転職実績No.1🔰エンジニアスクール
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

「プログラミングスクールは必要ない」は本当?メリット・デメリットや選び方を解説

更新: 2024.04.09

プログラミングスクールで学ぶメリットは?
独学でも身に付くなら、プログラミングスクールは必要ないんじゃないの?

あなたはこのような疑問を感じていませんか?実際にプログラミングスクールに通った方の中には、「意味がない」「通う必要はない」と口にする方もいらっしゃいます。

実際のところ、プログラミング未経験者はプログラミングスクールに通うべきなのか否か、判断に迷うことも多いでしょう。

そこでこの記事では、「プログラミングスクールは必要ない」は本当なのかどうか考察します。またプログラミングスクールを受講するメリット・デメリットについても解説。

本記事を通して、未経験からITエンジニアを目指す方にとってプログラミングスクールは「価値がある」「意味がある」ことが理解できるでしょう。

「プログラミングスクールは必要ない」は本当?間違い?

「プログラミングスクールに通う必要はない」「独学で十分身に付く」という意見を口にする方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

はじめてプログラミングを学ぶ多くの人にとって、プログラミングスクールの受講は少なからずメリットがあります。以下でプログラミングスクールに通う必要性について見ていきましょう。

  • 最短で確実にITエンジニア転職を実現するならプログラミングスクール
  • まずは独学で挑戦するとベストな選択肢が理解できる

最短で確実にITエンジニア転職を実現するならプログラミングスクール

短期間で業務レベルのプログラミングスキルを身に付けて、転職を実現したいのであればプログラミングスクールに通うべきです。

独学でプログラミングのスキルの習得を目指す場合、プログラミングスクールよりも挫折する可能性が高くなります。

その背景として、エラーでつまずいたり、モチベーションが継続できなかったりとさまざまな理由が考えられるでしょう。「次の休みから勉強をはじめる」と考えていたものの、そのまま何もせずに忘れてしまうというケースもあります。

また、ITエンジニアへの転職を目指す場合には、プログラミングの学習とともに転職活動も進めなければなりませんプログラミングの学習を行いながら、転職活動も並行するのは簡単ではないです。

「現場で使えるプログラミングのスキルを習得する」「短期間で確実に転職する」という両方をクリアしたい方にとって、転職サポートのあるプログラミングスクールを受講する「意味がある」と言えるでしょう。

まずは独学で挑戦するとベストな選択肢が理解できる

プログラミングスクールの必要性に対して懐疑的な方は、まず独学に挑戦しましょう。実際にやってみると「難しい」と感じる人は多いです。

もちろん、そのまま問題なく独学で進められる人もいます。そのような方は、プログラミングスクールに通わずに学習を進めましょう。

もしも、独学によってプログラミング学習に挫折したとしても、「才能がない」と諦めるのは早いです。

プログラミングを学ぶ上で、はじめの壁を破れるかはとても重要。プログラミングスクールはその重要さを理解しているので、その壁を破る後押しをしてくれます。

プログラミングスクールの受講も独学も、プログラミングを学ぶ方法の1つに過ぎません。まずは、プログラミングの世界に飛び込むことで、あなたにととってベストな選択肢が理解できるでしょう。

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」
そんな方へ、読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料でプレゼント中!

プログラミングスクールを受講する6つのメリット

プログラミングスクールの受講には通う意味があることはおわかりいただけたでしょう。以下で、プログラミングスクールを利用する具体的なメリットについて解説します。

  1. 講師のサポートによって挫折しづらい
  2. 効率的にプログラミングのスキルが身に付く
  3. 同じように学ぶ人たちがモチベーションにつながる
  4. 学習が習慣づけられる
  5. 転職がしやすい
  6. スキルだけではないプラスアルファの学びがある

講師のサポートによって挫折しづらい

プログラミングスクールを利用すると講師のサポートが受けられるので挫折しづらいです。わからないところを一人で悩む必要がなく、わからないまま前に進めないこともありません。

初心者の状態では、どのようにエラーを解決すればよいのか検討もつかない場合もあるでしょう。講師のサポートがあれば、プログラミング学習で挫折しそうな状況も切り抜けやすいです。

効率的にプログラミングのスキルが身に付く

プログラミングスクールを利用すれば、独学よりも効率的にプログラミングのスキルが身に付けられることもメリットの1つ。

独学の場合には、自分で学習プランを立てて、必要となる教材を選定する必要があります。時にはそれが合わず、再度検討が必要になることもあるでしょう。

しかしプログラミングスクールでは、スキルの習得を確実にする学習プランやカリキュラムが用意されています。また、そのプログラミングスクールのカリキュラムは、運営によって培われたノウハウが詰め込まれていることもポイント。

これにより、ITエンジニアに必要となるスキルのツボを押さえて、効果的に学習ができるのです。

同じように学ぶ人たちがモチベーションにつながる

プログラミングスクールには同じ志を持った仲間が集まります。その人たちが勉強をしている姿を見ると、「負けられない」というモチベーションにつながるでしょう。

これは、通学のプログラミングスクールならではのメリット。同じようにこれからITエンジニアとして活躍していこうという方と出会えるので、つながりを自然に広げられることもプログラミングスクールの魅力です。

学習が習慣づけられる

プログラミングスクールを受講すると、学習が習慣づけられることも魅力。これは、プログラミングスクールを卒業した後も、ITエンジニアとしての成長を促す重要なポイントです。

プログラミングの学習に終わりはありません。学習はエンジニアになった後も続きます。そのため、日々学習を続けることがITエンジニアには求められるのです。

プログラミングスクールに通うと、講師から学習の進捗の確認があります。遅れていれば指摘されるため、ダラダラせずに勉強が進められるでしょう。もしも、悩んでいることがあれば相談もできます。

独学の場合には仕事や生活に追われて、勉強を後回しにしやすくなります。プログラミングスクールに通うと勉強せざるを得ない状況に自分を追い込めるので、学習の習慣づけができるのです。

転職がしやすい

転職サポートや実績のあるプログラミングスクールを利用すると独学よりも転職がしやすくなります。未経験からの転職を目指す場合には、これは大きなメリットと言えるでしょう。

そのプログラミングスクールに対する信頼によって、企業から優先的に採用してもらえる場合もあります。転職をまず目標にする場合は、転職サポートや転職実績もしっかりチェックするべきです。

スキルだけではないプラスアルファの学びがある

プログラミングスクールで学べることは、プログラミングのスキルだけとは限りません。

例えばテックキャンプではプログラミングだけでなく、これからどのようにエンジニアとして働いていけばよいかという姿勢が学べたと卒業生が語っています。

このように、プログラミングのスキルとプラスアルファの学びがあるプログラミングスクールも存在することを覚えておきましょう。

プログラミングスクールを受講する3つのデメリット

プログラミングスクールの受講には、メリットだけでなくデメリットもあります。

  1. 受講費用がかかる
  2. 通学に時間がかかる
  3. 受講すれば必ずスキルが身に付くわけではない

受講費用がかかる

受講費用がかかることは、プログラミングスクールを利用する上で一番頭を悩ませるポイントでしょう。

受講費用はプログラミングスクールによって違いがあります。プログラミングスクールの中には、無料で利用できるものもあります。ただし、転職することが前提となるなど、受講に条件があることが一般的です。

また、理想の転職を実現してキャリアアップを目指すのであれば、金額ではなく学べる内容や身に付けられるスキルをしっかりチェックしましょう。

年収アップを叶えるITエンジニアに転職できれば、受講費用は十分に回収が可能。自分に対する投資と考えるとよいでしょう。

通学に時間がかかる

プログラミングスクールに通うための時間がかかることもデメリットです。社会人として働きながら通う場合には、時間の確保が必要。

仕事と勉強のスケジュール管理をしっかりと行いましょう。当然ですが、交通費もかかります。

もしも、通学が最大のネックになるようであれば、TechAcademyやCodeCampのようなオンラインスクールという選択肢もあります。

受講すれば必ずスキルが身に付くわけではない

プログラミングを学ぶのはあくまでも自分。「プログラミングスクールの受講」と「スキルが身に付く」はイコールではありません。

「お金を払っているのだから、スキルが身に付いて当然」と考えてしまいがちになることは、デメリットと捉えられるでしょう。

これは、思うようにスキルが身に付かなかった人たちから「プログラミングスクールは意味がない」と言われる要因にもなっています。

プログラミングスクールの役割は学習効率を高め、受講者の後押しをすること。あくまでもプログラミングを学ぶのは自分自身です。

受講すればスキルが身に付くという過度な期待を持つのはやめましょう。

プログラミングスクールの正しい選び方について

ここでは、プログラミングスクールの正しい選び方について解説します。

  • プログラミングスクールの失敗しない選び方
  • おすすめのプログラミングスクール

プログラミングスクールの失敗しない選び方

それぞれの人にあったプログラミングスクールを選ぶことはとても大切です。

しかし、プログラミングスクールの違いがわからず、どのように選べばよいか見当もつかないという方もいらっしゃるでしょう。

以下の記事では、失敗しないプログラミングスクールの選び方を詳しく解説しているので、受講を考えている方はぜひ参考にしてください。

おすすめのプログラミングスクール

世の中には数多くのプログラミングスクールが存在します。

以下の記事では、おすすめのプログラミングスクールを厳選して紹介。選び方と組み合わせてご覧いただくことで、あなたにあったプログラミングスクールが見つけられるでしょう。

教室に通いづらい場合は、オンライン完結型のスクールもよいでしょう。オンラインで学べるおすすめプログラミングスクールは以下の記事を参考にしてみてください。

「プログラミングスクールは必要ない」とは限らない!あなたにとってのベストな選択を

プログラミングスクールのメリット・デメリットに興味がある方は、ITエンジニアとしての転職を実現したいと考えている方が多いでしょう。

実現したい未来があるのなら、長期的な視野で考えてください。短期的な視点で見れば、費用がかかるプログラミングスクールの受講は迷うものです。

しかし、一般的には独学で業務に対応できるレベルのプログラミングのスキルを身に付けるためには1000時間かかると言われています。

この時間を効率的な学習によって短縮して、挫折の可能性を大幅に下げているのがプログラミングスクールです。

転職を有利に進められるスキルを身に付けて理想の転職を実現できれば、その先のキャリアアップにもつながります。経験を積めば、独立・フリーランス・起業といった働き方も選べるようになるでしょう。

目標を定めて長期的な視野で見た時に、あなたにとってベストな方法を考えること。これが、プログラミングを学ぶ上でとても重要です。

↑目次へ戻る

はじめての転職、何から始めればいいか分からないなら

「そろそろ転職したいけれど、失敗はしたくない……」そんな方へ、テックキャンプでは読むだけでIT転職が有利になる限定資料無料プレゼント中!

例えばこのような疑問はありませんか。
・未経験OKの求人へ応募するのは危ない?
・IT業界転職における“35歳限界説”は本当?
・手に職をつけて収入を安定させられる職種は?

資料では、転職でよくある疑問について丁寧に解説します。IT業界だけでなく、転職を考えている全ての方におすすめです。
「自分がIT業界に向いているかどうか」など、IT転職に興味がある方は無料カウンセリングにもお気軽にお申し込みください。

限定資料を無料プレゼント中

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、テックキャンプ ブログでの執筆・編集を担当。好きな食べ物は豆腐。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement