プロのカウンセラーがITキャリアの悩みを解決!簡単30秒カウンセリング予約

DRAMとは?揮発性メモリの一種 SRAMとの違いも解説

更新: 2020.11.22

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

パソコンやスマホを選ぶときに重要なのがハードのスペック。

なかでもメモリは重要な役割を担っています。

本記事ではメモリの中でもDRAMについて以下のポイントで解説しています。

  • DRAMとは
  • DRAMの仕組みと特徴
  • DRAMとSRAM・フラッシュメモリの違い

ぜひ参考にしてみてください。

DRAMとは

DRAMDynamic Random Access Memoryの略称で、いわゆる「パソコンのメモリ」です。

この章ではDRAMについて解説します。

DRAMは半導体メモリの一種で揮発性メモリに分類される

DRAMは半導体メモリ(以下メモリ)の一種で、読み方は「ディーラム」です。

メモリには揮発性・不揮発性がありDRAMは揮発性メモリに分類されます。

揮発性メモリは通電しているときだけデータの記録ができるメモリで、おもにパソコンのメインメモリとして使用されます。

ちなみに不揮発性メモリは電源を供給しなくてもデータを保持できるメモリ。ROMやHDDなどが代表的な不揮発性メモリです。

DRAMは何に使われる?仕組み・特徴・動作原理

DRAMのおもな特徴と動作原理は以下の通りです。

  • 単純な構造なので価格を抑えられる
  • おもに主記憶装置として使われる
  • 動作は書き込みと読み出し

順番に解説します。

単純な構造なので価格を抑えられる

DRAMのメモリセル(最小の回路構成)は、1つのトランジスタ(電気の流れをコントロールする部品)と1つのキャパシタ(電気を充放電できる装置)という単純な構造です。

そのため高集積化が容易で、コストを抑えられるというメリットがあります。

DRAMはおもに主記憶装置として使われる

DRAMはおもにパソコンの主記憶装置として使われています。

主記憶装置はメインメモリとも呼ばれ、CPUとHDD・SSDの間でデータを受け渡す役割を担っています。

メインメモリが無かった場合、CPUの速度にHDD・SSDが追いつけず処理が遅くなってしまいます。

そこで処理の速いメインメモリが予めデータを蓄え、CPUへデータを受け渡しているというわけです。

DRAMの動作原理

DRAMの動作には書き込み動作と読み出し動作があります。

書き込み動作

書き込み動作について解説します。

  • メモリセルに[1]を書き込む場合…ワード線の電圧を上げた状態でビット線の電圧を上げ、トランジスタを通してキャパシタを充電するトランジスタを通して、ピット線からキャパシタの充電・電荷の蓄積がされ[1]が書き込まれる。すでに書き込まれている場合は変化しない
  • [0]を書き込む場合…ワード線の電圧を上げた状態でビット線の電圧を0Vにし、トランジスタを通してキャパシタに蓄積された電荷を放電する

読み出し動作

読み出し動作について解説します。

  • ワード線を[H]にし、ビット線に電流が流れビット線の電位を瞬間的に上げる。これを検出回路で検査し[1]を判別する。
  • [0]の場合ビット線に電流が流れず電位が変わらないので[0]と判別できる。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

DRAMとSRAM・フラッシュメモリとの違い

DRAMとSRAM・フラッシュメモリとの違いを解説します。

DRAMはリフレッシュが必要・SRAMはリフレッシュ不要

DRAMとSRAMの大きな違いはリフレッシュが必要かどうかです。

リフレッシュとは、情報を保持するために定期的に情報を読み出し再度書き込む動作で、データを電荷として蓄積しているDRAMでは必要な動作になります。

一方SRAMはフリップフロップ回路(1ビットの情報を一時的に保持できる回路)での電流の流れ方でデータを保持しているため、リフレッシュの必要はありません。

DRAMとフラッシュメモリとの違い

フラッシュメモリは不揮発性メモリの一種なので、揮発性メモリであるDRAMとは性質が異なります。

フラッシュメモリはROM(Read Only Memory)の一種でもあり、電気が流れていなくてもデータを保持できます

また、フラッシュメモリはNAND型とNOR型の2種類に分けられ、以下のような特徴を持っています。

  • NAND型…大容量化が簡単で消費電力が少ない為、SSD・SDカード・USBメモリなど、おもにデータ記憶用ストレージに用いられる
  • NOR型…信頼性が高い為、おもにルーターなどのプログラムデータの保存に用いられる

DRAMの規格

DRAMには以下のような複数の規格があります。

  • SDRAM(Synchronous DRAM)
  • DDR SDRAM
  • DDR2 SDRAM
  • DDR4 SDRAM

※DDR…Double Data Rateの略で、電圧の上昇・下降両方のタイミングで信号を伝送できる

このうち現在主流なのはDDR4 SDRAMですが、今後は2020年7月に登場したDDR5の普及が見込まれています。

おもなDRAMメーカーとシェア

DRAMを製造しているおもなメーカーとシェアについて解説します。

サムスンが4割強のシェア

世界のDRAM市場のシェア率は以下の通りです(2020年第1四半期)

  • サムスン…40%超
  • SKハイニックス…30%
  • マイクロン・テクノロジー…20%超

DRAM市場は以上の3社で95%のシェアを占めている寡占状態にあるといえます。

主要DRAMメーカー

主要なDRAMメーカーは以下の通りです。

  • 株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ
  • アミドテクノロジー
  • ウィンボンド・エレクトロニクス
  • サムスン電子株式会社
  • Alliance Memory
  • Chiplus Semiconductor Corp.
  • ELITE SEMICONDUCTOR MEMORY TECHNOLOGY INC
  • Etron
  • Fidelix
  • I’M Intelligent Memory
  • Integrated Silicon Solution Inc.
  • Jeju Semiconductor
  • LAPIS Semiconductor Co., Ltd.
  • Micron Technology, Inc.
  • ProMOS Technologies Inc.
  • Renesas Electronics Corporation.
  • SK hynix
  • Zentel

DRAMを知ってパソコン選びに役立てよう

本記事はDRAMとは何か・DRAMの仕組み・DRAMとSRAMやフラッシュメモリとの違いについて解説しました。

DRAMはCPUの近くに位置する重要なパーツです。

パソコンを選ぶ際はHDDやSSDだけでなく、メインメモリであるDRAMにも注目して製品を判断してみてはいかがでしょうか。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Watanabe
新しいものが好きなミーハーです。個人ではガジェット紹介ブログを運営しています。好きな食べ物は近所の焼き肉屋の牛タン。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement