未経験から10週間でエンジニア転職!新年から受講するなら今相談

セールスエンジニアとは?年収・必要な資格やスキル・向いている人などを解説

更新: 2020.10.05

>>No.1エンジニア養成プログラム テックキャンプ

10年後も職を失わない人材になれる限定資料を見る

「セールスエンジニアってどんな仕事?」
「未経験でも目指せるのだろうか」

このように考えている人に向けて、今回はセールスエンジニアの仕事内容・やりがい・必要となる資格やスキルなどを解説します。

この記事の目次

セールスエンジニアとは

セールスエンジニアは、営業とエンジニア双方の役割を担う重要なポジションです。

営業とエンジニア双方の役割を担う

セールスエンジニアは顧客への提案を行う営業と、技術的なサポート行うエンジニア双方の役割を担う職業です。専門性の高いシステムや製品を扱う場合、顧客でも理解しやすいよう説明するスキルが求められます。

技術的な説明が求められる仕事であるため、非常に重要な役割を担う仕事と言えます。

活躍の場はメーカーやIT系企業

セールスエンジニアは特にメーカーやIT系企業で活躍する職業。

自社製品やサービスを顧客に提案し、導入時のサポート導入後のアフターフォローなどを担当します。主な業務については後述します。

会社によって担当する工程は異なる

セールスエンジニアは幅広い工程をカバーする職種であり、会社によって担当する工程が異なることも多いです。

例えば自社サービスの営業サポートやシステム導入・運用のサポートだけでなく、システム入れ替え提案と言ったITコンサルタントのような役割を担うことも。

担当する主な業務

セールスエンジニアは主に以下のような業務を担当します。

  • 営業のサポート
  • システム導入時のサポート
  • システム導入後のサポート
  • 運用中のトラブル対応
  • システム入れ替えの提案

このように幅広い業務に対応できる幅広いIT知識が求められます。

セールスエンジニアのやりがい

営業とエンジニアの2つの顔を持つからこそ、セールスエンジニアには以下のようなやりがいがあります。

専門性の高い仕事ができる

セールスエンジニアには高い専門性が求められます。

専門性の高い職業につくと、希少な人材に一歩近づくことに。AIによる機械化が進む現代において、このような専門性の高さは重要なキーワードになるでしょう。

直接クライアントとやりとりできる

エンジニアからセールスエンジニアを目指す人もいます。

この2つの大きな違いはクライアントとの接点。セールスエンジニアは直接クライアントと関わり、課題解決のための提案等を行うため、やりがいを感じやすい人も多いです。

クライアントから直接「ありがとう」と言われる機会があったり、製品・システムの評価をユーザーから直接聞いたりできる点がやりがいにつながるのでしょう。

クライアントとの信頼関係が築ける

専門性が高く幅広い提案ができるセールスエンジニアは、顧客から信頼を寄せてもらえます。

しかしこのような信頼関係はすぐに築けるものではありません。

トラブルにスピーディーに対応したり、顧客が求めるプラスアルファの提案をしたりする中で徐々に関係を深められるのです。

コツコツと取り組むのが得意な人は、セールスエンジニアの仕事でやりがいを感じやすいでしょう。

オンラインで無料キャリア相談!無理な勧誘は一切いたしません

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験からのエンジニア・WEBデザイナー転職を実現するスクールです。
テックキャンプはオンラインでプログラミング学習が可能。「徹底したサポート」と「やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。
転職成功率はコロナ前と同水準の98.7%を維持!
キャリアに悩んだらテックキャンプの無料オンラインカウンセリングでITキャリア相談を受けてみませんか?あなただけのキャリアプランが作れます。
オンラインカウンセリングのやり方は簡単なので、ぜひご利用ください。

セールスエンジニアとして身につくスキル

クライアントと直接やり取りするセールスエンジニアは、以下のようなスキルが得られます。

提案力

セールスエンジニアはクライアントへのヒアリングから課題を洗い出し、適切な技術支援を行うための提案を行います。

クライアントとの信頼関係を構築するためには、的確な提案が不可欠。

また相手が求めるもののプラスアルファを提案できるのが理想的ですが、自社がどこまで対応できるのかを把握しながら提案する力も求められます。

コミュニケーション能力

提案力につながる部分ですが、クライアントが求める提案をするためにはコミュニケーション能力が不可欠です。

クライアントは専門知識があまりない場合も多く、自分が求める解決策をうまく表現できないことも。

そのような場合もヒアリングでうまく課題を引き出す必要があり、このやりとりによってコミュニケーション能力が培われます。

専門知識

クライアントに的確な提案をするためには、自社製品・サービスに関する深い知識が必要です。

そのため必然的にITに関するあらゆる知識を学ぶシーンがあり、このような専門知識を身に付けることで、今後転職する際も希少性の高い人材としてアピールできる可能性があります。

セールスエンジニアの年収

気になるセールスエンジニアの年収について見ていきましょう。

技術系の職種の中でも高水準

転職サイトdodaの平均年収ランキングによると、2019年の技術系(IT/通信)全体の平均年収は457 万円となっています。

これを職種別に見ると、もっとも年収が高いのはプロジェクトマネージャーで656 万円。次いで高いのがプリセールス(セールスエンジニア)で。625万円と技術系の職種の中でも高水準であることがわかります。

稼ぐセールスエンジニアになるには

稼げるセールスエンジニアになるには、クライアントから求められる情報をスムーズに出し、的確な提案を行う必要があります。

そのためには、より高度なIT知識コミュニケーションスキルエンジニアリングスキルが求められるでしょう。

セールスエンジニアの将来性

これからセールスエンジニアを目指そうとする人にとっては、将来性も気になるところでしょう。

国内ではまだマイナーな職種

国内のIT人材不足は深刻で、この状況は今後も続くと見込まれます。

一方でセールスエンジニアはまだ国内ではマイナーな職業。海外や外資系企業でのニーズと比較すると、国内での需要はまだまだ伸びしろがあると考えられます。

近年の急速なIT技術の進歩により、企業においての経営資源の定義も変化しました。従来は「ヒト・モノ・カネ」の3つが経営資源とされてきましたが、近年ここに「情報(技術)」という無形資源が加わったのです。

そのような中でITに強い人材は重要な役割を担います。特にビジネス側と技術側双方の視点を持つセールスエンジニアは、今後も重宝されるでしょう。

急速に発展するIT技術にキャッチアップできるか

IT技術の発展は目覚しく、特に今後はAI(人工知能)ビッグデータといった新たな知識のインプットが欠かせません。

セールスエンジニアになったことで満足せず、つねに最新技術を学ぶ姿勢を保ちましょう。そうすることで、長期的に活躍できるセールスエンジニアを目指せるでしょう。

セールスエンジニアのキャリアパス

出典:ITスキル標準とは?:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

将来性を考える上では、セールスエンジニアからの主なキャリアパスも把握する必要があります。上記画像を参考に見ていきましょう。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、企業の経営課題に対してITソリューションを提供する仕事。セールスエンジニアよりもさらに経営よりの視点が必要になります。

一般的に経営層に近いポジションに近づくにつれ年収も高まる傾向にあるため、セールスエンジニアの代表的なキャリアパスの一つです。

ITアーキテクト

企業の経営戦略において最適なシステムを提案し、運用・保守まで行います。

システム全体の設計・デザインを担当するため、より幅広い知識やスキルが求められるでしょう。かつ、経営戦略を左右する立場のため、企業にとって重要な役割を担います。

ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、ここまで挙げてきた2つよりも技術よりのポジション。開発・運用・保守をメインに、ソリューション設計では構築や計画を担います。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーはプロジェクトをまとめあげるポジション。開発プロジェクトの責任者であり、プロジェクトの進捗管理・チームメンバーの選定・クライアントとの打ち合わせなども行います。

以下の記事でもプロジェクトマネージャーの業務について解説しているので、あわせて参考にしてください。

未経験からでもセールスエンジニアになれる?

これからセールスエンジニアを目指すのに必要な情報を紹介しましょう。

未経験でも目指せる

セールスエンジニアになる道のりは、大きく以下の二つに分かれます。

  • プログラマやシステムエンジニアからのキャリアパス
  • 営業職など異業界からITスキルを学んで目指す

名前に「エンジニア」とつくので未経験から目指すのは無理と思われる方もいるでしょう。

しかし、そんなことはありません。専門スキルを身につければ努力次第で十分目指せる仕事です。

資格やスキルを身につける

特にIT業界未経験・文系出身などからセールスエンジニアを目指す場合、土台となる幅広いIT知識の習得からはじめるのがおすすめ。

自社製品やサービスに関する情報は入社後で大丈夫です。しかし、そもそもITに関する基礎知識が事前にないと採用されにくいので、しっかりと勉強しましょう。

役立つ資格

最低限必要となるIT知識を、資格取得で身に付ける方法もあります。

例えばIT業界未経験・文系出身であれば、以下のような情報系資格を検討しましょう。

あるいはIT業界内の転職でより高い年収を目指すなら、「ITストラテジスト試験(ST)」もおすすめです。

以下の記事では、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験の概要について解説しているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

基本情報技術者試験とは?合格者が教えるおすすめの参考書・勉強法も紹介
応用情報技術者試験とは?合格者がおすすめする参考書・勉強法を解説

プログラミングスキルを学ぶ

セールスエンジニアは自社でできることを把握しながら提案しなければならないため、プログラミングの知識も必要です。

特に異業界からセールスエンジニアを目指す場合は、プログラミングスキルも習得しましょう。

プログラミングスキルの習得方法は、大きく分けて独学とスクール通学があります。以下の記事でも解説していますので、あわせて参考にしてください。

【初めてのプログラミング】ゼロからプログラミングを始める手順や勉強法

英語力も身につけるのが理想的

「セールスエンジニアに英語?」と思われるかもしれませんが、実は英語力があるとさまざまなメリットがあります。

前述したようにセールスエンジニアはIT業界のトレンドにキャッチアップするのが重要ですが、最新技術の情報は英語で出されることが多いです。

また、そもそもプログラムを組む際に書くコードも英語が出てくるため、プログラミングを学ぶ際も英語の理解力があるかどうかで学習効率が変わってくるでしょう。

以下の記事でもプログラミングと英語双方を学ぶメリットを解説しているので参考にしてください。

エンジニアに英語は必要なのか?プログラミングと英語を両方学ぶメリット

コミュニケーションスキルを高める

営業力・提案力を高めるのに重要なのはコミュニケーションスキルです。

こればかりは実戦中心で高めていく必要がありますが、基本的な姿勢を知識として身につけてアプローチする方法もあります。

コミュニケーションスキルを高める方法は以下の記事も参考にしてください。

ビジネスコミュニケーションにおける大事なポイントと必要なスキルについて解説

セールスエンジニアに向いている人

笑顔営業とエンジニアの2つの役割が求められるセールスエンジニア。

具体的には以下3つの素質があると、向いているといえるでしょう。

技術的な提案力がある人

クライアントは何かしら課題を抱えていることが多いです。

それに対しヒアリングを行い技術的な提案を行うためには、自社製品・サービスに関する知識だけでなく、土台となる幅広いIT知識が必要となります。

幅広い専門知識を持つセールスエンジニアはその分対応力も高く、重宝されるでしょう。

顧客との信頼関係構築が得意な人

セールスエンジニアはシステム導入時だけでなく導入後のアフターフォローも担当します。そのため、トラブル対応や改善のための提案を行う必要もあり、それには高いコミュニケーション能力が求められます。

トラブルにスピーディーに対応できるエンジニアは、その分顧客と深い信頼関係を築けるでしょう。

好奇心が高い人

もう1つ、セールスエンジニアには好奇心の高さも求められます。なぜなら好奇心の高さは、常に新しい情報を得る原動力になるからです。

IT業界のトレンドの移り変わりは速く、日頃から高くアンテナを張っていないと追いつけません。最新情報にキャッチアップできれば、クライアントへの提案力の土台になるでしょう。

セールスエンジニアへの就職・転職対策

セールスエンジニアに必要なスキルをしっかりと身に付けたら、早めに選考対策をしましょう。

エントリーシート対策

転職活動のエントリーシートは、セールスエンジニアに求められるもの意識しながら書きましょう。先にも述べたように「セールスエンジニアに求められるもの」として以下の3つがあります。

  • 技術的な提案力
  • 顧客との信頼関係構築
  • 好奇心の高さ

この中であなたにアピールできる部分があれば、具体的な根拠もあわせて記載しましょう。

エントリーシートの書き方は以下の記事も参考にしてください。

内定を勝ち取るエントリーシートの書き方。履歴書との違いや記入時のポイントも解説

筆記試験対策

転職活動でも新卒の就職活動と同様に筆記試験が行われるケースがあります。転職サイトdodaによると、約5割の企業で筆記試験が実施されており、筆記試験の9割は適性検査となっていました。

そのため面接対策と並行して筆記試験対策も行うのが大切です。筆記試験に関しては以下の記事も参考にしてください。

転職に筆記試験はあるの?落ちる可能性は?実施される目的や対策について徹底解説

面接対策

面接では何が見られているかご存知ですか。転職サイトdodaが採用担当者に行ったアンケートによると、面接でもっとも重視されるのは「第一印象」。そして技術系(IT・通信)で次いで重視されるのは「スキル」、その次が「質問に対する受け答えの仕方」でした。

未経験から転職活動を行う場合、この「スキル」の証明が難しい場合が多いでしょう。先に紹介したような資格を取得したり、専門スクールを修了予定であることを伝えたりする必要があります。

また「受け答えの仕方」はコミュニケーションスキルを見られている部分が大きいです。

特にセールスエンジニアは顧客との信頼関係を築けるかどうかが重視されるため、しっかり対策しておきましょう。具体的には面接官の話しっかり聞き、論理的に質問に答えられるようにする必要があります。

セールスエンジニアを目指すなら早めの準備が必要

セールスエンジニアはとても魅力のある職種です。一方で、目指すにあたってはそれなりのスキルが必要となります。

これから就職・転職を検討している人は早めから準備をするべきでしょう。

IT業界未経験・知識0でもOK!テックキャンプがエンジニア転職の夢を叶えます

「エンジニアに興味があるけれど、未経験だから不安……」と、悩んでいませんか?
テックキャンプ エンジニア転職は未経験者専用の教育プログラムだから、IT業界未経験・知識0でも大丈夫!
テックキャンプの受講生は、90%以上が非IT業界出身&99%がプログラミング未経験者です。それでも転職成功率は98.7%!
その秘訣は、オフラインでもオンラインでもやりきれる徹底したサポート体制。
まずは何でも相談できる無料オンラインカウンセリングで、あなたの悩みを聞かせてください。
「未経験からのIT転職」その第一歩を踏み出しましょう!

無料カウンセリングの予約はこちら

この記事を書いた人

Avatar
フリーランスのWebライターです。小学生の娘と一緒にプログラミングを学習中です。テックキャンプブログではITの最先端を学びつつ記事を書いています。

あなたの理想のキャリアに合わせた、テックキャンプの3つのサービス

Advertisement