からスマートフォンなどの電子媒体に慣れ親しみ、キーボードでタイピングをする機会が少なかった世代だからです。

そのため、社会人として企業に入社した後に、PCでのタイピングに苦戦することも。じつは幅広い世代の人がタイピングスキルが低いことに悩んでいるのです。

ここからは、タイピングが苦手な方でも手軽にスキルを身につけられるよう、その意義や習得方法について説明していきます。

パソコンのタイピング練習をするメリット

パソコンのタイピングスキルを向上させれば、仕事上で様々なメリットがあります。
具体的に見ていきましょう。

速いタイピングをマスターすれば業務効率化につながる

タイピングスキルが向上することで、テキスト入力にかかる時間を大幅に短縮することが可能です。

同じ時間でより沢山の業務をこなせるので、時間を有意義に使えるようになります。

その結果、他の業務に回す時間が増え、効率的な働き方を実現できます。

ストレスなく仕事に集中できる

タイピングをしていて入力ミスがあると、その都度作業が止まってしまいます。

頻繁に入力作業が中断され、テキスト作成がなかなか上手くいかないことで、イライラしてしまうこともあるでしょう。

ストレスが溜まると冷静な判断が難しくなり、仕事の質が落ちてしまう可能性もあります。

スムーズなタイピングを身につけることで、余計なことを気にせずやるべきことに集中できます。精神衛生的にも良いでしょう。

周囲からの評価が上がる

オフィスでは、部署ごとに沢山の社員が集まって働いています。意識しなくても、他の社員の働きぶりや様子が目に入ることも多々あります。

その中で、タイピングが速い人は周囲に「仕事ができる人」という印象を与えることがあります。

タイピングをマスターすれば他の社員よりも短時間で多くの業務をこなせるので、上司や同僚からも評価されやすいと言えるでしょう。

テックキャンプはオンラインでも最高の学習環境を提供しています

キャリアに悩んだら、テックキャンプ エンジニア転職の無料カウンセリング(キャリア相談)を受けてみませんか。

「年収を増やしたい」「エンジニアに興味がある」「IT業界転職に興味がある」こう思っている方は、ささいなことでもプロのカウンセラーに是非相談してみてください。カウンセリングを受けた99%の方が悩み解決を実感しています。※2018年10月24日~11月16日(アンケート回答数106名)

現在オンラインカウンセリングを実施中。パソコン・スマホで自宅から受けることができます。オンラインカウンセリングのやり方は、URLを開くだけで簡単なので心配ありません。

コロナウイルス感染症拡大対策の影響もあり、自宅で過ごすことが増えています。
テックキャンプは、オンラインでの学習が可能です。オンラインでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと『やりきらせる学習環境』を変わらずご提供します。

パソコンのタイピングスピードを向上させるコツ

初心者がタイピングスキルを向上させるためには、いくつかの心がけたいポイントがあります。
具体的に見ていきましょう。

入力内容を声に出して練習する

タイピング練習をする際は、文字を入力するごとに、打つ文字を声に出して練習するのがおすすめです。

視覚、触覚だけでなく、聴覚でもタイピングの感覚を覚えられ、より早く上達できるでしょう。

また、1文字ずつ発声して確認することで、タイピングミスを無くすことにもつながります。

毎日少しずつでもタイピングの練習をする

タイピングの感覚を体で覚えるには、とにかく継続して練習に取り組むことが大事です。

スポーツなどと同じで、まずは体をタイピングの動作に慣れさせることを意識しましょう。

とはいえ、無理をしてしまっては長期間続けることは難しくなってしまいます。

無理のない範囲で、例えば1日10分でもOKですので、「毎日続けること」を目標に取り組んでみましょう。

楽しみながら覚える

毎日文字を黙々とただ打ち込むのでは、練習が苦痛になってしまいます。
何事も、楽しみながら覚えるのが上達の近道です。

幸いにもタイピングに関しては、無料で利用できる練習用のサイトやサービスがWeb上に沢山あります。

こうしたツールを活用して、ゲーム感覚で楽しみながら学習することで、より速く上達することができるでしょう。

タッチタイピングをマスターする

タイピングの入力速度を上げるには、キーボードを見ないで打つ「タッチタイピング」をマスターするのが最適です。

タイピングが早い人は、ほぼ例外なくこのタッチタイピングのスキルを身に着けています。

どのように習得できるのか、そのコツは次の章で具体的に解説していきます。

初心者はタッチタイピングから始めよう

初心者がタイピング速度を上げる近道は、タッチタイピングを覚えることです。
ここでは、タッチタイピングとはどのようなものか、どのように身につけるかを紹介します。

キーボードを見ないで入力するタッチタイピング

キーボードではなく画面を見たまま、指の感覚だけでテキストを入力する方法をタッチタイピングと呼びます。

同じように使われている言葉に、ブラインドタッチがあります。

もともと両者は同じ意味で使われていましたが、近年はタッチタイピングを使うケースが増えています。

指の位置はホームポジションを意識して入力

出典:マイナビ MY FUTURE CAMPUS

タッチタイピングをする際には、自然な動きで入力ができる「ホームポジション」を意識しましょう。

ホームポジションとは、効率的な入力をするために、左右の人差し指から小指までの置く位置を決めたものです。

左の人差し指はF、右の人差し指はJに置きます。どちらもキーボードに突起物があるので、感触で分かりやすいでしょう。この2本指を中心に、残りの指を横に配置します。

ホームポジションを意識すると、各指の可動範囲に対して無理のない動きが身につくので、手や指の疲れも溜まりにくくなります。

「1つの入力を終えるたびにホームポジションに戻す」ことが、スムーズなタイピングのポイントです。

い・う・お・あ・えから指に覚えさせる

タイピングの練習をする際には、五十音順にならって「あ・い・う・え・お」の入力から始めてしまいがちです。

しかしタイピングを覚える際には、あいうえおではなく、入力しやすい「い・う・お・あ・え」から始めてみましょう。

これは、最も動かしやすい人差し指をメインに使う練習になります。

まずはこれを中心に、か行・さ行から練習するとスムーズにタイピングに慣れることができます。

スピードよりも指の位置の正確さを意識

タイピングの練習では、ついスピードを意識してしまいがちです。

最初は雑な入力にならないように、1文字ずつ丁寧に入力することを意識してください。

まずはキーボードの正しい位置を覚えることが大切です。

入力スピードは後からついてきますので、1文字ずつの入力を大事に行い慣れていきましょう。

長文は後回し。まずは短い言葉から練習

タイピングを覚える際に「どうせなら、ブログや文章を書きながら練習しよう」と考える方もいるかもしれません。

これらのテキスト入力では、自然と長文になってしまいがちで、なかなか思うように入力できないでしょう。

まずは長文ではなく、短い単語から繰り返し練習することが早 い上達につながります。

パソコンのタイピングスキルを活かす方法

笑顔パソコンのタイピングスキルを身につけると、仕事やプライベートの創作活動に大いに役立てることができます。
さらに、身につけたスキルを上手に活かせば、自分の可能性を広げることもできます。

ここでは、タイピングスキルの活用方法について説明します。

タイピング検定で資格を取る

出典:タイピング技能検定 イータイピング・マスター

タイピングが上達してきたら、イータイピング社が手掛ける「タイピング技能検定」での資格取得を目指してみましょう。

資格などの客観的な評価を得られることで、就職や転職の際にもアピール材料として役立ちます。

また、明確な目標があることで、日々の練習への意識も高まり、大きなモチベーションとなるでしょう。

タイピング技能検定は、インターネット上で24時間好きな時間に受験できるほか、イータイピングのホームページから無料で模擬試験を受けられます。ぜひ利用してみてください。

在宅ワークなどでデータ入力を仕事にする

テレワークや副業など、近年は働き方の多様化が進んでいます。
その中で、在宅ワークでのデータ入力業務など、タイピング能力を活かせる働き方が注目されています。

タイピングスキルを身につけることで、働き方や生き方など自分の可能性を広げることができるでしょう。

パソコンのタイピングを練習して自分の可能性を広げよう

社会でパソコンが欠かせない存在となった今、タイピングスキルに重要性も高まっています。
タイピングスキルを向上させることで、仕事において様々な場面で役立つでしょう。

また、在宅ワークをはじめとした新しい働き方への可能性を広げることにもつながります。

タイピングの練習は無料ですぐにでも取り組めますので、まずは少しずつでもやってみることが大切です。

挫折せずにやり切れる!テックキャンプならではのオンライン学習とは?

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。転職成功率は99.0%オンラインで学習が可能です。※2019年8月末時点。学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率

テックキャンプの魅力は教室だけではありません。オンライン・オフラインどちらでも、テックキャンプならではの徹底したサポートと「やり切らせる学習環境」を提供します。

オンラインでプログラミングを習得した方のインタビューをぜひ読んでください。オンライン学習の感想や学習をやりきるコツがわかります。

オンラインでプログラミングを習得した人のインタビューをみる

この記事を書いた人

篠崎友耶
編集・ライターとして、主に制作会社や編集プロダクションなどで勤務したのち株式会社divに入社。 趣味は、歴史関係(史跡巡りや読書)、御朱印集め、国内外のサッカー観戦など。好きなチームはバレンシアCF。 好きな言葉は『士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし』