転職実績No.1🔰エンジニアスクール
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

【初心者向け】おすすめのプログラミングスクールと選び方のポイント

更新: 2024.07.09

プログラミングスクールに通ってプログラミングを身につけたいと考える方は多いと思います。

そこで今回は、IT初心者向けにプログラミングスクールの選び方や比較する際のポイントを解説します。

この記事の目次

プログラミングスクールを選ぶ前の4つの準備

プログラミングスクールで実現したいことをまず明確にする

プログラミングスクールを選ぶ前に、まずはプログラミングを通して実現したいことを明確にしなければなりません。

そこで本章では、プログラミングスクールに通う前におさえるべきポイントを4つ解説します。

プログラミングでできることを理解する

1つ目は、プログラミングで何ができるのか、何を作れるのかを理解することです。

そもそも、プログラミングでできることを理解しないと、目標が設定できずモチベーションも維持できません。

関連記事にて、プログラミングでできることをまとめていますので、参考にしつつおさえておきましょう。

プログラミング学習の目的・目標を決める

2つ目は、プログラミング学習の目的と目標を決めることです。

目的とは「最終的な到達場所」であり、長期的にみて達成すべきものです。

一方で、目標は目的を達成するために短い期間で立てる指標と言い換えられます。

具体的な目的や目標を今すぐに立てられない場合は、抽象度が高くても問題はありません。

「転職を目的とする場合は、キャリアカウンセラーなどに相談して具体化する」「教養として身に付けたい場合は、学習を進めながら目的・目標の設定調整を行う」といった方法で、自分の目的と目標を具体的にしていきましょう。

なぜプログラミングを学習したいのか、自分自身で理解することが大切です。

目的・目標の実現に必要なスキルを考える

3つ目は、プログラミング学習の目的と目標の実現に必要なスキルは何かを考えることです。

抽象度の高い目的や目標に対しては、具体的に必要なスキルや要素を考える必要があります。

学習するプログラミング言語や分野を決める

4つ目は、プログラミングスクールで学ぶ言語や分野をあらかじめ決めることです。

前述した必要なスキルから、具体的に学習するプログラミング言語を決めましょう。

「AI関連」「IoT関連」などの分野によっては、プログラミングスクールが限定される場合もありますから、リサーチをしながら方向性を定めるもありです。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」
そんな方へ、読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料でプレゼント中!

プログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールの選び方

本章では、プログラミングスクールの選び方のポイントを6つ紹介します。

オンラインかオフラインかを選ぶ

1つ目は、通学スタイルがオンラインなのかオフラインなのか確認することです。

講師と対面でマンツーマン指導を受けたい場合は、教室のあるオフラインのスクールがおすすめです。

しかし、現在はコロナ禍を受けて、オンライン受講に限定したスクールが多いため、通学スタイルは必ず確認しておきましょう。

目的・目標に合った学習内容か調べる

2つ目は、設定した目標と目的に沿った学習ができるか調べることです。

例えば、AIプログラミングを学習したいのに、Web系の言語しかないスクールを選んでしまうと、高額なスクール代を無駄にしてしまいます。

そのため、目的・目標と学習内容のミスマッチが起きないように、HPなどを参考に下調べしましょう。

転職サポートの有無を確認する

3つ目は、ITエンジニアへの転職を目指す場合は転職サポートがあるか調べることです。

転職を目的とする場合は、1人で転職活動を進めるよりもスクールのサポートを受けた方が確実です。

転職保証制度により、受講料を返金するスクールもありますから、HPを確認してみましょう。

講師やカリキュラムのクオリティを確認する

4つ目は、プログラミングスクールの担当講師やカリキュラムのクオリティを確認することです。

スクールの紹介文だけでは、クオリティを評価するのは難しいでしょう。

そのため、受講者の体験談をまとめたブログやスクールの紹介サイトなどを活用してみましょう。

予算内に収まるか費用を検討する

5つ目は、自分の予算内に収まる費用で受講できるのか検討することです。

これは、自分が習得したいスキルが受講料に見合うものなのかを判断する上でも重要なポイントです。

プログラミングスクールは効率よく学習できる反面、受講料が高額になることもありますから、生活に支障をきたさないようによく相談しましょう。

挫折しない仕組みが整っているかを確認する

6つ目は、挫折しない仕組みが整っているか確認することです。これまでプログラミングに触れたことがない人からすると、プログラミングの勉強は非常に専門性が高く、難しいと感じてしまいます。

わからないことが多く、つまずき、挫折してしまう方も少なくありません。

こういった状態になるのを避けるための取り組みがされているか確認しましょう。

例えば、わからないことがあったらすぐに講師やメンターに確認できる、一人ひとりに合った学習計画で学べる、モチベーションを高めるため仲間と交流できる場があるなどの取り組みです。

どういったサポートが用意されていれば挫折せずに続けられそうか検討してみましょう。

プログラミングスクールの費用相場

プログラミングスクールで講座を受講するにあたり、どの程度の費用がかかるのか確認しておきましょう。
コースの選択によって費用は大きく変わります。

まず、プログラミングに関する基礎知識を身につけることを目的としたコースの場合は費用を安く抑えることが可能で、相場としては25万円前後です。月々の会費が3万円前後、入学金は3~20万円前後となっています。

一方で、就職や転職を目指すためのコースは、費用が高くなる傾向にあります。コースを受講するのにかかる費用の相場は、50~90万円程度になります。

90万円は一括で支払うには高額ですが、 分割払いできるスクールがほとんどなので、月々の出費を転職をサポートしていないコースと同程度まで抑えることも可能です。

また、通学とオンラインでは、オンラインの方が、グループレッスンと個人レッスンではグループレッスンの方が費用を抑えられるので、費用と自分との相性を確認しながら選択してみましょう。
スクールによっては好きな期間だけ学べる月額制を採用しているところもあります。

相場よりも費用が安いところを選択すると、十分なサポートが用意されていなかったり、就職サポートが受けられなかったりするので、注意が必要です。

プログラミングスクールにお得に通う方法

プログラミングスクールに興味があるけれど、費用面が気になってなかなか決断できない方もいるでしょう。そこで、プログラミングスクールにお得に通う方法をご紹介します。

教育訓練給付制度を利用する

スクールにかかる費用を大幅に抑えられるのが、教育訓練給付制度の利用です。これは国の制度であり、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講・修了した際に、受講費用の一部が支給される制度のことをいいます。

この制度には3つの種類があります。

【教育訓練給付制度の種類】

  • 専門実践教育訓練:最大で受講費用の70%を支給(年間上限56万円)
  • 特定一般教育訓練:受講費用の40%を支給(上限20万円)
  • 一般教育訓練:受講費用の20%を支給(上限10万円)

どれに該当するかは選択するスクールやコースによって異なるので、利用を検討している方はよく確認しておきましょう。中にはいずれも対象とならないものもあります。

また、利用できる対象者は以下に該当する方です。

【対象者の条件】

  • 利用する給付金で定められている雇用保険の加入期間を満たしている人か離職から1年以内の人
  • 政府認定の教育訓練を受講・修了している人

雇用保険の給付制度にあたることから、雇用保険の対象にならない個人事業主や学生は利用できません。また、給付金が支払われるのは講座を修了してからである点にも注意が必要です。

利用する場合は事前にハローワークへの申し込みが必要になります。

キャンペーンを活用する

プログラミングスクールの中には、入学金やその他費用がお得になる独自キャンペーンを実施しているところもあります。体験会への参加が条件だったり、開催されている期間が短かったりするものもあるので、気になるスクールがある場合は定期的にチェックしておくと良いでしょう。

体験会への参加は、そのスクールで習得できるスキルや得意としているサポートなどを知ることにもつながるので、積極的に参加してみることをおすすめします。

プログラミングスクールを比較する方法

プログラミングスクールを比較する方法

プログラミングスクールの選び方をおさえた後は、複数のスクールの比較検討です。

そこで本章では、プログラミングスクールの比較の方法を3つ紹介します。

無料カウンセリングを利用する

1つ目は、無料カウンセリングを利用してまずは話を聞いてみることです。

話を聞くことで、HPには載っていない細かい事項を確認したり、目的と目標を設定する上でも役立ちます。

オンラインで実施するスクールも多いので、遠方にお住まいの方でも問題はありません。

無料体験授業・レッスンを受ける

2つ目は、無料の体験授業やレッスンを受講して雰囲気を確かめることです。

スクールによっては、1週間学習システム無料体験や教室案内を兼ねて実施しているところがあります。

無料体験は、スクール選びの重要な判断材料ですから、ぜひ活用しましょう。

質問をして講師の質を確認する

3つ目は、講師との相性を確かめることです。講師によっては「学習がやりにくい」「質問がしづらい」なと感じるかもしれません。

そのような事態に陥らないために、無料体験では講師に積極的に質問や会話をして、講師との相性や教え方のクオリティを確認しましょう。

オフラインなら学習環境もチェック

オフラインで受講する場合は、教室の学習環境をチェックするのも重要です。

講師との距離が近くて質問しやすい環境か、他の受講者と切磋琢磨できる環境かなど、重要視するポイントには個人差があるはずです。

そのため、訪問する前に自分なりに重要視するポイントを考えておきましょう。

口コミ・体験談で他の人の意見を参考にする

4つ目は、口コミや体験談などで受講者の声を参考にしてみることです。

SNS・ブログ・メディアだけでなく、最近はYouTubeで動画を投稿している方も多いです。

幅広くアンテナを張りながら、第三者の意見も取り入れてみましょう。

 

おすすめできないプログラミングスクールの特徴

プログラミングスクールであっても、どこでも優秀なカリキュラムが用意されているわけではなく、プログラミングについて深く学べるとは限りません。
中には質の悪いおすすめできないスクールもあります。例えば、以下に該当するスクールは避けておきましょう。

【避けた方が良いスクールの特徴】

  • 十分なサポートが用意されていない
  • 挫折を防ぐ取り組みがされていない
  • 就職保証や就職サポートがない
  • 費用に見合ったカリキュラムが提供されていない
  • 講師の質が悪い

学び始めてみなければ見えてこない悪い部分もあります。

見極めるためには、実際に通っている人の口コミ情報をチェックしてみるのも良いでしょう。利用者から評価されているプログラミングスクールは質が高いと判断できます。

プログラミングスクールに通うメリット・デメリット

プログラミングスクールに通い始める前に、どのようなメリット・デメリットがあるのか確認しておくことをおすすめします。それぞれおさえておきたいポイントは以下の通りです。

メリット

独学と比較すると効率的に学べるので、短期間で知識を身につけることができます。わからないことがあった際、質問できるのも大きなメリットです。

また、就職サポートが用意されているものを選択すれば未経験からの転職や就職も目指せます。

どのスクールでも講師を務めるのは実務経験が長かったりスキルがあったりする人なので、実際の現場で必要になる知識なども含めて学べるでしょう。

スクールの中には一緒に学ぶ仲間と交流できる場を用意しており、モチベーションを維持する取り組みに力を入れているところもあります。

デメリット

デメリットとして注意しておきたいのが、費用の問題です。プログラミングスクールは基本的に高額な費用がかかります。
ただ、紹介したように教育訓練給付制度を利用できる場合もあるので、うまく活用してみてはいかがでしょうか。

また、プログラミングスクールに通い始めたものの、自分が望んでいる内容と学べる内容が違っていたと感じるケースがあります。具体的にどういった学習ができるのかは事前に良く確認しておかなければなりません。

他にも、通学が必要なコースだと学校に通わなければならないこと、勉強する時間が固定されることなどのデメリットもあります。自分の場合はどういったデメリットがあるのか考えておきましょう。

習得すべきプログラミング言語の選び方

学べるプログラミング言語は、選択するプログラミングスクールによって大きく異なります。
どの言語を選べば良いのか悩んでしまう方もいるでしょう。基本は自分が興味のあるもの、プログラミングで作りたいものに対応している言語を選ぶことになります。

例えば、業務システム開発に興味のある方は「C言語」や「C++」、Webアプリ開発に興味のある方は「Java」が代表的です。他にも、人工知能分野で利用されることが多い「Python」や「R言語」は将来性も高いといえるでしょう。

プログラミング初心者の場合は広く使われている「JavaScript」や「Java」、近年注目が集まっている「Python」をチェックしてみてください。

まずは自分がどのような分野に興味があるのか、その分野ではどういったプログラミング言語の知識が必要になるのか確認してみることをおすすめします。

初心者におすすめのプログラミングスクール・勉強会9選

プログラミングスクールの中には初心者向けではないものもあります。ここでは、全く知識のない状態から学びたいと考えている方のため、おすすめのプログラミングスクールや勉強会を紹介します。

テックキャンプ

未経験者に特化した学習環境を用意しているスクールです。プログラミングだけではなく、パソコン操作に自信がない方もしっかりサポートしています。

即戦力化を目指す教育プログラムと、オリジナルアプリの開発などを通して学べるスクールです。

eLV

IT系のコミュニティです。「組織の枠を超えITエンジニアの価値向上に寄与する」を目的として掲げています。
リアルで交流できるイベントも開催しているので、エンジニア仲間を見つけたいと考えている方にも向いているでしょう。初心者歓迎のコミュニティも用意されています。

BPStudy

月に1回のペースで開催されているWeb系の勉強会です。これまでに開催されたテーマはホームページ上からチェックできるので、どういったものがあるか確認してみると良いでしょう。

プログラミング言語に関することだけではなく、開発手法やOSといったものに関しても学べます。

TechLION

IT文化の振興やUNIX/Linux文化の楽しさを広く伝えること、エンジニア同士の連帯を図るといった目的で開催されるトークイベントです。

多くのエンジニアが興味を持ちそうな話題について触れています。エンジニアとして活躍している方のトークが聞ける貴重な機会にもなるでしょう。

PORTもくもく会

無料で参加可能な勉強会です。月に1回のペースで開催されており、ランチタイムを設けながら長時間開催されています。

参加者で集まり、好きな分野の開発や制作などを行うことで学びを深められます。

Ruby会議

Rubyエンジニアを目指している人におすすめのカンファレンスです。日本人であるまつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語の「Ruby」について、最新情報などを学べます。

DMM WEBCAMP

初心者でも効率よくプログラミングスキル習得ができることで知られるスクールです。専属の講師がつく形となり、それぞれの目的に合わせてマンツーマン指導を受けられます。
キャリアサポート満足度や転職成功率も高いのが特徴です。

COACHTECH

実際の案件を開発しながら学べるスクールです。特に未経験者からの就職・転職は初実績の獲得が難しいことが課題となりますが、この課題を解決できます。

Webアプリ開発をしながら実際の現場で必要になる知識が身に付きます。

RUNTEQ

実践型のエンジニア育成スクールです。本当に現場で求められるエンジニアになるため、事業を推進するために必要な知識を学べます。
アプリを作成しながら必要な技術に関して理解していけるのが特徴です。

自分に合ったプログラミングスクールを選ぼう

いかがだったでしょうか。おすすめのプログラミングスクールとスクール選びのポイントを紹介しました。

どのようなことに注目して検討すると良いかご理解いただけたかと思います。学べることや費用、サポートはスクールによって大きく異なるので、自分に向いているのはどれかを重視しながら検討すると良いでしょう。

当サイトでは、他にもプログラミングスクールに関する情報を幅広く紹介しているので、ぜひご覧ください。

おすすめのプログラミングスクールをまとめた記事はこちらです。

教室に通いづらい場合は、オンライン完結型のスクールもよいでしょう。オンラインで学べるおすすめプログラミングスクールは以下の記事を参考にしてみてください。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

ダイスケ@
元ITエンジニアの会社員です。得意ジャンルは、ビジネス, スポーツ, エンタメ系。個人ブログでSEOライティングも行っています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement