プログラミング未経験からでも月50万円達成

Googleが採用したKotlinとは?Android開発に使うメリットを解説

作成: 2018.04.18 更新: 2019.04.08

>> 世帯年収300万以下限定!
転職成功まで受講料発生なし。詳細はこちら

あなたは、Androidアプリの開発における公式言語に追加されたKotlinに興味はありませんか?Kotlinは知っているけれど、Javaから変えるのは面倒だと感じている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、Googleが認めたKotlinについて詳しく紹介します。この記事を読めば、Kotlinの特徴やAndroid開発に使うメリットが深く理解できます。

Kotlinとは

GoogleがAndroidアプリ開発の公式言語への加えられることが発表されたKotlin。まずは、Kotlinの概要についてご説明します。

ターゲットはAndroid開発

KotlinはJetBrainsが2011年に発表したプログラミング言語です。さまざまな言語に対応したIDE(統合開発環境)を提供する「IntelliJシリーズ」によって、JetBrainsは開発者から大きな注目を集めています。

そんなJetBrainsが開発したKotlinは「100% interoperable with Java™ and Android™」がテーマ。日本語に訳すと「JavaとAndroidと100%相互運用可能」という意味になります。

そのテーマ通り、Android開発で主流となっているJavaとの連携がスムーズであることが魅力です。

KotlinはJava VM上でも動作したり、Javaのコードを簡単にKotlinのコードに置き換えることができるなどJavaを使ってきた環境への配慮がされています。

Kotlinを導入したとしても、Javaで構築してきた資産がムダになりません。このように現状の資産をムダにせず、より開発の効率を上げられるKotlinは世界中で導入が進んでいます。

Googleが公式採用したプログラミング言語

開発者向けのカンファレンスであるGoogle I/O 2017において、KotlinをAndroidアプリ開発のプログラミング言語として追加することをGoogleは発表しました。

それにより、今までAndoroidの開発環境で主流だったJavaとの連携がスムーズなKotlinは、急速にシェアを伸ばしています。

以前からAndroidアプリの開発はサポートしていましたが、Googleが開発した言語ではなかったため「知る人ぞ知る言語」というような位置づけの存在でした。

それが今回のGoogleの発表によって、一気に人気に火が付いたような状況です。

Kotlinは、これからのAndroidデベロッパー必須のスキルになるだろうと言われている要注目のプログラミング言語です。

ちなみに、Kotlinの読み方は「コトリン」です。まるで「小鳥」のようなので、日本人は親しみがわきやすい名前ではないでしょうか。

Kotlinの特徴

なぜ、Kotlinが開発者から支持されているのか?その理由が気になるという方もいらっしゃるでしょう。気になるKotlinの特徴についてご説明します。

Javaとの互換が100%

Kotlinはそのテーマからもわかりますが、Javaとの互換が100%です。そのため、Javaのライブラリやフレームワークも利用できます。

既存のシステムで使われている言語と同時に使えない場合は、新しいプログラミング言語の導入が難しい場合があるでしょう。なぜなら、それまで記述してきたコードがムダになってしまうからです。

しかし、KotlinはJavaとの連携がしっかり考えられているので、Javaを使っていた既存のプロジェクトにおいてもシームレスに利用できるのでとても便利です。

シンプルでわかりやすい

KotlinはJavaと比較すると、とてもシンプルでわかりやすいコードが書けます。Javaだと長くなってしまうコードがKotlinであれば1行で表記できる場合もあります。

長くなればそれだけ見づらくなり、書くのもその分時間がかかるでしょう。

プログラマー経験者にもオススメ

Kotlinは他のプログラミング言語の良い所をピックアップして開発されました。そのため、初心者よりもプログラミング経験者の方が、Kotlinの良さがよりわかるはずです。

Javaの経験がある方には特にオススメ。また、Kotlinにはプログラミングの玄人にこそ興味深いと感じてもらえる「Null安全」という面白い概念が導入されています。

たとえば、先ほどJavaと比べて「シンプルに書ける」という特徴を挙げましたが、もう一つ「Null(ヌル)」という概念の扱いがユニークなんです。Null*の扱いを慎重にすることで、バグを未然に防ぐ「Null安全」という機能がKotlinにはあります。
引用元:http://careerhack.en-japan.com/report/detail/870

導入がスムーズ

Android StudioやIntelliJにJetBrainsから提供されているプラグインをインストールするだけスムーズに導入ができます。Javaのコードとの同時使用ができるだけでなく、そのコードをKotlinのコードに変換も可能です。

IntelliJ IDEA・Android Studio・Eclipseとい開発環境をはじめ、ブラウザやスタンドアロンなどさまざまな形で使える点も魅力と言えるでしょう。

Kotlinを使う開発者が増えている

Google I/O 2017での発表やJavaよりも使いやすいといった理由から、Kotlinを使う開発者が増えています。Javaのシェアをこえ、Androidデベロッパーが習得すべきプログラミング言語になるかもしれません。その詳細について、詳しくご説明します。

2018年にJavaのシェアを超える可能性も

Google I/O 2017での公式言語への追加と発表から、Kotlinのシェアが急速に拡大しています。それまではJavaが圧倒的なシェアを誇り、Kotlinは8%程度でした。

しかし、その発表からKotlinのシェアはわずか4カ月で約14%にまで伸びています。Realmは、2018年12月にKotlinはJavaのシェアを超えるとも予想しています。

Androidデベロッパーは必須

Googleが公式言語として認めただけあり、実際にKotlinを使ってみると使いやすいと感じる方が多いようです。Javaとの連携がスムーズでKotlinにしかない機能もあることはとても魅力ではないでしょうか。

そのようなKotlinならではの魅力がシェアを拡大している理由と考えられます。これからのAndroidデベロッパーには必須のプログラミング言語と言えるでしょう。Androidの開発に関わる方はすぐに学習をはじめることをオススメします。

TECH::EXPERT 東京・名古屋・大阪・福岡

プログラミング未経験からWebエンジニアとして転職成功まで導くスクール TECH::EXPERT は、挫折しない環境を提供いたします。すべて駅から通いやすい便利な場所。いつでも質問できるメンター(講師)、一緒に頑張る同期がいるから頑張れる。そんな教室を是非見にきてください!

Androidアプリの開発言語まとめ

Kotlinだけでなく、他にはどのようなプログラミング言語がAndroidアプリ開発に使えるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。下記にAndroidアプリ向けの開発言語をまとめましたので、参考にしてみてください。

Androidのネイティブアプリを作る

ネイティブアプリとは、デバイスで動くタイプのアプリです。例えば、スマホにデフォルトでインストールされているカメラや電卓などはこのネイティブアプリにあたります。

まずはこのネイティブアプリを作るのにぴったりなプログラミング言語を紹介します。

Kotlin

今回、紹介しているKotlinはもちろんAndroidのネイティブアプリの開発に適しています。Googleが公式で提供しているIDEであるAndroid Studioでプラグインとしてご利用いただけます。

また、Android Studio 3.0以降はKotlinがデフォルトサポートされているので、プラグインのインストールは不要です。

Java

Javaは、Androidアプリの開発において高いシェアを誇るプログラミング言語です。Android StudioやEclipseといった開発環境で使えます。

Kotlinのベースとなるプログラミング言語です。そのため、Javaの学習はKotlinの理解を深めることにも役立つでしょう。

Javaは、1995年にSun Microsystemsにより初めてリリースされたプログラミング言語およびコンピューティング・プラットフォームです。

Javaをインストールしないと機能しないアプリケーションやWebサイトが数多く存在し、さらに毎日作成されています。

引用元:https://www.java.com/ja/download/faq/whatis_java.xml

その他の開発方法

上記の2つだけでなく、他の言語を使った開発方法もありますので紹介します。

Xamarinを使ってC#で開発する

XamarinとはiOSとAndroidのアプリをC#を使って作れる開発環境です。通常であれば異なるプログラミング言語を使って、コードを書く必要があります。

しかし、Xamarinを導入すればC#のみでそれが実現できるのでとても便利です。

Xamarinは細かく言うと1つの開発環境ではなく、iOSとAndroid用のそれぞれの開発環境があります。PCLによって組み合わせることで少ないコードの記述で2つのOS向けのアプリの開発を可能にしているのです。

Xamarin.iOSとXamarin.Androidは別々の開発環境ではありますが、.NET Frameworkの持つポータブル(移植可能)な機能であるポータブルクラスライブラリ(PCL)により、これらを組み合わせてiOS固有部分/Android固有部分/両方に共通な部分と切り分けた上でクロスプラットフォーム開発を行うことが可能です。

引用元:https://codezine.jp/article/detail/9619

HTML・JavaScriptなどを使ってハイブリッドアプリを開発する

HTML・JavaScriptなどの知識がある方もAndoidアプリの制作が可能です。

Cordovaなどの開発ツール・フレームワークを利用すれば、ブラウザの機能を生かすWebアプリとネイティブアプリの良いところを掛け合わせたハイブリッドアプリが作れます。

このように、JavaやKotlinのスキルがない方でもAndroidアプリの制作はできるのです。

Kotlinを学習するには

Kotlinを実際に学んでみたいと思った方もいらっしゃるでしょう。次に、オススメのKotlinの学習方法について紹介します。

Webサイトで学習する

Kotlinの公式サイト

Kotlinを学ぶのであれば、公式サイトは必ず見ましょう。チュートリアルやオススメの書籍も紹介されています。追加された新しい機能について、しっかりと理解することができるのも魅力です。

プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門

IT関係の技術書を多く出版している技術評論社によるKotlinの解説が行われている連載が「プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門」です。

Kotlinの概要から、開発環境の構築まで詳しく知ることができます。解説者は、下記で紹介する『Kotlinスタートブック -新しいAndroidプログラミング』の作者である長澤太郎氏です。

学習サービス・スクールを利用する

Udemy

スキル・知識を持った講師と学びたい人を結びつけるオンライン学習プラットフォーム「Udemy」では、Kotlinの学習コースが提供されています。

プログラミングやKotrlinの基本情報からスタートして、GooglePlayストアでのアプリのリリースまで学べます。

ドットインストール

動画で学べるプログラミング学習サイトであるドットインストールでは、「Kotlin入門」コースが提供されています。

全29回で第5回まで無料で学習が可能です。Kotlinに興味はあるけれどよくわからないという方は、まずはドットインストールの動画でさくっと基礎を理解してみてはいかがでしょうか。

本で学ぶ

Kotlinスタートブック

『Kotlinスタートブック』はKotlinユーザグループの代表であり「Kotlinのエバンジュリスト」を自称する長澤太郎によって執筆されました。

日本ではじめてのKotlinの完全ガイドですので、体系立ててしっかりと学びたい方は必須の書籍となっています。

まとめ

今回は注目を集めるプログラミング言語「Kotlin」について紹介しました。GoogleのGoogle I/O 2017での公式言語となることが発表され、着実にシェアを拡大しているKotlinは今後さらに注目を集めることが予想されます。

Androidアプリの開発に携わっている方や、興味がある方は上記の学習方法を参考にして、勉強をはじめてはいかがでしょうか?

未経験からエンジニア・Webデザイナーを目指すならTECH::EXPERT

TECH::EXPERTは未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。

転職成功率は98.5%(2019年1月時点)。確実に使えるスキルを身につけるための教育と、徹底した就職サポートであなたの転職を叶えます。

無理な勧誘は一切ありません。まずは無料キャリア相談(カウンセリング)にぜひお越しください。

無料キャリア相談の日程を見る

この記事を書いた人

Kimura Hiroto
Kimura Hiroto
音楽・ITをはじめとするさまざまなジャンルのライティングを行っています。ITエンジニアの経験を生かし、TECH::NOTEでの執筆を担当。好きな食べ物は豆腐。