まずは無料キャリア相談へ!
事例あり✅30代未経験からIT転職

Swiftプログラミング言語入門!サンプルコードやおすすめ本も紹介

更新: 2024.02.16

Swiftを使ったiOSアプリ開発に興味がある
プログラミング初心者向けにSwiftを分かりやすく教えてほしい

SwiftはAppleが開発したプログラミング言語で、iOSアプリやMacアプリ開発において最もポピュラーな言語。加えて、初心者も比較的学びやすいとして人気です。

そこで本記事では、プログラミング初心者向けにSwiftプログラミング入門と題して、Swiftの特徴やサンプルコード、おすすめ入門本などを紹介します。

Swift(スウィフト)とは

Swift

出典元:Apple

SwiftとはAppleが開発したプログラミング言語で、Apple製品で動作するiOSアプリやmacOSアプリなどを開発可能です。本章では、Swiftの概要について解説します。

  • Apple製のアプリ開発のために生まれた言語
  • Objective-Cとの違い
  • Swift Playgroundsとは?

Apple製のアプリ開発のために生まれた言語

Swiftは、iOSなどで使えるアプリケーションを開発するためにAppleが開発した言語。今まで使われてきたObjective-Cに代わる新たな言語として設計されました。

スクリプト言語に近い感覚で設計ができ、簡単にアプリケーションを開発できます

Apple社が開発したこともあり、基本的にはmacOSでの開発を想定。

しかしSwiftがWindows 10のサポートを開始したこともあり、WindowsでもSwiftプログラミングを行える環境が作りやすくなりました。

Objective-Cとの違い

SwiftはObjective-Cに代わるモダンな言語として作られました。

具体的には簡単で直感的にコードが書けるObjective-Cよりも高速である、などObjective-Cを意識して作られている分、それよりも優れた言語になっています。

そのため、徐々にSwiftへ移行をしている方が増えています。

Swift Playgroundsとは?

Swiftを楽しく効率的に学ぶなら、AppleがSwift学習者のために提供している「Swift Playgrounds」を活用するのがおすすめ。

Swift Playgroundsとは、Swift専用のプログラミング教育サービスで、ゲームをプレイする感覚でSwiftプログラミングを学べます

ビジュアルプログラミングのようにグラフィカルにコードを組み立てたり、一通りSwiftの基本が身に付いた人向けには、実際にコードを用いた高度なチャレンジ要素も。

問題解決やクイズ、アニメーションなどの要素を取り入れているので、Swiftプログラミング学習をより対話的で楽しいものにしてくれるのです。

Swift Playgroundsの利用は無料で、MacとiPadで利用できるので、ぜひお試しください。

▶️Swift Playgrounds – Apple(日本)

Swiftの特徴

Swiftの特徴

Swiftには以下のような特徴があります。

  • コーディングが比較的簡単
  • 動作が軽量

コーディングが比較的簡単

Objective-Cは他のプログラミング言語などと比べても慣れていないと難しく、習得するまでに時間がかかりました。

しかし、SwiftはRubyやPythonといったスクリプト言語の要素を採り入れており、容易にコードが書けるようになっています。

セミコロンや型の指定が不要であるなど、初心者が間違えやすいようなところを自動的に行ってくれます。

動作が軽量

SwiftはLLVMという高速なコンパイラを使用しているため、プログラムを実行した際に非常にスムーズに動作をしてくれます。

具体的な数字として、Apple公式サイトではObjective-Cよりも最大で2.6倍、Python2.7よりも最大で8.4倍高速に動作すると発表しました。

Swiftプログラミングでできること

Swiftプログラミングできることをまとめると、以下の通りです。

  • Apple製品向けアプリ開発:iOS・iPadOS・macOS・watchOS(Apple Watch)・tvOS(Apple TV)向けのアプリ開発が可能
  • サーバーサイド開発:VaporなどのWebフレームワークを使用し、WebアプリやAPIを構築可能
  • 機械学習やデータ分析:Core MLを使ってiOSやmacOSのアプリ上で機械学習モデルを利用可能
  • ゲーム開発:SpriteKitやSceneKitなどを使って2D/3Dゲーム開発が可能

Swiftの開発環境実装までのチュートリアル

プログラミングを始めるためにはその言語でプログラムを作れる開発環境を実装する必要があります。MacOSとWidowsでは利用するものが違いますので別々に説明していきたいと思います。

MacOSでの導入

Xcode

出典元:Apple

MacOSでの導入はXcodeと呼ばれる開発環境をMacAppStoreからダウンロードします。

Xcodeを起動して、「Get started with a playground」を選択。名称とファイルの保存先を決定したら導入は完了です。コードを書いてプログラムを作ることができます。

Windowsでの導入

もともとSwiftはAppleが作った言語ということもあり、Windowsには非対応でした。

しかし2020年にWindows 10をサポートするツールチェーンをリリースしたことで、WindowsでのSwift開発環境が作りやすくなりました。

用意するものは、統合開発環境のVisual StudioSwiftのツールチェーンです。

具体的な導入方法は、Qiitaの『【SwiftがWindows10に正式対応】WindowsでiOSアプリ開発を始めたかった』などを参考にしてみてください。

これ以外にも、Windows上でUbuntuを動かしてSwiftを扱うという方法もあります。しかし少し手順が複雑なので、初心者にはハードルが高いかもしれません。

Swiftの基本文法のサンプルコード

Swiftの基本文法のサンプルコード

Swiftでコードが書けるようになったら早速プログラムを書いてみましょう。簡単なプログラムのサンプルコードを書いておくので、コピーアンドペーストをして実行してみてください。

  • 文字の出力
  • 簡単な演算
  • 条件分岐
  • 処理の繰り返し

文字の出力

まずは、プログラミングでは定番の「Hello world!」という文字列を出力するプログラムを書いていきましょう。次のコードを打ち込んでみてください。

print(“Hello world!”)

こちらを実行するとHello world!という文字が出力されます。

簡単な演算

次に簡単な計算をしてみましょう。次のコードを打ち込んでみてください。

var x = 20
var y = 10

print(x+y)
print(x-y)
print(x*y)
print(x/y)

これを実行すると

30

10

200

2

と表示。割り算の記号は「÷」ではなく「/」であることに気を付けてください。

条件分岐

次は条件によって結果が変わるプログラムを書いてみましょう。

var x = 2

if x%2==0{
print(“偶数”)
}
else{
print(“奇数”)
}

こちらは偶数と出力されます。

「if 条件{処理}」で、条件が成り立った時に{}内の処理を実行。

「else{処理}」で、ifの条件が成り立たなかった時に{}内の処理を実行。

また、「x%2」はxを2で割った余りを求めます。「==」は左辺と右辺が等しいという条件ですので、今回は「xを2で割ったあまりが0ならば」という条件です。

他にも、等しくないことを示す「!=」や、大きさの比較をする「< >」などがあります。

処理の繰り返し

最後に、同じ処理を繰り返し実行するプログラムを書いてみましょう。

for i in 1…5{
print(i)
}

これは1から5までカウントアップするプログラムです。

「for 定数 in 値の範囲{処理}」で、値の範囲の分だけ処理を繰り返し。サンプルコードでは、値の範囲を「1…5」として5回繰り返します。

最初のループではiに1が、次のループではiに2が代入されていき、iに5が代入されるまでカウント処理が続いていきます。

プログラムを書く上で、一つ前の分岐とこの繰り返しは非常に大事な処理になってくるのでぜひ覚えておいてください。

Swiftの勉強にオススメの入門書3選

本章では、より深くSwiftを学ぶのにおすすめの入門書を3つ紹介します。

  • Swift実践入門
  • iPhoneアプリ開発集中講座
  • 詳解 Swift

Swift実践入門

[増補改訂第3版]Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

本書は、Swiftの基本文法をXcodeで手を動かしながら学べる入門本。

Swift初学者はもちろん、実践的なSwiftアプリケーション開発に必要な技術なども詰め込んでおり、現場で使えるテクニックも含んだおすすめ本です。

iPhoneアプリ開発集中講座

SwiftUI対応 たった2日でマスターできる iPhoneアプリ開発集中講座 Xcode15/iOS17/Swift5.9 対応

手っ取り早くSwiftを学びたいという方には本書がよいでしょう。

XcodeでiPhoneアプリを作りながらSwiftの基礎を一通り学べます。タイトルに書いてある通り、2日で達成できる内容でまとめられているので、集中的に学びたい方におすすめ。

詳解 Swift

詳解 Swift 第5版

もっとSwiftという言語について学んでいきたいという方には本書がオススメです。

内容やサンプルコードが豊富なので、辞書的な使い方としても人気。解説も丁寧で、一つ一つ理解しながら読み進めていけるでしょう。

3冊の中で最も実用性の高い本なので、プログラミングをしながら分からない部分を本書を補うという使い方もできると思います。

Swiftプログラミングでアプリ開発を始めよう

プログラミング初心者向けにSwiftプログラミング入門と題して、Swiftの特徴やサンプルコード、おすすめ入門本などを紹介しました。

Appleデバイスは世界中で人気であり、Apple製のアプリの注目度は増すばかり。将来性という観点でもSwiftを勉強しておいて損はないでしょう。

ちなみに、本格的にアプリ開発を始める前に、プログラミング学習サービスで知識をつけたいという方もいると思います。

学習サービスのおすすめは「【2021年版】おすすめのプログラミング学習サイト20選!各サイトを徹底比較」で紹介しているので、合わせて参考にしてください。

↑目次へ戻る

未経験からの転職の悩みを解決!無料カウンセリング開催中【転職成功人数4400名以上!※1

こんな不安や疑問はありませんか?
・未経験から転職して、本当に年収が上がるのか
・ITエンジニア転職後の働き方や稼ぎ方が想像できない
・スキルゼロからITエンジニアとしてフリーランスになれるのか

カウンセリングでは、ITエンジニア転職やプログラミング学習を知り尽くしたプロのカウンセラーが、あなたの悩み解決をサポートします。満足度93%※1、累計利用者数は42,000人以上!※2

無料で相談できますので、気軽にご参加ください。【テックキャンプは給付金活用で受講料最大70%オフ※4
※1.2018年10月24日〜11月16日(N=106)  2.2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

無料キャリア相談はこちら

この記事を書いた人

テックキャンプ ブログ編集部
テックキャンプ ブログは株式会社divのオウンドメディア。テクノロジーを通じて人生をより良くしたい人のためのWebメディアです。 教養としてテクノロジーを学ぶ人や、プログラミング未経験からのエンジニア転職を志す人に貢献することをミッションとしています。学ぶことの喜び、挑戦することの楽しさを伝えていきます。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement