テックキャンプ無料カウンセリング テックキャンプ無料カウンセリング
資料請求はこちら

【2021年版】おすすめプログラミング質問サイト8選!質問の仕方も紹介

更新: 2021.08.10

>>No1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

初めてのIT転職で読むべき!お役立ちebook3点セット

プログラミングを独学で学ぶ方は、コーディング中にエラーでつまずく機会が多いかもしれません。

そのような場合は、プログラミング質問サイトを活用すれば迅速に解決できるでしょう。

そこで今回は、プログラミング初心者におすすめの質問サイトやその使い方について解説します。

プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由、質問の仕方、回答がもらえない時の解決策についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもプログラミングの学習方法やおすすめの言語などを知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてください。

この記事の目次

【無料】プログラミング初心者におすすめの質問サイト・サービス

本章では、プログラミング初心者や独学で学ぶ方に向けて、無料でエラーや疑問を解決できる質問サイトやサービスを5つ紹介します。

teratail(テラテイル)

teratail(テラテイル)

出典元:teratail

  • プログラミングに特化した質問サイトのため、技術的な質問をしやすい
  • 独自の評価システムにより、ユーザーのスキルが可視化される
  • SNSアカウントがあればすぐに利用できる

terateil(テラテイル)は、ITエンジニア特化型の質問サイトです。

適切な回答を迅速にもらえるため、迷ったらまずは本サービスに登録するのがよいでしょう。

Qiita

Qiita

出典元:Qiita

  • プログラミングに関する豆知識や備忘録などを共有できる
  • 学んだスキルや専門知識を投稿して情報発信ができる
  • 多くのITエンジニアからフィードバックを受けることで、洗練された情報を発信できる

Qiita(キータ)は、プログラミングの技術情報を共有できるサービスです。

エラーの解決方法を検索できるだけでなく、情報発信により多くのITエンジニアと知識を共有できます。

スタック・オーバーフロー(Stack Overflow)

スタック・オーバーフロー(Stack Overflow)

出典元:スタック・オーバーフロー

  • プログラミング特化型質問サイトとして世界的に有名
  • 日本語版はボリュームが少ないものの、英語版と合わせれば情報量が非常に豊富

スタック・オーバーフローは、世界的に有名な技術情報の質問サイトです。

2015年に日本語版がリリースされたことで、英語が読めない方でも使いやすくなりました。

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋

出典元:Yahoo!知恵袋

  • プログラミング関連だけでなく、さまざまな疑問を気軽に質問できる
  • カテゴリーを問わないため、質問内容を精査する時間を省ける

Yahoo!知恵袋は、さまざまなカテゴリーに関する知識や知恵を共有できるサービスです。

技術情報だけでなく、キャリア相談やビジネス全般に関する質問も気軽に行えます。

Peing -質問箱-

Peing -質問箱-

出典元:Peing -質問箱-

  • SNSと連携して匿名のユーザーから質問を募集できるサービス
  • 本サービスを利用するITエンジニアに対して匿名で質問できる

Peing -質問箱-は、おもにTwitterと連携して質問箱を設置し、フォロワーからの匿名の質問を募集し回答できるサービスです。

プログラミングに関する質問を受け付けている方もいるため、著名なITエンジニアに本サービスを通して質問できるかもしれません。

無料カウンセリング!本日も予約受付中

テックキャンプは、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクール。

プログラミングが難しくて挫折しそう」「効率的に学ぶ方法を知りたい」という方は、プログラミング学習の悩みを解決できる無料カウンセリングに参加してみませんか?満足度93%!

プログラミングを知り尽くしたプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。

無理な勧誘は一切行いませんので、お気軽にどうぞ。※2018年10月24日〜11月16日(N=106)

【有料】プログラミング初心者におすすめの質問サイト・サービス

続いて、有料版でおすすめの質問サイトやサービスを3つ紹介します。

MENTA

MENTA

出典元:MENTA

  • プログラミングに強いITエンジニアにダイレクトに質問や相談ができる
  • メンターの検索だけでなく、教えてほしい内容と希望料金を記入してメンターを募集できる
  • プログラミングスクールに通うよりもリーズナブル

MENTA(メンタ)は、スキルを持つ人と教えてもらいたい人をつなげるマッチングサービスです。

プロのITエンジニアに直接質問ができるため、独学で学ぶ方の強い味方になるでしょう。

coconala(ココナラ)

coconala(ココナラ)

出典元:coconala

  • プログラミングだけでなく、さまざまなスキルや経験を売買できる
  • 教えてもらうだけでなく、プロに外注して任せることも可能
  • 購入や販売はcoconalaが仲介するため、安全にやり取りできる

coconala(ココナラ)は、個人のスキルを売買できるとしてテレビCMでも話題のサービスです。

デザインやナレーションなどの、プログラミング以外のスキルも豊富に出品されています。

Tech Me

Tech Me

出典元:Tech Me

  • ビデオチャットで実際のコードを見ながらプロのアドバイスを受けられる
  • 30分単位で予約できるため、ピンポイントな質問にも対応できる

Tech Me(テックミー)は、Web会議ツールのZoomでプロのITエンジニアと対面で質問ができるサービスです。

一緒にコードを見ながら進められるため、効率的に学習を進められるでしょう。

プログラミング質問サイト・サービスの基本的な使い方

プログラミング質問サイト・サービスの基本的な使い方本章では、プログラミング質問サイトを利用する際の、基本的な使い方やマナーを解説します。

最低限のプログラミングのスキル・知識を学習する

1つ目は、質問サイトを利用する前に最低限のプログラミングのスキル・知識を学習しておくことです。

最低限の知識を身につけないと、質問内容が曖昧になり、回答側としては相手が何につまずいているのか把握できません。

したがって、質問するポイントが明確になるように、プログラミング言語に関する最低限の知識は習得しておくべきでしょう。

エラーが発生したらまずは自分で解決を試みる

2つ目は、エラーが発生したら質問する前にまずは自分で解決を試みることです。

なぜなら、初心者がつまずくエラーや疑問は大抵が質問サイトに掲載されている可能性が高いからです。

特に、ITエンジニアとして現場で働くならば、自身の成長のためにも自分で解決できる能力を積極的に養うべきでしょう。

質問への回答をもらったら必ず感謝を伝える

3つ目は、質問に対する適切な回答をもらったら必ず感謝を伝えることです。

これは、使い方というよりもむしろ社会的マナーといえます。

また、「いいね!」などのリアクションを返せる質問サイトであれば、コメントと合わせて利用することで、感謝の意がより伝わるでしょう。

プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由

プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由本章では、プログラミング学習で重要とされる「質問力」を身に付けるべき3つの理由を解説します。

質問への回答が得やすくなる

1つ目は、質問に対する回答が得やすくなることです。

分かりやすい質問であれば、質問サイトで確実に回答が得やすくなり、プログラミング学習を効率的に進められます。

そのため、質問を投稿する前に一度読み直して、相手に意図が伝わるかチェックしましょう。

プログラミング学習で挫折しづらくなる

2つ目は、プログラミング学習で挫折しづらくなるからです。

質問の仕方がわかっていれば、質問サイトやSNSなどで不明なエラーなどをすぐに解決できるでしょう。

ところが、うまく質問できないと、何時間も1人で悩むことになるでしょう。場合によっては解決できなくて諦めてしまうことも。

わからないことが増えていけば、プログラミングがつらくなって挫折につながります。

プログラミング学習の自走力が身に付く

3つ目は、プログラミング学習をやり切れる自走力が身に付くことです。

質問がうまくできると、エラーに対する解決方法の知識が蓄積され、似たケースにも対応できます。

すると、質問の精度も上がり学習の効率も上がるという好循環が生まれます。

したがって、エンジニアの成長のベースとなる自走力が身に付くのです。

プログラミングの質問サイト・サービスでの質問の仕方とコツ

プログラミングの質問サイト・サービスでの質問の仕方とコツ本章では、プログラミング質問サイト・サービスで質問する際のやり方やコツなどを8つ紹介します。

自分で調べたことや実施したことを書く

1つ目は、自分で調べたことや実施した内容を書くことです。

すでに試した解決方法を示すことで、やり取りの往復を防げます。

したがって、試したことは事前にテキストエディタなどに残しておきましょう。

不明点・問題点を具体的にわかりやすく書く

2つ目は、不明点や問題点を分かりやすく書くことです。

こちらも前述した通り、相手とのやり取りの往復を防ぐためです。

具体的に分かりやすく書くことで明確な回答をもらえますから、効率よく学習を進められるでしょう。

実現したいことを明確に書く

3つ目は、実現したいことを明確に書くことです。

つまり、ソースコードを実行した際にどのような結果が出るのが望ましいかを明確に書きましょう。

これにより、明確な回答につながるだけでなく、回答者による違った視点の気付きも得られるでしょう。

タイトルで内容がわかるようにする

4つ目は、タイトルで内容が分かるようにすることです。

長くて説明の長いタイトルですと、意図が分からずスルーされてしまうかもしれません。

したがって、タイトルは解決したいこと・実現したいことを1行で簡潔にまとめましょう。

プログラミング言語やツールのタグをつける

5つ目は、プログラミング言語やツールのタグをつけることです。

teratail(テラテイル)スタック・オーバーフローなどの質問サイトでは、質問を効率よく探せるようにタグ機能がついています。

具体的なプログラミング言語やお使いのプラットフォームなどをタグ付けすれば、より迅速に回答を得られるでしょう。

ソースコードを記載する

6つ目は、試したソースコードを記載することです。

これにより、ソースコードの間違いやどこでつまずいているのかを指摘しやすくなります。

ただし、個人情報が含まれる場合は別の文字列に変えるなどして、必ずマスキングしましょう。

プログラミング環境を記載する

7つ目は、質問内容に応じてプログラミング環境を記載することです。

具体的には、開発環境(開発ツール・OS・ブラウザーなど)やプログラミング言語のバージョンなどを記載します。

これにより、エラーの原因がソースコード以外にある場合にも対応できます。

回答を待つ時間を決めておく

8つ目は、回答を待つ時間を決めておくことです。

1つの目安として、6時間を期限にするとよいです。

それまでに明確な回答をもらえなかった場合は、質問内容の見直しや別の質問サイトに再投稿するなどして、柔軟に対処しましょう。

プログラミングに関するよい質問・悪い質問の例

プログラミングに関するよい質問・悪い質問の例本章では、プログラミングに関するよい質問と悪い質問の例を紹介します。

プログラミングに関するよい質問の例

  • タイトル:〇〇の戻り値がtrueなのにメールが送信されない
  • 実現したいこと:〇〇を使い、戻り値がtrueの場合にメールを送信したい
  • 問題点:本来、〇〇の戻り値をtrueにすればメールが送信できるはずなのに、実行すると「××」というエラーが発生する
  • 試したこと:5行目のコードが原因と考え、「△△」の引数を「▲▲」で再実行したものの結果は変わらず
  • ソースコード・エラー:該当のソースコードとエラーメッセージを記載
  • 結び:上記の手順以降、進め方が分からないため、詳しい方にアドバイスをいただきたいです

上記は、タイトルで解決したいことが一目で分かり、実現したいことや問題点もしっかりおさえています。

プログラミングに関する悪い質問の例

  • タイトル:メールが送信されない
  • 〇〇関数を使ってメールを送信すると、エラーメッセージが表示されて送信できません。どのように解決すればよいでしょうか。

上記は、質問内容が抽象的で、何からアドバイスすればよいのか分かりません。

そのため、無駄なやり取りが増え、エラーの解決に必要以上の時間がかかってしまいます。

プログラミングの質問をするときの基本的なテンプレート

プログラミングの質問をするときの基本的なテンプレート本章では、プログラミングの質問をする際に使える基本的なテンプレートを紹介します。

テンプレートの使い方

テンプレートがない質問サイトの場合は、下記のテンプレートのように「タイトル・実現したいこと・現状の問題点・試したこと・ソースコード」の5つを箇条書きでまとめるのがよいです。

代表的なプログラミングの質問サイトでは、決められたテンプレートが用意されている場合が多いです。

その場合は、各サイトのルールに従って記載しましょう。

質問の基本的なテンプレート

タイトル(解決したいことを1行で簡潔に記載)

実現したいこと

どのような結果を期待するのか記載

現状の問題点

起きている問題に関して具体的に記載

調べたこと・試したこと

自分で調べたことや試したことを記載

ソースコード

実際のソースコードを記載して、エラーメッセージもあれば添付

質問に対する回答がもらえないときには

質問に対する回答がもらえないときには本章では、回答がもらえないときにやるべき行動を3つ紹介します。

質問の仕方を見直して再度投稿する

1つ目は、質問の仕方を見直して再度投稿することです。

質問の意図が分かるかどうか見直し、タグ付けの漏れなどもチェックして投稿しましょう。

違う質問サイト・サービスを利用する

2つ目は、違う質問サイトやサービスを利用することです。

前もって複数の質問サイトに投稿すれば、迅速に複数の解決策が得られるでしょう。

メンターに質問し放題のプログラミングスクールを受講する

3つ目は、メンターに好きなだけ質問できるプログラミングスクールを受講することです。

プログラミングを教えるプロであるメンターにダイレクトに質問できる環境があれば、効率的に学習を進められるでしょう。

質問力はエンジニアの重要なスキルの1つ

プログラミング学習で質問力を身に付けるべき理由や質問の仕方などを解説しました。

質問力はエンジニアの重要なスキルの1つであり、実際のシステム開発現場でも求められます。

質問の仕方や事例を参考に、積極的に質問力を高めていきましょう。

↑目次へ戻る

プログラミング学習の悩みを解決する無料カウンセリング

こんな不安や疑問はありませんか?
・プログラミングは難しくて挫折しそう
・独学でちゃんとスキルが身につくのか不安
・効率的にプログラミングスキルを習得する方法を知りたい


カウンセリングでは、プログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※1、累計利用者数は40,000人以上!※2

無理な勧誘は一切致しませんので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※3
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106) 2.2016年9月1日から2020年12月31日の累計実績 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

無料カウンセリングの詳細はこちら

何でも相談できる無料カウンセリング【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※1

こんな不安や疑問はありませんか?
・自分のキャリアでエンジニア転職できるか
・自分はエンジニアに向いているのか
・どうしたら効率良くプログラミングを習得できるか


カウンセリングでは、IT転職・プログラミング学習に特化したプロのカウンセラーが、中立な立場であなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※2、累計利用者数は40,000人以上!※3

無理な勧誘は一切致しませんので、気軽にご参加ください。
※1.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%が給付金として支給されます 2.2018年10月24日〜11月16日(N=106) 3.2016年9月1日から2020年12月31日の累計実績

無料カウンセリングの詳細はこちら

この記事を書いた人

ダイスケ@
元ITエンジニアの会社員です。得意ジャンルは、ビジネス, スポーツ, エンタメ系。個人ブログでSEOライティングも行っています。運動不足で体ダルダルなので、2021年はマラソンに挑戦。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement