テクノロジー
統合開発環境(IDE)とは?プログラミング言語別におすすめ環境を紹介

プログラミングの際、ソースコードを書くところからデバッグ、そしてコンパイラまでを一つのソフトウェアで開発したいという要望があるでしょう。

そんな時、エンジニア(プログラマー)は統合開発環境(IDE)を使うことが多いです。

統合開発環境(IDE)とはどのようなものなのでしょうか。どんな種類があって、それぞれ、どういう言語での開発に向いているのでしょうか。

統合開発環境(IDE)の機能から、プログラミング言語別おすすめ統合開発環境までを一挙紹介します。

統合開発環境(IDE)とは

元来はシステム開発は、テキストエディタでソースコードを書き、コマンドライン上でコンパイルコマンドを叩く…という、やや不便な環境で開発を行っていました。

デバッグするならデバッガ。コンパイルするなら、コンパイラとバラバラのソフトが必要。開発に必要なツールを全てバラバラに揃え、バラバラに使わないといけなかったのです。

しかし、現在は違います。サーバーサイドのコーディングだけでなく、GUIの開発など、ITエンジニアに求められる仕事は増大。プロジェクト管理の難易度も上がり、ITサービス開発の負担は格段に大きくなっています。

ですので、その負担を軽減しようという開発環境が出てきているのです。

その中の1つがテキストエディタ、コンパイラ、デバッガを1つにまとめた「IDE」です。

IDEを日本語に訳すると、統合開発環境となります。

Webシステムやサービス、スマートフォンアプリなど、現在の統合開発環境は、様々なITシステムやプログラミング言語に対応しています。

統合開発環境(IDE)にはエディタ、コンパイラ、デバッガなどが含まれる

ソフトウェアを開発する場合、一般的には、作業の各段階に応じた複数のソフトウェアを使い分ける必要があります。

プログラムのソースコードを書くためのエディタ。ソースコードからオブジェクトコードを生成するためのコンパイラ。さらにターゲットとなるCPU向けの実行コードを生成するリンカ。そして作成したプログラムのバグを検出するために使用するデバッガなどです。

統合開発環境の登場以前は、ファイル構成が複雑になればなるほど、ファイルの管理自体も複雑化。いざという時に必要なファイルが見つからなかったり、ソースコードのバージョン管理ができないなど様々な問題が発生しがちでした。

統合開発環境(IDE)とは、ソフトウェアの開発で利用されるこれらのソフトウェアを、その他の支援ツールなどとまとめてしまい、一つの開発環境で統合・統一的に扱えるようにした開発環境です。

一般的にはソースファイルの構成管理やビルド、デバッグが可能

統合開発環境には、様々な種類が存在します。どの統合開発環境を選ぶかによって、厳密にはできることは違います。

ただ一般的には、ソースファイルの構成管理やビルドの自動実行、デバッグなどが可能とされていることが多いです。またソースコードのローカル環境での管理だけでなく、Gitなどと連携することにより、チームメンバー間での共有なども行えるようになってきています。

特に大型の案件になればなるほど、ソースコードなどのリソース管理が大変になってきます。

従って、現在のIT企業の開発では、統合開発環境(IDE)を利用、導入するのが一般的になっています。

ソースコードのバージョン管理やファイルの構成管理などは、統合開発環境の登場以前と以後で、大きく効率が変わった1つの例と言えるでしょう。

統合開発環境(IDE)とフレームワークの違い

統合開発環境(IDE)は、アプリケーション開発に必要なソフトウェアをまとめて1つにして提供するパッケージです。

このように書くと、統合開発環境(IDE)は「フレームワーク」と何が違うのだろう・・・と疑問に思う方もいるでしょう。

統合開発環境(IDE)とフレームワークの違いを見ていきます。

フレームワークとは

フレームワークとは、アプリケーション開発における「雛形」の役割を担います。フレームワークは開発の際に必要とされる機能を、まとめて提供します。

アプリケーションの全体の処理の流れを、分かりやすくクリアーに管理することができるのがフレームワークのメリットです。

例えば、Webアプリケーション開発向けフレームワークの代表例である「Ruby on Rails」では「MVCフレームワーク」を導入。

全体の処理を「Model」「View」「Controller」の3つに分けて管理します。

IDEとフレームワークの違い

統合開発環境(IDE)は、エディタやコンパイラをまとめて提供する「開発環境」そのものです。日本語の「統合開発環境」という言葉の意味通りの機能を、IDEは提供します。

一方、フレームワークはアプリケーション開発の工程を楽にするものです。

おすすめの統合開発環境 4選

統合開発環境は数多くリリースされています。

その中でも現在の開発で良く使われるものを4つ紹介します。

それぞれの統合開発環境は、ターゲットとしているOSや動作環境が異なっています。どういうソフトウェアやアプリケーションを開発したいかによって、最も適したものが変わります。

Eclipse

出典:ECLIPS FOUNDATION

最初に紹介するのは「Eclipse」です。

もともとはJavaを扱う統合開発環境として、IBMが商用製品として開発していました。後にオープンソースプロジェクトに寄贈され、現在では様々なプログラミング言語に対応しています。C言語、C++、PHP、Rubyといった、Java以外のプログラミング言語の開発環境としても利用されています。

プラグインの追加で機能拡張可能

EclipseはPlugin(プラグイン)と呼ばれる拡張モジュールを追加することによって、さまざまな機能を追加できるようになっています。これが多くの開発者に指示されている理由と言って良いでしょう。

ソースコードを即実行

Eclipseではエディタで書いたソースコードを、即実行することができます。

特にJavaで利用する場合、ローカルにJavaをインストールしておけば、すぐに結果を試すことができます。コンパイルの手間が大幅に削減されるのが利点です。

また、デバッガやコンソールを利用すれば、どういうバグがあり、どういうログを出力したのかなどが一目でわかるようになっています。

このように、各ソフトウェア機能を搭載したサブウィンドウがそれぞれの役割を持っており、連携しながらプログラムを開発できるのです。

Xcode

iOS用のアプリを開発するのであれば、Xcodeが便利です。

Xcodeは、Appleが無料で提供している開発ツール。iOSはもちろんOS XやwatchOSなど、Apple製品に対するソフトウェアやアプリを開発できる統合開発環境です。

Mac App Storeからダウンロードできますので、Apple IDさえ取得すれば誰でもすぐにプログラミングを始めることができます。

出典:Xcode

ソースコード、画像ファイルなどを一元管理

Eclipseと同様、プロジェクトで利用するソースコードや、画像ファイル、音声ファイル、アイコンなどを一元管理できるようになっています。

Interface Builderで画面を設計したあと、Objective-C言語またはSwift言語のどちらかでプログラムをします。

プログラムした後、コンパイルやデバックまでできるようになっています。iOS用のアプリを作成するには、大変重宝する統合開発環境です。ただし、Macでしか動作しない点には要注意です。

Android Studio

出典:androidstudio

Android用のアプリを開発するのであれば、やはり「Android Studio」がおすすめです。Android Studioは、GoogleがAndroidアプリ開発用に公開している統合開発環境(IDE)です。

ソースコードの作成からビルドまでを一括で可能

Androidアプリのソースコードの作成から、ソースコードをアプリとしてインストールできる形式に変換するビルド作業までを一括して行う事ができます。

Win、Mac、Linuxに対応

Android StudioはWindows版とMac版、Linux版が用意されていますので、好きなOS上で開発を行うことが可能な点も、利点です。

IDE上で仮想デバイスを作成。様々なバージョンのAndroidで動作確認

またAndroidは流通しているOSのバージョンが多岐に渡るという難点があります。また、端末の開発メーカーも多岐にわたります。

Andoird Studioでは、IDE上で仮想デバイスを作成。様々な端末条件でのデバッグが行えることも利点です。ただし、やはり最後には実機での動作確認をする方が望ましいです。

Visual Studio

最後に紹介するのはWindowsの開発環境として長年使われている「Visual Studio」です。

Microsoft(マイクロソフト)がWindows向けアプリケーション開発用の統合開発環境としてリリースしたものです。.NET Frameworkをベースとして、Visual Basic、C++、C#などのプログラミング言語によって開発が可能です。

ボタンなどの部品の見た目を統合するために、初期の段階からリソースを用意していたこともVisual Studioの特徴。開発者にとって、使い勝手の良い統合開発環境です。

また、最近ではMicrosoft(マイクロソフト)がクロスプラットフォーム開発のできるXamarinを買収したこともあり、AndroidやiOS用のアプリであっても開発を出来る様になっています。

出典:Visual Syudio

Tatsuya T. Yamada Tatsuya T. Yamada
天文学・宇宙物理学の研究を行い、一般向けの講演会や解説書も書いていた。現在は、1991年から行っている「パソコンを使った教育」を本業とし、eラーニングソフト・コンテンツを開発している。教育ビッグデータ、教育へのAI活用の専門家。日本天文学会、教育システム情報学会、宇宙作家クラブ会員。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

  • カテゴリー