転職実績No.1🔰エンジニアスクール
転職実績No.1🔰エンジニアスクール

【2024年版】初心者におすすめのプログラミング言語ランキングTOP10!

更新: 2024.03.14

「これからの世の中、プログラミングのスキルが必要になってくる」
「将来はエンジニアとして働くことも視野に入れている」
「業務効率化のために、プログラミングスキルを身に着けたい」

上記のように感じプログラミング学習を始めようと思っても、どのようなプログラミング言語から学べば良いかわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、2024年版の初心者が学ぶべきおすすめのプログラミング言語ランキングTOP10を紹介します。

これからプログラミングを独学しようと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

※記事内の情報は2024年3月執筆時の内容です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

初心者におすすめのプログラミング言語ランキングTOP10

初心者におすすめのプログラミング言語ランキングTOP10は以下です。

  • 1位:Python
  • 2位:JavaScript
  • 3位:Ruby
  • 4位:Java
  • 5位:Swift
  • 6位:Go
  • 7位:C#
  • 8位:TypeScript
  • 9位:PHP
  • 10位:Kotlin
  • 番外編:なでしこ

1位:Python(パイソン)

出典元:Python Software Foundation

1位はGoogleの三大言語の1つであるPythonです。

AI開発や科学技術計算などに用いられ、世界的に人気が高まっています。その他にもWebスクレイピングや業務効率化などで用いられるのも魅力。

Stack Overflowが毎年発表している『Developer Survey』では、2023年最もよく使われているプログラミング言語で3位(全体の順位)となりました。

ライブラリ部門では、Pythonのデータサイエンス系ライブラリ(NumPy・Pandas・TensorFlow・Scikit-Learnなど)がTOP10にランクイン。このように、Pythonの需要の高さが分かります。

Pythonでできること

Pythonは、日々進化し続けているAI(人工知能)やIoTの分野で使われることの多い言語。例えば以下のような場合に使えます。

  • AI/機械学習
  • Webアプリ開発
  • デスクトップアプリ開発
  • IoTのシステム開発
  • 統計やデータ分析

上記のように、幅広い用途で使える言語として評価が高く、Webアプリを作りたい人にもおすすめの言語と言えるでしょう。

Pythonの学習難易度

Pythonはスクリプト言語なので、可読性が高く文法が初心者にも分かりやすいです。

使用人口も多いことから便利なライブラリも豊富にそろえてあるので、学習難易度はそれほど高くはありません。初めてのプログラミング言語にPythonを選ぶのも良いでしょう。

2位:JavaScript(ジャバスクリプト)

出典元:JavaScript | MDN 

2位はJavaScript。JavaScriptはWebサイトやWebアプリ開発の際によく使われるスクリプト言語。

Web制作においては、HTML/CSSとセットでおさえるべき言語で、法人・個人に関わらずJavaScript関連の開発案件は非常に多いです。

また、特筆すべきはJavaScript実行環境の「Node.js」で、通常はブラウザ上でしか動作しないJavaScriptが、OSにアクセスできるようになります。

これにより、JavaScriptでサーバーサイド開発が可能になり、用途の幅が広い言語として確立したこともランキングが高い理由です。

JavaScriptでできること

JavaScriptはWebページに動きを加えるための言語。それだけでなく、Javascript実行環境の「Node.js」を使えば、サーバーサイド開発まで広がります。

そのほか、Javascriptで実現できることは以下の通り。

  • Webページに動作をつける
  • Webアプリ開発
  • ゲーム開発
  • スマホアプリ開発

JavaScriptの学習難易度

JavaScriptは、ウェブブラウザとコードを書くためのテキストエディタがあれば、最低限のプログラミングが可能。つまり、始めるハードルは低めです。

また、ブラウザ上でテストができるので、実行結果をすぐに確認できるという点でも初心者にもおすすめな言語と言えるでしょう。

3位:Ruby(ルビー)

出典元:Ruby Association

3位はRuby。Rubyはまつもとゆきひろ氏が開発した、日本由来のスクリプト言語です。

現在海外での採用事例は、ほかの人気プログラミング言語と比較すると減少しています。しかし日本ではまだまだ求人数は多く、Web系企業を中心に人気。

Ruby on Rails」という優秀なフレームワークを使うことで開発効率が上がりので、スタートアップ企業での採用事例も多いです。

Rubyでできること

Rubyといえば「Ruby on Rails」を使ったWebアプリ開発が代表的。

例えば誰もが一度は使ったことがある「Twitter」や「食べログ」などは、もともとはRubyで作られました。そのほか、Rubyでできることは以下の通り。

  • Webアプリ開発
  • APIの作成
  • スマホアプリ開発
  • スクレイピング

フレームワークを効果的に利用すれば、スピーディに開発できます。

Rubyの学習難易度

日本由来で可読性が高い・簡潔にコードを書ける・日本語資料の多さなどが魅力。

Webエンジニア向けの言語であり、初心者も学びやすいのでおすすめです。

4位:Java(ジャバ)

出典元:Oracle

4位はJava。Javaは、日本における求人数で長年トップをキープする人気コンパイラ言語。

大規模な業務システムを導入している企業は、Java開発が多い傾向です。また、AndroidアプリもJavaで開発が可能。

Javaでできること

Javaは汎用性の高い言語で、簡単なスマホアプリから複雑で大規模なシステム開発まで、さまざまな開発をカバーしています。Javaで実現できることとしては、以下の通りです。

  • 業務系システム開発
  • Webアプリ開発
  • Androidアプリ開発
  • デスクトップアプリ開発
  • 組み込み系システム開発
  • IoTのシステム開発

特に、安定性が求められる大規模な業務系システムの開発ではよく使われています。

Androidアプリの開発ならば、10位で紹介するKotlinもおすすめです。

Javaの学習難易度

コンパイラ言語は少しクセがあるので、初心者が学習するにあたっては少し難しいかもしれません。そのため、開発環境の構築や文法の習得に時間がかかることも。

しかし、Javaを習得すれば高度なプログラミングスキルが身につきます。

Java関連の情報もインターネット上で充実しており、学習する環境も整っているため、勉強のしやすさという観点はある程度クリアしやすいでしょう。

5位:Swift(スウィフト)

出典元:Swift – Apple(日本)

5位はSwift。SwiftはApple製品向けのアプリ開発を中心とした、モダンなプログラミング言語。

Apple製品は世界中に信者がいるほどブランド力がありますから、今後更に活用場面は増えていくと予想されます。ニーズの高い言語として人気です。

Swiftでできること

iPhoneやiPadのほか、Apple WatchやApple TVアプリを作る際にも使用。

Swiftでできることの一例は、以下の通り。

  • Apple社製品のアプリ開発
  • Webアプリ開発
  • Webサーバー作成

Webアプリ開発も可能なので、もしかするとこれからのWeb開発がSwiftにシフトする開発現場が増える可能性もあるでしょう。

Swiftの学習難易度

Swiftは読みやすく書きやすい言語なので、初心者向けとしておすすめ。Apple製品向けのアプリ開発に興味のある方は、迷わずSwiftを勉強しましょう。

Swift開発においては、Mac専用の統合開発環境である「Xcode」を使います。

初心者がSwiftおよびXcodeについて学ぶ際は、「Swift Playgrounds」を利用すると効果的に学習できるでしょう。

6位:Go(ゴー)

出典元:The Go Programming Language

6位はGo言語。Goは、Googleが開発したプログラミング言語。シンプルなコーディングが可能で、軽量かつ安定性の高さも魅力です。

そのため、JavaやC系言語といった学習難易度の高いコンパイラ言語と比べると理解しやすいので、初心者に優しいです。

求人数はまだまだ少ないですが、今後の需要の拡大も期待できるので、将来性という観点からも有望なプログラミング言語と言えるでしょう。

Goでできること

Go言語ができることは、おもに以下の通りです。

  • Webサーバーの構築
  • アプリケーション開発
  • コマンドラインインターフェース(CLI)ツールの作成
  • PaaS

上記の通りで、マルチプラットフォーム向けのWebアプリ開発も可能。

また借りてきたサーバー上でシステムの開発やメンテナンスが自由にできるPaaS(Platform as a Service)を作る際にも用いられています。

Goの学習難易度

Goはコンパイラ言語の中でも可読性が高く、概念そのものを理解するのが難しいオブジェクト指向ではないことから、初心者でも学びやすいと言えます。

参考資料はほかの言語と比較すると少なめ。しかし、Progateドットインストールなどの人気プログラミング学習サイトでも学べるのは大きいでしょう。

7位:C#(シーシャープ)

出典元:Microsoft

7位はC#。C#はMicrosoft社が開発した、歴史あるオブジェクト指向のコンパイラ言語。

おもにWindows向けのアプリやゲーム、近年ではVRやARといった最新技術を駆使したアプリ開発でも採用されています。そのため、求人数は豊富です。

ゲーム開発エンジンで一定のシェアを獲得している「Unity」でも、C#を採用。

Appleの「Apple Arcade」といった定額制ゲームサービスやe-Sports業界の注目度も始まり、C#を含めたゲーム開発関連のプログラミング言語は需要が高いでしょう。

C#でできること

C#でできることをまとめると、以下の通りです。

  • Webアプリ開発
  • デスクトップアプリ開発
  • スマホアプリ開発
  • VR・AR・MR開発
  • ゲーム開発

C#は汎用性が高い言語なので、あらゆる開発をカバー。

特にゲーム関連は市場規模も拡大しているので、C#が使えるとプログラマーとしての価値も高まるのではないかと予想されます。

C#の学習難易度

C系言語は総じて学習難易度が高いです。C#はその中では低い方なものの、全体として見ると習得する難易度は高め。

しかし、インターネット上でC#を解説する記事や学習サービスは豊富。学ぶ環境はある程度そろっているので、学習する準備は整いやすいでしょう。

8位:TypeScript(タイプスクリプト)

出典元:Microsoft

8位はTypeScript。TypeScriptは、JavaScriptを拡張して作られた比較的新しいスクリプト言語。

Microsoft社が開発し、Google社内では標準言語としても有名。JavaScriptに代わるモダンな言語として、期待が膨らむ言語といえるでしょう。

TypeScriptでできること

TypeScriptで実現できることは、JavaScriptとほとんど変わりません。そのため、フロントサイドとサーバーサイドの両方において開発が可能。

加えて、TypeScriptは静的型付け言語の1つであり、コンパイル時にエラーを教えてくれるので、エンジニアにとって嬉しい側面もあります。

TypeScriptの学習難易度

TypeScriptはJavaScriptよりも簡潔で分かりやすい文法なのが特徴。しかし、初心者が始めるには構造が難しかったり、日本語の資料が少ないなどのデメリットも。

まずはJavaScriptを学習し、その後でTypeScriptに着手するのもよいでしょう。

9位:PHP(ピーエイチピー)

出典元:The PHP Group

9位はPHP。PHPWeb開発におけるサーバーサイドの処理を担うスクリプト言語。日本における求人数はJavaに次ぐ多さで、いまだ需要も堅調な人気プログラミング言語です。

PHPの記述は可読性に優れるので、初心者向けの言語としても知られています。

その反面、コードに間違いがあっても動いてしまい、予期しないエラーが現れることも。

また、サーバーサイド限定なので汎用性は低いともいえます。それでも、求人数の多さ・資料の豊富さ・学びやすさといった点からおすすめです。

PHPでできること

PHPは、おもにWebアプリ開発を得意としています。

他にはWebサイト中のお問い合わせフォームやログイン機能の作成など、Webサイトの一部をシステム化できます。

さらには、Webサイト作成ツールのWordPressもPHPベースです。W3Techsによると、WordPressは全世界のWebサイトの約1/3を作っているとあります。

このことからも、PHPが使えるエンジニアの需要の高さが伺えるでしょう。

PHPの学習難易度

PHPはインターネット上に教材が豊富にあり、プログラミング学習サービスにおいてもPHPを扱うものは多いです。

可読性の高いスクリプト言語という特徴からも、難易度が低く初心者におすすめ

10位:Kotlin(コトリン)

出典元:Google

10位はKotlin。Kotlinは、Googleが発表したAndroidでも公式に認められた言語で、Androidアプリ開発ができる言語として需要が高いです。またJavaとの相互利用も可能。

Javaに比べると求人数は少ないですが、もともとJavaで開発したアプリをKotlinに移行するなど、徐々にシェアは増えていくかもしれません。

Kotlinでできること

KotlinではAndroidアプリの開発が中心。

AndroidアプリはJava開発が中心でした。しかしKotlinの注目度が上がってきたことにより、ヤフーやLINEなどの大手IT企業もKotlinを採用しているのです。

またWebアプリもカバーするため、Androidアプリ開発とWebアプリ開発を両方とも経験したい人は、勉強してみるとよいでしょう。

Kotlinの学習難易度

KotlinはJavaライクな言語なので、学習難易度は少し高めです。

しかし、Javaよりも短いコードで書けること、学習サービスや教材も比較的そろっているため、十分に勉強しやすいともいえます。

番外編:なでしこ

出典元:なでしこ:日本語プログラミング言語

なでしこ日本語でプログラミングができるオープンソースのプログラミング言語

最大の特徴である日本語でのプログラミングにより、英語が苦手な人でも気軽にプログラミングに触れることができます。

なでしこでできること

なでしこでは日々の提携作業を自動化できる、以下のような処理が可能です。

  • ファイル処理
  • 画像処理
  • ネットワーク
  • Word/Excel連携
  • 文字列処理

なでしこの学習難易度

なでしこは日本語ベースの文法を採用しているため、英字コードが苦手な人でもコーディングができます。

その一方で、語順・変数・配列・制御構文など他のプログラミング言語同様の考え方が要求されるため、決して「簡単」とは言えないでしょう。

プログラミング言語ランキングを確認できるサイト

前章で紹介したランキング以外にも、利用者のデータを元に精密なプログラミング言語ランキングを発表しているサイトがあります。一例としては、以下の通り。

  • GitHub:毎年10月にGitHubの利用動向などをまとめた「The state of the Octoverse」にて発表
  • TIOBE:TIOBE Software社が毎月のプログラミング言語の人気度を「TIOBE Index」にて発表
  • Stack Overflow:9万人以上のITエンジニアを対象とした年次調査「Stack Overflow Developer Survey」にて発表

プログラミング言語には沢山の種類がある

はじめてのプログラミング学習では、言語選びがとても重要。

  • 何を作りたいか
  • 難易度
  • 求人数
  • 教材の数

など、さまざまな観点から考慮して選びましょう。

プログラミング言語の種類や特徴については「【11選】プログラミング言語の種類と特徴を用途別に解説」で詳しく説明しています。

プログラミング言語の選び方

プログラミング

プログラミング言語ランキングの判断基準は、以下のポイントに絞りました。

  • 学習しやすいか
  • 案件が豊富か
  • さまざまな開発環境に応用できるか
  • 最新のIT業界のトレンドとマッチしているか

学習しやすいか

プログラミング初心者にとって、学びやすい言語かどうかは極めて重要。

なぜなら、プログラミング学習は総じて挫折しやすいからです。環境構築やエラーなどが解決できず、やめてしまう人も多いのがプログラミング。

すぐに覚えられる簡単な言語などはありません。しかし、できれば簡単で覚えやすい言語から取り組むのが、スキル習得への近道です。例えば、以下のような違いがあります。

  • スクリプト言語:書いたコードがすぐに実行できて結果がわかりやすい
  • コンパイラ言語:ソースコードをコンピュータが実行できる形式にして実行

プログラミング言語の学習のしやすさは初心者にとって選ぶ際の重要なポイント。ランキングではこの学習のしやすさも考慮しています。

案件が豊富か

集中できない

案件が豊富なプログラミング言語は、それだけ需要があるということ。

すなわち、案件が豊富な言語を習得できれば、就職・転職の際に多くの求人から選べるため数的に有利となります。

プログラミング学習の先にある目標として、エンジニア転職を考えている人もいるでしょう。あるいは「副業としてプログラミングでお金を稼ぎたい」という人も。

IT転職や副業で稼ぎたいと考えている人も多いという現状から、案件の豊富さもランキングでは重視しました。

さまざまな開発環境に応用できるか

選んだ言語が、さまざまな開発現場で応用できるかどうかも重要。

例えばJavaやC#などは、Webサービス・Webアプリ・スマホアプリなど、用途が幅広い汎用性の高いプログラミング言語です。

一方で、PHPのようにサーバーサイドに用途が限定される言語もあります。

もちろん、初心者でも作りたいものが明確ならば、目的に沿った開発ができるプログラミング言語を選択してください。

作りたいものがはっきりしていない場合は、汎用性が高く幅広い開発をカバーできる言語を選ぶのも、1つの基準となるでしょう。

2024年のIT業界のトレンドとマッチしているか

せっかくプログラミング言語を学習するのであれば、最新のITトレンドとマッチしているものを選ぶことも重要です。

例えばAI・ビッグデータ・クラウドなど、社会的関心が高く技術発展が速い分野に関連する言語は、将来的な案件の豊富さという観点から重要。

また、将来性のある言語かどうかという観点もあるとよいでしょう。

ちなみに、ガートナー社が2023年11月に発表した、2024年に企業や組織にインパクトを与える「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」は以下の通りでした。

出典元:Gartner, Inc.

投資の保護 ビルダーの台頭 価値のデリバー
AI TRiSM
(AIの信頼性/リスク/セキュリティ・マネジメント)
プラットフォーム・エンジニアリング マシン・カスタマー
継続的な脅威エクスポージャ管理 AI拡張型開発 拡張コネクテッド・ワークフォース
インダストリ・クラウド・プラットフォーム
インテリジェント・アプリケーション
持続可能なテクノロジ
ジェネレーティブAIの民主化

こうした技術に付随するプログラミング言語にも注目が集まるでしょう。

将来性のあるプログラミング言語に関しては、「【2021年】将来性のあるプログラミング言語ランキング!学習方法や稼ぐコツも紹介」もご参考ください。

プログラミング初心者はHTML/CSSもおすすめ

初心者におすすめのプログラミング言語ランキングTOP10を紹介しました。

  • 1位:Python
  • 2位:JavaScript
  • 3位:Ruby
  • 4位:Java
  • 5位:Swift
  • 6位:Go
  • 7位:C#
  • 8位:TypeScript
  • 9位:PHP
  • 10位:Kotlin
  • 番外編:なでしこ

初めてプログラミングを学習する場合、選択肢が多すぎてはじめの一歩を踏み出せない人もいるのではないでしょうか。もし上記のランキングから選べない場合は、 HTML/CSSから学ぶのもおすすめ

HTML/CSSは、Webサイトを構成するマークアップ言語で、初心者にも理解しやすい難易度の低い言語です。

HTML/CSSについては「【イラスト付き】HTML/CSSコーディングとは?ルール・開発ツール・学習方法も解説」を参照ください。

↑目次へ戻る

【転職実績No.1👑】年収アップと自由な働き方を実現したいならITエンジニア転職!

こんな希望はありませんか?

  • もっと年収アップできる仕事がしたい
  • 時間や場所に縛られず自由に働きたい
  • 専門スキルで手に職をつけたい

という方は、ITエンジニア転職がおすすめです

テックキャンプなら、完全未経験🔰でも大丈夫!プログラミング学習〜エンジニア転職支援、副業案件獲得まで個別にサポートします👌

さらに給付金活用で受講料最大70%OFF

※2020年12月時点 3.テックキャンプ エンジニア転職は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座の認定も受けており、条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます

興味がある方は、以下よりIT転職のプロにキャリアのお悩み相談から始めてみましょう!

まずは無料で相談してみる

この記事を書いた人

山岸
お笑い芸人兼作家として主にネタを書いたり脚本を書いたりしていました。 その後、ITベンチャー企業でWebメディアのコンテンツ作りやマーケティング、記事の執筆・校正などを経験し現在に至る。 好きなものは美味しいお酒と邦楽ロックです。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの2つのサービス

Advertisement