31歳、転職4回、未経験でエンジニア転職成功

プログラミングの習得には1000時間が必要なのか。時短でスキルを身に付ける方法を解説

作成: 2019.04.24 更新: 2019.04.22

 

>> 関西最大級200坪の教室がオープン
全面ガラス張り、最高の学習環境をご覧ください!

「独学でプログラミングに挑戦してみようかな」

「プログラミングを習得するにはどのくらい時間がかかるのだろう」

「できるだけ時間をかけずに学びたい」

なんて考えていませんか?プログラミングに興味を持っているけれど、習得の仕方やどれくらい時間がかかるのかよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、プログラミングスキルの習得にかかる時間や時短の方法など紹介していきます。

短い時間でプログラミングのスキルを確実に身につけたい人はぜひ参考にしてください。

業務レベルのプログラミングスキルの習得には1000時間かかる

実際に現場で求められるレベルのプログラミングスキルを習得するには、1000時間ほどかかると言われています。

1000時間必要と言われると、「かなり根気が必要だな」「大変だろうな」「続けられるだろうか」などと思うのではないでしょうか。

実際に、業務レベルのプログラミング技術を習得するのは容易なことではなく、努力なしでは技術を身に付けることはできません。

ただし、1000時間をかけずとも、時短でスキルを身に付けられる方法もあるのです。

独学での習得で必要となる時間は1000時間

先述したように、独学でプログラミングを学ぶ際、業務をこなせるレベルのプログラミングスキルを習得できるのには、1000時間かかると言われています。

1000時間は1日単位で表すと約42日。ただし、これは毎日24時間勉強し続けた時の場合なのでそれは不可能です。

毎日約5時間勉強を頑張ったとしても、200日かかってしまいます。それだけ毎日勉強してもかなりの日数を要してしまうので、本当に独学でやり遂げられるかどうか不安な時間でしょう。

また、独学の場合は、エラーが出てきた時も自分一人で解決しなければいけないので、時間のロスが増える可能性もあります。

働きながらの学習はさらにハードルが上がる

社会人の方は、仕事終わりや休み時間に学習を進めていかなくてはいけないので、プログラミング学習に費やせる時間が限られます。

土曜・日曜を返上で頑張ったとしても、働きながら1000時間の学習時間を確保するのは簡単ではないでしょう。

さらに、独学に挑戦した人の約90%が挫折していると言われています。それほどまでに独学で学ぶのは難しいことなのです。

本気でプログラミング技術を習得したいのであれば、確保できる時間を計算して現実的なスケジュールを立て、学習に取り組む必要があるでしょう。

正しい学習方法で取り組めば時短は可能

もしも、時間を短縮して挫折せずにプログラミングを身に付けたいと感じたなら、独学ではなくプログラミングスクールを利用するのも1つの手です。

独学で学ぶのとは違い、スクール独自の教材を活用できたり、講師に質問しながらカリキュラムを進めたりできる所もあるので、確実に時短ができるようになっています。

また、独学であってもたとえば現役で活躍しているエンジニアから正しい学習方法を聞いて、その内容をしっかりと理解できれば時短は可能です。

それでも、そのエンジニアは教育のプロではないことを覚えておきましょう。

やはり、プログラミングスクールと比べると時間はかかってしまいます。独学での習得は長期間の取り組みになることを覚悟しましょう。

プログラミングを習得するための時短ステップ

ここでは、プログラミングを習得するための時短ステップについて解説します。サンプルのアプリ開発程度なら200時間程度を目安に実現できるので、ぜひ参考にしてください。

プログラミング言語の基礎を理解する

プログラミングを学ぶには、まずプログラミング言語の基礎を理解しなければいけません。そういった基礎の部分を学ぶためにはオンラインサービスを活用しましょう。

わかりやすい内容で人気のあるオンラインサービスとしては「Progate」や「ドットインストール」などが挙げられます。

どちらも無料で使えるので、このようなサービスを使って「プログラミングとは何か」「どんなことができるのか」などを学ぶとよいでしょう。

まずは実際に始めてみて、プログラミングの基礎に触れ、少しずつ慣れていくことが大切です。

作りたいものに合わせて開発方法を学ぶ

基礎を理解できたのであれば、次は作りたいものに合わせて開発方法を選びましょう。

Webサービスが作りたいのか、iPhoneのアプリが作りたいのか、何を作るかによって選ぶ言語が変わってきます。

また、「Ruby」というプログラミング言語であれば「Ruby on Rails」という便利な機能がまとめてある「フレームワーク」を使うことで初心者でも開発が行いやすいです。

こういったフレームワークの学習も、オンラインで学べるようになっているので、ぜひ活用しましょう。

本やネットの情報を参考に実際に開発を行う

次に、「アプリが作れる」「Webサービスがリリースできる」など、最終的に成果物が形にできる本やネットの情報を参考に開発を行いましょう。

本によっては、成果物を出すまでの過程が記載されていないものも多くあるので、必ず内容を把握してから購入するよう気を付けてください。

また、作業中にエラーが出た時の解決方法や用語は、「teratail」「stack overflow」「Qiita」などの質問サイトを活用するとよいでしょう。

以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

■TECH::NOTE関連記事

サンプルに手を加えて応用力を養う

サンプルが完成したのであれば、そこに手を加えて応用力を養いましょう。

「こういった機能がついていたらいいな」ということを考えたのち、「どうすればその機能が実装できるか」の方法をネットで調べ、手を加えていってください。

2回、3回と繰り返しこの作業を行うことで、「どうやって開発していけばよいのか」という全体の流れが具体的に掴めてきます。

自分にあった学習プランが習得の近道

上記の手順は、あくまでも学習プランの1つとして挙げたものであり、誰にでも当てはまるものではありません。

人それぞれ自分に合った学習プランを考えることが時短学習につながるのです。

ここでは、そういった自分に合う学習プランがどれほど大切かについてや、最適な学習プランを考えるポイントを紹介します。

学習プランがマッチしなければ挫折しやすい

目標設定が曖昧であったり、やみくもに勉強を始めてしまったりすると、学習プランがマッチせず、途中で挫折してしまう可能性が高くなってしまいます。

「この学習プランで本当によいのか」「今自分はなにをやっているのだろう」などといった疑問が浮かび上がってくると、学習の手が止まってしまうのです。

また、時間の確保がうまくいかず、思ったように学習を進められなかった場合も、モチベーションの低下につながり、挫折してしまう要因となってしまいます。

挫折率を下げるためにも、自分に合った無理のない学習プランを考えるようにしましょう。

最適な学習プランを考えるポイント

自分に最適な学習プランの設定は、プログラミング技術の習得をより早く、確実なものにしてくれます。

自分に合う学習プランを考えるうえで大事なポイントを下記にまとめたので、チェックしてみましょう。

・プログラミングを学ぶ目的はなにか
・どのようなサービスを作りたいのか
・作りたいサービスに合った言語は選択できているか
・スキルを習得できるまでの期間はどのくらいで設定しているか
・その期間で達成するには1日何時間ほど学習すればよいか
・自分が理想とする働き方を実現できるか

といったポイントを明確にして学習プランを立てることで、目標がしっかりと定まります。

そして、挫折の可能性を減らし、最短距離で最終目標まで向かえるのです。

TECH::EXPERT 東京・名古屋・大阪・福岡

プログラミング未経験からWebエンジニアとして転職成功まで導くスクール TECH::EXPERT は、挫折しない環境を提供いたします。すべて駅から通いやすい便利な場所。いつでも質問できるメンター(講師)、一緒に頑張る同期がいるから頑張れる。そんな教室を是非見にきてください!

習得時間以外の挫折しやすいポイント

習得時間の長さ以外にも、プログラミング学習には「教材」「モチベーションの継続」といった挫折しやすいポイントがあるのです。

ここでは、その2点について説明していきます。

どの教材を選ぶべきか迷う

プログラミング初学者の多くは、本を開いた途端よくわからない言葉や英語が羅列されているのを見て「難しい」と感じてしまいます。

その結果、いざ本を買ってみたものの、進められずに挫折してしまうケースが多いのです。

また、本を選ぶ基準もわからないので、自分に合った教材なのかどうかの判断もつきません。

まずはドットインストールのような動画学習のわかりやすいものから入り、基礎の部分がわかってから本を買うとよいでしょう。

モチベーションの継続が難しい

独学で学習していると、エラーが出た際にも一人で解決しなければいけないため、簡単に諦めない根気強さが必要です。

学習し始めは、目標に向けたモチベーションが高いため、エラーが出ても解決に向けて努力できます。

しかし、独学で長期間となればその気持ちも次第に薄れていき、モチベーションが下がり、挫折してしまう可能性が高くなってしまうのです。

こういったモチベーションの継続を考えた時にも、目的や目標の設定がとても重要になるので、しっかりとプランを考える必要があります。

目的が決められず学習プランに不安がある場合には

学習プランの設定に不安がある場合は、プログラミングスクールを利用するとよいでしょう。

「独学での学習は自分には難しいかもしれない」と感じている方は、以下の情報をぜひ参考にしてみてください。

時短と確実なスキル習得を目指すならプログラミングスクール

「ITエンジニアとして働きたい」「フリーランスとして仕事を請けたい」などの大きな目標はあるけれど、学習プランが上手く立てられない方は、プロの力に頼りましょう。

プログラミングスクールは学習プランだけでなく、考え抜かれた質の高いカリキュラムもトータルで用意されています。

業務レベルまでとはいきませんが、アプリ開発が行える200時間の学習を目安としているスクールも多いです。

時短と確実なスキル習得を目指すのであれば、プログラミングスクールに通う方法が間違いありません。

業務レベルのスキルを最速の600時間で学ぶ方法

最短で10週間、時間で計算すると600時間という短い時間で、未経験から現場で活躍できるレベルのスキルを手に入れる方法もあります。

TECH::EXPERTであれば、最高の学習環境を用意することで、通常かかってしまう1000時間という学習時間から600時間まで濃縮

400時間は1日2時間勉強する計算で200日分。こう考えると、どれだけ貴重な時間が短縮できているかイメージがつきやすいのではないでしょうか。

また、TECH::EXPERTの学習カリキュラムは、プログラミング言語を覚えて練習するだけでなく、サービスの立ち上げからリリースまでの工程も学ぶことができます。

エラーが出てしまい先になかなか進めない時も、講師へ質問し放題なので、学習が行き詰まることもありません。

時短で質の高い学習を希望しているのであれば、TECH::EXPERTがおすすめです。

興味がある方は、どんな質問でも気軽にできる「無料カウンセリング」も行っているので、ぜひ一度ご相談ください。

そういった方に向けて無料カウンセリングの詳細を以下の記事でご紹介しています。

TECH::EXPERT無料カウンセリングの内容と受講開始までの流れ

会社に縛られず自由に働けるエンジニア・Webデザイナーへ

TECH::EXPERTは未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

  • 残業が多い
  • プライベートを充実させながら自由に働きたい

そんな方には柔軟な働き方が可能なエンジニア・Webデザイナーがおすすめです。未経験からプロとして働けるスキルを身につけられ、徹底したサポートで案件獲得を支援します。

まずは無料キャリア相談(カウンセリング)から、お気軽にご相談ください。

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

山岸
山岸
お笑い芸人兼作家として主にネタを書いたり脚本を書いたりしていました。 その後、ITベンチャー企業でWebメディアのコンテンツ作りやマーケティング、記事の執筆・校正などを経験し現在に至る。 好きなものは美味しいお酒と邦楽ロックです。